インターネットの動画視聴に必要な通信速度とデータ通信量。

Pocket
LINEで送る



データの中でもズバ抜けて容量が多い、動画データ。

インターネット経由でのストリーミング再生は、非常に多くのデータ通信量を喰います。

 

モバイル回線で動画視聴を利用する場合は、

特に気を付けなければなりませんが、

実は、動画視聴において、通信速度は大して必要ありません。

 

動画配信サービスをストレス無く楽しむなら、

データ通信量とデータ通信速度について、しっかりと把握しておきまっしょい。

動画配信サービスに必要な回線速度。

多くの動画配信サービスで、HD画質やフルHD画質まで対応していますが、

必要な通信速度は、通信容量に比べると、そこまで重要では有りません。

 

携帯会社や固定回線の通信速度を見ると、超高速通信が必要かと思いますが、

実際のところ、モバイル回線に超高速通信は必要無い。

スマホサイズなら1.5Mbps~3Mbps程度の通信速度でOK。

テレビでも5~6Mbps程度あれば、十分綺麗な画質で視聴可能となってます。

5インチ程度のスマホ画面なら、SD画質(480p)でも非常に綺麗ですから。

※画質の違いについて→動画配信サービスの画質「SD、HD、フルHD、4K UHD、480p、720p、1080p」の意味と違い。

 

高速な回線速度が求められるのは、4K解像度の映像。

4Kストリーミング再生ともなると25Mbps以上と、

アナログ回線や、モバイル回線では厳しくなってます。

 

Huluに必要な通信速度:3~6Mbps以上。

Huluで快適に視聴するには、3Mbps~5Mbps推奨との事。

Huluテレビでの高画質視聴について。

テレビでのご利用の場合、下り通信速度3000Kbps(3.0MB/s)〜 5000Kbps (5.0MB/s)以上を推奨しています。

※参考→http://www.hulu.jp/support/article/48136690

以前は、3000Kbps(3.0MB/s)っていう良く分かんない表記が有りましたけど・・・

 

2017年にリニューアル。フルHDまで対応となり、回線速度表記も変わりました。

必要な回線速度は3Mbps~6Mbps以上となってます。

Huluを見るには、どれくらいの回線速度が必要ですか?

配信作品を快適に視聴するためには、安定したインターネット回線が必要です。ご利用のネットワークがこの速度を下回った場合、ストリーミングが途切れる可能性が高まります。

  • パソコン:下り速度 6Mbps以上を推奨
  • スマートフォン/タブレット:下り速度3Mbps以上を推奨
  • テレビ/ブルーレイプレーヤ/ゲーム機/メディアプレーヤー:下り速度 6Mbps以上を推奨

Huluを見るには、どれくらいの回線速度が必要ですか? | Huluカスタマーサポート – Hulu Helpcenter

 

3Mbps以上推奨ってあるけど、

3Mbps上限の通信速度で、高画質で視聴できました。

今は亡き格安SIM「ぷららモバイルLTE」の定額無制限プランで、テザリング視聴してみた。

IMG_1773

3Mbps上限なので、平均して出るのは2~2.5Mbpsの通信速度。

IMG_0012

テザリングでも同じような速度。テザリング→PCで計測。

KS001012

2Mbps~2.5Mbpsでも、綺麗な映像で再生できてます。

IMG_1757

稀に画質悪くなることもあったかなぁ~ってくらい。

Huluって、回線速度に合わせて画質も自動調整してくれるので、動画が止まる事も無い。

 

iPadレベルなら、比較的高画質でストレスフリーで視聴できます。

iPhoneサイズで良いなら、もっと快適に見れるのではないかと。

 

U-NEXTに必要な通信速度:1.5~3Mbps以上。

U-NEXTで推奨する通信速度は、1.5Mbps~3Mbpsとなってました。

標準画質なら1.5MbpsでOKとの事。

 

U-NEXT視聴に必要な回線速度

  • 標準画質:1.5Mbps以上
  • 高画質:3Mbps以上

U-NEXT通信速度

※参照→対応デバイス-さまざまなデバイスで楽しむ-│U-NEXT

 

こちらも格安SIMの2~2.5Mbpsで視聴してみましたが、問題無く視聴できました。

IMG_1756

 

ただ、低速でも視聴できるとの事でしたが、あまりに通信環境が悪いと通信エラー。

混雑時間帯で1.5Mbps前後になると、ガクガクで見れなくなり、

「通信速度の低下により、映像が再生されない場合がございます。

映像が戻らない場合は一旦再生を終了し、通信環境の良い状態で視聴を再開してください。」

っていう案内が表示されてしまう。

IMG_0049

 

