Amazon Fire HDレビュー。iPad、Androidタブレットと比較したデメリット。

Amazon Fireタブレットのメリット・デメリット

AmazonのFireタブレットって凄い安いのですけど、
使えば気づく、Fire OSというAmazon縛り。

AndroidベースのOSとはいえ、
Androidタブレットとは、全くの別物なんで、
基本的に、万人にオススメできる端末でも有りません。

タブレットといえば、やはりiPad・・・
というわけで、主にiPadと比較レビューです。

Fireタブレットのメリット

価格がとにかく安い

Fireタブレットは、値段がスンゲー安いです。
Fire HD(16GB)が5,980円、Fier HD 8(32GB)が9,980円
Fire HD 10(32GB)が15,980円
Amazonでは、基本的に旧型の販売もしないので、
最新モデルでこの値段。

created by Rinker
Amazon
¥9,980 (2022/06/30 11:30:15時点 Amazon調べ-詳細)

Fire 7、Fire HD 8は、クアッドコアCPU(4コア)で、
Fire HD 10は、オクタコア(8コア)ですからね。
相変わらず、端末で儲けようとしてないですAmazon。

ただ、Fire 7はSD解像度で、モノラル音声なので辞めた方が良い。
バランスが良く、コスパが高いのは、Fire HDシリーズ。
エンタメ機として使うなら、HD解像度は無いとストレス。

Fire HD 10、Fire HD 8、Fire 7、Plusとキッズモデルの違い。Amazon Fireタブレットの選び方。

ちなみに、キッズモデルも、中身は全く一緒であり、
サブスク要らないなら通常モデルが安くて良い。
Amazon Kids+も、Amazonの定額制サービスの中でも微妙だと感じました。

Amazon Kids+(FreeTime Unlimited)レビュー。契約して気づいたメリット・デメリット。

キッズモデルには、キッズケースや2年保証も有るけれど、
格安Fireタブレットにケースや保証付けるなら・・・私は2台買います。

IMG_7847

縦横比16:10のタブレット

Amazon Fireタブレットは、アスペクト比16:10というサイズであり、
一般的なタブレットに比べると、縦に長いです。

IMG_7912

iPadは、アスペクト比4:3(iPad Proは、アスペクト比4.3:3)。
iPadは、幅が広く、エンタメ用途では余分なスペースが生まれがち。

IMG_7944 (2)

Fireタブレットを横向きにすれば、ワイドディスプレイになるので、
動画鑑賞時に、無駄なスペースが無い
上が16:10の「Fire HD 10」、下側が4.3:3の「iPad Pro 11」。
Fire HDの方が、上下の黒帯幅が狭く、実際の映像も大きく表示される。

IMG_7998

また、Fireタブレットは、漫画にも最適。
マンガの単一ページ表示で、Fireタブレットがジャストフィット。
こちらも無駄な余白が少ないのです。

IMG_7995

一方、アスペクト比4:3のiPadは、書籍(文庫等)に向いているんだけど、
Kindleの電子書籍は、基本的に可変レイアウト(リフロー型)。
端末サイズ合わせて、自動的に最適化してくれるから、
文字だけの本には、タブレットの縦横比って、あまり関係ないのです。
※参考→電子書籍と自炊のデメリット。本のデジタル化で知っておくべきこと。 | ビジネス幼稚園

IMG_7945 (2)

縦横比が関係するのは、固定レイアウト型(リフロー不可)の電子書籍。
マンガ本、雑誌、図版本といったイラストや写真がメインの本、
あとは、自分でデジタル化(自炊)する場合。
リフローできない≒小さい画面では見づらいのです。

ちなみに、マンガの見開き表示は、iPadがジャストフィット、
Fire HDでは、ちょっとサイズが合わず、変な余白できる。

SDカードスロットが有る

Fireタブレットは、microSDカードを挿せるので、
データの保存領域であるストレージ容量を増やすことが可能です。

IMG_7842

最新モデル Fire HDでは、最大1TBまで拡張できるようになっており、
動画、音楽、アプリ、写真、書籍・・・と、
SDカードにダウンロードできるのです。

IMG_7846

容量の多い動画やマンガを気にせずダウンロードしまくれる。
オフラインでもストレス無く使えるわけです。

iPadには大容量ストレージを持つモデルも有りますが、
外部ストレージには未対応。
そもそも、内蔵ストレージを増やせば、本体価格も高額になるわけで、
SDカードが使えるってだけで安上がり。

Fireタブレットも、ストレージ容量が少ない方が安いですからね。
私は、64GBモデルも使ってますが、内部ストレージは半分も使わず、
256GBのmicroSDカードを挿して、SDカードメインで保存してます。
32GBモデルでも良かったと思ってます。

