nasne代替機として「REC-ON」を購入。「テレキング」との違い、メリット・デメリット。

REC-ON&テレキングレビュー

コスパ最強のネットワークレコーダーといえばnasne(ナスネ)。

2012年の初期モデルのまま、新型nasneは発売されず、

遂に2019年にnasneの生産が終了へ。

 

nasneと平行して、様々なDLNAサーバーも試してきましたが、

結局落ち着いたのはI-O DATAの「REC-ON」。

 

REC-ONなら、nasneでできる事は一通りできるし使い勝手も良い。

DLNAサーバーやHDD録画機としても、

コストパフォーマンスも高いと感じました。

我が家のnasneも、遂に処分です!

REC-ONとテレキングの違い

アイ・オー・データのテレビチューナーには、似たような製品が多い。

私を悩ましたのが「REC-ON」「テレキング」という2つのモデル。

同じREC-ONでも複数モデルも有ったので・・・

最終的に、REC-ONの「HVTR-BCTX3」を選んだ理由から。

IMG_8132

GV-NTX2
(テレキング)
GV-NTX1
(テレキング)
HVTR-BCTX3
(REC-ON)
EX-BCTX2
(REC-ON)
HVTR-T3HD
チューナー数
(同時録画)
2 1 3 2 3
管理アプリ
Android、iOS
REC-ON App
管理アプリ
Windows PC
視聴アプリ:テレプレ
番組表アプリ:テレリモ
字幕放送
データ放送
双方向サービス
接続端子 アンテナ入出力端子
USBポート
LANポート
アンテナ入出力端子
HDMI出力端子
USBポート
LANポート
リモコン
外付けHDD 別売り
※8TBまで対応
1TB、2TB、4TB
※8TBまで対応

 

「REC-ON」と「テレキング」は、いずれもネットワークレコーダー機能があり、

アプリ「REC-ON App」を使うのは一緒。

ただ、「テレキング」は、HDMI出力が無いので、

ネットワーク経由でしか管理・視聴できません

 

一方、「REC-ON」には、HDMI出力が有りリモコンも付いているので、

大画面テレビやPCディスプレイに接続して視聴もできる

IMG_8135

※テレビアンテナケーブルは付属しません

 

地デジチューナーの無いPCディスプレイをテレビ化したり、

通常の録画機(HDDレコーダー)のように、

録画した番組をテレビ画面で視聴&管理することもできる。

IMG_8184

データ放送や、番組に参加したりする「双方向サービス」も、

アプリ上では利用できないので、REC-ONのみの機能となります。

 

また、現状テレキングでは、Wチューナーのモデルまでしかないので、

3つチューナーが欲しい場合は、REC-ONになる。

録りたい番組が3つも重なることは、ほぼ無いけど、有るわけで、

特に、家族と生活している人は、多いに越したことは無い。

家族で同時に別々の番組を見たりもしたから・・・

というわけで、私はREC-ONの3チューナーモデル「HVTR-BCTX3」にしました。

 

テレキングより、REC-ONの方が良い気がしますが、

REC-ONは、リモコンでしか初期設定ができないので、

テレビやディスプレイにHDMI接続しないと、

アンテナ設定、HDD設定ができません。

※設定後は、REC-ONもテレキングも同じように使えます

よって、テレビやディスプレイが無い場合、は「テレキング」一択となります。

 

ちなみに、似たようなモデルで「HVTR-T3HD」や「HVT-4KBC」も有りますが、

「HVTR-T3HD」は、「HVTR-BCTX3」に外付けHDDをセットにしただけ

「HVT-4KBC」は、4K対応チューナーモデルでネットワーク機能(LAN)が無い

REC-ONのメリット

初期設定→スマホ・PC視聴が簡単

ネットワークレコーダーって、色々と面倒な設定が有ったりするんですけども、

REC-ONはシンプルで、初期設定からスマホ視聴まで、簡単にできました。

最初に、mini B-CASカードを挿して、

IMG_8136

アンテナケーブル、電源ケーブル、LANケーブルを接続。

ディスプレイをHDMIケーブルで繋げて、録画する場合はUSBにHDDも接続。

IMG_8162

電源を入れたら、案内に従って初回設定。リモコン操作。

IMG_8143

一般的なテレビと同じく、アンテナ、録画用のHDD登録で本体設定は完了。

IMG_8152

nasneみたいに、HDDをFAT32形式でフォーマットしておく必要も無い。

NasneにPC用の外付けHDDを接続する。FAT32形式フォーマットする方法。

 

PCディスプレイが、BSCS対応の録画テレビへ。

IMG_8161

 