U-NEXTプレイヤーには、ダウンロード機能があるので、外で動画視聴するつもりなら、

予め自宅のWifiでダウンロードしておいた方が良い。

通信環境が悪くても高画質、データ通信容量も抑えられるからね。

U-NEXT(ユーネクスト)のメリット・デメリット。他社動画配信サービスとの比較。

 

dTVに必要な通信速度:0.5Mbps~3.5Mbpsかと。

dTVでは必要な回線速度について、明記は有りませんでしたが、

ストリーミング再生時にのデータ通信量について記載されてました。

Q.ストリーミング再生時の通信量はどの程度ですか?

画質を「自動」に設定されている場合、通信環境によって画質が変動するため、視聴される通信環境によって通信量が変わります。

各画質で30分間ストリーミング再生した場合の通信量の目安は以下となります。
【ふつう】約75MB
【きれい】約120MB
【すごくきれい】約380MB
【HD】約760MB

動画を見るならdTV 【お試し無料】

上記は30分単位で記載されているので、

1分換算&1秒換算して、通信速度「bps」へ換算してみる。

  • 【ふつう】1分:約2.5MB →1秒:約0.041MB0.333Mbps
  • 【きれい】1分:約4MB→ 1秒:約0.067MB0.533Mbps
  • 【すごくきれい】 1分:約12.666MB→ 1秒:約0.211MB1.689Mbps
  • 【HD】1分:約25.3MB→ 1秒:約0.422MB3.378Mbps

 

SD画質(すごくきれい)で1.5Mbps前後、HD画質で3Mbps前後ってのは他社と一緒。

低速SIMで視聴してみても、「きれい」程度なら楽勝で再生できました。

 

「きれい」とはいえ、そこまで綺麗では無いけどね。

「すごくきれい」で、SD画質(480p)相当となります。

そもそもHD画質対応端末にも制限あるから、気を付けて。

dTV(dビデオ)とHuluを徹底比較。dTVのメリット・デメリット

まぁ、スマホ程度なら480pで十分だとは思うけど。

dTVもダウンロード可能なので、外で視聴する場合は、事前ダウンロードを忘れずに。

 

Netflixに必要な通信速度:0.5Mbps~25Mbps以上。

いち早く4K画質に対応したNetflix。

4K動画もネットフリックスのウリという事で、4Kでの推奨速度も記載されてました。

推奨されるインターネット接続速度

Netflixを通しての映画やドラマ再生時に推奨される各ストリームのインターネットダウンロード速度を以下に示します。

0.5Mbps – ブロードバンド接続に必要な最低接続速度
1.5Mbps – ブロードバンド接続に推奨される接続速度
3.0Mbps – SD画質に推奨される接続速度
5.0Mbps – HD画質に推奨される接続速度
25Mbps – UHD 4K画質に推奨される接続速度

推奨されるインターネット接続速度

SD画質で3Mbps、HD画質で5Mbpsとなってますが、

推奨される速度という事で、余裕を持って表記している気がします。

 

低速時のアプリ挙動も滑らかなので、

体感的には他社よりも、低速で高画質で視聴できるイメージです。

NetflixとHuluの比較レビュー。Netflixのメリット・デメリット。

2016年末には、オフライン視聴にも対応するようにもなりましたので、

Netflixも事前ダウンロードして利用するのが賢いです。

 

Amazonプライムビデオ:0.9Mbps~3.5Mbps以上。

以前、Amazonビデオに記載されていた通信速度は、

SD画質で900Kbps、HD画質で3.5Mbpsという表記。

コンピューターでのストリーミング再生

Amazonビデオでは、接続速度が自動で検知されるため、ビデオはその時点で利用可能な最高画質で再生されます。ストリーミング再生の画質は、ご利用のプレイヤーに表示されます。

インターネット接続

  • SD(標準画質)で900Kbps
  • HD(高画質)で3.5Mbps

現在では、Amazonプライムビデオも登場し、

フルHD動画や、4K動画(Ultra HD)にも対応するようになってます。

Amazonプライム・ビデオのデメリット。Amazonの動画見放題サービスレビュー。

IMG_5418

 

4Kの超高精細動画も楽しみたいなら、やはり25Mbpsくらいは必要になるんじゃないかと。

回線速度が遅い場合は、自動的に画質調整されるので、気付かずフルHDという事は多々ある。

IMG_5419

そのくらいフルHDの時点で綺麗だし、4Kともなると固定回線じゃないとキツイ。

 

