dTVターミナルレビュー。ChromeCast、Fire TV Stickと比較して気づいたデメリット。

dビデオがdTVへと名称変更。

それに伴いサービス内容も変わり、新しい専用端末「dTVターミナル」も発売です。

dTV愛用者として、dTVターミナルレビュー。

ChromecastとApple TVと比較すれば、そのスペック分かるはず。

IMG_2757

・・・ドコモ専用端末って事で、けっこー不安だけど。

使いやすい事を願って。

dTVターミナルの付属品とサイズ感。価格はChromecastとApple TVの中間。

気になるのは、dTVターミナルの値段。

価格はApple TVよりも若干安く、Chromecastよりは、結構高い。

 

dTVターミナル、Apple TV、Chromecastの価格比較

  • dTVターミナル:6980円(税別)
  • Apple TV:8200円(税別)
  • Chromecast:4200円(税別)

 

サイズはApple TVと同等です。

アップルTVと並べてみても、大して変わりません。

IMG_2756

 

dTVターミナルのサイズと重さ

  • サイズ:約100×100×22mm
  • 重量:214g

 

AppleTVよりも若干薄く、若干幅広です。

IMG_2755

 

付属品は、本体、リモコン、HDMIケーブル、電源類にマニュアル類。

IMG_2694

リモコン操作前提って事で、ChromecastよりもAppleTVを意識してるッて思ったんだけど、

U-NEXTの専用端末「U-NEXT TV」と全く一緒な事に気づいた。

U-NEXT TVレビュー。他社端末と比較して気づいたデメリット。 

サイズから、リモコンから、動作まで、何から何までU-NEXT TVと一緒。

 

Apple TVと違い、HDMIケーブル(1.2m)が付属しているは有り難い。

※Chromecastは直差しの為、HDMI延長ケーブルのみ付属しています。

 

そう考えると、税込7500円はそこまで高くはない・・・かもしれない。

・・・ちょっと高いか。

 

dTVターミナルとdSTICKの一番の違いは、HD画質対応という点。

dTVターミナルは、dSTICKの進化版。

 

dTVターミナルは、HD画質対応になったのが一番の違い。

dSTICKはSD画質しか対応してなかったんで、評判は悪かったよね。

dTV(dビデオ)をテレビで見るならChromeCastを買うべき理由。 | 俺の動画。

 

またdTVターミナルは、リモコン付きになり、

単体で動作するんで、Apple TVやNexus Playerに近い。

 

いずれにせよ、ドコモ縛りの端末なんで、いろいろと制限は有るし今後が不安。

Android OSなのに、Google Playストアは利用できません

 

初期設定は簡単。docomo ID前提の端末。

電源が入ると、docomoとandroidの文字。

IMG_2769

 

OSはアンドロイドだけど、入力を求められるのは、

Googleアカウントでは無く、docomo ID。

あくまで、ドコモ会員前提の端末となっております。

IMG_2771

付属のリモコンで、ID、パスワードを入力しないといけない・・・非常に面倒デス。

 

あとは、Wifi接続で視聴可能になります。

IMG_2764

 

WPS対応の無線ルーター使ってるなら、ボタン長押しで簡単設定です。

IMG_2765

設定は簡単だね。

必要なのは、電源、Wi-Fi、ドコモIDです。

 

リモコン有りでdTV単体で視聴可能。電源オフもできる。

dTVターミナルは、USB給電可能なんで、

テレビにUSB端子があれば、コンセントは不要になり、配線もスッキリです。

 

もちろん、Chromecast同様、コンセント用の変換アダプタは付いている。

IMG_2763

Chromecastのデメリットといえば、通電している限り電源がオンとなってしまう点。

ChromeCast、Amazon Fire TV Stick、Apple TVの比較と違い。お互いのメリット・デメリット。 

 

dTVターミナルは、リモコンに電源ボタンあるので電源オフが可能です

IMG_2766

Chromecastには、リモコンが有りませんからね。

 

私は複数HDMI端子のある液晶ディスプレイで視聴しているので、

この電源オン、オフって機能は結構助かります。

 

dTVターミナルのできる事。HuluとU-NEXTは視聴できない。

Apple TVとChromecastは、Hulu、U-NEXT、dTV対応端末ですが、

dTVターミナルは、HuluとU-NEXTに未対応です。

dTV、dアニメを視聴する為の端末となってます。

あくまでdocomoサービス前提の端末であるという事。

 

dTVターミナルにも、アプリは3種類入ってますが・・・

Google Playには未対応なんで、アプリの追加は完全にdocomo次第。

IMG_2772

 

現在、出来る事といえば、

お手軽プレイヤー For YouTubeでYoutube視聴、

IMG_2774

 

MiraCastには対応しているので、スマホの映像を大画面出力したり、

IMG_2773

 

マイメディアで、ネットワーク上のサーバーファイル(写真、音楽、動画)にもアクセスできました。

microSDカードや、USBメモリーデータも、視聴可能な模様です。

 

できる事は以上になります。

ChromeCastとAppleTVに比べると、ドコモの制限がある事は間違い無いです。

 

dTV視聴専用と考えるなら、良いのかも知れないが、

ドコモ依存という事で将来性は不安だし、値段も高い様な気がする。

ザッピングUIは、スマホのdTVアプリでも利用可能だからね。

 

Amazon Fire TV Stickの登場で、dTVは完全に不要へ。

スマホなしでテレビ見たいに見れる事を意識してるんだろうけど、

Chromecastの方が、断然コスパは良いよね。


Chromecast ブラック

 

iOSユーザーなら、AppleTVを断然オススメしたいんだけど・・・

Apple TVでは、dTVアプリ無くAirPlay経由だし、

低画質のSD画質となってしまうのでオススメできません。


Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

 

でもChromeCastは、スマホ必須だからなぁ~って、

思っていたら、AmazonからAmazon Fire TV Stickが登場しました!


Fire TV Stick

 

端末料金も4980円だし、専用リモコンで単独起動可能。

更に、dTV専用アプリも有り、dTVターミナルの動作と全く一緒です。

Fire TV Stickは、他社の動画配信サービスにも対応しまくってますから、

dTVターミナルを購入する理由は完全に無くなったワケです。

Fire TV StickならWifiもデュアルバンド対応、5GHz帯にも対応してますから。

動画配信サービス視聴にオススメの再生端末まとめ。対応機種による動作と画質の違い。 

複数契約をしているなら尚更、一台で全てのサービスが利用できた方が良いからね。

 

dTVは素晴らしいサービスだけど、dTVにもデメリットは有るし、

dビデオとHuluを徹底比較。dビデオのメリット・デメリット 

U-NEXTや、Huluと併用している人も多いハズだ。

U-NEXT(ユーネクスト)のメリット・デメリット。他社動画配信サービスとの比較。

 

サービス内容がコロコロ変わる時代、

他社動画配信サービスとの互換性は無いと困ると思う。

 

スマホ持ってるなら、Amazon Fire TV Stickが一番コスパ良いから。

dTV(dビデオ)をテレビで見るなら、Amazon Fire TV Stickを買うべき理由。

大人の男性向け!コスパ最強の動画配信サービス。

DMM.com「見放題chライト」のメリット・デメリット。

コメントを残す