Apple TV 4K 第3世代と第2世代の違い。歴代Apple TVの種類、新型と旧型の比較。

AppleTVのメリット・デメリット

AmazonのFire TV Stick、GoogleのChromecastに対して、
Appleが誇るストリーミングデバイスは、Apple TV。

2022年11月、新型Apple TV 4Kが登場しましたが、
過去のApple TVとの違い、変更点はなんなのか?
買い替える必要が有るのか?

Fire TVもChromecastも、最新モデルイマイチの中、
Apple TV 4Kが安くなるというミラクル。
Appleユーザーはマジで買った方が良い。圧倒的に歴代コスパNo.1です。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,800 (2023/02/03 11:00:58時点 Amazon調べ-詳細)

※似たような名前で「Apple TV+(プラス)」が有りますが、
「Apple TV+」は、定額制動画サービスの名称です。勘違いしないように。

Apple TV+(アップルTVプラス)を契約して気づいたメリット・デメリット

歴代のApple TVと現行モデル

2007年にアメリカにて発売されたApple TV。
日本では2010年の第2世代より発売され、その歴史はChromecastやAmazon Fire TVよりも長い。

2022年11月、最新モデル「Apple TV 4K(第3世代)」の登場により、
現在販売されているモデルは4Kモデル一択へ。
2015年より発売されていた「Apple TV HD(第4世代)」は販売終了となっています。

発売年製品名モデル番号製品番号発売時の価格
2007年Apple TV
※日本未発売
A1218MA711J/A(40GB)
MB189J/A(160GB)
2010年Apple TV(第2世代)A1378MC572J/A8,200円+税
2012年Apple TV(第3世代)A1427
A1469(Rev A)
MD199J/A8,200円+税
2015年Apple TV HD(第4世代)A1625MGY52J/A(32GB)
MLNC2J/A(64GB)
32GB:18,400円+税
64GB:24,800円+税
2017年Apple TV 4KA1842MQD22J/A(32GB)
MP7P2J/A(64GB)
32GB:21,780円(税込)
64GB:23,980円(税込)
2021年Apple TV 4K(第2世代)A2169MXGY2J/A(32GB)
MXH02J/A(64GB)
32GB:21,800円(税込)
64GB:23,800円(税込)
2022年Apple TV 4K(第3世代)A2737(64GB)
A2843(128GB)
MN873J/A(64GB)
MN893J/A(128GB)
64GB:19,800円(税込)
128GB:23,800円(税込)

最新の「Apple TV 4K(第3世代)」は、今までの中でも最高スペックであり、
HDモデルは販売せず、選択肢も64GBと128GB(+イーサネット)という二択も潔い。

まぁ、販売終了となった「Apple TV HD(第4世代)」は、
2021年に付属リモコンが新型Siri Remoteへ変わっただけで、中身は2015年のモデルでしたからね。

というわけで、過去モデルとのスペック比較へ続きます。

Apple TV 4K 第2世代と第3世代の違い

現在、発売されているのは、Apple TV 4Kという1つのモデルのみ。
2021年5月に第二世代が発売され、2022年11月に第三世代の新型が登場しました。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,800 (2023/02/03 11:00:58時点 Amazon調べ-詳細)

最新モデルの第三世代は、第二世代と比べて何が違うのか?

スペックの違い

価格が大幅に安くなり、25,800円(32GB)→19,800円(64GB)へ。
大容量モデルは、28,800円(64GB)→23,800円(128GB+Ethernet)へ。
安くなったのに性能は進化。円安で物価が上がってるのに、これは凄い。

