Oculus Quest 2、Oculus Go、Gear VR、Oculus Rift Sの比較。歴代Oculus VR HMDの進化と違い。

歴代Oculusの比較と違い

Oculusといえば、VRゴーグルで世界No.1シェアを誇る企業であり、

現在は、Facebookの子会社へ。

 

Gear VRもOculus Goも無くなり、

来年には、Oculus Riftも無くなるわけで、

私も最新のOculus Quest 2へ買い替えたんだけど、

スンゲーOculus進化してました。

 

というわけで、改めてその違いについて、

過去モデルと比較レビューしておきます。

歴代Oculus VR HMDと販売中の端末

これまで4種類のOculusのVR端末が発売されており、

Samsungスマホと一緒に使う「Gear VR」、

PCと一緒に使う「Oculus Rift」、

単体で動作するスタンドアローン型の「Oculus Go」、

単体でもPCにも接続して使える「Oculus Quest」。

それが2020年「Gear VR」「Oculus Go」が販売終了となり、

新たに「Oculus Quest」の後継機「Oculus Quest 2」が登場・・・

 

現在では、PC専用の「Oculus Rift S」か、

スタンドアローン&PCで使える「Oculus Quest 2」の2択となったわけ。

日本で発売されたOculus HMD

  • 2015年:Samsung Gear VR(SM-R322) ※スマホ用
  • 2016年:Samsung Gear VR(SM-R323) ※スマホ用
  • 2017年:Samsung Gear VR(SM-R324) ※スマホ用
  • 2018年:Samsung Gear VR(SM-R325) ※スマホ用
  • 2016年:Oculus Rift ※PC用(アウトサイドイン方式)
  • 2019年:Oculus Rift S ※PC用(インサイドアウト方式)
  • 2018年:Oculus Go ※スタンドアローン
  • 2019年:Oculus Quest ※スタンドアローン&PC
  • 2020年:Oculus Quest 2 ※スタンドアローン&PC

私は、PCではSteam純正の「Valve Index」も使ってるんですが・・・

「Oculus Quest 2」なら、USBケーブル一本のOculus Linkで同じ事もできるし、

正直、単体利用時の「Oculus Quest 2」が凄すぎてビビった。

PCも要らずに、VRゲームでヌルヌルと動作、映像も超キレイです。

インサイドアウト方式なので、

外部センサーの設置の手間も無く、コントローラーの精度も超高い

・・・で、コントローラーセットで値段も37,100円ですからね。

さすがFacebook、VR市場を独占するつもりですね。

新旧Oculus VR端末 スペック比較

Oculus Quest 2とOculus Rift Sの違い

「Oculus Rift S」と「Oculus Quest 2」は、

同価格帯で販売されてますが、今から買うなら「Oculus Quest 2」一択。

その理由について。

Oculus Rift SはPC専用のPCVRですが、

Oculus Quest 2は、PCVRだけでなく、

単体起動するスタンドアローンVRとしても使えます。

そのスペックも、ほぼ全てにおいて上であり、値段もより安い。

 

Oculus Rift Sも2021年に販売終了が決定しており、

今後は、Oculus Quest一本になる予定。

せっかくなので、旧型のOculus Questもスペック比較しておきます。

Oculus Quest 2とRift Sの比較

Quest Quest 2 Rift S
発売日 2019年5月 2020年10月 2019年5月
単体利用 可能 不可能 ※要PC
ディスプレイ解像度 片目1,440×1,600
OLED(有機EL)
片目1,832×1,920
LCD(液晶)
片目1,280×1,440×2枚
LCD(液晶)
リフレッシュレート 72Hz 72Hz
※90Hz対応予定
80Hz
プロセッサ Snapdragon 835 Qualcomm Snapdragon XR2
(Snapdragon 865相当)
PCスペックに依存
RAM 4GB 6GB PCスペックに依存
ストレージ 64GB
128GB
64GB
256GB
PCスペックに依存
トラッキング 6DoF
稼働時間 ゲーム:約2時間
動画:約3時間
バッテリー無し
充電時間 約2時間(USB-C) 約2.5時間(USB-C) バッテリー無し
IPD スライド調整 3段階調整 固定
重量 571g 503g 563g
コントローラー Oculus Touch
コントローラー×2本
Oculus Touch
コントローラー×2本
※新型
Oculus Touch
コントローラー×2本
価格(税込) 64GB:49,800円
128GB:62,800円
64GB:37,100円
256GB:49,200円
49,800円
対応アプリ Oculus Quest
Oculus Rift ※PC接続
Oculus Rift

