スマホ用VRゴーグルをおすすめしない理由。激安VRゴーグルの違いとデメリット。

オススメスマホ用VRゴーグル

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

2016年に、家庭用VR端末が登場し、
グッと身近になったヴァーチャルリアリティの世界。
一気に話題になるとともに、一気に増えるVRのヘッドセット。

中でもスマホ向けのVRゴーグルは星の数ほど種類があり、
どれも似たようなモノばかりで、レビューや評価も似たようなものばかり。

無駄に悩んで、無駄に数も買ってみましたが・・・
仕組みは一緒であり、スマホ向け故の限界も感じました。
どれも大差なく、構造は全く同じなので、基本的に安いモデルでOK。
よって、売れ筋の中から安いモデルを選べば良い。

スマートフォン用VR売れ筋ランキング

スマホVRゴーグル比較

スマホVRはどう頑張っても「しょぼい」ので、
ちゃんとVR体験をしたいなら「Meta Quest」シリーズを選ぶべき。
VR専用機器とスマホVRは別物であり、同じ「VR」と勘違いしてはダメ。
「Meta Quest」は、ダンゼン高性能で高画質、トラッキングも操作性も全く異なります。

アダルトVR視聴おすすめデバイス。Meta Quest 3とPICO 4とPSVR2の比較。FANZA VRに必要なもの。

というわけで、スマホVRを使うべきではない理由。
ここにまとめておきます。

Amazonで評価が高いVRゴーグル

VRゴーグルはバリエーションが有り過ぎて、価格帯もバラバラなのも困るんだけど、
更に困るのが、売れまくっているのは、聞いた事も無いようなメーカーだらけ。
どこのブランドだから、安心して購入できるってもんでも無い。

格安VRゴーグルは、中華のOEM製品ばかりなので、
メーカー名(ブランド名)は有ってないようなものであり、
評価もステマばかりで怪しい製品ばかり。

値段は微妙に違うし、人によって勧める商品も違う。
わかんないから、売れてる人気モデルを一通り買ってみました。

私も売れているモデルで、評価の高いゴーグルに絞って比較しましたけど・・・
結局のところ、どの商品も全く同じでした。値段と質も比例しません。
以下、頑張ってレビューしてみましたが、正直どれも一緒。
我ながら見るに値しませんが、一応比較レビューしておきます。

VOX PLUSのVRゴーグル

VRゴーグルで検索すれば、一番上位に出てきてたのがVOX PLUSの3D VRゴーグル。
レビューも良く見かけるし、評価の件数も桁違い。

Amazonでもベストセラーというより、ずっと1位だった商品。
今からウダウダ比較するつもりですが、
とりあえず悩んでるなら、売れてる商品を買っておけば良い。

私が、今回購入したのは、イヤホン付新モデル「VOX+ FE」という商品。

IMG_2850

一番売れているVRゴーグルのイヤホン付モデル。
色々と付属品が多いから、売れていたのも否めないでしょう。


VOX PLUS FE 3DVR ゴーグル イヤホン実装 黒

VirtobaのVRゴーグル

VRゴーグルで売れてる順に並べると、
イヤホン付きVRゴーグルで、上位に入っているのがVirtobaでした。

IMG_3452

スマホで簡易VR体験するなら、音も耳元から聞こえた方が良いからね。


Virtoba X5 VR BOX 3Dメガネ 3Dグラス VRゴーグル スマホゴーグル 焦点距離調節(ヘッドセット実装)

個人的にも、VRはイヤホン付のゴーグルがおすすめ。
耳から音が聞こえるだけで臨場感、没入感も違うから。

別に別途用意しても良いんだけど、そのひと手間がお手軽さを奪う。
他社もイヤホン付モデルが増えて来てる気もする。

T-PROのVRゴーグル

イヤホン付モデルで売上上位に入っている、微妙に値段が高いVRゴーグル。
レビュー件数は、上位2つほど多くないけど、
評価は良いものが多く、値段も高いので、期待して買ってみました。

