おすすめ動画配信サービスと選び方。海外&国内VODの比較と違い。

おすすめ動画配信サービス比較

オンラインの動画配信サービスでドラマを見続ける事・・・早数年。

今では様々な見放題の動画配信サービス(SVOD)が登場しております。

※SVOD=Subscription Video on Demand=定額制動画配信

月額料金、動画数、オリジナルコンテンツ、対応端末・・・

各社それぞれ特徴があり、得意なことも違いますので、

動画サービス各社の特徴、オススメの動画サービスをまとめておきます。

動画配信サービスの価格、スペック比較

動画サブスクの相場

多々有る動画配信サービスは何で選べば良いのか?

視聴できるコンテンツ、サービススペックも全く違うわけで、

結局のところ、その値段で満足できるのか?という話。

コンテンツに微々たる違いはあれど、安ければ何も文句無いわけで、

とりあえず月額料金の順番に並べておきます

VOD15社 価格比較

  無料期間 月額料金
(税込)
ポイント付与 同時視聴 ダウンロード
dアニメストア 31日間 440円 × 1台まで
プライムビデオ
(Amazon Prime)
30日間 500円
(年額4,900円)
× 3台まで
dTV 31日間 550円 × 1台まで
見放題chライト
(DMM & FANZA)
30日間 550円 × 1台まで ※見放題不可
Apple TV+ 7日間 600円 × 6台まで
TELASA 15日間 618円 550円分 1台まで
※登録5台まで
ディズニープラス 990円 × 4台まで
ABEMAプレミアム 2週間 960円 × 2台まで
FODプレミアム 2週間 976円 最大1,300円分
(100円 & 400円×3回)
1台まで ×
Netflix 990円(ベーシック)
1,490円(スタンダード)
1,980円(プレミアム)
× 1台まで
2台まで
4台まで
Paravi 2週間 1,017円 無料チケット1枚
(550円まで)
1台まで
※登録5台まで
Hulu 2週間 1,026円 × 1台まで
TSUTAYA TV 30日間 1,026円 毎月1,100円分 1台まで
※登録5台まで
※見放題不可
DAZN 1ヶ月間 1,925円
(年間19,250円)
× 2台まで ×
U-NEXT 31日間 2,189円 毎月1,200円分 4台まで

今となっては、ダウンロード機能は当たり前、

同時視聴ができるサービスも多く、無料でお試しできるサービスばかりです。

動画が見放題といっても、従来のレンタル屋とはサービス内容も変化してきており、

各社オリジナルコンテンツ、独占コンテンツを売りにするようになってます。

動画配信サービスのメリット・デメリット。VODと宅配レンタルとの違い。

映画やテレビドラマをレンタルするというよりも、

自社コンテンツを提供する場所へ。

映画館で見るのではなく、動画サブスクの為に作品を作る時代になっているのです。

加入者シェア推移、人気ランキング

VODサービスの加入者数はどこが多くて、どこが人気なのか?

2020年のSVODの市場シェア、ランキングベスト5は、

Netflix、Amazonプライムビデオ、U-NEXT、DAZN、Huluとなっています。

国内VODシェアランキング
  • Netflix:19.5%
  • Amazonプライムビデオ:12.6%
  • U-NEXT:11.1%
  • DAZN:9.8%
  • Hulu:8.8%