Oculus Quest 2も、Oculu LinkでPCに接続すれば、

PCスペックを利用して、PC用のVRゲームがプレイできるようになる。

PC接続時は、Oculus QuestアプリではなくOculus Riftアプリとなり、

高負荷ゲームも可能となり、VRchatでは行けなかったエリアにも行けるのさ。

※参考→Oculus Quest 2をPC用VR(Oculus Rift)として使う方法。Oculus Linkでできること。 | ツカツカCAMP

 

Oculus Storeのクロスバイ対応ゲームなら、

Quest or Riftのどちらか1本買うだけで両端末でプレイできるし、

クロスプレイ対応ゲームなら、両端末で一緒にプレイもできます。

 

また、Oculus Quest 2をPC接続すれば、Oculus Rift S同様に、

SteamのSteamVRゲームもプレイできるようになるんだよね。

いや、マジでValve IndexとかHTC VIVEも要らなくなるのです。

旧型 Oculus GoとGear VRの違い

私は、Gear VR、Oculus Goと使ってきましたが、

最新のOculus Quest 2とは、全くの別物でした。

スペックも調べたので、過去アーカイブとして残しておきます。

DSC08789

Oculus GoとGear VRの比較

Oculus Go Gear VR 2015
(SM-R322)
Gear VR 2016
(SM-R323)
Gear VR 2017
(SM-R324)
Gear VR 2018
(SM-R325)
稼働時間 ゲーム:約2時間
動画:約2時間30分
スマホバッテリーに依存する
※スマホに高負荷がかかるので、1時間~2時間が限界
レンズ視野角 非公開 96° 101°
本体操作 音量
電源
戻る
タッチパッド
ホームボタン
戻る
タッチパッド
音量
スピーカー 内蔵 非搭載
サイズ 190 x 115 x 105mm 207.1 x 120.7 x 98.6 mm 207.8 x 122.5 x 98.6 mm
重量 467g 345g
※スマホ重量除く
対応スマホ Android、iOS全般 Galaxy S9, S9+,
Note8, S8, S8+,
S7, S7 edge,
Note5, S6 edge+,
S6, S6 edge
Galaxy S7 edge,
Galaxy S6,S6 edge
S8/S8+ ,
S7, S7 edge,
Note5, S6 edge+,
S6, S6 edge
Galaxy S9, S9+,
Note8, S8, S8+,
S7, S7 edge,
Note5, S6 edge+,
S6, S6 edge
コントローラー Oculus Go Controller 未対応 Gear VR Controller
(別売り)
Gear VR Controller
(付属)

Gear VRは、スマホ×専用HMDのスマホVRのレベル。

スマホの簡易VRの延長であり、スマホ画面を拡大してるだけでしたからね。

スマホに高負荷がかかり、熱&バッテリーで長時間利用も厳しいのでした。

IMG_5519

Oculus Goでは、HMD単体で動作するスタンドアローン型VRへ進化。

起動の手間もなく、軽くて画質も綺麗だったんですけど・・・

IMG_1066

いずれの端末もトラッキング&操作性に難が有りまくりました。

Gear VRのリモコン・・・トラッキングはダメダメ。

IMG_5436

Oculus Goも専用リモコン付いてましたけど、

モーション感知は3DoFまで、ゲームはほぼ無理でした。

IMG_1073

VR体験というよりは、VR映像を視聴専門の端末でした・・・が、

いや、マジでOculus Questでスンゲー進化したんだな。

他社VR端末とのスペック比較

Oculus Quest 2で、凄いのが37,100円という価格とスペック。

Oculus Rift Sだけでなく、HTC Vive Pro、PSVR、Valve Indexと比較しても、

断然コストパフォーマンスが高いです。

 

Oculus Quest 2の解像度は、片目1,832×1,920

HTC Vive ProやValve Indexよりも高精細で、画質がキレイなのです。

主要VR HMD スペック比較

Oculus Quest 2 Oculus Rift S Valve Index HTC Vive Pro PlayStation VR
発売日 2020年10月 2019年5月 2019年11月 2018年4月 2016年10月
解像度 1,832×1,920 1,280×1,440 1,440×1,600 1,440×1,600 960×1,080
リフレッシュレート 72Hz
※90Hz対応予定
80Hz 最大144Hz
※デフォルト120Hz
90Hz 120Hz、90Hz
ディスプレイ LCD(液晶)
フルRGB
LCD(液晶)
フルRGB
LCD(液晶)
フルRGB
OLED(有機EL)
ペンタイル
OLED(有機EL)
ペンタイル
VR HMD重量 503g 563g 750g 765g 610g
市場価格
(税込み)
64GB:37,100円
256GB:49,200円
49,800円
(HMD+コントローラー)
138,380円
(VRキット)
131,500円
(フルキット)
27,478円
(HMD+カメラ)
トラッキング方式 インサイドアウト アウトサイドイン ※要外部センサー
単体動作 可能 不可能

 

Oculus Quest 2以外の端末は、VRゴーグルだけで動作もしないですからね。

PS VRの場合は、PS本体も必要だし、

Oculus Rift、HTC VIVEの場合は、高スペックPCも必要だから。

なんだかんだで、最低でも10万円オーバーの金額が必要となるわけ。

 

HTC VIVE、Valve Index、PS VRと、

アウトサイドイン方式なので、外部センサーの設置が必要なんだけど、

その分、トラッキング性能は優秀・・・ですが、、

インサイドアウト方式のOculus Quest 2も、スンゲー精度でトラッキングします。

まぁ、頭と両手の3点トラッキングだけど、全身トラッキングと大差無く楽しめる不思議。

むしろケーブルレスの恩恵のが大きい。コード絡まらないので没入する。

 

Oculus Quest 2で液晶から有機ELパネルになりましたけど、

その分、高精細になったし、正直これも違いはわからない。

片目で1,832×1,920 なので、4Kオーバーの解像度、スンゲー綺麗です。

動画の画質と解像度「SD、HD、フルHD、4K UHD、8K、480p、720p、1080p、HDR、Dolby Vison」の意味と違い

動画配信サービスの映画を、VRシアターの大画面で視聴する。

家のホームシアターも要らなくなるわ。

Oculus Quest 2を選ぶ理由

私は、HTC VIVE ProやValve Indexも愛用していたのですが、

Oculus Quest 2が出てからは、ほとんど使わなくなりました。

 

より高画質でVRゲームをするなら、PC側で処理した方が良いけど、

動いてVR体験するなら、コードレスの方が絶対良い。

コードが有るだけで覚めるし、PC起動の手間も有る。

VR起動までのストレスも全然違います。

そもそもOculus Quest 2のスペックが高すぎて、

下手なPC用意するよりも、快適にVRが楽しめるってのも有る。

エクササイズ系のVRゲームや、

動き回るゲームなら、絶対にOcluus Quest 2。

VR動画を見るだけなら、PCに繋がずとも綺麗。

皆さんご想像のとおり、VRはアダルトとの相性も最高なわけで、

アダルトVRなら、FANZAのVRchが間違いない。

FANZAのVR見放題「アダルトVRch」レビュー。使って気づいたメリット・デメリット。 

 

ただ、Oculus Questアプリ対応のVR動画サービスは限られており、

Oculus Goにしか対応してないサービスも多いので気をつけて。

アダルトVR動画の見放題サービス比較。VR専門AVのVODランキング。

 

VR動画だけでなく、2Dの動画配信サービスもオススメ。

Hulu、U-NEXT、Netflix、Amazonプライムビデオ、Disney+・・・

ブラウザ視聴できるなら、VR上でも再生可能なわけで、

寝ながら視聴で廃人にもなれますから。

動画配信サービスの特徴と比較まとめ。オススメの見放題VODと選び方。

 

2Dアダルト動画を、横になりながら大画面で見るってのも、なかなか趣が有ります。

アダルト動画の見放題サービスを比較。成人男性にオススメのVODランキング。

 

映像端末としても、これ以上ないデバイスだけど、

難点は、Facebookアカウントが必須なところ。

Facebookって本名登録で、複数アカウントも所持できませんからね。

※参考→Oculus Quest 2レビュー。PC用VRと比較したメリット、デメリット。 | ツカツカCAMP

ヴァーチャルだけど、リアルと紐づけられるっていう。

なんか矛盾している感、私だけでしょうか?

5 COMMENTS

redrum

はじめまして。galaxy s6を所有してまして、gearvrかoculusgoを買うか迷っています。両者を比べた時に画質の違いはありましたか?

返信する
動画中毒

私の場合、Gear VRはgalaxy s7 edgeでの利用でしたが、
画質の違いは、感じられませんでした。
ただ、使いやすさはOculus Goの方が断然上です。
スマホをハメ込む必要がないのは大きなメリットかと。

いずれにせよ、それなりの画質といったところ。
やはり専門器(Oculus RiftやHTC VIVE)に比べると、
画質に限界が有る気がします。
あくまで個人の意見なので参考までに。

返信する
mameshiba

はじめまして、当方ビデオパス会員なのですが、oculusgoでブラウザからビデオパスを試聴することが出来るでしょうか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です