Amazon Kids+レビュー。契約して気づいたメリット・デメリット。

amazonKids+メリットデメリット

Amazonから、子供向けのサブスクリプションサービスが登場。

その名も「Amazon Kids+(旧称 FreeTime Unlimited)」。

2020年9月に名称変更となりました

旧称:FreeTime Unlimited(フリータイムアンリミテッド)

新名称:Amazon Kids+(アマゾンキッズプラス)

 

我が家には小さい子供が3人ほど居るので、なんだか良さそうだなって早速契約。

Fireタブレットをメインで使うなら、悪くはないのだけども、

知育的な用途では、ちょっと期待はずれ。

色々と思うことも有ったので、レビューしときます。

Amazon Kids+の料金

Amazon Kids+(旧 Amazon  FreeTime Unlimited)は、

子供向けのサブスクリプション(定期購読)サービス。

月額課金のUnlimitedシリーズに、またひとつ新しいのが加わったわけ。

Amazonの定期購読サービス

  • Kindle Unlimited:読み放題サービス
  • Amazon Music Unlimited:音楽聴き放題サービス
  • Amazon Kids+:子供向けコンテンツサービス

 

Unlimitedシリーズの中でも、月額料金は格安であり。

Amazonプライム会員ならAmazon Kids+は月額480円

Music Unlimitedは月額780円、Kindle Unlimitedは月額980円ですからね。

Amazon Kids+の料金

  • プライム会員の場合:月額480円(税込)
  • プライム会員以外:月額980円(税込)

Amazonプライム会員じゃない場合は、月額980円となりますが、

プライム会費って月会費500円なので・・・

Amazon Kids+だけで加入する利点も無いです。

プライム会員費も、年払いなら年会費4,900円

Amazon Prime Videoも見放題になりますからね。

Amazonユーザーの私が感じるAmazonプライム・ビデオのメリット・デメリット。

Fireタブレッド キッズモデルの違い

Fire タブレッドのキッズモデルには、

Fire 7とFire HD 8とFire HD 10の3種類があり、

Amazon Kids+が1年間使える特典が含まれて販売されています。

Fire HD 10、Fire HD 8、Fire 7、Plusとキッズモデルの違い。Amazon Fireタブレットの選び方。

Fire 7
キッズモデル
Fire HD 8
キッズモデル
Fire HD 10
キッズモデル
価格 11,980円 14,980円 19,980円
本体 Fire 7 タブレット 16GB (第9世代) Fire HD 8 タブレット 32GB (第10世代) Fire HD 10 タブレット 32GB (第11世代)
キッズモデル特典 キッズカバー
Amazon Kids+(Amazon FreeTime Unlimited):1年間
事故保証:2年間

 

+5,000円~6,000円で、キッズモデルは何が違うのかというと、

キッズカバー2年間の端末保証Amazon Kids+の1年間利用権が付いている。

ただ、中身の本体は通常のFireタブレットと全く同じです。

Fire HD キッズモデルの特典

  • 専用カバー
  • 2年間の限定保証
  • FreeTime Unlimitedが1年間使い放題

 

Amazon Kids+は月額480円×12ヶ月→5,760円なので、

1年間利用するつもりなら、これだけでほぼ元は取れます。

子供向けの専用カバーも付くので、酷使もできるし、

更に、Fire タブレットの2年間の保証も付くので、

落としたり、液体をこぼしたり、壊れたとしても無償で取り替えてくれます。

全て別々で加入すると+1万円を超えますからね。

Fire 7 タブレット
16GB (第9世代)
Fire HD 8 タブレット
32GB (第10世代)
Fire HD 10 タブレット
32GB (第11世代)
本体 5,980円 9,980円 15,980円
キッズカバー 2,690円 2,980円 3,980円
事故保証
(2年間)
1,780円 1,980円 2,980円
Amazon Kids+
(1年間)
5,760円
(月額480円x12ヶ月)
合計 16,210円 20,700円 28,700円

 

ただ、キッズカバーって頑丈故にゴツくで重いので・・・

ケース要らないなら、通常のFireタブレットでも良い。

そもそも、Fireタブレット自体が安いし、消耗品だとも思ってますので、

保証とか、ケースにお金をかける端末じゃないよね。

実際、我が家では10インチのFire HDを子供が使ってますが、

タブレットも壊れた事無いので、あのごついカバーも必要無いかなと。

 

Amazon Kids+も1年使うのか?ってのも有るし、

既にFire HDを所持しているなら、月額480円いつでもキャンセル可能

無料体験もありますので。

 Amazon Kids+を試してみる

Amazon Kids+のメリット

コンテンツ数が非常に多い

Amazon Kids+は、3歳~12歳の子供を対象としており、

子供用の本、知育アプリ、知育ゲーム、キッズ向けビデオ・・・

子供向けコンテンツが使い放題となってます。

 

