ゲオTV980のメリット・デメリット。DMM見放題chライトとの比較。

ゲオTV980のメリット・デメリット

ゲオの動画配信サービス「ゲオチャンネル」が終了し、

代わりに登場したのが「ゲオTV」というサービス。

動画の見放題サービスは、成人向けコンテンツがメインの「ゲオTV980」へ。

 

ゲオチャンネルでもアダルトの見放題作品は有りましたが、

ゲオTV 980では、アダルト専門と言っても過言では無いサービスへ。

ゲオチャンネルと何が変わったのか?契約してみましたのでレビューします。

ゲオTV980のメリット

アダルト見放題数は約14,500本で、月額980円。

ゲオTV 980最大のメリットはというと、何はともあれアダルト動画数。

ゲオTVのアダルト専門「ゲオトナ」の動画が見放題であり、

その数は約14,000本以上

2018年7月に調べたところ、見放題動画数は14,849件も有りました。

IMG_1267

アダルトコンテンツだけでのこの数字。

アダルト専門サービスと比べても、引けを取らない数字。

アダルト見放題動画数の比較

  • ゲオTV 980:約14,500本
  • U-NEXT:約5,500本
  • DMM見放題chライト:2,000本
  • TSUTAYA TV:約4,500本
  • DMM見放題chプレミアム:200,000本
  • Rakuten TV AV見放題:27,000本
  • TSUTAYA R18 月額見放題ライト:指定ジャンル50本
  • TSUTAYA R18 月額見放題フル:63,000本

アダルト動画の見放題サービスを比較。成人男性にオススメのVODランキング。

この見放題本数で月額980円(税込)ですから。

アダルト専門サービスと考えても格安なわけです。

HD(720p)画質で綺麗。アダルトも高画質対応。

アダルト専門サービスは、

見放題だけどSD画質ばかり・・・ってところも多いのですが、

ゲオTV980は、HD画質(720p)に対応しており映像も綺麗です。

IMG_1259

一般動画だけでなく、多くのアダルト作品もHD画質に対応。

最近のスマホは解像度も高いので、スマホでもSD画質は分かりますからね。

動画配信サービスの画質「SD、HD、フルHD、4K UHD、480p、720p、1080p」の意味と違い。

個人的に、SD画質ってだけで色々と萎えるので・・・画質はホント大事。

アダルトVR動画も見放題。

ゲオTV980は、アダルトコンテンツが売りということで、

他社では珍しく、アダルトVR作品までも見放題となっています。

IMG_1269

ブラウザで「VR動画で視聴する」をタップすると、

ゲオTVアプリで、VR動画が再生されます。

 

最初は、360度動画として再生されますが、

右下のカードボードアイコン(VRゴーグルマーク)をタップすることで、

IMG_1272

2分割され、VR動画へと変化します。

IMG_1271

あとは、スマホ用のVRゴーグルにセットするだけです。

オススメのスマホ用VRゴーグル。違いが分からないから比較してみた。

IMG_1270

アダルトは、VRとの相性も良いですからね。

2018年7月時点では、7本のVR動画が見放題でした。

作品数も少なく、画質も微妙なので、オマケ程度ですけど。

倍速再生可能

U-NEXT、DMM見放題chライトでは、不可能な倍速再生が・・・

ゲオTVでは可能となってます。

スマホでは2倍速、4倍速、6倍速で再生できるし、

IMG_1265

PCでも倍速再生可能。こちらは8倍速までイケる。

PCで倍速再生

個人的には、ストーリーも重要だと思っているので・・・

倍速あると便利だし・・・倍速プレイに目覚められます。

ことが始まるまでの流れ、時間短縮うぇーい。

スマホ、PCで倍速再生、意外と他社では実装してないからね。

複数端末での同時視聴が可能。

ゲオTV公式ページでは、同時視聴に関しての記載を見つけられなかったのですが、

実際に、同時視聴を試したところ、

4台の端末で同時に動画再生できてしまいました

一般動画だけでなく・・・・

IMG_1286

アダルト動画も同時視聴。

DSC08777

まぁ、成人向けコンテンツを家族で同時視聴するか?