「Netflix」「Amazon」「U-NEXT」の3社がシェアを伸ばしており、

その他サービスのほとんどが、前年に比べシェア減少しています。

動画配信サービス加入数シェア推移

※参考→<動画配信(VOD)市場規模>2020年VOD市場

ただ、VODサービスの多くは、ここ数年で始まったばかりであり、

「Apple TV+」と「ディズニープラス」は、SVODに参入したばかり、

今後シェアが逆転する可能性も高いです。

動画配信サービスの選び方

動画数では無く、見たいコンテンツ

動画数は関係ない

動画サービスのスペック云々よりも、

見たいコンテンツが有るのか?で選ぶべき。

動画数を打ち出しているサービスも多いですが、

動画数って全く意味のない数字

無駄な動画が多くても埋もれるだけだし、

多くの動画配信サービスで、既に動画数は非公開という流れ。

例えば、dTVは12万本、Huluは7万本・・・

では、HuluがdTVに劣るのか?といえば、

そんなことは無いでしょう。

そもそも見たいドラマが多くても、

我々が1ヶ月に使える時間は限られてるわけで、

1つでも見たいドラマシリーズがあれば儲けもの。

月額料金の元も余裕で取れるのです。

解約は簡単で、悪でも無い

契約の縛り無し

VODは、サービス毎に得意なジャンル、コンテンツが違うわけで、

一つのサービスを契約し続けていると、定期的に飽きます

で、見たい動画を探して無理して見るようになったら終わり。

見たい動画が無いのなら、即座に解約して良いのです。

WEB上で、簡単に解約手続きできますし、

再契約も簡単。レンタルビデオを返すよりも簡単。

一旦休止≒解約という認識で問題無いのです。

見たいなって思う動画が無いなら、即解約。

そして、新しく見たい動画が有るVODを、新規契約なり再契約する。

コロコロ入退会を繰り返せば良いのです。

見放題作品だってコロコロ変わるんだから、そりゃ仕方ない。

忙しい時に無理して見るのもナンセンスです。

まぁ、月額料金は1,000円~2,000円と格安なので、

複数契約したって良いし、それで満足しているなら何ら問題ない。

私は、常時3~4サービスほど契約してますが月額5,000円程度。

家族で使ってこの値段なので良いとは思ってるけど・・・

ちょっと見直しますね。

得意なジャンルを把握する

2021年現在では、各社独占コンテンツを売りにしており、

割と分かりやすくコンテンツも差別化、

似たような見放題サービスは廃れてるのが現状です。

日本のテレビ番組も、民放各社で囲い込み

国内ドラマや国内バラエティは、

他局VODでは、ほぼ見れなくなってますので。

国内ドラマ見るなら、国内VOD選ぶしかないのです。

民放運営のVOD
日本のテレビ局運営VOD
  • 日本テレビ:Hulu
  • フジテレビ:FOD
  • TBS・テレビ東京:Paravi
  • テレビ朝日:TELASA