2019年9月時点で、そのコンテンツ数を調べたところ、

Amazon Kids+対象のタイトル数は全部で12,070本

アプリ470本、ビデオ9,560本、本2,040冊もありました。

R0003212

「ベネッセコーポレーション こどもちゃれんじ」や、

「学研プラス」が提供するコンテンツも有るので、

知育教材的な使い方もできます。

1台の端末で最大4人の子供が使える

Amazon Kids+は、最大4人の子供で使えます。

Kindle Fire タブレットが1台しかなくとも、子供でアカウント切り替えて使える。

月額480円で最大4人が使い放題できるわけです。

R0003209

プロフィールを切り替えれば、アプリ内のデータも切り替わるので、

一つの端末だけでも、子供単位で使い分けもできる。

 

ただ、ウチの一番小さい子供は、

このプロフィール切り替えしないままやってしまったりしたので、

定期的にデータが消えてるーとか、変わってるーとか、

アプリが無いーとかのトラブルが発生してますけど。

英語学習教材が豊富

ベネッセや学研の提供のコンテンツも有るので、

知育アプリや、知育教材サービスとして利用できるのですが、

中でも豊富だなと感じたのが、英語のコンテンツ。

大人でも初級の英語学習用サービスとして悪くないと感じました。

R0003201

英語アプリは、完全に英語だったり、

質も微妙なものが多いのですが・・・

英語の児童書や絵本は、大人が見ても面白い。

R0003206

漫画ドラえもんの英語バージョンも対象となってました。

というか、Kindleで英語の漫画も取り扱ってる衝撃。

Kindleで購入すると220円だから。

英語の教材としては悪くない。なかなか勉強になります。

子供の利用時間を管理できる

Amazon Kids+に加入することにより、

Fireタブレットが子供専用端末として有効的に使えます。

 

タブレット上でもAmazon Kids+専用の画面になり、

キッズコンテンツのみ表示へ。

Fireタブレットにはペアレントダッシュボード機能が有るので、

使うアプリにも様々な制限もかけられます。

子供が何にタブレットを使っているかも一目瞭然。

1日の利用時間にも制限をかけることもできます。

 

ベッドタイムを指定して、強制的に終了させたり、

アプリ、本、ビデオと、目標の学習タイムも設定できます。

IMG_9730

子供って、ほっておけば永遠とタブレットですからね。

 

また、通常のFireタブレットアプリが使えないということもなく、

親のアカウントに切り替えれば、通常のFireタブレット画面に戻るし、

親アカウントから、子供アカウントにFireアプリを追加したりもできます。

 

子供が利用するアプリだけ、子供アカウントに入れておけば、

変なアプリ起動の心配も無くなるわけ。

IMG_9724

Youtubeや、Netflix、Hulu等のメジャーな動画アプリも追加できるし、

マイクラ等のゲームアプリも追加できます。

 

まぁ、あんまりアプリ入れると、子供もそっちばかりになるので・・・

最終的にYoutubeの視聴端末になりがちだけども。

Amazon Kids+のデメリット

ビデオコンテンツは、Amazonプライムビデオと重複する

アプリ、本、ビデオと子供用コンテンツが使い放題なのですが、

この中でメインとなるのは、知育アプリ児童向けの書籍となります。

IMG_9726

ビデオコンテンツも有りますが、Amazonプライムビデオと重複するし、

むしろプライムビデオより使いづらい。

Amazonユーザーの私が感じるAmazonプライム・ビデオのメリット・デメリット。

 

Amazon Kids+のキッズビデオって、

アカウントの設定年齢によって表示される動画も変わるし、

動画も非常に探しづらく、表示も分かりづらい。

Amazonプライムのキッズ動画の方が使いやすい。

IMG_9735

英語教材としてビデオは効果的だと思うんだけど、

動画で英語を考えているなら、動画専門サービスのが優秀なんだな。

動画配信サービスの特徴と比較まとめ。オススメの見放題VODと選び方。

 

例えば、Netflixなら、子供向け海外コンテンツも多く、

音声、字幕と簡単に切り替えられますからね。

Netflix(ネットフリックス)のメリット・デメリット

質の低いアプリが多い

知育用途として魅力を感じて契約したわけですが、

知育アプリのほとんどが、無料アプリレベルの質の低いアプリが多いです。

日本語対応されてない、よくわからないアプリも多く、

子供だけで楽しめるかといえば、そうではないアプリだらけ。

「ベネッセ」や「学研」とありますが、専門サービスのそれとも別物。

「チャレンジタッチ」のように、学習メインのサービスでも有りません。

※参考→スマイルゼミとチャレンジタッチ、両方契約して気づいた大きな違い | いくじたく

20210310080203

オススメで表示されるアプリもイマイチ。

良いアプリも、よくわからないアプリに埋もれちゃったり、

Amazonの評価システムも反映されてないので、

こちらがアプリを選ぶきっかけも無い。

いずれにせよ、良いコンテンツで絞ってくれた方が助かる。

 

