dTVチャンネルのメリット・デメリット。dTVとの違いを比較。

dtvチャンネルのメリットデメリット

2018年1月に、専門チャンネル見放題のサービス「dTVチャンネル」が開始。

インターネット環境とスマートフォンが有れば、

どこでも視聴できる、定額制見放題サービス・・・って「dTV」と何が違うのか?

 

ドコモには、既に「dTV」という素晴らしい動画サービスが有るだけに、

「dTVチャンネル」は、ちょっと残念という印象が残りました。

まだまだ開始したばかりなので、今後に期待ですね・・・

dTVチャンネルのメリット・デメリット。レビューします。

dTVチャンネルのメリット。

月額1280円で、30以上の専門チャンネルが見放題。

dTVチャンネルが他社動画配信サービスと大きく異なるのが、

有料番組の見放題サービスということ。

 

従来の有料チャンネルサービス(WOWOW、スカパー等)のような、

専門のテレビ番組を、リアルタイムで視聴するというサービス。

CS放送の有料チャンネルとは違い、オンライン経由故にその料金も格安。

月額1,280円で、30以上の専門チャンネルが見放題となっており、

携帯電話のドコモユーザーなら、更に安い月額780円で視聴できてしまいます。

dTVチャンネルの月額料金

  • ドコモ契約者以外:1,280円+税
  • ドコモ契約者以外(dTVセット):1,480円+税(+200円)
  • ドコモ契約者:780円+税
  • ドコモ契約者(dTVセット):980円+税(+200円)
[/box]

dTVとセット料金も有り、

dTVチャンネルの月額料金+200円で、dTVも追加契約できてしまいます。

ドコモユーザーなら、両方契約しても月額980円と、

他社動画配信サービス並みの月額料金で、両方のコンテンツも楽しめます。

 

dTVだけでもコンテンツ数は非常に豊富ですからね。

dTVを契約し続けて気付いたメリット・デメリット。

それが月額+200円で利用できるなら、非常に悪く無いと思います。

dTVチャンネルの番組数は30以上。ジャンルも多岐にわたる。

dTVチャンネルは、有料チャンネルが視聴できるサービス。

肝心な視聴できる番組数も30チャンネル以上と豊富です。

dアニマックス、ディズニー、ソニーチャンネル・・・と、

月額料金だけで全て見放題となってます。

 

アニメ・キッズ

  • dアニマックス
  • BOOMERANG
  • ニコロデオン
  • Dプリプリ☆キッズステーション
  • ディズニージュニア ライト

アニメ、キッズ向け番組が豊富ですね。

最新アニメや名作アニメの「ANIMAX」や、

小さい子供向け番組も豊富で「プリプリ☆キッズステーション」や

ディズニー専門の「ディズニージュニア ライト」、

グローバルキッズ向けの「ニコロデオン」で、英語学習にも使えそう。

 

エンターテインメント

  • TBSオンデマンドチャンネル
  • ファミ劇Neo
  • エンタメ~テレ☆バラエティ SELECT
  • MEN’S NECO
  • プチフジ
  • Kawaiian for ひかりTV
  • ひかりTVチャンネル+

TBSの「TBSオンデマンドチャンネル」や、フジテレビの「プチフジ」だけでなく、

ひかりTVの「ひかりTVチャンネル+」「Kawaiian for ひかりTV」。

男性向けの「MEN’S NECO(メンズネコ)」までも配信開始しています。

 

海外ドラマ・洋画

  • ソニー・チャンネル
  • 映画ザンマイ!