 Apple TV 4K
(第2世代)
Apple TV 4K
(第3世代)
発売年2021年5月21日2022年11月4日
モデル番号A2169A2737(64GB)
A2843(128GB)
製品番号MXGY2J/A(32GB)
MXH02J/A(64GB)
MN873J/A(64GB)
MN893J/A(128GB)
発売時価格21,800円(32GB)
23,800円(64GB)
19,800円 64GB
23,800円 128GB Ethernet
終了時価格25,800円(32GB)
28,800円(64GB)
本体サイズ35×98×98 mm31×93×93 mm
重量425g208g 64GB
214g 128GB Ethernet
CPUA12 BionicチップA15 Bionicチップ
リモコンSiri Remote
(第2世代)
Siri Remote
(第3世代)
※USB Type-C
オーディオDolby Digital
Dolby Digital Plus
Dolby Atmos
360度シネマサウンド
Dolby Digital
Dolby Digital Plus
Dolby Atmos
360度シネマサウンド
解像度4K SDR 60fps
4K HDR 60fps
4K SDR 60fps
4K HDR 60fps
HDRDolby Vison
HDR10
HLG
Dolby Vison
HDR10+
HDR10
HLG
Wi-FiWi-Fi 6
MIMO対応
Wi-Fi 6
2×2 MIMO対応
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
入出力端子HDMI 2.1(eARC)
ギガビットEthernet
HDMI 2.1(eARC)
ギガビットEthernet
※128GBのみ

CPUは、 A12X BionicチップA15X Bionicチップへ。
iPhone 14/14PlusやiPhone 13 Pro/13 Pro Maxと同じ、超高性能チップが内蔵となりました。

左Apple TV 4K(第2世代)、右Apple TV 4K(第3世代)

動画再生という点では、第2世代の時点から変わらず、ほぼ最高峰スペック。
画質が4K HDR(Dolby Vison)の60fps対応は変わらず
細かい部分で、第3世代でHDR 10+に対応となったくらい。

動画の画質と解像度「SD、HD、フルHD、4K UHD、8K、480p、720p、1080p、HDR、Dolby Vison」の意味と違い 

もともと高性能だったApple TV 4Kなので、第二世代からの買い替えの必要性は感じられませんが、
単純にストレージ容量が増えて、価格が安くなったのは魅力的。

今までApple TVを使ってなかった人は、
安くなって最高スペックなのに安くたっちゃったので、今こそ買うべきです。

Apple TV 4K 第2世代→第3世代の進化
  • 本体価格:25,800円(32GB)→ 19,800円(64GB)
  • CPU:A12 Bionic → A15 Bionic
  • 本体サイズ:軽量でコンパクトへ
  • リモコン:Ligtning充電 → USB Type-C充電
  • ストレージ容量:最大64GB → 最大128GB
  • HDR:HDR 10+対応へ

高スペック故に、Fire TVやChromecastに比べるとできることも多い。
Appleデバイスを所持するほど凄い便利に使えます。

【2022年最新】Apple TV 4Kでできること。Apple TVのメリット・デメリット、対応アプリ。

外観の違い

2015年のApple TV HD(第4世代)から2021年のApple TV 4K(第2世代)までは、
ほとんど形状変わらずでしたが、
2022年のApple TV 4K(第3世代)では、サイズが一回り小さくなりました。

重量も425g→208g(64GB)と大幅に軽量化。新型はホント軽くてビックリ。
表面の「TV」表記もなくなり、シンプルなリンゴマークのみへ。

左Apple TV 4K(第2世代)、右Apple TV 4K(第3世代)

背面からファン穴も無くなり、厚みも4mmも薄くなってます。

小さくなったっていうよりも、軽さのインパクトが凄いですね。

電源ケーブルの形状も変わらず、ACアダプタ内蔵電源のまま、ホントどういう仕組みなんでしょう?。
コンセントを占領しない仕組み。こういう細かいところがAppleデバイスの良さです。

Apple TV 4Kの電源とFire TV Cubeの電源

入出力端子の違い

64GBの低容量モデルでは、イーサネットが排除され、
128GB大容量モデルのみ、イーサネットが付くようになりました
イーサネットはギガビットイーサネット対応と、第二世代から変わっていません。

上Apple TV 4K 64GB(第2世代)、下Apple TV 4K 128GB(第3世代)

実際、有線LANで接続時のスピードを計測しましたが、
第二世代も第三世代も通信速度は変わりませんでした。

イーサネット無しの64GBモデルが19,800円で、
イーサネット付きの128GBモデルが23,800円なので、
差額4,000円でストレージ容量が倍増するって考えても悪くないかと。

