音楽聴き放題!Apple Music、LINE MUSIC、AWA、定額制音楽配信サービスの比較まとめ。

定額制の動画配信サービスで、見放題の便利さをひしひしと感じた私。

聞き放題の定額制音楽配信サービスにも、ハマっております。

IMG_4582

基本的にはGEOで音楽CDを格安レンタルして、

宅配レンタルCDはGEO(ゲオ)が安い。アルバム1枚50円で「iTunes Match」し放題。

iTunesでリッピングしまくってるんだけど・・・

レンタルCDとiTunes Matchで、合法的に音楽ダウンロードし放題にする方法。

 

借りたいアルバムを探すために、聞き放題サービスで流し聴き。

借りる手間も無く、CD挿入の手間も無いってのは、超快適。

 

聴く端末も選ばず、歌詞表示も可能。

音質も256kbps~320kbpsと悪く無い。

iTunes Matchだって、256kbps AACだからね。

 

2015年にはApple Music、LINE MUSIC、AWAと国内でも普及し始めました。

spotifyが日本で使えるのは、まだまだ先って話って話ですが、

日本の音楽配信サービスは、アツくなりそうです。

Apple「Apple Music」のメリット・デメリット。

2015年7月1日、遂にアップルも定額制の音楽配信サービスを提供開始。

月額980円で聴き放題の「Apple Music」です。

  • 月額料金:個人向けプラン980円、ファミリープラン1480円(6人まで)
  • 収録曲:3000万曲以上(日本では不明)
  • 音質:256kbps ※回線速度により自動調整
  • オフライン再生:可能(端末ダウンロード可能)
  • 歌詞表示:不可能
  • 特徴:圧倒的な曲数。邦楽は少ない。PC再生可能。オフライン再生可能。ファミリープラン有り。
  • 対応端末:iOS端末、Apple Watch、Apple TV、Mac PC、Windows PC ※Androidは今後対応予定
  • 無料期間:3カ月

 

公式表記してある曲数はとにかく多いが、国外相手の記載なんで、

実際日本で聴ける曲数は謎。特に邦楽は他社に比べると少ないです。

洋楽は圧倒的に多いので、洋楽ユーザーはApple Musicで何も問題無いと思う。

 

AWA、LINE MUSICとPC対応はイマイチなんだけど、

Apple Musicは、PCでも快適にApple Musicが利用できます

iTunesで動作するので、Windowsパソコンでも非常に快適です。

さすがのアップル。インターフェイスも優れています。

iPhoneでも「ミュージック」アプリで、そのままApple Musicが利用可能となります。

また、曲をダウンロードしてオフライン再生が可能ってのもポイント。

 

PCではiTunesで利用するので、AirPlayで複数同時出力が可能です。

AirPlay環境下なら、複数部屋の複数同時スピーカー再生する・・・

なんて事も可能となってしまいます。

iTunesとAirPlayを使えば、複数の出力デバイスから同時に音楽を聴く事ができます。

オフィスや、店舗の様な広い空間なら、AirPlayは尚更使える。

自宅の全部屋で同じ音楽を再生する・・・なんて事も可能となります。

※参考→音楽を複数スピーカーへワイヤレス同時出力。AirPlayが便利すぎる件。 | KJ新谷の輸入ビジネス幼稚園

 

Apple Musicの音質は256kbpsと他社320kbpsと劣る。

他社のように音質の選択も出来ず、256kbps固定でも無く、自動調整なので、

LTEや3G回線等のモバイル環境下では、勝手に音質が悪くなる恐れがあります

 

Apple Musicでは歌詞表示に対応していないってのもデメリット。

他社はどこも基本的に歌詞表示に対応しているのにねん。

 

月額1480円のファミリープランなら、6人まで利用できるってのも大きい。

家族2人以上で利用するなら、断然お得だと思う。

 

聴ける曲数云々では無く、これ程使い易いサービスは無い。

オススメ「For You」や、「New」の専門家によるプレイリストも優れており、

24時間配信の「Radio」も種類が豊富で、流し聴きには良い。

 