VODで人気のジャンルといえば、海外ドラマですが、

海外ドラマといえば、アメリカドラマであり、

アメリカドラマといえば、エミー賞。

常連なのは、CATVのHBO作品でしたが・・・

アメリカHBOのオススメドラマ。評価の高い作品、制作費、受賞歴まとめ

Netflix、ディズニープラス、Apple TV+、HBO Maxと、

CATVからVODへエミー賞受賞作品も推移しています。

2021年エミー賞ノミネート作品。歴代エミー賞をした海外ドラマ一覧。

また、現在世界的に人気となっている韓国ドラマ。

韓国ジャンルの作品数ならU-NEXTですが・・・

韓国ドラマが見放題、韓流おすすめ動画配信サービス

話題の韓国ドラマは、Netflix発信ばかり。

今までの韓国ドラマとも、ちょっとスケールが違う。

【Netflix独占】Nシリーズおすすめ韓国ドラマ。評価の高い作品、視聴率、制作会社まとめ。

アニメは割とどこでも見れるけど、

アニメジャンル全般で強いのは「U-NEXT」。

青年アニメ、深夜アニメなら「dアニメストア」。

キッズ向けというより、ディズニーアニメは「ディズニープラス」一択です。

スポーツでは「DAZN」が独占状態ですが、

放映権は毎年変わるので一概には言えず、

特に、野球ジャンルは放映権がバラバラ。

【2021年】プロ野球のネット中継が見放題!おすすめ動画配信サービスまとめ

日本野球はDAZNが強いけども、

アメリカのメジャーリーグ(MLB)は、ABEMAですね。

【2021年】大谷翔平ライブ中継!メジャーリーグの動画配信サービスまとめ

4K HDR、Dolby Atmos対応は限られる

いずれの動画配信サービスも、HD画質には対応していますが、

4K高画質には、まだまだ対応しきれていません

最新の4K HDRやDolby Atmos対応となると、

サブスク系VODでは6社のみとなります。

ホームシアター対応VOD

対応を謳うサービスでも、

全ての動画が4K HDRやDolby Atmos対応しているわけでも有りません

「Neflixオリジナル」「Amazonオリジナル」「Appleオリジナル」といった、

各社オリジナル作品が、大半のシェアを占めます

実際のところ、4K HDR動画の再生には、

通信速度や対応端末も必要なので、4K視聴のハードルは高い。

低速回線で自動的に画質調整されちゃって、

なんとなく、4K未満で視聴してしまって人も多いハズ。

インターネットの動画視聴に必要な通信速度とデータ通信量 

ブルーレイはフルHD、地上波は1080i、DVDは480pのSD画質レベル。

フルHD画質でも、ちゃんと再生されれば十分に綺麗ですから。

動画の画質と解像度「SD、HD、フルHD、4K UHD、8K、480p、720p、1080p、HDR、Dolby Vison」の意味と違い

サラウンドシステムとなると、もっとハードルは上がる。

Dolby Atmosでホームシアターするには、

対応の再生デバイスだけでなく、対応スピーカーも必要です。

Fire TV、Chromecast、Apple TVは、Dolby Atmos対応していますけど・・・

Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVの比較と違い。オススメの動画再生端末と選び方。

テレビ内蔵スピーカーでDolby Atmos再生してもイマイチだから、

やっぱり専用スピーカーも必要だと思うのよ。Echo Studioとか手軽です。

Amazon Fire TVとEcho Studioでできること。Alexaホームシアターを導入して気づいた点。

Dolby Atmosって従来のサラウンドシステムとは、また違うから。

スピーカー配置も変わってくるし、ワイヤレス&バーチャルサラウンドで対応がラク。

サラウンドシステムの種類と「5.1ch、7.1ch、9.1ch、Dolby Atmos」の違い

海外資本のVOD比較

定額制動画配信サービス(SVOD)は、

世界的に海外の企業がシェアを占めており、

実際、サービススペックで比較すると、日本のVODは劣ります。

海外VODスペック比較

  Prime Video
(Amazon Prime)
Netflix ディズニープラス Apple TV+
月額料金
(税込)
500円
(年額4,900円)
990円(ベーシック)
1,490円(スタンダード)
1,980円(プレミアム)
990円 600円
(年額6,000円)
ポイント付与 × × × ×
見放題作品数 非公開
同時視聴 3人まで 1人まで(ベーシック)
2人まで(スタンダード)
4人まで(プレミアム)
4人まで 6人まで
ダウンロード
最高画質 4K HDR SD(ベーシック)
フルHD(スタンダード)
4K HDR(プレミアム)
4K HDR
音質
サラウンド
Dolby Atmos
雑誌見放題 × × × ×
アダルト見放題 × × × ×
対応端末 スマートテレビ
パソコン
スマートフォン
Amazon Fire TV
Chromecast
Apple TV
Blu-rayプレーヤー
Xbox One/Series X&S
PlayStation 3/4/5
Fireタブレット
Oculus(VR)
スマートテレビ
パソコン
スマートフォン
Amazon Fire TV
Chromecast
Apple TV
Blu-rayプレーヤー
Xbox 360/One/Series X&S
PlayStation 3/4/5
Fireタブレット
Oculus(VR)
スマートテレビ
パソコン
スマートフォン
Amazon Fire TV
Chromecast
Apple TV
Xbox 360/One/Series X&S

PlayStation 4/5
スマートテレビ
パソコン
スマートフォン
Amazon Fire TV
Apple TV
Xbox One/Series X&S
PlayStation 4/5
無料期間 30日間 無し 無し 7日間

資本力の有る世界的企業の方が、

アプリもサーバーも安定しており、使い勝手も圧倒的に良いのです。

世界規模の資本力で、動画制作も行っておりスケールも凄い

高品質な独自コンテンツで勝負。

話題の映画・ドラマも、海外VODから登場しているのです。

Netflix(ネットフリックス)

Netflixのメリット・デメリット
Netflixのメリット
  • 世界No.1のユーザー数
  • オリジナル作品数No.1
  • 全て見放題で追加料金が発生しない
  • 4K HDR、Dolby Atmosに対応
  • 各国語言語に切り替え可能
  • 対応端末が豊富
  • 海外でも再生できる
Netflixのデメリット
  • 高画質プランは料金が割高
  • Netflixオリジナル以外は少ない
  • 無料トライアルが無い