っていったら、かなーり疑問だけど。

ゲオTV980のデメリット

アダルト以外のコンテンツはほとんどない。

ゲオTV980では、一般動画の「ゲオムビ」作品も一部見放題となるのですが、

その数は非常に少なく、2018年7月時点で1,433本のみ。

IMG_1276

あくまで見放題となるのも、成人向けコンテンツのみ。

グラビア動画とギャンブル動画・・・くらいしか有りません。

IMG_1258

アダルト専門と言っても良いくらいのラインナップ。

DMM見放題chライトの方が、まだ作品数も多いです。

対応端末が非常に少ない。テレビ出力はChromecastのみ。

ゲオTVは、対応端末が非常に少ないです。

パソコン(Window、Mac)、スマホ、タブレット、Chromecastのみ。

大画面テレビに出力するには、Chromecastを用意しなければいけないわけ。

Amazon Fire TVや、Apple TVにも対応していません。

 

しかも、Chromecast出力してみたけど、すっげー途切れるという。

すぐ読み込みマーク出ちゃって、見れたもんじゃなかった。

IMG_1131 (1)

せっかくのHD画質なんだけど、外部出力する方法が限られる・・・

高画質アダルトを体感したいなら、タブレット、PC視聴くらいです。

スマホアプリから直接再生できない。使い勝手が最悪。

対応端末が少ないのですが、スマホ・タブレット視聴感もイマイチです。

この辺は、ゲオチャンネルから退化してるんじゃないかというレベル。

 

ゲオTVは、専用の「ゲオTVプレーヤー」があるのですが、

このアプリは、あくまで動画再生の補助をするだけのアプリ。

アプリから動画を選んで再生することができません

IMG_1253

スマホで動画を再生する為には、

スマホの検索ブラウザ(Safari、Chrome等)で、

ゲオTVのWEBサイトへアクセス→ゲオTVにログイン。

IMG_1254

ゲオTVのWEBサイトで動画選択すると、

スマホの「ゲオTVプレーヤー」で動画再生されるという流れ。

IMG_1278

「ブラウザ」から「ゲオTVプレーヤー」に切り替えるのにも時間がかかるし、

IMG_1279

再生停止すると、「ゲオTVプレーヤー」が表示されてしまう。

IMG_1266

再度、ブラウザアプリに戻ると「アプリで視聴しますか?」の画面で止まってるし、

キャンセルするため「しない」をタップすると・・・

IMG_1280

今度はブラウザ上で、動画再生の画面になるという。

IMG_1281

だったら動画再生アプリ要らなくねぇ!?

 

アダルトメインだから、色々と制約が有るのは分かりますが・・・

DMM見放題chライトだと、アプリだけで完結しますからね。

DMM.com「見放題chライト」のメリット・デメリット。

 

動画配信サービスって、サクサクと動画が変えられるのが良いわけで、

1動画再生するたびに、ブラウザ→アプリ→ブラウザという手間。

動画読み込む時間、キャンセルする手間、ちょっとストレス感じました。

まぁ、PCで視聴しろってことなんでしょうね。

動画のダウンロードは不可能。

スマホアプリがアレなんで・・・

ダウンロード機能は、もちろん付いてません。

外出時にも動画を楽しみたいなら、ダウンロード機能が有る動画サービスを使いましょう。

オフライン視聴(ダウンロード再生)可能な動画配信サービスまとめ。

 

動画はデータ量が多いので、通信量も喰いまくる。

ストリーミング再生では、パケット容量がいくら合っても足りませんから。

インターネットの動画視聴に必要な通信速度とデータ通信量。

アダルトVRは画質が悪い、専用端末にも未対応。

アダルトVRが見放題と言いましたが、

DMMのアダルトVRに比べるとお粗末になります。

 

あくまでスマホアプリ「ゲオTVプレーヤー」で視聴するVR。

スマホ画面を拡大するだけの簡易VR、Oclus Goにも未対応です。

VRにオススメのスマホ端末&機種。iPhone、Android、Galaxyの比較。

IMG_1252

 

VRは出力する側の端末性能もありますが、再生アプリにも性能が求められるもの。

VR動画って360度見回すわけで、

高画質でVRするなら高解像度(WQHDや4K)再生も必要なわけ。

YoutubeでオススメのVR動画。3D対応の360度動画を無料視聴する。

「ゲオTVプレーヤー」前提であり、HD画質までしか対応してないってなると、

出てくる映像は、どう頑張っても汚いんだよね。

 

ちなみに、ゲオTVのVR動画は、PCでも視聴できますが、

VR動画ではなく、ただの360度動画となります。

PC用のVR端末、HTC ViveやOculus Riftでも視聴できませんので気をつけて。

 

家庭用のPS VRにも未対応なので・・・

やはり、アダルトVRを見るなら「DMM VR」一択。

アダルトVRを見放題したいならDMMの「VRch」がオススメです。

DMMのVR見放題「アダルトVRch」レビュー。使って気づいたメリット・デメリット。

VRch

ゲオのサービスが分かりづらい。

ゲオといえば、大手ビデオレンタル屋というイメージですが、

レンタルDVDだけでなく、宅配レンタル、中古品販売、電子書籍、オンラインゲーム・・・

ゲオのサービスは多岐にわたります。

 