他社に比べ、インターフェイスも優れているし、楽曲数も断然多い。

Appleユーザーなら、とりあえずApple Musicは試してみるべし。

3か月も無料トライアル期間あるし、ファミリープランも無料トライアルで利用できます。

 

エイベックス×サイバーエージェント「AWA」のメリット・デメリット。

定額制音楽配信サービスの火付け役。2015年5月27日に開始した「AWA」。

avexとサイバーエージェントのコラボレーションです。

  • 月額料金:Freeプラン0円、Liteプラン360円、Premiumプラン960円
  • 収録曲:2015年内500万曲
  • 音質:320kbps or 128kbps or 96kbps or 64kbps
  • オフライン再生:可能 ※Premiumプランのみ
  • 歌詞表示:可能
  • 特徴:他社に比べプレイリストが秀逸。オシャレなインターフェイス。PCには未だ未対応。
  • 対応端末:Android端末、iOS端末 ※PCは今後対応予定
  • 無料期間:3か月間。無料トライアル終了後は自動的に無料のFreeプランへ。

 

LiteプランとPremiumプランの違いは、任意の曲が再生できるか否か。

Liteプランでは、プレイリスト再生とラジオ再生のみ可能となり。

プレイリストでもリスト順でしか再生できません

KS001659

Freeプランは、更に月60分間という制限も発生します。

 

インターフェイスが非常にオシャレ。操作性も良く使いたくなります

Apple Musicに比べると曲数は少ないですが、邦楽は多いです。

IMG_4585

AWAはプレイリストに力を入れているだけあって、他社よりも刺さるものが多い。

AWAの選曲が一番好きです。

また、ユーザー作成のプレイリストが膨大にあり、全体的に質も高め。

有名アーティスト、芸能人の作ったプレイリストも有るのも面白い。

曲を探す楽しみよりも、プレイリストを探す楽しみが有ります

聴き放題サービスこそ、プレイリストは重要です。

 

残念なのが、未だPC対応はしていないという事。

スマホアプリは一番だと思うけど、現在はスマホでしか利用できない。

 

AWAアプリダウンロードで、手間なく無料トライアルが利用できます。

3か月の無料トライアル終了後は、自動的に無料のFreeプランになるのも親切。

PC利用できるようになるのであれば、Apple Musicと併用しても良いかも。

Freeプランでも、プレイリスト、ラジオ再生ができるのは嬉しい。

 

LINE「LINE MUSIC(ラインミュージック)」のメリット・デメリット。

2015年6月11日にLINE MUSICのサービスが開始。

LINEユーザーも多いんで、とりあえずLINE MUSICを使った人も多いハズ。

  • 月額料金:ベーシックプラン500円(学割300円)、プレミアムプラン1000円(学割600円)
  • 収録曲:150万曲、2015年内500万曲、2016年内に1000万曲
  • 音質:320kbps or 128kbps or 64kbps
  • オフライン再生:不可能 ※キャッシュ機能有り、オフライン対応予定。
  • 歌詞表示:可能
  • 特徴:邦楽が豊富。他社には無い学割が有り。SNSに強い。インターフェイスがイマイチ。
  • 対応端末:Android端末、iOS端末、Mac PC、Windows PC
  • 無料期間:2015年8月9日まで無料だった ※30秒なら無料で聴ける。

 

AWAと同レベルの曲数みたいですが、

AWAよりも若干、邦楽の曲数が多いイメージです。

2016年には1000万曲予定と、曲数も今後増えていく予定。

 

LINEとも連動しており、FacebookやTwitterへも連携している。

曲を友達とシェアしたり、グループシェア出来たりもする。

友人が好んで聴いている曲を把握できる「フレンズチョイス」なんかも有る。

SNSで交流が盛んな人や、仲間内で盛り上がれる人達、

特に学生なんかには、良いサービスなのではないかと。

 

いつの間にかPCにも対応となりましたが・・・

個人的には、スマホ版、PC版ともに、イマイチ使いづらいです。

 

他の聴き放題サービスが、厳選プレイリスト押しをしている中、

ただオススメ曲を並んでるといったイメージです。

IMG_4591

トップページは無機質・・・ちょっと惹かれ無い。爆

インターフェイスやプレイリストの重要性に気付いたよねん。

AWAやApple Musicよりも使い難い。慣れのせいか?