Wi-Fi 6は最大9.6Gbpsで通信可能とはいえ、やはり有線LANの安定性には敵わない。
ストリーミングゲームや、NASサーバーから4K動画再生してみると、有線と無線の違いを感じます。

リモコン・付属品の違い

付属品は、第2世代と変わりません。本体、電源ケーブル、リモコンのみ。
相変わらずHDMIケーブルやリモコン充電用のUSBケーブルは付属しません
パッと見、付属品は全く一緒です。

左が第二世代、右が第二世代

ただ、付属のApple TVリモコンはSiri Remote(第2世代)→Siri Remote(第3世代)へ進化しており、
Linghtnig充電→Type-C充電に変わりました。
充電以外の部分、外観や機能は全く同じです。


着々とLinghtning端子が無くなってってます。

左Siri Remote(第2世代)、右Siri Remote(第3世代)

動作スピードの違い

第三世代では、CPU性能が最大50%、GPU性能が最大30%ほど向上、
アプリ起動速度も20%ほど高速化されているとのことでしたが・・・

実際、買い換えて比較してみると、
アプリの起動速度、処理速度、動画再生スピードの違いは感じられませんでした。
むしろ第2世代が劣化せず、最新の第3世代と同等に動くことに感動しました。
最新のtvOSにもアップグレードできるし、アップグレードしても高速で動作する。
この辺も、さすがのAppleデバイスといったところ。

Apple Arcadeやストリーミングゲームプレイ(Steam Link等)での動作も大差ない。
第2世代からWiFi 6にも対応してましたから。まぁ相変わらず早い。

大画面テレビでPCゲームをリモートプレイするならSteam Deckじゃなくて良い。
Steam LinkはiPhoneやiPadでも使えるし、Apple TVはSteam Deckみたいに専用ドックも必要無い。

※参考→Steam Deckレビュー。使って気づいたメリット・デメリット。 | ツカツカCAMP

旧型Apple TVのスペック比較


2022年11月の「Apple TV 4K(第3世代)」の登場により、
過去のApple TVは全て販売終了となりました。
過去モデルと間違わないように、アーカイブとして残しておきます。

過去モデルといっても、外観は第2世代のApple TV(2010)からほとんど変わっていません。
Apple TV HDの第4世代(2015)と、
Apple TV 4Kの第1世代(2017)と第2世代(2021)の見分けは大変です。

HD:第3世代と第4世代の違い

2017年9月、Apple TVの上位モデルに「Apple TV 4K」が登場し、
従来の「Apple TV(第4世代)」は「Apple TV HD(第4世代)」という名称になりました。

 Apple TV
(第3世代)
Apple TV HD
(第4世代)
発売年2012年3月16日2015年10月26日
モデル番号A1427
A1469(Rev A)
A1625
製品番号MD199J/AMGY52J/A(32GB)
MLNC2J/A(64GB)
発売時価格8,200円+税(8GB)18,400円+税(32GB)
24,800円+税(64GB)
終了時価格税込21,800円(32GB)
本体サイズ23×98×98 mm35×98×98 mm
重量272g425g
CPUAppleシングルコア
A5チップ
64ビットアーキテクチャ搭載
A8チップ
リモコンApple RemoteSiri Remote
※音声、タッチ操作可能
オーディオDolby Digital 5.1Dolby Digital Plus
7.1サラウンドサウンド
解像度フルHD(1080p, 60fps)フルHD(1080p, 60fps)
Wi-Fi802.11a/b/g/n802.11a/b/g/n/ac
(MIMO 対応)
BluetoothBluetooth 4.0
入出力端子HDMI
10/100BASE-T Ethernet
Micro-USB(サポート用)
光オーディオ
HDMI 1.4
10/100BASE-T Ethernet
USB-C(サポート用)

他社の端末とは違い、Apple TVは進化と共に拡大しています。
第4世代 Apple TVは、第3世代の約1.5倍のサイズへ。重量も425gとズッシリ重くなりました。