海外ドラマ、洋画ジャンルは少ないですが・・・

日本初放送の「ソニー・チャンネル」が視聴できます。

「映画ザンマイ!」は名作映画なので、古い映画がメインですね。

 

音楽

  • MTV MIX
  • iBEYA
  • & MUSIC

音楽番組は3つ、国内外の番組に対応しています。

音楽番組は、流し見にも最適。番組配信との相性も良さそうです。

 

ニュース

  • TBSニュースバードEverywhere
  • euronews

「TBSニュースバードEverywhere」で、ひたすらニュース番組見れますし、

海外のニュース番組「euronews」は、英語の勉強にも良さそうですね。

ただ、字幕表示は無理みたいですね・・・

 

ドキュメンタリー

  • ヒストリー
  • ナショナル ジオグラフィック
  • Discovery TURBO

日本で唯一の歴史エンターテイメント専門番組「ヒストリー」や、

世界最高峰のドキュメンタリー番組「ナショナル ジオグラフィック」は、

垂れ流して視聴するには良いコンテンツ。日本語吹き替えにて放送されています。

 

韓流・華流

  • KBS World
  • あじどらはん~韓流・華流・エンタメTV~
  • Kchan!韓流TV

K-POPや韓流バラエティを見たいなら、dTVチャンネルは良さそう。

他社動画配信サービスでは、

韓流ドラマメインの動画配信サービスばかりですからね。

韓流ドラマ、台湾・中国ドラマが見放題の動画配信サービスを徹底比較。

 

趣味

  • MONDO麻雀TV
  • 釣りビジョンPlus
  • ダンスチャンネル by エンタメ~テレ
  • タビテレ
  • 将棋プラス
  • 囲碁プラス

麻雀、釣り、ダンス、旅、将棋、囲碁・・・

老若男女問わず、趣味番組も一通りそろってます。

 

有料チャンネルだけあって、アニメ、音楽、バラエティ・・・と、

他社動画配信サービスでは、視聴できないコンテンツも多いです。

見たい番組が2つ、3つあるなら、月額料金の元も取れるかと。

dTVチャンネルのデメリット。

他社動画配信サービスには無いサービス。

有料チャンネルが見放題という事で、

コンテンツ的には、悪く無いとは思うのですが・・・

対応端末や、アプリの操作性が・・・悪いです。

せめてdTV水準なら・・・といった感じがしました。

続いて、dTVチャンネルのデメリットです。

対応端末が非常に少ない。テレビ出力可能な端末も限られている。

dTVとは異なり、dTVチャンネルの対応端末は非常に少ないです。

iPhone、iPad(iOS)、Android端末、

テレビは、Chromecastと、ドコモテレビターミナルのみ。

PC経由はChromブラウザのみとなってます。

【テレビ】
・ドコモテレビターミナルを利用する
・Chromecastを利用する

【パソコン】
<推奨ブラウザ>
・Chrome 54.0以上

【iPhone/iPad】
<推奨OS>
・iOS 9.0以降のiPhone、iPad
※iPod touchは非対応です。
※β版は動作対象外です。

【Androidスマートフォン/タブレット】
<推奨OS>
・Android OS4.4以降のスマートフォン、タブレット
※上記推奨OSであっても一部の機種ではご利用いただけない場合があります。
※β版は動作対象外です。

 

パソコンでの視聴方法も非常に分かりづらく、視聴するまでに小一時間無駄にしました。

申込ページの中ほどに有る文言「dTVチャンネルをご契約中のお客様はこちらから視聴可能です」部分の、

「こちら」をクリックして、パソコンからの視聴ページへ遷移しますできません

2018-04-30_07h02_26

文字も凄い小さいし、「こちら」の文字色も背景と同化してるじゃんかぁーっていう。

 

きっど、ドコモテレビターミナルで視聴してもらいたいのだろうけど、

ドコモテレビターミナルの価格は15,600円と高額だし、

対応アプリは、dTV、dアニメ、DAZN for docomo、ひかりTV for docomo・・・

基本的にドコモのサービスのみ。

4Kにも対応しているとのことですが、

肝心なドコモ提供サービスが、ほとんど4K対応していないっていう。

dTVの4K作品も、非常に少ないですからね。

dTVを契約し続けて気付いたメリット・デメリット。

 

4Kを楽しむなら、AmazonプライムビデオNetflix

4K視聴するなら、Amazon Fire TVが完璧です。

値段も8,980円だし、他動画配信サービスにも、一通り対応してますからね。

動画配信サービス視聴にオススメの再生端末まとめ。STB機種による動作と画質の違い。

私は旧型のdTVターミナルを所持してますが・・・まぁ、やっぱりお蔵入りっすね。

dTVターミナルレビュー。ChromeCast、Fire TV Stickと比較して気づいたデメリット。

 