 

LINE MUSICの料金はチケット制で、使う前に事前にお金を払う仕組み。

プレミアムプランとベーシックプランとの違いは、聴ける時間の違い。

ベーシックプラン(月額500円)は、30日で20時間という制限があります。

 

ベーシックプランとプレミアムプランがあるけど、

iPhoneアプリから購入できるのは、プレミアムプランのみ。

しかも30日1080円と、LINE STOREで購入するより80円高い。

IMG_4589

・・・なんでなん?まぁ買わないけど。

 

LINE MUSICは学生限定で、学割が効くってのも他社には無い利点。

学生価格なら有りかもね。

無料期間が終了してしまったた今・・・私は使わないかな。

 

レコチョク「レコチョクBest」

着うたの元祖、音楽ダウンロードといえば、レコチョク。

2013年3月に、定額聞き放題サービス「レコチョクBest」を開始です。

  • 月額料金:980円
  • 収録曲:150万曲以上
  • 音質:320kbps or 128kbps
  • 歌詞表示:可能
  • 特徴:J-POP中心で洋楽も有り。
  • 対応端末:Android端末、iOS端末、Mac PC、Windows PC
  • 無料期間:3日間。クレジットカード登録で1カ月無料

 

スマホ端末だけでなく、パソコンでも使えるようになったんで、KKBOX以上にオススメ。

インストール不要で、ブラウザ上で320kbpsの高音質再生も可能です。

KKBOXの様に登録端末制限も無いので、レコチョクBestは個人的に好きです。

レコチョクBestとKKBOXの比較と違いをレビュー。私がレコチョクを選んだ理由。

 

日本産まれって事で、日本ユーザーに優しい気もする。

ブラウザ再生なんだけど、Apple Musicよりも音質も上だし、

レスポンスも良く、サクサク動作するんだよね。

私はレコチョク歴が長かった為、個人的にはすんげぇ使い易い。

 

邦楽数も多く、他社とは扱っている曲も微妙に異なるので、これはこれで有りかと。

アップル、AWA、LINEでばっかり比較されますが・・・

まだまだレコチョクの方が優れてると思う。特にPC環境なら抜群です。

現在は、Apple Musicと併用中・・・「My Best」も捨てられないっす。

 

KDDI「KKBOX」

AUの音楽サービスといえば、LISMO。

「LISMO unlimited powered by レコチョク」が、2013年6月に「KKBOX」へとリニューアル。

KKBOXって台湾の会社で、KDDIの連結子会社。

日本ではKKBOX JAPANが運営。

KS001280

  • 月額料金:980円
  • 収録曲:900万曲以上
  • 音質:320kbps or 128kbps
  • 歌詞表示:可能
  • 特徴:K-POPC-POP、洋楽を中心に幅広い楽曲。
  • 対応端末:Android端末、iOS端末、Mac PC、Windows PC
  • 無料期間:1日間。facebook登録で7日間無料

台湾、香港、シンガポール、マレーシア、タイにて提供されているサービスなんで、

C-POP等のアジア系最新楽曲も多い。

邦楽も強化されたという事ですが、

KKBOXにある邦楽は、基本的に「レコチョクBest」に有る感じ。

 

レコチョクBestと違い、PCに専用アプリをインストールする必要有り

登録台数も3台までという端末制限が有る。

facebook登録で7日間無料となるが、

登録時に自動でfacebook上で推奨コメントされるのも注意デス。

 

アジア系の楽曲分、レコチョクより曲数が多い。

韓国や、中国の最新曲を聞きたいならKKBOX。

独自のSNS連携機能なんかも有る。

 

NTTドコモ「dミュージック powered by レコチョク」

KS001279

  • 月額料金:980円
  • 収録曲:150万曲以上。
  • 音質:320kbps or 128kbps
  • 歌詞表示:可能
  • 特徴:邦楽中心でレコチョクBestと基本的に同じ。
  • 対応端末:Android端末、iOS端末
  • 無料期間:ナシ。

 

dミュージックってなってるけど、レコチョクBestと一緒。

聴ける曲は変わらないみたいなので・・・

対応端末や、無料期間を考えると、レコチョクBestのが良いよね。

 