左が第4世代 HD、右が第3世代 HD

第4世代からtvOSを採用Apple TV専用アプリがインストールできるようになり、
対応する動画配信サービスも一気に増えました。

本体だけでなく、リモコンデザインも大幅に変わり、ボタンからタッチ操作へ変更。
マイク内蔵の為、音声操作(Siri)も可能へ。

リモコンは電池式ではなく、iPhone同様にライトニングケーブルで充電が可能へ。

※2021年5月発売の新型Apple TV 4K(第2世代)の登場により、
Apple TV HD(第4世代)のリモコンもリニューアル。
Apple TV HDでも、Siri Remote(第2世代)が付属するようになりました。

4K:第1世代と第2世代の違い

2017年9月、Apple TVの上位モデルに「Apple TV 4K」が登場し、
2021年5月に、Apple TV 4Kの第2世代が登場しました。
第1世代4K(2017)と、第2世代の4K(2021)の違いはなんだったのか?

 Apple TV 4K
(第1世代)
Apple TV 4K
(第2世代)
Apple TV 4K
(第3世代)
発売年2017年9月22日2021年5月21日2022年11月4日
モデル番号A1842A2169A2737(64GB)
A2843(128GB)
製品番号MQD22J/A(32GB)
MP7P2J/A(64GB)
MXGY2J/A(32GB)
MXH02J/A(64GB)
MN873J/A(64GB)
MN893J/A(128GB)
発売時価格21,780円(32GB)
23,980円(64GB)
21,800円(32GB)
23,800円(64GB)
19,800円 64GB
23,800円 128GB Ethernet
終了時価格25,800円(32GB)
28,800円(64GB)
本体サイズ35×98×98 mm35×98×98 mm31×93×93 mm
重量425g425g208g 64GB
214g 128GB Ethernet
CPUA10X FusionチップA12 BionicチップA15 Bionicチップ
リモコンSiri Remote
(第1世代)
Siri Remote
(第2世代)
Siri Remote
(第3世代)
※USB Type-C
オーディオDolby Digital
Dolby Digital Plus
Dolby Atmos
360度シネマサウンド
Dolby Digital
Dolby Digital Plus
Dolby Atmos
360度シネマサウンド
Dolby Digital
Dolby Digital Plus
Dolby Atmos
360度シネマサウンド
解像度4K SDR 60fps
4K HDR 30fps
4K SDR 60fps
4K HDR 60fps
4K SDR 60fps
4K HDR 60fps
HDRDolby Vison
HDR10
Dolby Vison
HDR10
HLG
Dolby Vison
HDR10+
HDR10
HLG
Wi-FiWi-Fi 5
MIMO対応
Wi-Fi 6
MIMO対応
Wi-Fi 6
2×2 MIMO対応
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0
入出力端子HDMI 2.0a
ギガビットEthernet
HDMI 2.1(eARC)
ギガビットEthernet
HDMI 2.1(eARC)
ギガビットEthernet
※128GBのみ

Apple TV 4Kの第1世代と第2世代も、ビックリするほど外観は同じ。
サイズ、重量も全く一緒です。

端子の数や位置、背面ファンデザインも変わらないので、見た目だけでは見分けもつきません。

第2世代では、税込み表記で価格が微妙に安くなりましたが、
スペックは進化、A10X Fuxion → A12X Bionicチップへ。
Wi-Fi 5→Wi-Fi6へとアップグレードされてます。

動画再生という点では、画質が4K HDR(Dolby Vison)で30fps→60fps対応となり、
Youtubeでも4K HDR 60fpsでの再生が可能にも対応なりました。

動画の画質と解像度「SD、HD、フルHD、4K UHD、8K、480p、720p、1080p、HDR、Dolby Vison」の意味と違い 

第2世代のApple TVではリモコンも、Siri Remote(第2世代)へ進化、
使いづらかったタッチパッドから、タッチ対応クリックパッドへ。
ボタン操作、音声操作だけでなく、ホイールリングをなぞった操作やタッチ操作も可能となりました。