IMG_2844

1年保証も付いてるけど、その分割高なのかなという印象。


T-PRO 3D VRゴーグル イヤホン一体型 iphone各シリーズ/android 各種対応 4.0~6.0インチ ブラック

3つの中で値段も一番高いけど・・・
付属品、造りと、一番安っぽかった。後述します。

SAMSUNG「GEAR VR」

スマホVRのパイオニアは、SAMSUNG × Oculusの「Gear VR」。
Gear VRの対応機種は、Galaxyシリーズの一部の機種のみ。
VRの元祖といえばOculusであり、世界一普及しているVRゴーグルメーカーです。

created by Rinker
サムスン(SAMSUNG)
¥2,000 (2024/02/27 23:43:00時点 Amazon調べ-詳細)

同じスマホVRゴーグルでも、これだけ別物。
Gear VRの価格も、他のに比べると高額だし、
スマホ用VRとは思えないくらい、非常によくできていました。
専用端末Galaxyスマホ専用モデルであり、
Oculus専用アプリも有り、専用リモコンもありました。

Samsung Gear VRレビュー。PS VR、HTC Vive、Oculus Riftとの違い。

IMG_3450

ただ、これから買うなら間違いなく後継モデルの「Meta Quest」を推奨します。
「Gear VR」から進化して登場したのが「Oculus Go」であり「Meta Quest」です。
スマホVRと比べてはいけない。VR専用デバイスは、やっぱり凄いから。

※参考→PCVR(SteamVR)おすすめVRヘッドセット。Valve Index、HTC VIVE Pro 2、Meta Quest 3、PICO 4の比較と違い。

Meta Quest 比較

VRゲームデバイスとしても間違いないし、VR動画みるならこれ以上ないデバイス。
アダルトVR目的でも「Meta Quest」に敵うVRゴーグルはありません。
何をするにも間違いないってこと。

アダルトVR視聴おすすめデバイス。Meta Quest 3とPICO 4とPSVR2の比較。FANZA VRに必要なもの。

スマホ用VRゴーグル比較検証

2016年に登場し、だいぶ出揃った感の有るスマホ用ゴーグルを買い漁る。
で、何が違ったのか?何も違わなくてビックリしました。
おすすめしない理由を説明します。

VRゴーグル形状の違い

まず形状、全く一緒。ビックリするくらい一緒でした。

IMG_2857

スマホ用VRゴーグルって仕組み一緒なんで、構造も一緒。
カラーの違い、プリントが有るか無いかの違いくらい。
外観のデザインが微妙に違うくらいで、梱包の違いが大きいですね。

IMG_2865

クッション素材の違い

VOX PLUSとVirtobaは、顔に当たるクッション部分も全く一緒。
蒸れ防止のパンチングデザイン有り。

IMG_2859

頭(後頭部)を固定する部分のクッションも同じ。
VR GLASSESのパッチワークまで一緒。完全にOEMですね。

IMG_2858

一方、T-PROのゴーグルクッションはパンチング無し。
左がVOX PLUS FE、右がT-PRO。正直、どちらでも良い。

IMG_2861

T-PROは、後頭部のクッションもパッチワーク無しで、厚みもペラペラ。
こういう細かいところでは、微妙に違いはある。
T-PROはシンプルで無機質、なにより安っぽく見える。

T-PROが、一番高かったんだけど・・・
こういった商品は、値段は関係ないってことですね。

IMG_2860

音質の違い

音は意外と良い印象で、安いなりに最低限の音質は保持できているかと。
違いは有るのか?と言われても、正直全然分からない。
耳元クッション素材も同じなんで、たぶん同じなんじゃないかな?

IMG_2855

スマホに取り付けるイヤホン端子も一緒。VOX PLUS。

IMG_2874

VirtobaもT-PROも、ケーブル&端子の見た目も同じ。

IMG_2868

ゴーグル下部には、音量調整ボタンとOKボタンも共通。

IMG_3455

画質、レンズの違い

スマホ用VRゴーグルで一番重要だと思われるのが、レンズの違い。
スマホの映像を如何にVRっぽく見せるか?って言ったら、
手を加える部分は、レンズしかない。

レンズが違うらしい。視野角が違うらしい。色味が違うらしい。
正直、見比べてみましたが、全然良く分からないです。


どれも、スマホ画面を映してるだけ。
見え方、視野角、色味・・・全部一緒。
VRとしては機能していあすが、見えるVR映像は同じ。

見え方の比較して気付いたんだけど、
スマホ用のVRゴーグルって、ホント拡大するだけなんだよね。

レンズ以上に重要なのが、スマホの解像度&ディスプレイサイズ。
元々映ってる映像の大きさによって、レンズの見え方も変わるので・・・
その辺も含めて、簡易ゴーグルでの限界が有りそうです。