サービスが多いのは全くもって全く悪くないのですが、

WEBサイト上でのサービス名称が、イマイチ分かりづらいです。

IMG_1255

 

今回、私がレビューしたのは、ゲオTVの見放題プラン「ゲオTV 980」。

動画配信サービス「ゲオTV」の中にある、

「ゲオムビ」「ゲオトナ」の一部作品が見放題となる。

一般動画が「ゲオムビ」、アダルト動画が「ゲオトナ」。

その両方のサービスが見放題だけど、全部では無いということ。

IMG_1256

ゲオTVの「ゲオムビ」では、ほとんどが有料レンタルだし、

「ゲオトナ」のアダルト見放題プランは「ゲオTV 980」だけでも無い。

 

ほぼ「ゲオトナ」の作品が見放題だから、

「ゲオトナ 980」っていうネーミングの方が分かりやすいと思うんだけど・・・

一応「ゲオムビ」も見れるから、「ゲオTV 980」っていう名前なのかな。

 

アダルト専門っていう怪しいイメージもあるし、

ゲオTVの核となる、見放題サービスという意味合いも有るのかと。

ゲオTV980とDMM見放題chライトの比較。

成人向けメインの見放題サービスでメジャーなのが、DMM見放題chライト

似たようなサービスですが、使ってみると色々と違いました。

まずは、基本スペックを比較から。

 

DMM見放題chライト
(DMM.com)
ゲオTV 980
(ゲオトナ)
月額料金 500円 907円
アダルト
見放題作品
2,000本 約14,500本
アダルトVR × 7本
一般見放題作品 約7,000本 約1,400本
見放題画質 HD(720p)
SD(480p)
HD(720p)
SD(480p)
対応端末 TVアプリ
Windows・Mac
iOS・Android
Amazon Fire TV/Stick
Chromecast
Apple TV
PS 4/PS Vita
Windows・Mac
iOS・Android
Chromecast
ダウンロード ×
※見放題は対象外
×
無料トライアル 14日間 14日間

 

DMM見放題chライトは、月額500円と格安ですが、

アダルト見放題の動画数2000本と、一般の動画も約7000本が視聴可能。

一方、ゲオTV 980はというと、月額料金は倍近く高いですが、

その分、アダルト見放題の動画数は14,000本以上と倍以上に増える。

ただ、一般向け動画は、ほとんど無いに等しいので、

アダルト特化というよりも、アダルト専門に近いサービス。

 

アダルトコンテンツの質はというと、

ゲオTV 980は、動画数が多い分、古いコンテンツや画質の悪い動画も多く存在するし、

アダルトの更新頻度も少なめ。

 

DMM見放題chライトの方は、定期的に動画更新が行われており、

毎週、月・水・金の3回、10本ずつ、月120本~150本の動画が更新されている。

 

最大の違いは、対応端末の違い。

スマホやテレビでも快適に視聴できるのがDMM。

一方、ゲオTVは、PCでしか快適に視聴できないという印象です。

ゲオTV 980のメリット・デメリットまとめ。

アダルト専門サービスとして、パソコンメインで視聴するなら、

「ゲオTV980」は、悪くないサービスなのですが・・・

PC以外での視聴を考えると、色々と厳しいなと。

 

ゲオチャンネル」から、アダルトに振り切ったのは悪くないとは思うのですが、

ゲオTVとして、発展するのは難しいかなと。

DMM見放題ch以上のアダルトを狙ったサービスかと思いますが、

作品数のコスパというよりも、使い勝手が微妙でした。

 

スマホメインで視聴するなら「DMM動画見放題chライト」。

月額500円で高品質。アダルト特化なら、コレがコスパ最強です。

DMM.com「見放題chライト」のメリット・デメリット。

 

アダルト動画以外も楽しみたいなら「U-NEXT」。

一般動画も最大級に見放題、アプリも高品質、雑誌も読み放題と進化してます。

U-NEXT(ユーネクスト)を使い続けて気づいたメリット・デメリット。

 

アダルト特化の動画配信サービスも増えていますから。

アダルト動画の見放題サービスを比較。成人男性にオススメのVODランキング。

 

ゲオに限らず、TSUTAYAも動画配信サービスとしては厳しいです。

TSUTAYA TV(TSUTAYA DISCAS)のメリット・デメリット。

対応端末だけでなく、WEBサイトもわかりづらい。

動画配信サービスならではの利便性に欠ける・・・・

やはり、DVDレンタル屋としてのサービスが、

動画配信では、足を引っ張ってるのかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です