Netflixはユーザー数2億人を誇る、世界最大の動画配信サービス。

その資金力を武器に動画制作をしまくり、

Netflixでしか見れない高品質のオリジナルコンテンツだらけ。

ハリウッド映画よりも、HBOの海外ドラマよりも、

Netflixオリジナルの映画&ドラマっていう時代。

【Netflixの評判】世界シェアNo.1「ネットフリックス」のメリット・デメリット

Netflixオリジナル作品は、コンテンツの質も高く、世界各国の言語にも対応。

対応端末もトップクラスで、アプリ安定性も文句なし。

上位プランは、高画質4K HDR対応、バーチャルオーディオのDolby Atmosにも対応しています。

Netflix以外の動画を見るなら微妙だけど、Netflix作品自体がブランド化しつつある。

実際、エミー賞もNetflixが独占状態。

海外ドラマ先進国アメリカでも圧倒的なのです。

2021年エミー賞ノミネート作品。歴代エミー賞をした海外ドラマ一覧。

ただ、月額料金は年々上がっており、他社に比べて高いのも難点。

無料トライアルも無くなってしまったので、

他社を一通り試した後でも遅くはないと思う。

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライムビデオの評判
 Amazonプライムビデオのメリット
  • 月額500円と最安
  • 見放題サービスはAmazonプライム特典の一つ
  • Amazonオリジナル作品が高品質
  • 対応端末が豊富
  • 4K HDR、Dolby Atmos対応
  • 役に立つカスタマーレビュー
  • 海外でも動画再生が可能

 Amazonプライムビデオのデメリット
  • 見放題作品数は少ない
  • 動画開始前に広告が再生される
  • 有料レンタル作品も一緒に表示される

Amazonプライムビデオという事で、

Amazonプライム会員なら追加料金不要で利用できます。

Amazonプライム会員は、月額500円(税込)

年払いで4,900円(税込)という素晴らしいコストパフォーマンス。

見放題作品数は他社に比べると少ないのですが、

Amazonオリジナル作品は高品質で、4KやDolby Atmosや各国言語にも対応。

Amazonプライム特典と共に月額500円で利用できるのは素晴らしい。

正直、他のプライム会員特典が無くても良いってくらいの内容。

Amazonユーザーの私が感じるAmazonプライム・ビデオのメリット・デメリット。 

Amazon Prime Studentでも、プライム特典は利用できるので・・・

6ヶ月の無料トライアルに、料金も半額月額250円で見放題になっちゃいます。

学生の暇つぶしにも最高ですね。

Disney+(ディズニープラス)

ディズニープラスの評判
ディズニープラスのメリット
  • ディズニー作品が見放題
  • ディズニー以外の作品も見放題
  • 世界最高峰ディズニーが作る高品質動画
  • 多言語対応
  • 月額990円で4人まで同時視聴可能
  • 対応端末が豊富
  • 4K HDR、Dolby Atmos対応

ディズニープラスのデメリット
  • サーバーが重く、画像が乱れがち

ディズニーでも動画配信サービスが開始となりました。

お高いイメージの有るディズニーですが、

ディズニープラスは、月額990円と他社よりも格安で、

ディズニー、マーベル、ピクサー、ナショナルジオグラフィック作品が見放題

動画のダウンロードや、4人までの同時視聴にも対応しています。

Disney+(ディズニープラス)を契約して気づいたメリット・デメリット

ディズニー故にコンテンツの質も間違いなし、子供居るなら必須サービス。

英語字幕、多言語対応しているので、語学学習にも最高かなと。

英語学習にオススメの動画配信サービス。英語字幕、英語機能の違い。

サービス開始時こそ、ドコモ関連の難点がありましたが、

2021年10月末よりドコモ縛りから開放で、システムも大幅にリニューアル。

4K HDRやDolby Atmosにも対応、

STARブランドも追加され、海外ドラマ、映画、国内アニメ・・・と、

見放題作品も大幅に追加となっています。

ディズニーはHuluも買収してますから、

Netflixも危うい、VOD最高峰の「Disney+ (ディズニープラス)」ってわけ。

Apple TV+(アップルTVプラス)

AppleTVplusの評判と特徴
Apple TV+<strong>のメリット</strong>
  • 月額料金600円と安い
  • 独占配信のAppleオリジナル作品が高品質
  • 4KHDR、Dolby Atmos対応
  • 対応端末が豊富
  • 音声、字幕と対応言語が超豊富
  • 同時視聴6台まで、ファミリーアカウント対応

<strong>Apple TV+のデメリット</strong>
  • 見放題作品数が少なく、Appleオリジナル作品のみ
  • Android、Chromecast視聴に難有り

2019年11月、遂にAppleも定額制動画サービスに参入。

月額600円という低価格ながら、4K HDR、Dolby Atmosの高品質で提供。

多言語対応、同時視聴6人まで・・と、VODスペックも最高峰。

さすがのアップル、考えられたUIは、使い勝手も素晴らしい。

デメリットは、海外系VODの中で、ダントツで作品数が少ないこと。

まだまだ開始したばかりのサービスであり、

全て見放題とはいえ、Apple制作のオリジナル作品のみですからね。

Apple TV+(アップルTVプラス)を契約して気づいたメリット・デメリット

無料トライアルは7日間と短めですが、

Apple TV購入したり、iPhone購入したりで、1年無料とかやってるから、

そっち経由で加入した方が良いかなと。

国内資本のVOD比較

日本ではU-NEXTが、見放題サービスを一早く開始しており、

唯一海外に対抗できるサービスも「U-NEXT」しか有りません。

技術的な面で、日本のサービスが遅れている感・・・否めません。

国内VODスペック比較

  U-NEXT Hulu Paravi FODプレミアム TELASA dTV
月額料金
(税込)
2,189円 1,026円 1,017円 976円 618円 550円
ポイント付与 1,200円分 × 無料チケット1枚
(550円まで)
最大1,300円分
※毎月100円分+
8の付く日(400円×3回)
550円分 ×
見放題作品数 220,000本以上 70,000本以上 非公開 50,000本以上 約10,000本 120,000本以上
同時視聴 4人まで 1人まで
ダウンロード ×
最高画質 4K HDR フルHD
※一部4K
HD フルHD
※一部4K
HD
※一部4K
音質
サラウンド
Dolby Atmos 未対応
※一部5.1ch
未対応
雑誌見放題 140誌 × × 150誌以上 × ×
アダルト見放題 40,000本以上 × × × × ×
対応端末 スマートテレビ
パソコン
スマートフォン
Amazon Fire TV
Chromecast
Apple TV
Blu-rayプレーヤー
PlayStation 4/5
スマートテレビ
パソコン
スマートフォン
Amazon Fire TV
Chromecast
Apple TV
Blu-rayプレーヤー
PlayStation 4/5
Fireタブレット
スマートテレビ
パソコン
スマートフォン
Amazon Fire TV
Chromecast
Apple TV
Blu-rayプレーヤー
スマートテレビ
パソコン
スマートフォン
Amazon Fire TV
Apple TV
スマートテレビ
パソコン
スマートフォン
Amazon Fire TV
Chromecast
Apple TV
スマートテレビ
パソコン
スマートフォン
Amazon Fire TV
Chromecast
Apple TV
Blu-rayプレーヤー
無料期間 31日間 2週間 15日間 31日間

国内VODの特徴としては、日本で放送されている地上波テレビ番組が有り、

ポイント付与が有ったり、雑誌の見放題まで提供しているサービスも有る。

ただ、全体的にシステム的なところが弱く

基本的に同時視聴は不可能4Kやサラウンドシステムにも未対応

同じポイント付与でも、レンタルできる作品数は違うし、

再生される画質、音質も全然違うから。

新作レンタルでオススメの動画配信サービス。映画レンタル料金、画質、対応端末の違い。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXTの特徴
U-NEXTのメリット
  • 国内最大で見放題作品数No.1。
  • 月額料金には1,200ポイントも含まれる
  • 最大4人まで同時視聴
  • HBO独占契約、海外コンテンツも強い
  • アダルトも4万本以上が見放題
  • 140誌の雑誌も読み放題
  • 4K HDR、Dolby Atmos対応
  • 無料トライアルが31日間と長い

U-NEXTのデメリット
  • 月額料金2,189円と高い

動画配信サービスのパイオニアであり、

国内最大級の動画配信サービスと言えばU-NEXT

見放題コンテンツは国内最大の22万本以上

海外コンテンツでも、HBOと独占契約となったので、

国内VODで唯一、海外勢と戦えるサービスとなっています。

※HBOはエミー賞常連、海外ドラマのヒットメーカー。

歴史的なヒット作ゲームオブスローンズを制作したCATVです。

アメリカHBOのオススメドラマ。評価の高い作品、制作費、受賞歴まとめ。

また、他社サービスには無いアダルト見放題4万本以上

アダルトの見放題サービスとしても最強です。

U-NEXTのアダルト「H-NEXT」レビュー。AV専門サービス見放題と比較したメリット・デメリット。

月額料金には140誌の雑誌読み放題も含まれており、

毎月1,200円分のポイントで電子書籍やマンガも購入できる

動画サービスの域を超えたエンタメサブスクなのです。

U-NEXTを契約して気づいたメリット・デメリット

U-NEXTのデメリットは、月額2,189円の料金。

まぁ、これで全てが済んでしまうなら割安。

無料トライアルも31日間と大盤振る舞いですから。

U-NEXT 31日間無料トライアルはこちら

Hulu(フールー)

Huluの特徴
Huluのメリット
  • 日本テレビ運営、日テレの番組を独占配信
  • 海外ドラマにも強い
  • 民放系VODでは圧倒的スペック
  • 対応端末が多い

Huluのデメリット
  • 同時視聴が不可能
  • 4K、サラウンドシステム作品が少ない
  • 海外ドラマは減少傾向に有る

私が動画配信サービスにハマったきっかけ。

動画配信サービスの黒船といえばHuluです。

サービス開始より海外ドラマに強く

Huluプレミアの独占配信、オリジナル作品も多い。

2014年より、日テレ運営となり日テレ系のコンテンツも大幅に増加。

デメリットは、日テレVODとなり、システム的なところが弱くなったこと。

動画ダウンロード対応になったものの、同時視聴には未対応

4Kやサラウンドオーディオに対応したとはいえ、対応作品はごくごく僅かなのです。

【Huluの評判】日テレ見放題「フールー」のメリット・デメリット

まぁ、民放テレビ局系VODの中ではダントツで優れており、

日テレで見たい作品有れば、Huluは間違いない。

他局に比べて、見放題番組も圧倒的に多いし、見逃し配信も豊富で素晴らしい。

日テレは地上波テレビの中でも優秀な番組が多く、視聴率でも一人勝ちですからね。

無料トライアルは2週間と短めだけど、国内VODはこんなもんです。

Hulu 2週間無料トライアルはこちら

Paravi(パラビ)

Paraviの特徴
Paraviのメリット
  • TBS、テレビ東京、WOWOWの番組が見放題
  • 毎月レンタルチケット1枚(550円まで)付与

Paraviのデメリット
  • 国内コンテンツメイン
  • アプリUI、動作が微妙
  • 4Kやサラウンドシステムに未対応
  • 同時視聴は不可能、登録端末も5台まで

2018年4月に開始した、新しい動画配信サービス「Paravi」。

TBS、テレビ東京、WOWOWの共同出資というわけで、

TBSやテレビ東京の番組が見放題

毎月550円分のレンタルチケット1枚も貰えます。

【Paraviの評判】TBS×テレビ東京「パラビ」のメリット・デメリット

ただ、国内コンテンツがメインなので、

海外ドラマや映画は、ほとんど無く、

アプリの動作も、他社VODに比べるとイマイチ。

WOWOWコンテンツもWOWOWオンデマンドの方へ移行。

TBSとテレ東を見たいなら使うしか無いのだけど・・・って感じです。

無料トライアルは2週間有るので、試して判断して下さい。

Paravi 2週間無料トライアル

FOD(フジテレビオンデマンド)

FODの特徴
FODのメリット

  • 毎月最大1,300円分のポイントが貰える
  • フジテレビ作品が独占見放題
  • 雑誌150誌以上が読み放題
FODのデメリット
  • フジテレビ以外の動画は皆無
  • 同時視聴は不可能、登録端末も5台まで
  • 4Kやサラウンドシステムに未対応
  • 動画ダウンロード未対応

フジテレビの動画配信サービスは、FOD(フジテレビオンデマンド)

FODプレミアムは月額976円で、

毎月最大1,300円分のポイントもゲットも可能。

140誌以上の雑誌も読み放題と、コスパは悪くない。

ただ、動画のダウンロードはできないし、

システム的なところが他社に比べて弱いです。

フジテレビの名作ドラマはFODで見るしかないってのが最大の強みであり、

それ以外はちょっと微妙なサービス。

フジテレビ番組が見放題!FOD PREMIUMのメリット・デメリット

無料トライアルは2週間。各自で判断して下さい。

2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

TELASA(テラサ)