Amazonプライムビデオも、ダウンロード&オフライン視聴に対応しています。

Fireタブレット、iOSデバイス(iPhone,iPad)、Androidデバイスでダウンロード可能です。

 

Youtube:0.5Mbps以上

Youtubeのシステム要件によると、

0.5Mbps以上のインターネット接続があれば、視聴可能となってますが・・・

YouTube 動画を視聴するには、最新のブラウザと良好なインターネット接続が必要です。

  • 最新バージョンの Google Chrome、Firefox、Internet Explorer、Safari、Opera
  • 500 Kbps 以上のインターネット接続

システム要件 – YouTube ヘルプ

Youtubeは動画により画質も異なるし、画質も選べるシステム。

画質が変われば、必要な通信速度も変わります。

 

Youtubeの動画視聴に必要な通信速度の目安

  • 144p(最低画質)– 0.2Mbps
  • 240p(低画質)– 0.3Mbps
  • 360p(中画質) – 0.5Mbps
  • 480p(高画質、SD画質) – 1.0Mbps
  • 720p(HD画質) – 2.0Mbps
  • 1080p(フルHD) – 3~5Mbps
  • 2160p(4K) – 25Mbps~40Mbps

 

HD画質で2Mbps前後、フルHDで3Mbps前後といったところ、

実際、3Mbps上限のSIM(2Mbps平均の通信環境)で視聴したところ、

720pの高画質動画は、読み込むまでに多少の時間がかかるものの、

読み込んでしまえば、割とスムーズに見れてます。

IMG_1760

Youtubeはストリーミング再生といえど、事前にローカルストレージに保存してくれる。

停止しておけば、先までダウンロードしてくれる。

IMG_5417

ちょっと待ってから再生すれば、低速回線でも快適にも視聴できるからね。

 

iPhoneサイズなら中画質(480p)でも十分綺麗なので、

通信速度は1Mbpsもあれば、まず不自由なく見れるんじゃないかと。

データ通信容量を節約するなら360p。スマホ視聴なら耐えうる画質です。

 

動画視聴で消費するデータ通信量。ByteとBitの違い。

スマートフォンのモバイル回線で動画視聴をしてしまうと、

すぐに携帯会社の速度制限に引っかかってしまいます。

3日間の容量制限1GBとか、本当に一瞬です。

 

通信速度の単位と、データ通信量の単位が違うので、

MbpsをMBに計算しなおして、利用するデータ容量を割り出します。

1Byteは8Bit、1MBは8Mbpsとなります。

ByteとBitの違い

  • MB=Mega Byte
  • Mbps=Mega Bit per second
  • 1Byte=8Bit

※参考→スマホに必要な通信速度を考える。適正な容量制限と通信量の目安。 | KJ新谷のビジネス幼稚園

中画質(360p)で動画視聴した場合のデータ通信量(0.5Mbps換算

  • 1分間:3.75MB
  • 30分間:112.5MB
  • 1時間:225MB
  • 2時間:450MB

SD画質(480p)で動画視聴した場合のデータ通信量(1Mbps換算

  • 1分間:7.5MB
  • 30分間:225MB
  • 1時間:450MB
  • 2時間:900MB

HD画質(720p)で動画視聴した場合のデータ通信量(2Mbps換算

  • 1分間:15MB
  • 30分間:450MB
  • 1時間:900MB
  • 2時間:1800MB(1.8GB)

フルHD画質(1080p)で動画視聴した場合のデータ通信量(3Mbps換算

  • 1分間:22.5MB
  • 30分間:675MB
  • 1時間:1350MB(1.3GB)
  • 2時間:2700MB(2.7GB)

※動画によりデータ通信容量は異なりますので、参考までに。

 

多くの動画配信サービスで最低推奨速度となっている0.5Mbps(360p)でも、

1時間も使えば225MBも消費する。

HD画質(720p)ともなれば、

1時間で900MBくらい行ってしまいます。

 

海外ドラマとか、Youtubeとか、外で見ていたら、

月間7GB容量なんて、ホントあっという間だから。

IMG_0006

 

不必要な通信速度ばかりアピールして、

肝心な通信容量は少ないというのが、携帯会社のやり方。

LTE回線速度は速くなるも、データ通信容量は変わらず、むしろ高くなっているという。

外で動画視聴するつもり、ダウンロードできる動画配信サービスを利用しましょう。

オフライン視聴(ダウンロード再生)可能な動画配信サービスまとめ。

 