Echo Showとしても使える

第8世代(2019年)のFire HDシリーズからは、
FireタブレットでAlexa対応となり、音声操作ができる端末へ。
Showモードにより、スマートディスプレイ「Echo Show」と同じ事ができるのです。
※Fire 7(2020年)は、Showモード非対応です。

IMG_7949 (1)

Echo Showと同等の機能が使えるわけで、
Amazon Music、Prime Videoの再生だけでなく、
IoT家電操作をしたり、ニュースや天気予報を聞いたり、
アラームやタイマーの設定をしたり、
Amazonでの買い物も、音声操作(Alexaハンズフリー)でできるのです。

充電中はスマートデバイスとして使うって発想、凄いですね。
Echo Showよりも安くて画面もデカイし、フォトフレームとしても良い。
「Fire HD 8 Plus」と「Fire HD 10 Plus」の無接点充電機能も、
このShowモードの為に有るようなもの。

20210211155500

Alexaアプリで、Echo Showユーザーとのビデオ通話もできる。
更にFireタブレットなら、Fire OSアプリが使える。
Echoとは違い、Kindle読めたり、ブラウザ検索したりもできるのです。
Echo、Echo Showに劣るのは・・・スピーカーくらいなんで、
我が家のEchoも、マジで出番が無くなりました。

IMG_7955

Fire HD 10なら、スピーカー音質もそこそこ良いし、
ステレオスピーカーなりに、Dolby Atmosには対応しているからね。

サラウンドシステムの種類と「5.1ch、7.1ch、9.1ch、Dolby Atmos」の違い

ちなみに、Fire HDには、
スリープまでの時間が最大30分→画面オフというデメリットが有るのですが、
開発者オプションで「充電中はスリープしない」という設定が可能です。

20210211190310

開発者オプションは、非表示となってますが、
設定→端末オプション→シリアル番号を連打することで、
開発者オプションの項目が表示されます。
Showモードで使わない場合も、設定しておいた方が良いかと。

Fireタブレットのデメリット

対応アプリが少ない

Fireタブレット最大のデメリットは、
Fire OSというAmazon独自のOSを採用していること
これにより、使えるアプリがスンゲー少ないです。
AndroidタブレットやiPadで使えるアプリが、当たり前に無い。

IMG_7921

Amazon端末ということで、AppleやGoogleアプリにも制限が有るわけで、
快適に使えるのは、Amazonサービスアプリばかり。
Apple MusicやYoutube Music、iCloud写真やGoogleフォトも使えないし、
AppleやGoogle端末へのミラーリング、AirDropもできません。

また、同じAmazonストアのFire OSアプリでも、
Fire TVとFireタブレットでは使えるアプリも異なるので注意。
Fireタブレットでは、動画配信サービスも未対応だらけなのです。

IMG_7925

Fireタブレット対応アプリ

  Fire OS
(Fireタブレット)
Android OS iPad OS
Amazon
プライムビデオ
Hulu
Netflix
U-NEXT ×
dTV ×
dアニメストア ×
TSUTAYA TV ×
DAZN
FOD ×
Paravi ×
ビデオパス ×
ゲオTV ×
楽天TV ×
DMM動画プレイヤー ×
GYAO!
Youtube
ニコニコ動画 ×
TVer ×
ABEMA
WOWOWオンデマンド
Twich
バンダイチャンネル
Apple TV+(iTunes) ×
Google Play × ×

Fire TVと同じアプリが使えると思ってたから、けっこーショック。
Youtube、Hulu、Netflix、ABEMA、DAZNには対応してますが、
U-NEXTもdTVもFODもParaviもTVerもApple TV+も・・・
Fireタブレットには対応していないのです。
Fire TV Stickでは、ほぼ完ぺきに対応しているんだけどね。

Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVの比較と違い。オススメの動画再生端末と選び方。

逆に、Fireタブレットで対応しているアプリはというと、
SNSでは、Twitter、Instagram、TikTok。
クラウドストレージは、Dropbox、OneDrive、Evernote。
LINEには未対応ですが、SkypeやZoom、Alexaのビデオ通話は使えるので、
オンラインミーティング端末としては使えなくも無い。

IMG_7924

2021年5月には、Microsoft 365アプリにも正式対応となりました。
Fire HDでMicrosoft Office(Word、Excel)が使える利点は大きいですね。

検索ブラウザも、AmazonのSilkブラウザなら使えるので、
「G suite for Education(Google Classroom)」を使ったオンライン授業や
ミライシード(ベネッセ)の「ドリルパーク」とかにも対応はできました。

IMG_7917

ちなみに、Fire OSにGoogle Playをインストールする方法も有るのですが、
その手順は、なかなか面倒であり非公式。
確実にアプリが動く保証もないし、だったら最初からAndroid端末を選ぶべきかと。

