LEAN BODY(リーンボディ)を大画面テレビで視聴する方法

LEAN BODYをテレビで見る方法

エクササイズ特化の見放題サービス「LEAN BODY」を契約して数週間・・・

LEAN BODY(リーンボディ)を契約して気づいたメリット・デメリット 

リビングでエクササイズするため、テレビ視聴できたら便利なんだけど、

LEAN BODYの専用アプリは、iOSアプリ(iPhone、iPad)のみ。

 

他の端末では、WEBブラウザでのストリーミング再生となるわけで、

ちょっと出力方法に癖がありましたので、大画面で見る方法まとめておきます。

Amazon Fire TV Stick(Fire TV Cube)

動画視聴で、コスパ最強の端末といえばAmazon Fire TV Stick。

LEAN BODYでも、一番使いやすいと感じました。

LEAN BODYは4K未対応ですけど、買うならFire TV Stick 4Kを推奨します。

Amazon Fire TV Stick 4Kの進化と違い。歴代Fire TVシリーズの中で買うべき端末。

IMG_5527

Fire TVには、ブラウザアプリ「Firefox」が有るので、

Firefoxを起動して、LEAN BODY公式サイトへアクセス。

IMG_8092

リーンボディで検索すれば、公式サイトも出てくる。

IMG_7948

公式サイトにログイン・・・あとは動画再生するだけです。

IMG_7949

Fire TVリモコンでマウス操作するのは大変ですけども、

スマホのFire TVリモコンアプリで、操作はだいぶラクになる。

文字入力もスマホタイプで入力可能ですので。

 

Fire TVは、AndoridのMiracast(ミラキャスト)でミラーリングも可能、

iPhoneやiPadからも、有料アプリ「AirReceiver」でAirPlayできますけど、

ブラウザアプリFire Foxで直接再生した方が、スムーズかなと。

 

ちなみに、Fire TV Cubeでも同じ操作となります。

Fire TV Stickとの違いは、スマートスピーカーが主ですが、

他にも細かい違いは有りますので。

Amazon Fire TV Cubeのメリット・デメリット。Amazon Fire TV Stick 4Kとの違い。

IMG_6004 (1)

Apple TV

iPhone、iPad、Macユーザーなら、Apple TVが使いやすい。

ちょっと値段は高いけども、Air Playのミラーリングは素晴らしい。

LEAN BODYの動画もAirPlay経由となりますので。

Apple TV HDとApple TV 4Kの違い。Apple TVのメリット・デメリット。

IMG_5902

 

Apple TVのtvOSには、ブラウザアプリが無いので、

Apple TV単体では、LEAN BODYの動画再生は不可能です。

iPhone、iPad、Macから、AirPlayでApple TVに接続したテレビ出力となります。

 

iOS、iPadOSには、LEAN BODY専用アプリが有るので、

アプリで動画再生中にAirPlayできます。

IMG_7945

Air Playすると、iPhone、iPad側では動画再生されなくなり、

IMG_7942

テレビに出力されるわけです。

IMG_7940

 

パソコンのMac(Mac OS)では、画面上部にあるAirPlayボタンで、

テレビを繋げているApple TVへ出力。

IMG_8103

ディスプレイごとミラーリングなんで、Mac側でも動画再生されてます。

IMG_8101

 

ちなみに、iPhone、iPadのiOSには、iOS専用アプリも有りますが、

ブラウザ視聴からも、Air Play出力できます。

Safari以外のブラウザでもAir Play可能。

例えばChromeアプリから、AirPlay再生もできました。

IMG_8221

iOSのLEAN BODYアプリって、使い勝手あんまり良くないし、

iPadにも最適化されてないので、

私はいっつもブラウザアプリから動画再生しててます。

Chromecast(Android TV)

Chromecastが有れば、Androidスマホや、PCのChromeブラウザから、

キャストでミラーリングできるようになります。

Chormecastは、AndroidユーザーやWindowsユーザー向けの端末であり、

単体では動作せず、リモコンも付属しません。

Chromecast(第3世代)とChromecast Ultraの違い。Chromecastのメリット・デメリット。

IMG_5558

iPhoneでもChromecastは使えますが、iOSではミラーリング不可能

iOSのLEAN BODYアプリも、Chromecast未対応なんでテレビ出力できません。

 

Android端末は、Google Homeアプリからミラーリングするだけ。

ブラウザアプリ(Chrome 等)で、

LEAN BODY公式サイトへアクセスして、動画再生すれば良い。

※LEAN BODYには、Androidアプリは有りません。

 

Chromecastは、Chromeブラウザからもキャスト可能なので、

パソコンからも簡単にキャストできる。

WindowsパソコンのSurfaceからChromecastへ出力したり、

Android TVにも出力可能です。

IMG_8081

Android TVがあれば、Chromecast要らず。

IMG_8085

まぁ、Android TVにも、ブラウザアプリは入ってたりするので、

直接Android TVからも再生は可能ですけど・・・

IMG_8336

我が家のTV内蔵アプリは、すんげー使いづらいので。

スマホ、パソコンから有線で接続する

Fire TV、Apple TV、Chromecastは無線での接続ですが、

有線で大画面出力する方法も有ります。

 

テレビに接続するなら、HDMIに変換するのが間違いない。

PCディスプレイに接続するなら、

Display Port、DVI、D-sub等もありますけども、

テレビはHDMIだけってのが多く、

PCディスプレイにも大抵HDMIは付いてますからね。

 

iPhone、iPadの場合、Lightning→HDMI変換。

Androidの場合は、MicroUSB(MHL)→HDMI変換。

いずれも最新機種だと、USB TypeC→HDMI変換という方法もある。

MacやSurface(Windows)の場合も、最近Type-Cになってますね。

 

ただ、変換アダプタって、様々な種類が有り、

接続しても映らないってパターンに陥りがち。

同じ形状でも転送できる内容も違ったり。私も色々試して既に訳わからない。

IMG_8215

変換ケーブルも意外と高いので・・・

だったら無線での接続が間違いないです。

相性とかバージョンとか考える必要無いし、Amazon Fire TV Stickは激安ですからね。

 

ローカルネットワーク環境(WiFi環境)が無いなら、

有線で接続するのは有りだけども、

LEAN BODYは、オフライン再生には未対応

動画を再生すればするだけデータ容量も喰うわけで、

データ通信制限や通信速度にも気をつけて。

インターネットの動画視聴に必要な通信速度とデータ通信量

 

ブラウザ再生ということで、画質も通信速度に影響されやすい気がする。

そもそもLEAN BODYは、高画質には未対応。SD~HD画質くらいの印象です。

動画の画質と解像度「SD、HD、フルHD、4K UHD、8K、480p、720p、1080p、HDR、Dolby Vison」の意味と違い

できることなら綺麗に見たい・・・インストラクター。うぇい。

LEAN BODYをテレビ視聴する方法まとめ

Fire TV、Chromecast、Apple TVと、似たような端末なんですけども、

一番の違いは発売元、Amazon、Google、Appleの違いです。

自分の使っている端末に合わせて用意するのが間違い無いです。

Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVの比較と違い。動画再生端末の選び方。

それでも悩むなら、Amazon Fire TV Stickが間違いない。1家に1台有って損も無い。

Amazon Fire TV Stick 4Kの進化と違い。歴代Fire TVシリーズの中で買うべき端末。

 

エクササイズ動画は、大きい画面の方が、

参加している感も強くなるなと感じました。

インストラクターの表情もわかるし、スタジオの雰囲気も伝わる。

 

複数人でエクササイズ楽しむ場合も、

画面が大きくないと、インストラクターも見えないですからね。

 

もちろん、タブレット、スマホで視聴するメリットも有るわけで、

用途に合わせて、視聴する端末を変えられるのも「LEAN BODY」の利点。

家族も一緒に参加できて、月額1,980円(年払いなら月額980円)という価格も、

スンゲー悪くないとも思いました。

LEAN BODY(リーンボディ)を契約して気づいたメリット・デメリット

 

鏡を使ってフォームを確認する場合とか、

動画は、そこそこのサイズで良い。

持ち運びしやすいのもスマホ、タブレットのサイズ。

色々とグッズを用意すれば、エクササイズは更に捗ります。

オンラインフィットネスで有ると便利な物。買って良かった自宅エクササイズグッズ。

IMG_8344

外でエクササイズできるってのも最高、

オンラインならではの新しい発見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です