スマホやタブレットで見る場合は、

専用アプリ「REC-ON App」から、チューナー登録。

同じWiFi環境下にあれば、チューナーも自動的にに出てきます。

IMG_8173

 

PCアプリ「テレリモ」「テレプレ」では、チューナー登録も不要。

「テレリモ」から番組を選んで「テレプレ」で再生するだけ。

IMG_8193

専用アプリが無料ってのが良いですね。

nasneでは、スマホアプリで約1000円、PCだと約3000円と、

再生アプリを別で用意する必要も有ったからね。

 

ネットワーク上でしか使わないなら、ディスプレイも要らないわけで、

配線や設置端末も少なくできる。

ディスプレイに出力しないなら、REC-ON本体の電源もOFFでOK。

録画も電源OFF状態でOK。テレキングスタイルで使えます。

IMG_8189

 

ちなみに、本体の電源OFFといっても、

ネットワークサーバー機能はONなので「通常待機」という状態です。

IMG_8146

いつでもどこでも録画予約できる

リモコンからの録画予約だけでなく、

専用アプリ「REC-ON App」、

PCでは「テレリモ」からも録画予約、管理が可能です。

アプリの番組表から、そのまま録画予約。

IMG_8182

外出時にもスマホで録画予約ができるのはホント便利。

まぁ、これはREC-ONに限った機能ではないけども。

録画画質のバリエーションが豊富

ワンセグの無線とは違い、

アンテナケーブル(有線)の接続なので画質も綺麗。

しかも、録画画質が凄い豊富。視聴端末に合わせて選べる。

IMG_8180

変換しない「DR(Direct Record)」、

1920×1080解像度のAF(2倍)、AN(3倍)、AS(4倍)、AL(5.5倍)、AE(12倍)。

1280×720解像度のMR1~MR5(1.5Mbps~8Mbps)。

容量節約向けの640×360のMR6(0.9Mbps)と視聴環境に合わせて容量圧縮できる。

画質が上がればデータ量は増えるわけで、スマホ容量も限られていますからね。

MbpsとMBの違い・・・気をつけて。

インターネットの動画視聴に必要な通信速度とデータ通信量

 

保存するなら「DR」。無圧縮の地デジは1920×1080(1080i)ですが、

私は、初期設定のMR4(1280×720)で録画することが多い。

MR4でも、DVD画質(720×480)より全然綺麗ですからね。

動画の画質と解像度「SD、HD、フルHD、4K UHD、8K、480p、720p、1080p、HDR、Dolby Vison」の意味と違い

PC視聴やタブレットサイズならMR4で、全く問題ない。

ワンセグもビックリなくらい、凄い綺麗です。

IMG_8169

同時視聴可能

サーバーには、同時に複数の端末を接続できるので、

REC-ON&テレキングが1台あれば、

家族で同時にテレビ番組を楽しめます。

 

リアルタイム放送と録画番組って組み合わせだけでなく、

リアルタイムで放送されているテレビ番組も、複数端末で同時視聴可能です。

チューナーも複数有るので、

現在放送されている別々の番組を、別々の端末で見ることが可能。

IMG_5592

宅外からの再生は1台までですが、

録画した番組の持ち出しの場合なら、関係も無いからね。

録画番組のダウンロード持ち出しが可能

REC-ON&テレキングは、インターネット接続が可能というわけで、

外出時にもアプリ経由で自宅のREC-ONにアクセスができます

 

外でも放送されている番組が視聴できる。

ライブ配信だけでなく、録画番組も視聴可能です。

 

また、録画した番組はアプリにコピーして持ち出せるので、

オフライン環境でも視聴できるというわけです。

ダウンロードしてしまえば、通信環境にも依存されず、

ストリーミング再生ならではの遅延や不具合も無くなる。

自宅でも持ち出し機能は便利です。

 

「持ち出し」するには、事前に変換する必要がありますが、

録画時に同時変換しておくこともできるし、

IMG_8208

録画しておいた動画を、後から持ち出し用に変換することも可能です。

※持ち出し変換するには、録画時間と同じくらいの時間が必要です。

2020-05-20_11h16_06

持ち出し用の動画は、録画画質から更に圧縮する事もできるので、

保存用の番組は、とりあえずDR画質で録画しておいて、

スマホやタブレット用に、MR4やMR6画質にするのが間違い無いかなと。

対応端末が豊富、DLNA/DTCP-IP対応

REC-ON&テレキングで録画した番組は、専用の無料アプリから再生できます。

iPhone、iPad、Androidスマホ&タブレットでは「REC-ON App」、

Windows PCでは「テレリモ」「テレプレ」、

Amazonのタブレット、Fire HDでも専用アプリ対応しています。

 