分厚く重くなりましたが、その分質感が良く、高級感が有り。

第1世代のSiri Remoteから、第2世代のSIri Remoteで形状は変わりましたが、
Linghtnig充電は変わらず。

第4世代HDと第2世代4Kの違い

Apple TV HD(第4世代)とApple TV 4K(第2世代)の外観は全く一緒であり、
2022年にApple TV 4K(第3世代)に1本化されるまでは、この二つのモデルが併売されていました。

Apple TV 4K(第2世代)の登場により、Apple TV HD(第4世代)の付属リモコンもアップグレードされたので、
本体もリモコンも全く一緒で見分けがつかない。

 Apple TV HD
(第4世代)
Apple TV 4K
(第2世代)
発売年2015年10月26日2021年5月21日
モデル番号A1842A2169
製品番号MGY52J/A(32GB)
MLNC2J/A(64GB)
MXGY2J/A(32GB)
MXH02J/A(64GB)
発売価格18,400円+税(32GB)
24,800円+税(64GB)
21,800円(32GB)
23,800円(64GB)
現在価格21,800円(32GB)25,800円(32GB)
28,800円(64GB)
本体サイズ35×98×98 mm35×98×98 mm
重量425g425g
CPUA8チップA12 Bionicチップ
リモコンSiri Remote
(第2世代)
Siri Remote
(第2世代)
オーディオDolby Digital Plus
7.1サラウンドサウンド
Dolby Atmos
360度シネマサウンド
解像度Full HD
(1080p, 60fps)
SDR
4K(2160p、60fps)
HDR(HDR10)
Dolby Vision
Wi-FiWi-Fi 5Wi-Fi 6
(最大9.6Gbps)
BluetoothBluetooth 4.0Bluetooth 5.0
入出力端子HDMI 1.4
10/100BASE-T Ethernet
USB-C(サポート用)
HDMI 2.1(eARC)
ギガビットEthernet

見た目は変わらず、中身は別物。
Apple TV 4Kは、A12 Bionicチップ搭載、
Apple TV HDのA8チップの約4.3倍の処理性能。
その他のスペックも、Bluetooth 4.0→Bluetooth 5.0、HDMI1.4→HDMI2.1
Wi-Fi 5→Wi-Fi 6、有線LANも10/100BASE-T→ギガビットEthernetへ。

4Kモデルは、解像度が4K HDR対応ってだけでなく、音声も360度サラウンドのDolby Atmos対応
全てにおいて全く性能が異なるのです。

サラウンドシステムの種類と「5.1ch、7.1ch、9.1ch、Dolby Atmos」の違い

HDモデルには排熱穴ありませんが、4Kモデルの底面には排熱用の穴デザインがあります。

4KモデルではUSB-Cポートが無くなりましたが、これは元々サポート用であり使えませんので。

Apple TVの違いまとめ

2022年は、Apple TV 4Kがリニューアルしただけでなく、値段も大幅に値下げ。
他社ストリーミングデバイスと比べてコストパフォーマンスも高いので、
今までApple TVを渋っていた人も今年は買うべき。

アップル圏内で生きているならApple TV 4Kには敵わない。
あとは値段さえ許せれば・・・といったところでしょう。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,800 (2023/02/03 11:00:58時点 Amazon調べ-詳細)

Apple TV 4Kは、Appleユーザーには値段以上の価値もあるということ。
Apple TVデバイス同士がワイヤレスで高速で繋がる。
iPhoneを使うだけって人でも、できることは大幅に増えますから。

【2022年最新】Apple TV 4Kでできること。Apple TVのメリット・デメリット、対応アプリ。

ただ、AirPlay、iTunesとAppleユーザーだからこそ使えるわけで、
他Apple製品を所持していなければ、完全に無意味

ライバルで安いのは、Amazon Fire TV 4Kですが、
動画以外でも利用するなら、Chromecast with Google TVの方ができることが多いです。

Chromecast with Google TVのできること。対応アプリとメリット・デメリット。

Androidユーザーは、ChromecastかFire TVの二択。
動画視聴するだけなら、Fire TV Stick 4K Maxがコストパフォーマンス高いと思います。

Chromecast with Google TVとAmazon Fire TV Stick 4K Maxの比較と違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA