au「ビデオパス」のメリット・デメリット。

auことKDDIと沖縄セルラーが、

2012年5月に開始した「ビデオパス」。

au回線契約者限定の動画配信サービスとなってます。

HuluやU-NEXTの大手動画配信サービスが、スマホで誰でも視聴できる時代。

au会員限定のサービスに勝算はあるのか?

他社VODサービスと比較して、ビデオパスを評価します。

ビデオパスのメリット。

まずはビデオパスのメリットから。

ドコモの「dTV」並の月額料金って事で、主にdTVと比較されがちだけど、

国内主流の動画配信サービス(HuluNetflixU-NEXT等)も含め、比較したいと思います。

 

ビデオパスの見放題プランは月額料金が格安。

他社動画配信サービスが月額1000円前後に対し、

ビデオパスの見放題プランは月額料金562円+税と、大幅に格安となってます。

見放題動画配信サービス各社の月額料金比較

  • dTV:月額500円+税
  • ビデオパス:月額562円+税
  • ゲオチャンネル:月額590円+税
  • Netflix:月額650円+税(ベーシックプラン)
  • FOD:月額888円+税
  • Hulu:月額933円+税
  • Netflix:月額950円+税(スタンダード)
  • U-NEXT:月額1990円+税

見放題の動画配信サービス徹底比較。オススメVODランキング。

とりあえず、比較されがちな料金。

見放題ではdTVに次いで安いし、dTVにはない特典もあります。

 

ちなみに、見放題+PPV(レンタル)という、dTVやU-NEXTと同じシステム。

HuluやNetflixのような、完全見放題では有りません。

 

ビデオパスの見放題プランは、新作レンタルも毎月一本無料。

ビデオパスの見放題プラン会員になると、

毎月新作レンタルに使えるポイント(ビデオコイン)が540コイン貰えます。

1コイン=1円相当として使えるので、

新作1本500円+税無料で視聴できるというわけです。

 

とはいえ、最近の新作はレンタル1本700円+税する作品もあり、

全ての作品で、ビデオコインが使えるわけでも無いので・・・

KS002925

前は、レンタルチケットじゃなかったっけ?

 

ちなみに、見放題プランで付与されるビデオコインの有効期間は45日間

現在の保有コイン数は、ビデオパスアプリのトップページ、

もしくは、ビデオパスサイトにログインすれば、トップページに表示されます。

 

ビデオパス会員なら、映画館もお得に利用できる「auマンデイ」。

ビデオパスは、オンラインで動画が見放題になるだけでなく、

映画館でも、割引料金で映画鑑賞ができるようになります。

 

ビデオパス会員の映画館割引

  • auマンデイ:TOHOシネマズで、毎週月曜日1100円
  • auシネマ割:ユナイテッドシネマで、いつでも1400円

KS002926

auマンデイのTOHOシネマズで毎週月曜日1100円は、非常にお得。

通常料金は1800円だし、映画館の割引料金は頑張っても1100円が限界だから。

高い映画館入場料金を安くする方法。各劇場の割引価格を比較。 

TOHOシネマズのシネマイレージカード会員になっても、

シネマイレージデイ(毎週火曜日)は1400円にしかならないもんね。

頻繁に映画館で映画を観るような人なら、

ビデオパスの見放題料金は、auマンデイだけで元が取れる。

 

ビデオパス専用アプリで、動画ダウンロード保存(オフライン視聴)可能。

外出時に動画視聴をしたいなら、動画のダウンロード機能は必須です。

データ容量が多い動画は、モバイル通信で視聴すれば、

一気にパケット容量制限に引っかかってしまいます。

2Mbps通信を1時間利用した場合でも、約900MBの通信となってしまいます。

2Mbps=0.25MB×60(秒)×60(分)=900MB

大手携帯キャリアで一般的な、3日間1GB制限で契約している方、

2時間も視聴したら、即アウトです。

 

※参考→スマホに必要な通信速度を考える。適正な容量制限と通信量の目安。 | KJ新谷の輸入ビジネス幼稚園

 

ビデオパスは、スマホアプリで動画ダウンロードに対応しているので、

事前にダウンロードしておけば、外出時にパケット容量を消耗することは有りません。

ダウンロード可能な動画配信サービスは限られていますから。

オフライン視聴(ダウンロード再生)可能な動画配信サービスまとめ。

通信が不安定ば場所で視聴する場合も、

ダウンロードしておいた方が、ストレス無く動画鑑賞もできますので。

 

ビデオパスのデメリット。

続いてビデオパスのデメリット。

月額料金が安いという事で、どこまで許容できるか?

スマホ利用限定と考えれば、なんとか使えるかな。

 

見放題動画数が少ないし、レンタル動画も少ない。

見放題プランで動画が見放題って言っても、

その動画数は、他社VODサービスに比べると非常に少ないです。

「話題の映画、ドラマ、アニメが1万本見放題!」ってなってますが・・・

映画、ドラマ、アニメで、見たいと思うコンテンツはホント無い。

 

最新作はほとんど有料だし、見たい作品見つけたら有料だったというオチ。

新作が1本無料で視聴できるといえど、新作映画も新作ドラマも少なく、

ビデオコインで全ての動画が観れるわけでも有りません。

U-NEXTの作品数に比べれば雲泥に少ないので・・・

U-NEXTとHuluを徹底的に比較してみた。ユーネクストのメリット・デメリット。 

 

dTVでも「12万本以上の動画作品が見放題」って言ったところで、

実際の見放題作品が少なく感じるのですから・・・

dTV(dビデオ)とHuluを徹底比較。dTVのメリット・デメリット

ビデオパスの1万本見放題が、如何に少ないか分かるでしょう。

 