パソコンのMacには未対応であり、公式アプリも有りませんが、

DLNA/DTCP-IP対応アプリを使えば、視聴は可能です。

Mac用ネットワークTVプレーヤー「StationTV Link」とか。

 

同様に、Amazon Fire TVでも、

DLNA/DTCP-IP対応のアプリを用意することで再生可能となります。

Amazon Fire TV Stick 4Kの進化と違い。歴代Fire TVシリーズの中で買うべき端末。

Fire TVアプリ「DiXiM Play Fire TV」は、有料ですけど長くお世話になってます。


録画番組だけでなく、リアルタイム放送の視聴にも対応している。

IMG_8432

 

そもそも、REC-ON自体が、DLNAサーバーとして機能するので、

他メーカーのDTCP-IP対応のDLNAクライアント機器でも視聴できます。

ソニールームリンク、レグザリンク・シェア、お部屋ジャンプリンク・・・

 

スマホやWindows PCで、録画再生する場合も、

別に公式アプリ「REC-ON App」や「テレプレ」を使う必要は有りません。

PowerDVD、DiXiM、Station TV・・・

プレステでも再生できるわけで、

まぁ、nasneがプレステ不要ってのと同じ仕組み。

nasneにプレステは不要!ブルーレイプレーヤーとスマホでHDDレコーダー環境を構築してみた。

 

ちなみに、Apple TVにはDTCP-IP対応アプリが無いので視聴は無理でした。

DLNA対応アプリ「Infuse Pro 6」で試しましたが、やっぱりエラー。

IMG_8446

DTCP-IPって日本独自のコピー制限なんで・・・

日本ではDLNAとDTCP-IPがセット、

国産ネットワークプレーヤーが必要なんですね。

NASサーバーへ直接録画が可能

REC-ON&テレキングでは、本体にUSB接続しているHDD以外にも、

ネットワーク上のHDD(NAS)に直接録画が可能です。

 

DLNA、DTCP-IP対応で、NASサーバーに録画できる事は、

REC-ONやテレキングを経由せずとも、

直接NASサーバーから録画した番組の再生も可能というわけ。

本体HDD→NASサーバーにコピーも可能ですからね。

2020-05-20_11h15_17

他の録画機と同じくダビング10、コピーは9回+ムーブ1回まで

2020-05-20_11h14_51

 

ただ、DLNA&DTCP-IPに対応のNASサーバーということで、

選択肢は、やはり日本製のNASがメインとなる。

同じくアイオーデータのHDDか、バッファローのLinkstation。

※参考→録画テレビチューナー&ハードディスクレコーダー 動作確認済み機器一覧 | IODATA アイ・オー・データ機器

 

基本的に海外製のNASサーバー(ReadyNAS 等)は、

DTCP-IPには未対応なので・・・まぁ無理して使うもんじゃないかな。

※「DS218j」は「DiXiM Media Server」対応しています。

TVチューナー&HDD録画機としても優秀

ネットワークレコーダーとして購入したのREC-ONですが、

通常のHDD録画機としても優秀、

他最新の録画機と比べて劣らないなと感じました。

 

HDMI接続した際のレスポンスは良く、

CMの位置もタイムシークバーに表示され、30秒単位でスキップも可能、

地上波ならではのCMストレスをラクに回避できます。

IMG_8419

 

また、おまかせ録画、フォルダ機能も便利でした。

おまかせ番組録画では、

自分の好みの番組を、様々な条件で絞り込んで、まとめて予約可能。

2020-05-20_11h21_08

ジャンル、出演者、キーワード、時間帯で絞り込みだけでなく、

事前に有るカテゴリから、お任せ番組をまとめて録画もできる。

2020-05-20_11h23_37

撮りまくると探すのが面倒な番組も、

事前にフォルダ分けで探しやすくなる。録画一覧表示も可能。

2020-05-20_11h20_26

フォルダ指定せずとも、ジャンルでフォルダ分けしてくれたり、

フォルダ移動、未視聴マークと、見てない動画の管理も簡単。

 

タイムシフトマシンで録画しまくって、

消耗している人にも悪くないんじゃないかと。

ただ、おまかせ録画数は最大21件なので、

あんまり「おまかせ」し過ぎないように。

REC-ONのデメリット

再生アプリのレスポンスが遅い

公式アプリ「REC-ON App」のレスポンスが遅いです。

デメリットは、これに尽きるんじゃないかと。

 

