倍速再生ができる動画配信サービスまとめ。未対応でも倍速再生する方法。

倍速再生が可能

動画見放題だからこそ、増えていく見たい動画。

いかに効率良く動画を視聴するかって考えないと、

時間がいくら有っても足りません。

 

かといって、倍速再生に対応している動画配信サービスって意外と少ない。

倍速対応している動画配信サービスって限られています。

時間が大切な人に、倍速サービスまとめておきます。

倍速対応していなくとも、倍速させる裏技も有りますので、

お忙しい方こそ、是非活用下さい。

倍速再生&低速再生のメリット

動画のデメリットとして、

文章のように流し読みができない点に有る。

「間」が大事だとか言われたらそれまでですが、

その「間」を犠牲にしてでも、欲しい情報もあるわけです。

 

長い海外ドラマも、ただダラダラと視聴していては、

せっかくの休日も一瞬で無くなるし、

ストーリーだけ欲しいとか、概要だけ掴みたいってのは往々にして有る。

海外ドラマなんて、最初の方は苦痛ですし、

シーズンで期間が開くと、話の内容も忘れてたりしますからね。

 

倍速再生により、脳も活性化するなんて言われてますが、

結局のところ、私は情報が欲しいわけ。

ドラマ、バラエティ、ドキュメンタリーの内容・・・

無駄に伸ばされるとイライラしちゃう。

 

また、海外ドラマは語学学習としても非常に優秀であり、

私も活用しているのですが、

スロー再生することにより、より聞き取りやすくなります。

リスニングだけでなく、シャドーイング教材としても最高。

聞き取れなければ喋れないし、喋れなければ聞き取れないから。

遅くしたり早くしたり、10秒戻ししたり、

速度調整することにより、これ以上ない英語教材となるわけです。

 

スロー再生は、How to系の動画にも便利で、

スポーツや料理とか、確認しながら作業する時にも使える。

あぁ~ちょっとまってぇ~・・・なんてことも無くなる。

 

あと男性の場合、成人向け動画でも倍速再生は大活躍。

今では多くの動画配信サービスで、アダルト見放題もやってますからね。

アダルト動画の見放題サービスを比較。成人男性にオススメのVODランキング。

まぁ・・・色々とショートカットできるわけです。

倍速再生可能な動画配信サービス

U-NEXT

U-NEXTがアップデートにより、倍速機能が追加されました。

IMG_4275

0.6倍1.4倍1.8倍と調整できるようになり、

倍速対応端末も、他社に比べて豊富でした。

 

パソコン、スマホアプリで倍速可能ってだけでなく、

2018-12-13_06h41_14

Fire TVアプリでも、倍速再生可能

IMG_4780

テレビアプリ(Android TV)でも倍速再生可能となってました。

IMG_4782

動画のジャンルも豊富で、アダルトも豊富、

対応端末も豊富なんで、倍速するには困らないかと。

動画ジャンルも、動画本数も多いので、まぁ間違い無いサービスです。

U-NEXT(ユーネクスト)を使い続けて気づいたメリット・デメリット。

Paravi

TBS×テレビ東京×WOWOWの新しい動画サービス「Paravi」。

こちらも1.3倍1.5倍2.0倍と倍速再生可能です。

IMG_6335

パソコンでも倍速再生可能です。

IMG_6339

パラビは、TBS、テレビ東京のテレビ番組が独占見放題なので、

国内ドラマ、国内バラエティ番組をサックリ把握したい時にも便利です。

Paravi(パラビ)を半年契約して気づいたメリット・デメリット。

dTV ※スマホアプリのみ

dTVでも倍速再生可能ですが、こちらはスマホアプリのみ

再生速度も1.5倍2.0倍のみ。低速再生も不可能です。

IMG_6387

パソコンでは不可能ってのは、

やはりモバイルメインの動画配信サービスって感じがしますね。

dTVを契約し続けて気付いたメリット・デメリット。

dアニメストア ※PCのみ

dTVと同じくdocomo提供の動画配信サービス。

こちらはdTVとは異なりPCのみ倍速再生が可能。

0.5倍速、0.75倍速、1.25倍速、1.5倍速、2.0倍速と、

速度も細かく指定できます。

IMG_0429

 

アニメ専門ということで、

対象ユーザーがPCユーザーを想定しているのでしょうか?