WiMAX2+、ポケットWifi、格安SIMの違い。使い放題と大容量の分岐点。

私は、外で動画視聴をするにあたり、

ポケットWiFi、WiMAX、格安SIMと利用してきましたが、

動画視聴するなら、WiMAX 2+のギガ放題プラン、

もしくは、格安SIMの大容量プランがオススメです。

 

格安SIMのデメリット

  • 平日の昼時(正午から午後1時)は通信速度が遅い。
  • 大容量プラン(20GB以上)では料金が割高となる。
  • SIMフリー端末が必要。※MVNOに依ってはドコモ、au機器も利用可

WiMAX 2+(ギガ放題プラン)のデメリット

  • 2年縛り、3年縛りがある。途中解約では違約金の発生する。
  • 直近3日間10GBの制限がある。
  • 建物内で電波が弱い。

ポケットWiFi(Yahoo Wifi、Ymobile)のデメリット

  • 3年縛りがある。
  • 月間7GBの容量制限。

 

容量無制限で愛用していたWiMAXですが、

現在は、WiMAX2+となり、無制限で使うなら「ギガ放題プラン」一択となります。

※ライトプランは月間7GBの容量制限なので論外。

 

ギガ放題プランは3日間10GB制限に緩和されたので、1日換算すると3.3GB平均。

スマホのSD画質程度では、使い切れない容量となってます。

ただ、契約期間の縛りが有るので、解約するタイミングでは割高となる。

キャンペーンも契約会社(プロバイダ)によりマチマチ。お得なのはGMOとくとくBB。

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

 

SIMフリースマホを持っているなら、格安SIMが安いです。

データSIMなら、最低契約期間の縛りもありませんので、即解約も可能。

WiMAXに疑問があるなら、試す価値あり。

 

私はというと・・・BIGLOBEモバイル12GBプランに移行しました。

12GBで月額料金は2700円(税抜き)。

WiMAXのような違約金も発生せず、速度も予想以上に速い。

余った容量の翌月繰り越しもできるからね。

BIGLOBEモバイルならSIMが月額900円(税別)~

 

ちなみに、BIGLOBEはドコモ回線を使っているので、

SIMフリー端末だけでなく、ドコモロックのスマホでも利用可能です。

※参考→格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。 | KJ新谷のビジネス幼稚園

 

月間12GBも有れば、SD画質(480p)でも20時間以上も視聴できるし、

実際、ダウンロード対応の動画配信サービスが増えているので、

外では容量を全然使わなくなってしまった。

 

外出時にも動画見たいなら、通信契約のデータ容量を増やすよりも、

ダウンロード可能なサービスを利用した方がストレスも無くなります。

オフライン視聴(ダウンロード再生)可能な動画配信サービスまとめ。

自宅で動画ダウンロードしてから持ち出しましょう。

 

ダウンロード視聴するなら、U-NEXTがオススメ。

U-NEXT(ユーネクスト)のメリット・デメリット。他社動画配信サービスとの比較。

アダルト見放題に、漫画に雑誌見放題とコストパフォーマンスも高いです。

Pocket
LINEで送る


大人の男性向け!コスパ最強の動画配信サービス。

DMM.com「見放題chライト」のメリット・デメリット。

4件のコメント

  • ボウラー

    初めまして。参考にさせて頂きます。
    来年4月にe-mobile2550円10Gが3880円になってしまうので、どこにしようか考え中です。
    b- u-もあまり評判良くないので。
    e-では、頭が10Gプランなのですが、
    多い時は、20Gを超えてしまうので、無制限simを選びたいと思ってます。

    • 動画中毒

      私はぷららの無制限SIMを契約しておりましたが、
      予想以上に速度が出なくなったので、解約しております。

      私は田舎に住んでいるのですが、夜も速度遅かったです。
      また都心部へ行くと、混雑しているせいか速度が遅く感じました。
      エリアにも依ると思いますので・・・参考までに。

  • 北海道新幹線

    ぷららモバイルは、下り0.1Mbps~0.3Mbpsが当たり前。数日間の速度データを付けて「速度が遅い」とサポート問い合わせからに苦情を送ると「退会手続き」のおすすめがくるそうです。(笑)

    • 動画中毒

      容量無制限の格安SIMは無理があったようで・・・
      ぷららモバイルは遂に終了となってしまいましたね。

      無制限で使い放題となると、やはりWiMAXに落ち着く感じですね。

コメントを残す