NTTぷらら「ひかりTVミュージック」

KS001278

  • 月額料金:980円
  • 収録曲:150万曲以上。
  • 音質:320kbps or 128kbps
  • 歌詞表示:可能
  • 特徴:邦楽中心でレコチョクBestと基本的に同じ。
  • 対応端末:Android端末、iOS端末、ひかりTVチューナー
  • 無料期間:16日間。

こちらも基本は、レコチョクBestベースのサービス。

やっぱり聴ける曲は変わらないみたいなので・・・

対応端末や、無料期間を考えると、レコチョクBestのが良いよね。

 

Sony 「Music Unlimited」※2015年3月終了

ソニーの定額聞き放題サービス「Music Unlimited」は、

2015年3月に終了となりました。

クラウドベースの定額制音楽配信サービス「Music Unlimited」は2015年3月30日午前10時をもって終了いたしました。
2012年7月のサービス開始以来、本サービスをご利用いただき誠にありがとうございました。

Music Unlimited | ソニー

KS001281

  • 月額料金:30日980円
  • 収録曲:2500万曲以上
  • 音質:48kbps(通常モード)、320kbps(高音質モード)
  • 歌詞表示:不可
  • 特徴:UK、USの洋楽、クラシック、ジャズがメイン。邦楽も有り。
  • 対応端末:Android端末、iOS端末、PlayStation3、Vita、Mac PC、Windows PC、ブラビア・・・

邦楽は少なかったものの、洋楽は断トツ・・・

収録楽曲も多く、対応機器も多かっただけに残念デス。

 

今後は「Spotify」と提携して「PlayStation Music」となる様ですが・・・KS001277

日本での提供は・・・未定となっております。

 

日本未提供の海外音楽聞き放題サービス。

現時点では使えませんが、

Apple Musicのように、日本でも使えるようになることを祈って。

動画配信サービスが普及してんだ、音楽配信サービスも普及してくれ。

 

Spotify

スウェーデン生まれの音楽ストリーミング配信サービス。

音楽聞き放題って言ったら、Spotifyをよく聞く。

「日本でのサービス利用は現在準備中です!」ってずっと表示されてます。KS001287

 

PlayStation Musicも日本は未定なんで、希望は薄い。

日本から使う方法もあるようですが、自己責任にて。

 

Google Play Music All Access

Googleの音楽聞き放題サービスです。

コチラも日本から使うグレーな方法は有る様です。

日本でGoogle Play Musicを使う方法。無料で音楽データをクラウド化。 | KJ新谷の輸入ビジネス幼稚園

 

XBox Music

Microsoftも音楽聞き放題サービスやってます。

KS001286

Xbox Musicで3000万曲以上・・・凄いね。

 

音楽聞き放題の曲数は少ない。そう思うならレンタルサービスを活用しよう。

日本の音楽事情はちょっと複雑で、

国内楽曲の聴き放題には、まだまだ時間がかかりそう。

洋楽に比べると、邦楽の聴き放題楽曲も、まだまだ少ないです。

 

定額制の音楽聞き放題サービスは、曲数が少ないっていう口コミが多いですが・・・

聞き放題サービスって、新しい曲を探すサービスだと思う。

優れたプレイリストで、自分に合った曲をオススメしてもらう。

気に入った曲が有れば聴きまくれるし、そんなに悪く無いサービスだよ。

 

自分の聴きたい曲が決まってるなら、レンタルした方が安いです。

月額1000円近く払うなら、1000円払って音楽CD借りた方が安い。

レンタルCDをiTunes Matchする事は、別に問題でも無いハズですから。

レンタルCDとiTunes Matchで、合法的に音楽ダウンロードし放題にする方法。

CDレンタルも、以前に比べ安くなってますから。

宅配レンタルCDはGEO(ゲオ)が安い。アルバム1枚50円で「iTunes Match」し放題。

 

いずれは動画配信サービスみたいに、普及しまくる日も遠くはないのかもね。

それまでは、Apple Musicで頑張るよ。

私はiPhoneユーザーなんで・・・

Apple Musicがやっぱり使いやすいです。

スポンサーリンク

コメントを残す