FANZAのVR見放題 アダルトVRchレビュー。使って気づいたメリット・デメリット。

FANZAアダルトVRchメリットデメリット

アダルトVRといえばDMMの「FANZA」。
アダルト最大手のサービスだけあって、アダルトVRでも最高峰なのですが、
遂にアダルトVRで、月額制の見放題プラン「VRch」が登場しました。

アダルトVRを見るならFANZA一択といっても過言ではないのですが、
見放題サービス故に、気になる点も有りましたので・・・
VRchの難点というよりも、VRのデメリットですね。

FANZA VRchの特徴

VRといえばDMM(FANZA)であり圧倒的です。

VRは最新技術、通常の2Dアダルト動画よりも複雑であり、
より多くの通信容量も必要、より多くの負荷に耐えられるサーバーも必要となる。

というわけで、アダルト専門レーベルのような小資本のサービスでは提供不可能であり、
NetflixやAmazonのような海外VODは、VRもアダルトも未対応

国内最大手U-NEXTが手掛けるアダルトサービスH-NEXTも、VRは未対応なのです。

U-NEXT アダルト「H-NEXT」レビュー。AV専門FANZAと比較したメリット・デメリット。

結果、VRジャンルにおいてFANZAの独り勝ち状態
VR見放題の 「VRch」 も断トツのスペック。

そもそも、アダルトではFANZAが圧倒的なシェアを誇りますからね。

アダルト最大手「FANZA動画(旧DMM.R18)」のメリット・デメリット

FANZA VRchのスペック

月額料金2,800円
無料期間無し
アダルトVR
見放題作品数
9,000本以上
毎月更新180本以上
アダルト2D
見放題作品数
無し
ダウンロード
最高画質 4.5K 60fps(UHQ)
サンプル動画有り
レビュー機能有り
DRM制限有り
グッズ連動機能無し
対応端末iPhone(iOS)
Android
Playstation VR
Oculus Rift
HTC Vive / Vive Pro
Windows Mixed Reality
Gear VR
Oculus Go
Oculus Quest
Oculus Quest 2
支払方法クレジットカード
DMMプリペイドカード
PayPal
DMMポイント
※ポイントチャージ方法多数有り
運営会社株式会社デジタルコマース
合同会社DMM.com

アダルトVR見放題数、VR動画のダウンロード、4.5K 60fpsのUHQ高画質、
VRの対応デバイス数だけでなく、視聴アプリの操作性という点においても素晴らしい。

不具合も無いし、アダルトを見る上でのUIも考えつくされている。
アダルトVRでは、これ以上無いサービスとなっているのです。

アダルトVR動画の見放題サービス比較。VR専門AVのVODランキング。

唯一のライバルがアダルトグッズ連動4D-VRのAdult Festa・・・くらい。

【アダルトフェスタVRの評判】月額ストリーミング見放題のメリット・デメリット

実際のところ、他VRサービスでは存続すらも難しい。
AVVR、AVER、PICMO VR・・・と、サービス終了していますから。

FANZA VRchのメリット

アダルトVRの見放題数No.1

アダルトVRの見放題は他にもサービスがありますが、
さすがVR大手のFANZA、月額2,800円の料金で、見放題のVR動画数も約9,000本

110社以上の提携AVメーカー作品、人気女優作品も対象となっており、
2022年1月時点で、VRchの見放題対象アダルトVRは9,028タイトル

サービス開始当初は約1,400本だったので・・・恐ろしいほど増加している。
毎月約180本以上更新しているし、FANZA限定配信レーベル作品も多いのです。

エスワン、アイポケ、ムーディーズ・・・独占メーカーは美女だらけだし、
大手メーカーSODクリエイトのVR作品も見放題。
ソフトオンデマンド運営の「SODプライム」で見るより高品質なのよ。

一方、アダルトVR老舗の「アダルトフェスタ」は、
月額定額の見放題数は約3,000本程度であり、圧倒的な差も有るのです。

2Dアダルト見放題のサービスでも、VR動画を含むサービスが有りますが、
VRはオマケ程度の本数で、そもそも質が低いですからね。

アダルト動画の見放題サービス徹底比較。おすすめAVサブスクVODまとめ。

高画質UHQ(4.5K 60fps)

FANZAは、VR画質も最上級。
見放題動画数が多いだけとか、見放題だから質が低いってわけでも無いのです。

HQ版(ハイクオリティVR)の4Kを超える、
解像度4.5K、フレームレート60fpsのUHQにも対応となりました。
従来が30fpsだったので、より滑らかな映像をVRでも表現できるようになったわけです。