一応、年齢でコンテンツも絞れますが、

年齢で絞っちゃうと、逆に使えなくなるコンテンツが増えるので、

これもあんまり役に立たない。

IMG_9733

そもそも、ベースとなるのがFire OSアプリなので・・・

AndroidやiOSアプリに比べると全体的に使い勝手が劣ります。

Fireタブレットって、Amazon縛りが有るので、イマイチ使いづらい。

これだったら、iPadの無料アプリの方が・・・っていう。

 

有料アプリを都度購入しても数百円。

Appleには、ゲームのサブスク「Apple Arcade(月額600円)」も有るし、

優れた知育ゲームも大量に有るのです。

ファミリー共有にも対応し、家族6人まで同時に楽しめますから。

※参考→Apple Arcadeレビュー。使って気づいたメリット・デメリット | ツカツカCAMP

 

ウチの子供はToccaのアプリにハマっているのですが、

最初こそ、Amazonでやり始めたものの、

最新アプリが無いので・・・結局iPadに舞い戻る。

Fireタブレット以外で使えない

Amazon Kids+は、他のAmazon月額課金サービスと違い、

Fireタブレットでしか使えないサービスとなってます。

コレが最大のデメリットです。

 

Fireタブレット内でも、フリータイムというアプリは別枠。

IMG_9732

フリータイム起動すると、フリータイム専用のUIとなり、

その画面の中で、キッズコンテンツが使い放題となる仕組み。

PC、iPad、iPhone、Android・・・他の端末でも一切使えません

 

英語教材として悪くないんだけど、

英語の絵本、英語のマンガや児童書も、Kindleアプリでは見れません

Fireタブレットって10インチでもサイズ小さいし、安い故に性能もイマイチ。

処理速度も遅いし、iPadの方が断然使いやすいからね。

Amazon Fire HDレビュー。iPad、Androidタブレットと比較したデメリット。

R0003211

仕方ないから、最終的にKindleで購入してしまうという・・・。

だったら、読み放題専門サービスのKindle Unlimitedの方が良いかな。

Kindle Unlimitedは、月額980円と高くなるけど200万冊も見放題、

大人も子供も楽しめるし、端末も選ばず閲覧できる

30日間無料でお試しも有りますからね。

Kindle Unlmited 読み放題 30日間無料トライアル

Amazon Kids+まとめ

相変わらず文句ばかり行ってますが、月額480円。

Fireタブレットメインで使っているなら、検討する余地は有るのかなと。

使ってみて駄目なら、Fireタブレットから簡単に解約もできますからね。

IMG_9723

月中解約でも、月額料金は日割りで返金されるという・・・さすがアマゾン。

お客様のFreeTime Unlimitedサブスクリプションがキャンセルされました。

サブスクリプション料金JPY107.00を返金いたします。 23営業日以内に、お客様のクレジットカードに返金処理が反映されます。

 

ただ、知育サービスとして期待しすぎると、残念な感じは否めない。

お高いキッズモデルを買う前に、格安なFireタブレットで試した方が良いかと。

Fire HD 8なら9,980円とキッズモデルより断然安い。

キッズモデルって言ったって、本体性能は全く一緒、

通常のFireタブレットでも、Amazon Kidsの「みまもり設定」は無料で使えるわけで、

子供向けコンテンツサービスの部分が有料なのですよね。

Amazon Kids+は、通常モデルで試してみてからでも遅くはない。

Fireタブレットで、キッズモデルの金額払うなら、

Androidのタブレッドも買えますからね。

Fire HD 10、Fire HD 8 Plus、Fire 7、キッズモデルの違い。Amazon Fireタブレットの比較と選び方。

 

動画視聴端末としても、Fireタブレットはちょっと微妙。

FireアプリとAndroidアプリは別物であり、

対応していない動画配信サービスも多いのです。

 

Fire TVアプリとFireアプリも別物なんで気をつけて。

Fireタブレットは、動画サービスへの対応も微妙。

Amazon Fire TV Stickほど、アプリも対応していないから。

新型Amazon Fire TV Stick(第3世代)と4KモデルとFire TV Cubeの違い。歴代Fire TVシリーズのスペック比較。

Amazon Fire Stick 4k

長く使うなら、やはり知育、学習アプリの揃ったiPad。

iPad+Apple Pencilが、なんだかんだで知育用途には最強。

IMG_9727

セルラーモデルのiPadなら、どこでも通信できるし、

GPSも搭載しているので、カーナビにも使える。

車のカーナビではなくiPadでGoogleマップを使う理由。iPadをカーナビ化する方法。

 

知育アプリって勝手に探してやってくれるわけでも無く、

良いアプリを探して、一緒にやる手間も有るし、

質の高いアプリが1つ与えた方が、無駄な時間もなくなるのよ。

というわけで、Fireタブレットは、エンタメ端末に成り下がる。

Amazonサービス専用のエンタメ端末として割り切るなら、コスパ最高ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です