アニメ見るならコスパ最強です。

「dアニメストア」を契約して気づいたメリット・デメリット。

アニメ見放題数も非常に多く、月額400円とは思えない量です。

アニメ視聴でオススメの動画配信サービス。見放題の動画数を徹底比較してみた。

dアニメストア

TSUTAYA TV

動画配信サービスでは、一歩遅れをとるTSUTAYA TV。

専用アプリで0.5倍速0.8倍速1.5倍速2倍速と、

再生スピードの変更が可能です。

 

スマホアプリだけでなく、PCでも倍速再生。

KS002390

テレビアプリでも倍速対応となってます。

全端末で倍速再生に対応しているものの、

見放題動画数も少ないし、対応端末も少ないっていう。

根本的に使いづらいんで・・・利用者は選びますね。

TSUTAYA TV動画見放題のメリット・デメリット。TSUTAYAプレミアムとの違い。

Youtube

動画といえば、Youtube。

パソコン、スマホと完璧に倍速対応していました。

0.25倍速、0.5倍速、0.75倍速、1.25倍速、1.5倍速と選べます。

 

IMG_4784

最近では、Youtube Premiumも開始。

CMカットだけでなく、動画ダウンロードも可能となったので・・・

私も、色々とお世話になってます。

PCなら「Video Speed Controller」で倍速可能

Hulu、Netflix、Amazon、TVer・・・と倍速対応していませんが、

パソコンなら、Google Chromeの拡張機能を使って、

動画の低速再生、倍速再生が可能となります。

倍速機能が無い動画サービスでも倍速対応へ。

ただ、あくまでChromeの拡張機能なので、PC限定となりますけど。

 

使い方は至って簡単、

「Video Speed Controller」をChrome ウェブストアから追加するだけ。

Video Speed Controller – Chrome ウェブストア

 

倍速スピードの細かい調整が可能。

0.6倍~16倍まで、0.1倍単位で調整できる。

10秒戻しや10秒スキップも可能なので、

下手に公式の倍速機能を使うよりも便利だったりする。

 

Huluでも倍速可能。

IMG_4785

Netflixでも倍速可能。

IMG_4790

Video Speed Controller利用可能サービス

  • Hulu
  • Netflix
  • U-Next
  • dTV
  • dアニメ
  • ニコニコ動画
  • GYAO!
  • TVer
  • AbemaTV
  • Amazonプライムビデオ ※Flashオフが必要

※2018年12月時点で、私が確認したサービスとなります。

 

Amzonプライムビデオでは、使えない・・・と思ったんですが、

Amazonでも、Flashをオフにする事で使えるようになります

まぁ、FlashをオフしてまでAmazon使うと言われれば・・・使わないけど。

 

実はこの中で、凄い使えるのが、無料の動画配信サービスTVer。

CMにも使えるので、CMも一瞬でスキップ可能となります。

IMG_4791

10秒スキップ。他用しまくり。

TVerのデメリット、PCなら消し込めます。

無料の「TVer(ティーバー)」酷評レビュー。使って気付いたデメリット。

 

また、Video Speed Controllerは、

キーボードと組み合わせる事により操作もショートカット可能。

Video Speed Controller ショートカットキー

  • S:再生速度を0.1倍速マイナス。
  • D:再生速度を0.1倍速プラス。
  • R:再生速度をリセット(1.0倍速へ)
  • Z:10秒戻り
  • X:10秒早送り

マウスを操作せずとも、手元でショートカット。

ホント便利な追加機能です。

スマホでも使えたら最高なんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です