高スペックでは無い

コストパフォーマンスが高いというのは、
同じ値段で買うなら・・・という話。
Fireタブレットが高スペックかといえば、そんなことは有りません。

Amazonタブレットでは、Fire HD 10が最上位モデルで有り、
これがFireタブレットの限界でも有る。
GPSは無いし、カメラ性能も500万画素、フラッシュ機能も無い。

IMG_7946 (1)

解像度もFire HD 10ではフルHD(1920×1200)の224ppiが限界であり、
iPadは2160×1620、iPad Proなら2048×2732と高精細。
解像度という点だけでなく、パネルも違い、
実際、見比べて見るとRetinaディスプレイの方が反射しずらく綺麗です。

IMG_7940

タブレットを触った感じもiPadは全然違う。
動作のサクサク感、タブレットの質感、iPadのが断然上。
処理が重いってのは、スペック云々の話でも無く、
iPadは低スペックでもサクサク。OSから素晴らしいの。
Apple Pencil、ペンタブとしても使えるわけで、
値段以外は、どれをとってもiPadには敵わないのさ。

iPadと比べるとベゼルも太く、デザインも野暮ったい。
外装もプラスチック素材で、質感も安っぽい。傷もつきやすいから。

IMG_8002

Fire HD 10は、オクタコアでゲームアプリも動作するとはいえ、
グラフィック性能は高いとは言えないし、
Steam LinkやGeForceNowといった、ストリーミングゲームアプリにも未対応。
これはFire TVも同じなんで、GoogleのChromecastのが便利だったりする。

「Chromecast with Google TV」と「Amazon Fire TV Stick 4K」の比較と違い

肝心のゲームアプリをAmazonストアで買うか?って話
Amazonでゲーム買っても、Fireタブレット以外では楽しめないのよ。

IMG_7920

Appleには、iPhone、GoogleにはAndroidスマホが有るのに、
AmazonにはFire OSのスマホが無いわけで、
Amazonアプリストアというプラットフォーム自体が弱い。

実際、我が家がFireアプリで買ったのはマインクラフトくらい。
親アカウントで購入すれば、子供もプレイできるわけで、
ゲーム機で買うと高いですからね。

※参考→マインクラフトの種類と選び方。ソフト価格、オンラインマルチプレイ料金の違い。 | ツカツカCAMP

Amaznサービスへの誘導が有る

Fire OSのホーム画面も独自UIであり、
おすすめ、ホーム、本、ビデオ、ゲームとアプリ、ストア、ミュージック・・・と、
基本的にAmazonのサービスが並びます。

IMG_7965

Amazonで売ってるサービス、商品を嫌でも目に入るわけで、
知らないうちに売り込まれているのさ。

Fireタブレットは、ロック画面でも広告表示してくるのよ。

※ロック画面の広告は、設定からオフにできます。

Alexaのサブスク提案で、うっかりAmazon Music Unlimitedとか契約してる人も多いよね。
音声で「はい」と言うだけで契約できてしまうってのも怖い。
設定次第で制限はできるけども、そんなこと知らんって人も多いはず。

まぁ、価格が安いってのは、そういうこと。
Amazonプライムビデオも動画再生前にCMが入りますからね。

Amazonユーザーの私が感じるAmazonプライム・ビデオのメリット・デメリット。

Fireタブレットまとめ

Amazonユーザーを増やすため、Fireタブレットの価格は激安なわけで、
Amazonサービスを使う端末として割り切って使うなら、文句はありません。

Kindle、Prime Video、Amazon Photos、Prime Music、Alexa・・・だけでなく、
タブレットとしての機能も使えますからね。
WEB検索、YouTube、Netflix、Hulu、Zoom、Microsoft Office・・・
メジャーアプリがストレス無く使えるだけでも価値は有るハズ。

IMG_7996

特に、Echo Showとしても使えてるのは便利。
Alexaの音声操作も一通りできるし、画面も8インチと10インチと選べる。

Fire HD 10、Fire HD 8、Fire 7、Plusとキッズモデルの違い。Amazon Fireタブレットの選び方。

自宅のIoT化の操作端末としても使えるし、
Fireタブレット + Echo Showで、約1万円~
最上位の10インチモデルでも、iPad miniの半分にも満たない金額ですからね。

難点は、強烈なAmazon縛り。
Amazon以外のサービスも使いたいなら、
多少高くても、iPad、Androidタブレットにした方が良い。
iPadだって4~5万円で買えるわけで、むしろこちらが適正価格。

IMG_7910

Amazonにハマればハマるほどに、抜け出せなくなるし、
他サービスを体験する機会も奪われるのさ。
まぁ、これはAmazonに限った話では無く、
理解して使うの人えば、何も問題はないのさぁー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA