初めての4D映画。4DXとMX4Dの違いと4Dが観れる映画館について。

4D映画が面白いらしい。

というわけで、久しぶりに映画館で映画でも見ようとしたら、

4DXとか、MX4Dとか、謎の単語が飛び交っている。

3D映画では無く、4D映画の時代。何が違うの?って話。

とりあえず4D映画、試してきました。

3Dと4Dの違い。3D+α=4Dという表現。

3Dの映像ってのは、専用のメガネをかけることにより、画面から浮き出て見えるものでした。

左右の目に見える映像を変え、脳の錯覚により立体的に見えるという仕組みです。

3Dメガネの仕組みと種類。パッシブ方式とアクティブ方式の違い。

 

3D作品の映像による立体視だけでなく、物理的なエフェクトも加えたものを4Dと言ってます。

一口に4Dと言っても、その種類は様々。対応する映画館も違い、4Dの種類も違う。

4DX、MX4D、D-BOX・・・統一してくれよん。

 

ちなみに、4D映画と言っても、3D映画が前提では有りません。

2D映画+エフェクトでも、4D映画として扱われてます。

3D映像の場合は、4D料金+1000~1200円だけでなく、3D料金+300円も取られます。

3Dメガネを持って無い場合は更に+100円・・・

通常料金と併せると、合計3000円オーバー。結構高いデス。

 

4D映画と言えば4DX。アトラクション性が高く動きまくる。

4D映画といえば、4DXを思い浮かべる人も多いと思う。

日本でも視聴できる映画館が一番多く、私も最初に観たのが4DX。

ユナイテッドシネマ、コロナワールドとかで上映してます。

IMG_4475

4DX®とは、3Dのその先「体感型(4D)」を演出するための最新劇場上映システム。座席が作品中のシーンと完璧にリンクし、前後上下左右へ稼働。また、風、水(ミスト)、香り、煙りなど、各種演出も体感できるアトラクション効果も搭載。また、4DX®専用作品ではなく一般公開されている映画作品で、4DX®の環境効果で体感できることも特徴。観客のあらゆる感覚を刺激する4DX®で、これまでに体験したことのない、映画の「新たな感動・すばらしさ」を体感してください。

映画は3Dのその先へ。『4DX』|コロナワールド

アトラクション性が強く、想像していたよりも頻繁に椅子が動いてました。

しかも結構激しくてビックリしました。

シートの稼働だけでなく、風、水、臭い、煙・・・

映画館というよりも、遊園地にあるシアター系のアトラクションみたい

上映前の予告で4DX紹介ムービーがあり、イキナリ動きまくるので最初からビビります。

 

4DXが観れる映画館は、全国で18カ所。

4DXが多いと記載しましたが、国内で4DXが観れる映画館は、まだまだ少ないです。

東京都でも2か所、神奈川県も一か所のみです。※2015年8月現在。

4DXが観れる映画館一覧

コロナワールド

  • 中川コロナワールド(愛知県)
  • 小倉コロナワールド(福岡県)
  • 福山コロナワールド(広島県)
  • 小田原コロナワールド(神奈川県)
  • 豊川コロナワールド(愛知県)
  • 大垣コロナワールド(岐阜県)
  • 安城コロナワールド(愛知県)

109シネマズ

  • 109シネマズ富谷(宮城県)

ユナイテッドシネマ

  • ユナイテッド・シネマ札幌(北海道)
  • ユナイテッド・シネマ豊洲(東京都)
  • ユナイテッド・シネマ春日部(埼玉県)
  • ユナイテッド・シネマ前橋(群馬県)

シネマサンシャイン

  • シネマサンシャイン平和島(東京都)
  • シネマサンシャイン沼津(静岡県)
  • シネマサンシャインエミフルMASAKI(愛媛県)

USシネマ

  • USシネマ木更津(千葉県)
  • USシネマ千葉ニュータウン(千葉県)

アースシネマズ

  • アースシネマズ姫路(兵庫県)

都心に多いというわけでも無いので、近くに有ればお試しあれ。

 

MX4DはTOHOシネマズ限定。4DXとの動きの違い。

4D映画は4DX・・・以外にもあります。

TOHOシネマズのMediaMation MX4Dです。

シート稼働、風、ミスト、香り、ストロボ、煙、振動・・・どちらも非常に似ています。

KS001619

3D映画を超える「アトラクション型4Dシアター」の登場です。
映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くとともに、風、ミスト、香り、ストロボ、煙や振動など五感を刺激する11種の特殊効果が連動。通常のシアターでは決して味わえない「アトラクション型の映画鑑賞スタイル」を実現します。“MediaMation MX4D™の登場によって、映画は「観る」から「体感する」に変わります。
※MediaMation MX4D™は作品や劇場によって使用される特殊効果が異なる場合がございます。