ちなみに、テレビ出力に対応しているのは、

Chromecastとドコモテレビターミナルのみとなってますが、

Android TVでも視聴可能でした。SONYのブラビアにもキャストできました。

SONYのBRAVIA(ブラビア)でU-NEXT、Hulu、dTV、Netflix、Amazonビデオを視聴する方法。

IMG_9590

ただ、実際快適に視聴できるかといえば、話は別ですけど。

 

dTVチャンネルアプリは不安定。画質も微妙。

dTVチャンネルの専用アプリの質が・・・ちょっと厳しいですね。

UIが酷いってのもあるけど、アプリが重くエラーが多い。

ちょっと使い物にならないんじゃないかっていう。

 

dTVチャンネルを使うにあたり、まず重要なのが番組表一覧画面。

番組表が表示されるのも遅い。見たい番組を探せない。ロードも長い。

IMG_9600

動画を再生するまでのタイムラグも有り、読み込みも長い。

AbemaTVのように、サクサクっと番組変更できません。

 

画質もSD~HD画質くらいの画質での配信でしょうか?

動画配信サービスの画質「SD、HD、フルHD、4K UHD、480p、720p、1080p」の意味と違い。

大画面テレビで視聴すると、画質の粗さが気になります。

IMG_6128

画質の前に、アプリの重さも気になるので・・・

 

特に困ったのが、Chromecastでテレビ出力しても頻繁にフリーズします。

再生してる途中で「dTVチャンネル」って出てきて落ちる・・・見れたもんじゃない。

IMG_9604

「dTV」とは全然違う操作性・・・なんでこーなっちゃったんだろう。

今後の改善に期待したいと思います。

 

見逃し配信は一部の番組のみ。リアルタイム視聴が必須。

dチャンネルには、過去2週間の見逃し配信が有りますが・・・

IMG_9592

これ、一部の作品のみであり、視聴可能な配信期限も番組によって異なります

実際のところ・・・多くの番組で、見逃し配信に対応していません。

ドラマの配信時間が過ぎると「提供終了」ってなるだけ。

IMG_9598

私が見る限り、ドラマ、バラエティ、ニュース・・・

むしろ、どれが対応しているのか?教えて欲しい。

dTVチャンネルは録画不可能。ドコモテレビターミナルでも未対応。

dTVチャンネルは、番組の録画が不可能となってます。

専用端末「ドコモテレビターミナル」には、外付けHDDが取付られるのですが、

録画が可能となるのは、別サービス「ひかりTV for docomo」の一部の番組のみ。

 

動画配信サービスではなく、CS放送を選ぶ理由って、

録画機能が有るから、って人も多いハズ。

今のご時世、リアルタイムで番組を視聴できるほど、皆さん暇でも無いと思うし、

見逃し配信もできず、録画もできないとなると・・・ちょっと厳しいですね。

 

もちろんダウンロード視聴にも対応せず、ストリーミング視聴が必須なので、

外出先で視聴するとなると、パケット通信容量も消費するので気を付けて。

外で動画を楽しみたいなら、

ダウンロードできる動画配信サービスを利用した方が良いです。

オフライン視聴(ダウンロード再生)可能な動画配信サービスまとめ。

dTVチャンネルは、複数端末での同時視聴は不可能。

dTVチャンネルでの同時視聴は不可能となってます。

2台目で再生したところ、「他のデバイスが視聴していますっていう」エラー。

IMG_9593

5デバイスまで視聴可能ってなってますけど、これは5台まで端末登録できるってだけ。

スマートフォンやタブレットはもちろん、テレビでも楽しめます。

iPhoneやAndroidスマートフォン、ドコモテレビターミナルなど、5デバイスまで視聴可能。

登録端末数にも制限があるのは、dTVと一緒ですね。

dTVチャンネルとdTVとの違い。比較まとめ。

dTVは、動画が見放題の動画配信サービス、

dTVチャンネルは、有料番組が見放題の動画配信サービス。

 