動画の画質と解像度「SD、HD、フルHD、4K UHD、8K、480p、720p、1080p、HDR、Dolby Vison」の意味と違い

通常版の高画質でも12,000Kbps≒12Mbpsなので、
1080p(60fps)で12M~15Mbps→フルHD(1920×1080)相当の解像度
そして、ストリーミング再生でUHQ(4.5K 60fps)再生できるのも凄い。

通常版(低画質4,000kbps/中画質6,000kbps/高画質12,000Kbps)では最大4k解像度 30fps
HQ/UHQでは最大4.5kの解像度 60fpsの画質でご視聴いただけます。

・ストリーミング再生
再生中の回線状況に応じて、
通常版は低画質/中画質/高画質より自動で切り替わり再生されます。
HQ/UHQは画質が最適化ABR(Adaptive BitRate)され再生されます。

・ダウンロード再生
低画質/中画質/高画質/HQ/UHQから選択して、ファイルをダウンロードできます。

VR動画を視聴する場合の画質について教えてください VR動画 DMMヘルプ

ただ、VRの場合、片側づつ映像を表示する為、片目の解像度は半分になるし、
ビットレート値≒解像度ってわけでもないんで、参考までに。

結局のところ、VRゴーグル性能にも依るので。
例えば、PS VRでは、両目でフルHD(1920×1080)まで、
なんだかんだでOculus Quest 2は最強なのでした。

※参考→Oculus Quest 2、Valve Index、HTC Vive Pro 2の比較。PCVRゲーム用VR HMDの違い。 | ツカツカCAMP

VRゴーグルの性能

 Oculus Quest 2Valve IndexVIVE Pro 2PlayStation VR
解像度両目:3,664×1,920
片目:1,832×1,920
両目:2,880×1,600
片目:1,440×1,600
両目:4,896×2,448
片目:2,448×2,448
両目:1920×1080
片目:960×1080
リフレッシュ
レート
90Hz144Hz120Hz120Hz、90Hz
視野角約100度約130度約120度約100度
VR重量503g748g非公開610g

VR動画って、データ量の問題も有り、画質が悪いVR動画も多いし、
技術的な問題で、360°動画を2分割しただけの動画も多かったりする。

その点、FANZAでは立体的に見える3D立体視(3DVR)に対応した作品も多いです。

2018-07-22_09h20_07

VRの左右2画面を活用して、脳を錯覚させる。
ホント目の前に居るように見えるっていう技術、とても感動した。

Youtubeでも3DVR作品も、まだまだ少ないですからね。アダルトで体験しまくるのです。

YoutubeでオススメのVR動画。3D対応の360度動画を無料視聴する。

ちなみに、ライバルのアダルトフェスタVRでも、4K匠(4K60fps)が有りますが、
4K匠の対象作品がまだまだ少ないし、4K匠対応デバイスも限られているのでした。

VR対応デバイス数No.1

FANZAの「VRch」は、iPhone、Androidだけでなく、
PC視聴用のOclulus Rift、HTC Vive、ゲーム機のPlayStationVRにも対応。

20210228104439

2019年6月には、スタンドアローン型のヘッドセットOculus Goにも対応し、
2020年10月に発売された、最新VRのOculus Quest 2にも対応となってます。

VRchの対応デバイス
  • iPhone
  • Android
  • PlayStation VR
  • Gear VR
  • Oculus Go
  • Oculus Quest
  • Oculus Quest 2
  • Oclus Rift
  • HTC Vive(HTC Vive Pro)
  • Windows Mixed Reality
  • Xperia View

アダルトVRを配信しているサービスは多く有りますが、
その多くが、スマホアプリで視聴っていう、簡易VRゴーグルでの対応。

せっかくの高品質VR動画でも、スマホ再生では意味がありません。
FANZAでのVR視聴も、スマホではなくVR専用ゴーグルを推奨します。

IMG_1397

スマホでVRって、スマホに映った映像をレンズで拡大して見てるだけですからね。
簡易VRって仕組みはどれも同じであり、同じVR動画でも体験の質は劣るのです。

オススメのスマホ用VRゴーグル。違いが分からないから比較してみた。

IMG_1401

高品質なVR映像をみたいなら、PC用VRで視聴するという方法もありますが、
正直、PCVRはゲーム向け、動画視聴するだけならOculus Quest 2が快適です。

※参考→Oculus Quest 2レビュー。PC用VRと比較したメリット、デメリット。 | ツカツカCAMP

IMG_1415

FANZA × Oculus Quest 2が最高

アダルトVR目的なら、Oculus Quest 2さえあれば最高品質のVRが体験できます。
VRシェアでも圧倒的No.1のVRデバイス。さすがのFacebook製品。
メタバースの時代も来てるけど、 Oculus Quest 2に完全対応しているのはFANZAだけ。