TOHOシネマズが「体感型」4Dシアターを導入! || TOHOシネマズ

MX4Dはアトラクション型4Dシアターって事で、

4DXよりも、MX4Dの方が、アトラクション性が高いのかと思っていたんですが、

実際に利用してみたところ、4DXの方がエフェクトしまくりの印象が残りました。

 

MX4Dは、動かない時は動かず、動くべきときに動くイメージです。

視聴した映画も異なるので、違うかもしれんけど・・・動き方は異なるのは間違いない。

 

振動系の動きは、MX4Dの方が攻め方が豊富です。

ランブラー(地響き)、バックポーカー(背後)、シートポッパー(突き上げ)と多彩だし、

ミストや風の演出も適切な気がした。

4DXも同じ様な動きするんだけど、とにかく動く場面が多いし、

シート稼働以外も、無理やりモーション入れ気味です。

アトラクション性に期待したい人は、4DXの方が良いと思うけど、

映画に入り込みたい人は、MX4Dだと思う。

 

もちろん映画にもより、挙動は異なるし、好みもある。

映画館のシアタールームによっても、動作は異なるみたいなので、一概には言えないと思う。

だけども、私は4DX派。

4DXは料金+1000円に対し、MX4Dは料金+1200円と高いし、

映画っていうよりも、アトラクション性に期待していたから。

見れる映画館も4DXの方が多いもんね。

 

MX4Dが観れる映画館は、TOHOシネマズ全国3劇場だけ。

MX4Dが見られる映画館は、4DXに比べて断然少ないです。

TOHO 4D PROJECTという事で、

TOHOシネマズ限定でしか見れないし、都心部の数店舗でしかMX4D対応になってません。

MediaMation MX4D導入 TOHOシネマズ劇場

  • TOHOシネマズ ららぽーと富士見(埼玉県)
  • TOHOシネマズ 新宿(東京都)
  • TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(東京都)

全国で3か所の劇場のみです。※2015年8月現在

 

イオンシネマはD-BOX。D-BOX座席が動くのみ。

4Dのくくりの中に、D-BOXなんかも有りますが、

こちらはイオン系の映画館のみで、座席が動くのみ。

映画のシーンに合わせ、シートが前後・上下・左右に動きます。

一般上映の部屋にシートが動く列が有る・・・と言った感じです。

自分で揺れも調整できるようです。5段階調整らしい。

D-BOX料金は、4DX同様+1000円となります。

私は利用してませんが・・・たぶん利用する事は無いでしょう。

 

D-BOXが観れるイオンシネマの劇場。

D-BOXが体感できるイオンシネマ劇場は、全国8カ所。

D-BOX導入劇場一覧

  • イオンモール幕張新都心(千葉県)
  • イオンモール春日部(埼玉県)
  • イオンモール港北ニュータウン(神奈川県)
  • イオンモール名古屋茶屋(愛知県)
  • イオンモール大高(愛知県)
  • イオンモール和歌山(和歌山県)
  • イオンモール京都桂川(京都府)
  • イオンモール岡山(岡山県)

D-BOX(ディー・ボックス)|イオンシネマ

一般上映と同じ部屋(スクリーン)に、

D-BOXが置いてあるだけなので、D-BOX対応の座席数も少なめ。

好評であれば、増える予定みたいです。

 

4DXにすべきか?MX4Dにすべきか?いずれにせよ映画では無い。

4DX、MX4D両方視に行って思った事。もぅ映画じゃないですコレ。

近くに有れば、どちらでも良いので試してみる事をオススメします。

 

違いはあるものの、基本的に動くという仕組みは変わらないので、

映画とは全く違った気分を味わえます。というよりも映画と思ったらダメだと思います。

 

しかしながら、ワザワザ遠出してまで見に行くほどの価値は無いかと。

映画以上アトラクション未満・・・個人的には、あまり好きでは無かったです。

4DX酷評レビュー。映画館で4D映画を見て気付いたデメリット。

気になっているなら、とりあえず近場で体感しましょう。

 

4D料金は、ほぼ3D作品になるので、お値段も非常に高額です。

例えば4DXの場合、

一般料金1800円+4D料金1000円+3D料金300円+3Dメガネ料金100円=合計3200円となります。

二人で観にいけば6400円。その価値が有るかと言われれば・・・かなり微妙。

 

私は、サービスデー料金で観ましたが、それでも二人で5000円。

・・・・まぁ、話のネタにはなったけどね。

スポンサーリンク

コメントを残す