対応機種が少ない。テレビ視聴は基本的に難しい。

ビデオパスは、ようやくiPhone、iPadには対応となりましたが、

まだまだ対応端末が少ないです。

 

マルチデバイス対応との事ですが、基本的に対応しているのは、

スマートフォン、タブレット、PCのみ

 

TV出力して視聴する場合も、対応端末は限られています。

Chromecast、Apple TV、パナソニックVIERA・・・くらい。

家庭用ゲーム機や、Amazon Fire TV Stickには未対応。

 

家のテレビで視聴するというよりは、

外出時にモバイル端末で視聴する為のサービス。

au回線契約者限定ってところにも、携帯通信用サービス感が出てるよね。

 

HD画質まで対応というものの基本的にSD画質。

ビデオパスの画質は、HD画質(720p)まで対応している。

HD画質まで対応しているとは言うものの、基本的にはスマホ向けのサービス。

SD画質(480p)が限界の動画ばかりです。

 

最新作のレンタル作品の中には、

HD画質にも対応しているものがチラホラ有りますが・・・

HD視聴できる端末が限られているという、なんとも悲しい結末。

(※)HD視聴は一部対象機種ほか、Smart TV Stick及びSmart TV Boxで可能です。

 

一部対象機種が何なのか?調べても良く分からないし、

WiFi環境下で再生しても、SD画質なん?ってくらい画質が汚い事も有る。

 

アプリUIも微妙で、再生途中の動画が止まる事もしばしば。

マイリスト機能も無いし、動画絞り込み機能や、検索もイマイチ。

 

ビデオパスは、4KやフルHDにも、全く対応していないからね。

動画配信サービスの画質「SD、HD、フルHD、4K UHD、480p、720p、1080p」の意味と違い。

スマホという小さい画面でしか観ないのなら、そこまで気にならないのかな。

 

同時視聴は不可能。一人で使う為のサービス。

ビデオパスは、端末毎にau IDでログインすれば、

複数の端末で利用できますが、複数端末での同時視聴は不可能です。

加入時のau IDでログインいただくことで、「追加料金なし」でご利用いただけます。

複数デバイス(機器)から同時に利用することはできません。

 

ビデオパス会員情報は、au IDに紐づけられているので、

同時視聴しないにしろ、家族で共有するのにも向かないんじゃないかな。

月額料金562円+税だから、この料金で同時視聴できたら困るよね。

 

ビデオパスは30日間無料トライアルが有る。解約方法は簡単。

ビデオパスは、auユーザーしか契約出来ないサービス。

見放題だけでなく、新作映画も格安で観たい人。

もしau回線契約者で、使った事が無い人なら、30日間無料で試せます。

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

無料で会員登録したからって、解約方法が難しいわけでも有りません。

オンラインや、スマホアプリから、簡単に解約できてしまいます。この辺は良心的。

見放題プランの入会・退会方法は?

■WEBサイトでの入会・退会方法
(Android・iPhone・パソコンのお客様)
こちらから入会・退会手続きが可能です。
■ビデオパスアプリでの入会・退会方法
(Android・Smart TV Box/Smart TV Stickのお客様)
アプリの「設定」メニューから入会・退会手続きが可能です。

ビデオパスご利用ガイド|その他の質問(サービス総合)

動画配信サービスは、再生端末や、再生環境にも大きく依存するという事。

とりあえず試してみて、駄目なら駄目で、

無料期間中に解約するというのも一つの方法。その為のお試し期間です。

 

auユーザーしか利用できないビデオパス。閉鎖的なサービスに将来性はあるのか?

宅配DVDレンタルからのオンラインレンタルも当たり前に。

2016年には、海外の大手動画配信サービスも続々参入してきています。

 

auユーザー(モバイル回線、光回線)しか契約できないビデオパス

何故、au限定で提供しているサービスなのか?

auユーザーだから契約する価値があるのか?

auユーザー限定だからといって、他社に比べて格安なサービスかというと・・・

全然そんな事はありません。

 

料金や動画数、コンテンツに自信があるのであれば、

もっとオープンにしないと、今後は厳しいんじゃないかな。

 

ドコモの「dビデオ」が「dTV」へと進化し、

誰でも契約できる、格安動画配信サービスとなり、ユーザー数も急増。

対応端末も増え、4Kにも対応しはじめてるので、比べると明らかに劣ります。

dTV(dビデオ)とHuluを徹底比較。dTVのメリット・デメリット 

一方、SoftBankの「UULA(ウーラ)」は、

ソフトバンクユーザー縛りのまま、サービス終了が決定しています。

■類似サービスのご案内
UULA終了に伴い、エイベックス・デジタル株式会社が運営を行う、動画見放題サービス及び音楽聴き放題サービスへのご案内をさせて頂きます。

[重要]UULA[ウーラ]サービス終了のお知らせ | UULA[ウーラ]ブログ

 

サービス終了の「UULA」では、

グループ会社(エイベックス)運営の動画配信サービス、

dTV、ゲオチャンネルへ誘導しています。

ビデオパスも同じ流れにならないと良いんだけどね。

 

auスマホユーザーだって、他社動画配信サービスも使えます。

今では、どこでも無料のお試し期間が有りますので、

ビデオパスがダメでも、他を試してみる事をオススメします。

見放題の動画配信サービス徹底比較。オススメVODランキング。 

同じ見放題でも、サービスが違えば、使い勝手も全然違いますから。

スポンサーリンク

コメントを残す