梱包方法、付属品の違い

いわゆるOEMというやつでしょうか?
本体構造はどれも同じ、造ってるとこ一緒じゃね?という感じ。

付属品や、ロゴ、パッケージでオリジナリティを出し、
他社と差別化している感じ。
一番違うのが、梱包方法とか、付属品なのでした。

売れている商品、評価の高い商品は、包み方に高級感有ります。
最初のイメージって大事。

IMG_2851

付属品も多く、日本語マニュアル、
ディスプレイ拭き、VRゴーグルケースまで付いている。

IMG_2871

続いて、VirtobaのVRゴーグル。こちらも丁寧に梱包されてます。

IMG_2842

付属品は、マニュアルと拭くやつ。このゴーグルだけ注文してたら丁寧と思ってたハズ。

IMG_2843

一番高額だったT-PROは、ちょっと物足りない梱包。
よく言えばシンプルな梱包だけど、
悪く言えば、ビニール感、ダンボール感で、箱に入っているだけ。

IMG_2845

付属品も全く無くで、ゴーグルだけという・・・
他を見てしまったが為に、悪い印象が・・・

IMG_2846

いや、値段考えたら妥当なんだけど、他の方が良いという。
3,000円前後ということを考えたら、不満も無いハズなんだけど。

梱包方法の違いで、こんなにもイメージが違うものかという良い例。
箱を開けた時の印象で、VR体験に対する心構えも別物になるよね。

スマホ用VRゴーグルの仕組みと使い方

スマホ用VRゴーグルは、造りも一緒なので、
上記以外のVRゴーグルでも、基本的な使い方は一緒だと思う。

その仕組みは、スマホで2分割表示された画面を、
屈折したレンズで拡大表示するというだけのモノ。
よって、使い方もスマホをハメ込んで、覗き込むだけ。

ペアリング等のデジタル設定も不要で、正にアナログな造り。
こんなもんでVR体験できんのか?ってくらいの簡単な仕組みです。

フロント部分をパカッと開いて、スマホをセットする。
スマホ側が2分割されるので、中央さえズレなければOK。
台座部分は調整が効くので、6インチくらいのスマホまで対応してくれます。

大型のiPhone6 Plusでも、なんとか収まってます。

IMG_3421

ヘットフォン付きVRゴーグルの場合は、イヤホン端子をスマホに差す。

IMG_2875

スマホをセットしたら、頭に装着。
上部の真ん中に有るダイヤルで瞳孔距離調節。左右の目の位置を合わせる。

IMG_2873

横に有るダイヤルで、焦点距離(ピント)を調節。前後を合わせる。

IMG_2872

スマホはゴーグルの中に入ってしまうので、
映像を再生してから、ゴーグルを装着する・・・という流れ。

再生するごとに、スマホを取り出すのも面倒なので、
リモコンは有った方が良いけど、これ買ってまでやる必要があるのか?という疑問。

IMG_3457

これも類似品が大量にあるので、正直どれでも良い。
どれも単4電池が2個必要でした。

YouTube VRはiPhoneで視聴不可能へ

手軽にVR体験したいから、スマホ用ゴーグルを選ぶ人が多いと思うのですが、
2022年10月、iOS版YouTubeアプリは、VR機能をサポート終了へ。
これによりiPhoneでは、YouTube VRが見れなくなりました

よって、スマホVRゴーグルが有効的に使えるのは、Androidスマホ利用者のみ。
iPhoneでVR動画が見れるアプリとなると、
VRコンテンツは「FANZA(DMM)」くらいしかないのです。