Oculus GoやOculus Questって単体起動できるスタンドアローン機。
ワイヤレスはホント便利だし、スンゲー安くて軽いし超高性能です。
あのアダルトVRを見る前の心構え、下準備も要らないし、VR見るならこれ以上の端末も有りません。

Oculus Quest 2、Oculus Go、Gear VR、Oculus Rift Sの比較。歴代Oculus VR HMDの進化と違い。

VR本体は頭に固定し、操作するリモコンは別のデバイスになる。
ゴーグルしちゃうと手元を確認できないので、見えないリモコン操作も一苦労だし、
リモコン置いたらリモコン探すのも大変、
特にアダルトでは・・・手が空いてないと色々と困りますからね。

その点、Oculusでは、 10秒、60秒スキップ、シークバー操作も簡単。
スティックコントローラを倒すだけで操作できるし、
ゴロ寝視聴で画面を好きな位置にも移動&固定できる。

リモコンの位置がVR上でも簡単に把握できるし、
更には、パススルー機能までも付いている。
VRゴーグル周辺に付いている4つのカメラで、外の様子も一瞬で確認できるのです。
アダルトVR視聴中は、リアルの世界では完全無防備な姿。
即、現実世界に戻るパススルー機能は必須なのでした。

スマホでVR視聴って、ゴーグル外して画面タップ操作しないといけないし、
スマホでBluetoothリモコンとか、マジで使い物になりませんから。

IMG_1418

Oculus Quest 2では、手の動きをトラッキングする「ハンドトラッキング機能」も追加、
一部の操作は、コントローラー不要でもできるようになってます。
あとは、FANZAアプリ側のハンズフリー対応を待つばかりです。

ストリーミング & ダウンロード再生

高画質ダウンロード再生だけでなく、高画質のままストリーミング再生もできる。
FANZAでは自分の用途に合わせて、再生方法を選べるのです。

ストレスなく再生するなら、ダウンロード再生が間違いないのですが、
ストレージ容量の問題もありますからね。
ストリーミング再生でも、VR動画が直接再生できる
スキップ時の遅延も解消されており、DMM VR動画アプリも前より進化してると感じました。

IMG_1399

FANZA VRchのデメリット

見放題はVR作品のみ

VRchで見放題となるのは、アダルトVR作品のみとなってます。
他社のVR見放題サービスでは、アダルト2Dも見放題というところも多いので、
一般の見放題も契約しているのなら、余計に月額料金が発生するわけです。

まぁ、FANZAには、月額550円DMM動画見放題chライトもあるので、
両方契約しても 高額というわけでも無い 。
見放題chライトも、アダルトコスパ最高峰の月額プランですからね。

DMM見放題chライト(FANZA)のメリット・デメリット

無料トライアルが無い

VRchには、他の見放題プランのように無料トライアルが無いので、
事前にVRサービスを試すことができません。

VRって再生デバイスによっても視聴感が全然異なるので、
いきなり月額2,800円の負担はちょっとリスクも高い。
FANZAのVRを試すなら・・・セール対象のVR作品を買って試すのも悪くないかと。
定期的にVR作品もセールになりますので。

FANZA実施中セール

プレステージのVR作品は無い

プレステージはFANZAから撤退したので、プレステージのVR作品が無いです
プレステージのVRを見放題するなら「アダルトフェスタVR」一択。
プレステージ運営のMGS動画にもVR見放題プランは有りませんから。

プレステージ運営「MGS動画」の評判レビュー。FANZAと比較したメリット・デメリット

あと、見放題サービスなので、さすがに最新作品は見放題になりません。
FANZA限定メーカー作品も見放題になるのは基本的に旧作、準新作となります。

全ての作品がUHQ画質では無い

4.5K60fpsの高画質対応となっていますが、
全ての見放題作品がUHQ/HQ作品では無いので勘違いしないように。
2022年1月現在では、ハイクオリティVR対応作品は4,207本・・・

以前は100本程度しかなかったんですけど・・・
いつの間にかスゲー増えてましたね。すいません。高画質VR作品だらけになってました。

VRデバイスにより使い方が異なる

FANZAのVRchは、専用のアプリが必要であり、
各アプリストアからは直接ダウンロードも必要です。
視聴デバイスにより、使うアプリも異なり、再生方法も微妙に違うので気を付けて。
VR視聴方法は、事前に確認しておくことをおすすめします。

FANZA VRの視聴方法

また、HTC VIVEや、Oculus Riftで視聴する場合は、
PC専用の「DMM VR動画プレイヤー」をインストールして視聴するのですが・・・
Macには未対応となってます。
そもそも、HTC VIVE、Valve Index、Windows Mixed Reality、Oculus Rift・・・
全てWIndows前提のVRデバイスですからね。