TELASAの特徴
TELASAのメリット
  • 月額料金618円と安い
  • テレビ朝日番組が独占見放題
  • 毎月550円分のポイント付与

TELASAのデメリット
  • テレビ朝日メインの見放題
  • 同時視聴は不可能、登録端末も5台まで
  • 4Kやサラウンドシステムに未対応
  • 無料トライアルが15日間と短い

au系の「ビデオパス」がテレビ朝日とタッグを組んで、

2020年4月に「TELASA(テラサ)」へリニューアル。

テレビ朝日特化のVODサービスになりました。

月額618円で、毎月550円分のポイントも付与されるという、

一見するとコスパの高いサービスなのですが、

レンタル作品は限られますので気をつけて。日本作品メイン。

そもそもTELASAの見放題作品が、他社に比べて少ないのです。

【TELASAの評判】テレビ朝日が見放題「テラサ」のメリット・デメリット

映画の割引特典も、auのサービスへ移行となってしまったので、

テレビ朝日ドラマを見ないなら「auスマートパスプレミアム」の方が良い。

月額548円とTELASAよりも安く、動画の見放題、雑誌、音楽と特典も豊富です。

auスマートパスプレミアムのメリット・デメリット。エンタメ特典(映画・雑誌・音楽)レビュー。

dTV(ディーティービー)

dTVの特徴
dTVのメリット
  • 月額料金550円と安い
  • dTVオリジナル作品が有る
  • avexの音楽コンテンツも有る
  • 無料トライアルが31日間と長い

dTVのデメリット
  • カラオケ等、よくわからない動画も多い
  • 同時視聴は不可能、登録端末も5台まで
  • SD画質作品が多い

dTVは月額550円12万本も見放題。

docomo×avex運営ということで、

avexの音楽コンテンツも豊富です。

ただ、動画数の割には見たい作品は少なく、

テレビで見ると画質悪さを感じました。

SD画質対応が多いので、利用するならスマホですね。

dTVを契約して気付いたメリット・デメリット

ドコモ系では、dTV、dアニメストアがありますけど、

アニメ特化の「dアニメストア」の方が、高品質でコスパも高いです。

月額440円で、アニメ数は国内最高峰だし、

アニメコンテンツという点で敵無しです。

dアニメストアを契約して気づいたメリット・デメリット

DMM見放題chライト(FANZA)

DMM見放題chライトの特徴
DMM見放題chライトのメリット
  • 月額料金550円と安い
  • アダルトコスパ最高、FANZAまで見放題
  • 無料トライアルが31日間と長い

DMM見放題chライトのデメリット
  • 一般作品の見放題作品が少ない
  • システム的な部分で、大手VODに劣る

DMM×FANZAの「見放題chライト」は、

月額550円でアダルトまで見放題。アダルトコスパ最強のサービス。

DMM.com「見放題chライト」のメリット・デメリット。

FANZAは、アダルトに特化したサービスだけ有って、

アダルト視聴においては敵なし。

スマホ視聴にも対応しており、再生アプリの機能も素晴らしい。

ユーザーレビュー、視聴率グラフ、倍速、秒飛ばし・・・かゆいところに手が届く。

この辺は、さすがアダルト最大手のDMM(FANZA)です。

アダルト最大手「FANZA動画(旧DMM.R18)」のメリット・デメリット

アダルトVRに至っては、FANZA以上のサービスも無く

VR見るならFANZA以外は微妙だらけ。

VR専門の「VRch」以上のサブスクも無いからね。

アダルトVR動画の見放題サービス比較。VR専門AVのVODランキング。

おすすめ動画配信サービスまとめ

VODサービスの普及により、海外コンテンツがより身近になったわけで、

日本作品だけっていうサービスも厳しいですね。

海外ドラマ、洋画を「借りる」から「見放題」へ。

TSUTAYA TVは厳しく、ゲオTVは既にサービス終了となる。

わざわざレンタルするという時代では無いのです。

VODの核となる海外ドラマや映画は、

NetflixディズニーAmazonAppleU-NEXT(HBO Max)で独占状態。

日本のドラマやバラエティも、

HuluFODParaviTELASAで囲い込み。

ただ、地上波テレビ番組なら、無料のTVerもあるからね。

海外VODのデメリットは、アダルトNGというところ。

動画で根強いのがアダルトジャンルであり、

アダルト作品なら、日本のVOD。

H-NEXT楽天TVTSUTAYA TVと、大手企業が参入しており、

アダルトはDMM(FANZA)一強の時代でもなくなっています。

アダルト動画の見放題サービス徹底比較。おすすめAVサブスクVODまとめ。

アダルトまで最高峰なのが、U-NEXT

雑誌見放題に、漫画までポイントで購入できるってだけでなく、

アダルト目的では無いのに、アダルトまで見れてしまう・・・安上がり。

国内エンタメ全般において、他にライバルも居ないのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です