実際のところ、コンテンツだけでなく、

システム的なところも大きく違いましたので、

最後に、まとめておきます。

 

dTVチャンネルとdTVの違い

dTVチャンネル dTV
月額料金 1280円(ドコモ会員780円
dTVセット1480円(ドコモ会員980円)
500円
視聴方法 リアルタイム配信
※見逃し配信も有り
動画配信
コンテンツ数 30チャンネル以上 12万本以上
動画ダウンロード ×
録画 × ×
同時視聴 × ×
テレビ対応端末 ドコモテレビターミナル
Chromecast
ドコモテレビターミナル
Chromecast
Apple TV
Amazon Fire TV / Stick
Nexus Player
dTVターミナル
ひかりTVチューナー
光BOX+
スマートTV

 

dTVチャンネルは、地上波のテレビ番組と同じリアルタイム配信。

番組によって決められた動画が、時間通りに配信されています

受動的に動画視聴したいユーザー向けのサービスです。

 

一方、dTVは、自分で見たい動画を選択するビデオ屋。

能動的に動画を視聴したいユーザー向けのサービスです。

 

自分のタイミングで視聴できるのは「dTV」ですが、

自分で見たい動画を選ぶ手間が有るし、

見たい動画が分からないって人も多い事実。

動画を勝手に流してくれる番組って、意外に悪く無いなと思いました。

 

「dTVチャンネル」を使ってみて、

テレビのように番組を垂れ流しておけるってのも便利。

音楽番組、子供向け番組・・・

ジャンルを選ぶだけで、勝手に再生しておいてくれる

無音に耐えられない私にも最適でした。

 

ただ、この辺はジャンルによって、向き不向きもあるんじゃないかなと。

バラエティや音楽番組は、受動的な配信でも良いけど。

ドラマや映画などは、途中から見たくもないし、

続きの動画も、すぐに見たいですからね。

 

まぁ、dTVチャンネルは、dTVとはシステム的にも大きく劣るので、

完全にコンテンツだけでは比較できないかなって。

対応端末の数、アプリ性能、ダウンロード視聴・・・・

dTVの方が断然優れていますから。

dTVを契約し続けて気付いたメリット・デメリット。

 

dTVには、dTVだけのオリジナル作品も超豊富ですからね。

限定コンテンツという点でも、dTVの方が上かなって。

dTV限定のオリジナル作品まとめ。オススメのdTV独占コンテンツ。

dTVチャンネルは、今後番組数も増えるとのことですので、

併せて対応端末も増えると良いかなと。

dチャンネルまとめ。

従来の動画配信サービスとは違い、

放送されている番組を視聴するという、新しいタイプの動画配信サービス。

 

リビングで「dTVチャンネル」を流しておくのも悪く無いと感じましたが、

肝心なテレビへの対応端末が、非常にお粗末でした。

テレビへの対応状況、アプリの安定性さえなんとかなれば・・・

といったところでは無いでしょうか?

コンテンツは悪く無いと思うので、今後の発展に期待したいところです。

 

dTV同様、31日間の無料トライアル体験も可能ですので、

番組見放題したいなら、試してみても良いのではないかと。

 

dTV、dアニメ、DAZN for docomo・・・

ドコモのサービスは、色々と有り過ぎて、当たりはずれも大きいかな。

DAZNは本家サービスと一緒なので、docomoユーザーの方が得しますけど。

「DAZN(ダ・ゾーン)」を利用して気づいたメリット・デメリット。

 

dTVも31日間の無料トライアルあります。

dTVチャンネルとも別物だから、

利用したこと無い方は、むしろコッチを試した方が良いと思う。

【初回31日間無料】映像配信サービスならdTV

 

dTVは、ドコモユーザー以外も、同じ月額料金。

500円と激安ですから。コストパフォーマンスも高いです。

dTVを契約し続けて気付いたメリット・デメリット。

 

動画配信サービスって大量にありますので、

色々と試してみるのも有りかと。どこでも無料期間は付いてます。

見放題の動画配信サービス徹底比較。オススメVODランキング。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です