LAN接続でのストリーミング再生なので、仕方ないのですが、

動画選択してから、再生するまでに毎回10秒~15秒くらいかかります。

一度再生されてしまえば、安定して視聴はできるんですけどね。

IMG_8172

また、アプリ経由では、動画の早送り、スキップも全然使い物になりません

CMを見る時間よりも長いんじゃないかというくらい。

番組表の表示、予約時のレスポンスもちょっと遅いですからね。

 

スマホアプリよりも、

PCアプリの「テレプレ」「テレリモ」の方がスムーズな印象。

IMG_8203

動画スキップも、PCなら許容できるレベルかな。

この辺はPCスペックにも依るのかもしれんけど。

IMG_8198

PCでは2つのアプリが必要ですが、アプリ分けてる方が良いんじゃねーの?

IMG_8199

純正アプリが安定しないのは、

nasneも同じだったし、他のメーカーでも有るデメリット。

なんだかんだで、DiXiMが安定している気が・・・

無線LAN内蔵では無い

REC-ONもテレキングも、ネットワークレコーダー機能が有りますが、

無線LANが内蔵されていません

よって、ネットワーク機能を使うためには、

本体に有線LANケーブルを挿す必要が有る。

 

無線LANルーター本体から、直接LANケーブルを引っ張ってくるか、

イーサネットコンバーター等の無線LAN子機からLANケーブルを接続する。

 

中継機を使うとなると速度も不安定になるし、

設定もちょっと面倒なんで・・・手間が増えるよね。

 

ちなみに、広い自宅で視聴するならば、

Google Nest WiFi、Google Wifiがオススメ。

複雑な設定は不要で、WiFiポイントも簡単に増やせます。

メッシュネットワークなので、離れた場所でも高速。

動画のストリーミング再生には、

WiFiスピード、安定性も求められますからね。

 

注意点として、Google Nest WiFiの親機には、

LANポートが2個有りますが・・・

IMG_8209

Google Nest WiFi 拡張ポイント(子機)にはLANポートが無いので、

子機として使うつもりなら、旧型のGoogle WiFiが必要です。

Google WiFiは親機も子機も関係なく、LANポートが2つ有るし、

Google Nest WiFi ルーターは、上位互換性がありますので、

Google Nest WiFiの拡張ポイント(子機)として、Google WiFiも使えます。

 

我が家は親機をGoogle Nest WiFi ルーター、子機のGoogle WifiをREC-ONに接続。

親機と子機は1階と2階で離れているのに、無線とは思えないほど速度出てます。

IMG_8189

HDDは同時に1台までしか使えない

REC-ONとテレキングには、

HDDは8台まで登録できますが、同時に利用できるのは 1 台のみ

USBポートが1個しかないからね。

よって、USB HDD → USB HDDへのムーブやダビングも不可能です。

※USB HDD → NAS へのムーブやダビングは可能です。

 

HDD内蔵では無いっていうデメリットも有りますが、

これは、自分でHDDを選べたり、流用できるメリットの方が大きいかなと。

最大8TBまで対応しているし、HDDだけでなくSSDも利用可能

IMG_8191

SSDならファンレスで電源も不要。

気軽に差し替えられるし、配線もスッキリなのも良いです。

REC-ON、テレキングまとめ

パソコン、スマホ、タブレット、Fire TVと、

家に有る端末がテレビになるって、やっぱり最高だなと。

ワンセグ、フルセグ、ブルーレイレコーダーより、ネットワークレコーダーです。

iPhone、iPad、PCでテレビ視聴&録画する方法。ワンセグ、フルセグ、チューナー、レコーダーの違い。

nasneよりも無駄の無い形で、置き場所もスッキリ。

nasneの後継機として満足です。

 

REC-ONのアプリが使いづらいとはいえ、

nasneのアプリも酷かった思い出。

twinky beam、torneモバイル、Video & TV sideView、DiXiM・・・

まぁ、再生アプリだけ別で用意したって良いし、

持ち出し用にダウンロードしてしまえば、

ストリーミング再生のレスポンス問題は解決するからね。

 

DLNAサーバーとしてだけでなく、

普通のHDD録画機としても優秀だと感じました。

そういった意味では、テレキングよりもREC-ON。

EX-BCTX2よりも、HVTR-BCTX3

値段も大して変わらず、チューナー数も増えますから。

 

テレビチューナーが無い液晶ディスプレイを使って、

格安に録画テレビも増やせるわけで、

薄型で軽量の液晶ディスプレイも安くなっちゃいましたからね。

 

動画配信サービスも普及しまくり、

スマホやタブレットでテレビ番組が視聴できる・・・

そりゃ、テレビも売れなくなりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です