FANZA見れれば良いって人もいるでしょうけど、
ちゃんとVR見るなら、専用デバイスの方が良い。
4KVRや3DVR体験・・・全然違います。

実は、VR動画ってアダルトコンテンツが最上級。
高品質なVR動画を求めればアダルトに行き着くし、有料VR動画≒アダルトVR(AVVR)なのです。

VR動画の画質と種類。3DVR、VR180、360°、4D-VR、8KVRの意味と違い。YouTubeとFANZAのVR視聴方法。

GoogleのVRアプリGoogle Spotlight Storiesも、2019年にサポート終了したわけで、
VRコンテンツは、VR専用デバイスで視聴する時代だってこと。
この辺は、Meta Questのような本格デバイスが、格安に手に入るようになったのも大きいですね。

スマホ用VRゴーグル比較まとめ

スマホでできるVR体験は、拡大するだけの簡易VR。
ゴーグルにそこまで期待するのはナンセンス。
商品は沢山あるけど、デザインの違いだけと割り切って。

格安ダンボールタイプだと、Google Cardboard、ハコスコが最強です。
これがスマホVRの基本原理ですからね。

created by Rinker
ハコスコ
¥850 (2024/02/27 23:43:02時点 Amazon調べ-詳細)

高額なブランドだと、HoMido、サンワダイレクト・・・
レンズにこだわったというカールツァイスのVR ONE Plusなんてありましたけど、
結局レンズにこだわったって、拡大しているだけ。買ってはいけない地雷です。

仕組みが一緒だから、激安ゴーグルで良い
値段が高いからって良いわけでも無いし、安いモデルで良いのです。
Amazonで上位のものから選べば良い。

スマートフォン用VR売れ筋ランキング

VRのグラフィック処理はスマホ側のスペック次第だし、
VRの映像出力するのもスマホのディスプレイ、
そもそも様々なスマホで使えるという時点で、お察しください。

ちゃんとしたVR動画を楽しむなら「Meta Quest」を選ぶべき。
専用デバイスは別物であり、Oculus Goからの進化もハンパない。

created by Rinker
META
¥74,800 (2024/02/27 22:14:20時点 Amazon調べ-詳細)

アダルト抜きにしても素晴らしいけど、
アダルトVRで比較すれば、VRデバイス選びも理解が早い。
結局のところAVVRがメインコンテンツ。
FANZAに対応しているか?が最重要なのでした。

アダルトVR視聴おすすめデバイス。Meta Quest 3とPICO 4とPSVR2の比較。FANZA VRに必要なもの。

Meta Questは、VRアプリの質もワンランク上。
VRといえば、アダルトも欠かせないわけで、
アダルトVRサービスも、Meta Questには、一通り対応してますからね。

アダルトVR動画の見放題サービス比較。おすすめエロVRサブスクサービスまとめ。

アダルトVRの見放題も「VRch」が圧倒的です。
正直、FANZA以外のVRは、再生システムがお粗末。
そして、VR見放題数も段違い。

FANZAのVR見放題「アダルトVRch」レビュー。使って気づいたメリット・デメリット。

私はGear VRの為に、わざわざGalaxy端末まで購入しましたが・・・
いまならスマホより安いMeta Questだけで済むし、
これから買うなら、ホントMeta Quest 3が間違いない。
安いVRゴーグル買っても、結局欲しくなるし、PC専用VRに比べても断然安いからね。

created by Rinker
META
¥74,800 (2024/02/27 22:14:20時点 Amazon調べ-詳細)

PC専用VRは、起動するのも億劫となっている現状。
HTC VIVEにValve Index・・・PC起動するって面倒だし、
PCVRとしても、Meta Quest 3は優れているっていう・・・ね。

※参考→PCVR(SteamVR)おすすめVRヘッドセット。Valve Index、HTC VIVE Pro 2、Meta Quest 3、PICO 4の比較と違い。 – ツカツカCAMP

3 COMMENTS

もくすけ

めちゃくちゃHTC VIVE欲しい、うらやましいです
ダンボールタイプのVRのやつを最初かってみたんですが、手で持ってなきゃいけなかったし、光が入り込んで映像に集中できなかったし…でフィット感があるものを探しててこの記事に辿り着きました
ちょっと奮発してサンワダイクレトのやつ購入してみました

目的はもちろんエ○ですw

返信する
匿名処理班

とうとう人類は現実から
逃走しようとこんなモノ考え出したんですね・・・

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA