NHKオンデマンドを視聴するならU-NEXT。HuluとのNHK作品数の違い。

日本国の公共放送といえばNHK。

日本を代表する放送局も「NHKオンデマンド」にて、

見放題の動画配信サービスを提供しております。

 

2016年5月、U-NEXTでNHKオンデマンドが提供開始となり、

一気に身近になったNHKコンテンツ。

NHK番組を視聴するなら、本家NHKオンデマンドよりもU-NEXTの方が良い感じでした。

NHKオンデマンドのメリット・デメリット

NHKオンデマンドは、NHKで放送された番組がオンライン視聴できるサービス。

本家のNHKオンデマンドは、良くも悪くもNHK専門サービスといったところ。

 

NHKオンデマンドのメリット・デメリット

  • NHKコンテンツ数No.1。Eテレ、BS1、BSプレミアム番組も対象。
  • NHKオンデマンドの見放題プランは2種類。月額900円+税
  • 「見逃し見放題パック」「特選見放題パック」の2種類が選べる。
  • 対応端末がPCとスマホアプリのみと非常に少ない。
  • PCのみHD画質に対応。iPadアプリも無い。
  • NHKの番組のみ。NHKで放送した番組以外のコンテンツは無い。

 

他社には無いNHKオリジナルコンテンツ。NHKオンデマンドのオススメ番組。

NHK特化の動画配信サービスという事で、NHKコンテンツ数は一番多いです。

NHKってだけで見なかった私ですが、

民放とは違った面白さが有り、オススメできる番組も多いです。

 

NHKで人気のドラマといえば、朝ドラ(連続テレビ小説)や大河、ドラマ10にプレミアムよるドラマ。

現在放送中の真田丸、とと姉ちゃん、水族館ガール、ふればなおちん・・・だけでなく、

過去のドラマ、あまちゃん、龍馬伝、軍師官兵衛、あさが来た、篤姫、マッサン・・・

NHKドラマは名作だらけ。視聴率が高いのも納得。

 

NHKはドキュメンタリーや、教育番組も非常に豊富。

プロフェッショナル 仕事の流儀、クローズアップ現代、100年インタビュー、ドキュメント72時間、

コズミックフロント☆NEXT、その時歴史が動いた・・・面白いだけでなく勉強になる。

 

NHKはバラエティ番組も、独特な面白さが有る事に気付いた。

ブラタモリ、所さん!大変ですよ、鶴瓶の家族に乾杯、サラメシは、なんとなく再生しましたが、

なんとなく見てしまいます。

 

ニュース番組の見逃し配信をやっているのもNHKくらい。ニュースは手軽に情報が入るので良い。

NHKニュース7、ニュースウォッチ9、おはよう日本・・・1週間は視聴可能です。

 

NHKオンデマンドには2つの見放題プランが有る。

番組は単品でのレンタルも可能だが、

独自の見放題プランが2種類有り、頻繁に利用するなら断然格安になる。

 

NHKオンデマンドの見放題プラン

  • 見逃し見放題パック:月額900円+税。見逃し配信(約2週間)。毎月500~600本が見放題。
  • 特撰見放題パック:月額900円+税。過去に放送した番組を厳選。約5000本が見放題。

 

見逃し見放題パックは、放送終了から約2週間以内の番組しか視聴できませんが、

最新ドラマや、バラエティ、ニュース番組とバリエーション豊富です。

 

特撰見放題パックは、過去に放送した作品のみとなりますが、

NHKの人気番組が約5000本も見放題となります。

 

日常的にジャンル豊富に利用するなら、見逃し見放題パックですが、

一気にドラマ等の動画をまとめて見たい場合は、特選見放題パックだね。

見放題プランは両方利用する事も可能で、両方契約した場合は月額1800円+税となる。

私は両方契約しても見切れないので・・・さすがに月額2000円弱は痛い。

 

NHKオンデマンドの対応端末は少なく、iPadアプリにも未対応。

NHKオンデマンドのデメリットは対応端末の少なさと、スマホアプリの貧弱さ。

視聴可能な端末はパソコンとスマホアプリのみ。

しかも、高画質のHD画質で視聴できるのは、パソコンで視聴した場合のみとなります。

KS002410

 

iOSのiPadで視聴しようとするも、iPadアプリが無いという。

仕方なくiPhoneアプリで視聴する。等倍サイズだとこんな感じ。

IMG_8508

2倍サイズにしても、黒い余白が埋まらない。画質以前の問題。

IMG_8509

テレビアプリにも対応していないし、

ミラーリングやAirPlayのスマホ経由で、テレビ出力しても見れたものでもない。

 

NHKオンデマンドにはNHK番組以外のコンテンツが無い。

NHKオンデマンドには、当たり前ですがNHK以外のコンテンツが有りません。

NHK番組のみ。ドラマもNHKドラマのみ。

NHKの番組って、NHKっぽい番組に偏るので、これだけってなると厳しい。

特に大河や朝ドラに魅力を感じない人には、オススメはできない。

 

U-NEXTでNHKオンデマンドを視聴するメリット・デメリット。

2016年5月、U-NEXTでNHKオンデマンドが視聴できるようになりました。

これにより、NHKオンデマンドのデメリットだった部分が、

U-NEXTから視聴する事により快適に。色々な不便が無くなりました。

見放題料金も一緒で、対応端末も一気に増え、スマホアプリもU-NEXT仕様となる。

NHKコンテンツそのまま、U-NEXTで視聴できるってのが一番のメリット。

 

NHKオンデマンドの見放題パックも、そのままU-NEXTで視聴可能となる。

U-NEXTユーザーなら、NHKオンデマンドの見放題パックの契約が可能となります。

料金もそのまま、見放題コンテンツもそのまま。

 

U-NEXTで契約できるNHKオンデマンド見放題パック

  • NHK見逃し見放題パック:月額900円+税
  • NHK特撰見放題パック:月額900円+税

 

料金もコンテンツも変わりませんが、プラットフォームが変わります。

U-NEXT経由で契約する事により、NHKオンデマンドでは無かった使い心地。

優れた環境で視聴できるようになります。

 

ちなみに、NHKの見放題プランを契約せずとも、単品レンタルで視聴する事も可能です。

動画を選択すると、単品レンタル or 見放題パックの選択ができるようになってます。

KS002404

 

U-NEXTは対応端末が多く、テレビでも視聴できる。NHK動画が高画質へ。

U-NEXTは対応端末も多いので、テレビアプリ、Fire TV Stickで大画面TV視聴も可能。

スマホアプリでも高画質でミラーリングにも対応しているので、

Chrome CastやApple TV経由でテレビ出力する事も可能になります。

IMG_8520

NHKオンデマンドで契約した場合は、テレビ視聴は不可能でしたからね。

 

スマホアプリ「U-NEXTプレイヤー」が快適。iPadで高画質視聴も可能となる。

U-NEXTで、NHKオンデマンド作品を視聴するメリットは、

専用のスマホアプリ「U-NEXTプレイヤー」で視聴できるという点。

NHKオンデマンドアプリでは対応していなかったiPadにも対応しており、画質も高画質に対応。

IMG_8510

当たり前にフルサイズ表示も可能で、画質は段違いに高画質になりました。

IMG_8513

iPadで不自由無く視聴できる事が、素晴らしい。

 

NHKコンテンツはダウンロード保存が不可能。

U-NEXTといえば、ダウンロード機能が有るのも魅力の一つですが・・・

オフライン視聴(ダウンロード再生)可能な動画配信サービスまとめ。

NHKオンデマンド作品は、基本的に「ダウンロード未対応」となっており、

オフライン環境での視聴は不可能になってました。

IMG_8522

恐らくライセンス的な問題が有るのでしょう。

 

PPVポイントでの見放題パックの契約が可能。

U-NEXTのNHKオンデマンド作品は、PPVポイントでの単品レンタルもできますが、

NHKの見放題パックにも、PPVポイントの消化が可能となっております。

 

NHK見逃し見放題パックも、NHK特撰見放題パックも、月額900円+税

U-NEXTの見放題プラン(月額1990円+税)には、毎月1000円分のPPVポイントが含まれるので、

U-NEXTの見放題ユーザーなら、実質無料でNHKの見放題プランも利用可能となる。

 

NHK見放題パックは自動更新される。自動更新を解除する方法。

U-NEXTのPPVポイント消化して、NHKの見放題パックが利用できるとはいえ、

NHKオンデマンドの見放題パックは、月額契約であり、自動更新制となっています。

月末までに自動更新を解除しなければ、

来月も自動的に972円分のポイントが消化されてしまいます

 

翌月からは、NHKの見放題パックを利用したくない場合、

「設定・サポート」→「契約内容の確認・変更」より、

NHKオンデマンドの見放題パック「自動更新の解除」の設定をすることが可能です。

KS002407

 

NHKオンデマンドの見放題パックの注意点としては、

月初から月末までの契約となるという事。

契約月は日割り計算されず全額請求、解除申込した月も月末までは利用可能となってます。

 

NHKコンテンツを見まくりたい時は、

なるべく月初に見放題パックを契約し、月末までにまとめて視聴する。

見尽くしたと思ったら、月末までに自動更新を解除しておく。

無駄にPPVポイントを消化しない秘訣。

 

Huluで視聴可能なNHK作品数は減っている。

NHKコンテンツが視聴できる動画配信サービスといえばHulu。

2014年4月、HuluでもNHKコンテンツの配信が始まりましたが・・・

NHKドラマ「龍馬伝」「篤姫」「ゲゲゲの女房」・・・Huluにて続々追加配信予定!!

HuluのNHKコンテンツは、増えるどころか減ってました。

Huluで視聴可能なNHKコンテンツ

  • ゲゲゲの女房
  • てっぱん
  • おひさま
  • 天地人
  • 江~姫たちの戦国~
  • タイムスクープハンター
  • 下流の宴
  • わしも
  • ログ・ホライズン
  • ベイビーステップ
  • ふしぎの海のナディア
  • がんばれ!ルルロロ
  • 山賊娘のローニャ
  • クインテット ゆかいな5人の音楽家(2話のみ)
  • にほんごであそぼ(1話のみ)
  • おかあさんといっしょ ファミリーコンサート(3話のみ)
  • おかあさんといっしょ 最新ソングブック(3話のみ)
  • いないいないばあっ!(3話のみ)
  • えいごであそぼ(3話のみ)

※2016年8月現在

 

いつの間にか、龍馬伝、篤姫、ドラマ版セカンドバージン、忍たま乱太郎・・・

全て視聴不可能になってしまいました。

NHKオンデマンドは、HuluからU-NEXTへ。NHK見放題の作品数も段違いです。

 

モチロンHuluには、Huluの良い点が有り、

Huluを1年契約して気付いた。本当のメリット、デメリット。

U-NEXTには、U-NEXTの良い点が有りますが・・・

U-NEXTとHuluを徹底的に比較してみた。ユーネクストのメリット・デメリット。

とりあえず、NHK作品が見たいならU-NEXTが間違いないね。

 

U-NEXTは月額1990円+税で、動画見放題+1000円PPVポイント、

家族で同時視聴も可能雑誌の見放題サービスも増え、アダルト動画までも見放題

毎月1000円分のポイントも貰えるし、動画数12万本以上と国内最大級。

遂には、ポイント利用でNHKコンテンツも見放題となってしまった。

 

動画配信サービスも非常に多くなりましたが、他社サービスと比べても悪く無い。

見放題の動画配信サービス比較まとめ。オススメランキング2016年Ver.

この夏は、NHKコンテンツを見まくります。

スポンサーリンク

コメントを残す