DRM制限有り

ダウンロード対応とはいえ、DRM制限が有ります。
DMM専用アプリからしか再生できず、他社のVR再生プレイヤーでは再生不可能です
例えば、PCでは「 DMM VR動画プレイヤー」からのみ再生できます。

IMG_1412

ダウンロードした動画は、初回再生時にパスワードで認証が必要なの。

IMG_1407

スマホでも同じ。ログインした専用アプリじゃないと再生できません。

IMG_1398

権利保護の都合、動画配信サービスとDRM制限は切っても切れない関係なのですが、
アダルトフェスタでは、DRMフリーの作品も有りますし、
見放題プランを継続することでダウンロードできる作品数も増えていきます。

見放題プランでも、最大月6本までダウンロード可能、年間72本ローカル保存できる。
動画を所有したいというのなら、アダルトフェスタという選択肢も有るのかなと。

【アダルトフェスタVRの評判】月額ストリーミング見放題のメリット・デメリット

VR動画はデータ容量が凄い

FANZAのVRは、高画質動画故にデータ容量が凄いです。
見放題数も凄いけども、データ容量もヤバいので気をつけて。
VR動画を高画質ダウンロードするとなると、
約25分の動画で約2,000MB、約50分の動画で約4,000MB
1本ダウンロードするとなると、約2GB~4GBも必要となるわけです。

ファイルサイズも大きいので、ダウンロードにも時間がかかる。
我が家の高速回線でも、動画1本6~7分とか。
まとめてダウンロードすればもっと時間もかかります。

IMG_1409

ダウンロードしたらストレージ容量がスグ無くなりので、
ストリーミング再生したいところですが・・・
ストリーミング再生も回線速度にも依存するので、
最低でも12Mbps以上の高速通信・・・固定回線も無いと厳しいです。

インターネットの動画視聴に必要な通信速度とデータ通信量 

Oculus GoやOculus QuestといったVR専用端末でも、
WiFi速度が遅いと、ストリーミング再生は安定しないし、
結局のところ、VR動画を快適に楽しむなら256GBモデルも避けられません。

アダルトって何度も同じ動画を見るわけでは無く、
好みの動画を探しながら、サクサク切り替えて楽しむわけで、
ダウンロード保存しておけるストレージ容量も必要なのでした。

ちなみに、Oculus Questには、Oculus Link機能でPCVRとしても使えるので、
VR動画をPCに保存すれば、Oculus Questの本体容量も消費しません。
ただ、PCと有線接続が必要となるので、この辺はトレードオフですね。

※参考→Oculus Quest 2をPC用VR(Oculus Rift)として使う方法。Oculus Linkでできること。 | ツカツカCAMP

PCで見る場合、VRダウンロード用に外付けストレージが間違いないです。
私の場合、VR用のPCと仕事のPCは別なので・・・
仕事用のPCでVR動画をダウンロードして、外付けSSDに保存。
VR用PCからSSDのVR動画を読み込んで、VR鑑賞を楽しんでます。

ストレージ容量を圧迫しないだけでなく、誰かに見られないって安心感もありますので。
アダルトデータは、やっぱり区別して保管しておきたいよね。
コンパクトなポータブルタイプの外付けSSDなら、隠すのも簡単なのでした。

FANZA VRchまとめ

VRch」は、VRコンテンツが見放題というだけでも魅力的ですが、
PSVR、HTC VIVE、Oculus Rift、Oculus Go、Oculus Quest・・・と、
今主流のVRゴーグルに全て対応しています。
さすがアダルト最強FANZAであり、VR楽しむならコレ以上のサービスは無い。

アダルト最大手「FANZA動画(旧DMM.R18)」のメリット・デメリット 

他社VRサービスでは、スマホアプリ対応だらけ、
そもそもVR視聴アプリの使い勝手が悪いですからね。

アダルトVR動画の見放題サービス比較。VR専門AVのVODランキング。

VR動画って言っても、その種類は様々。撮影する視点がズレていたり。
ピントがイマイチ合わなかったり、立体的に見えなかったり・・・
結局、コンテンツ次第というのはアダルトVRも同じこと。
サクサク動画切り替えできないとイライラするし、萎えるのです。

そういった意味でも、気兼ねなくVR動画を試しまくれるってのは、
非常に良いサービス。VRビギナーにも悪くない。
自分に有ったアダルトVR動画も試して判断できます。

【VRch】 月額2,800円でVR動画が見放題

そして、アダルトVRは通常のアダルト動画とはやっぱり別物。
VRを見たら、普通のアダルトも見たくなる不思議。
アダルト見放題サービスも大手参入で年々安くなってるんで・・・

アダルト動画の見放題サービス徹底比較。おすすめAVサブスクVODまとめ。

これからは、高画質アダルトとVRアダルトの併用になりそうです。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。