FANZAのVR見放題「アダルトVRch」レビュー。使って気づいたメリット・デメリット。

国内最大級のVR動画を誇るFANZA(旧 DMM.R18)から、

遂にアダルトVRの見放題プラン「VRch」が登場しました。

 

アダルトVRといえば「DMM」。

大手だけあってVRコンテンツの質も高く、

基本的には、満足しているのですが・・・

気になる点も有りましたので、レビューしておきます。

FANZA「VRch」のメリット

月額2,800円で、VR作品4,000本以上が見放題。

アダルトVRの見放題は他にもサービスがありますが、

さすがVR大手のFANZA、

月額2,800円の料金で、毎月約130本以上更新、

見放題のVR動画数も4,000本以上

 

2019年12月時点で、「VRch」の見放題対象アダルトVRは4,061タイトル

約90社のAVメーカー作品、人気女優作品も対象となっている。

サービス開始当初と比べると約1,500本増えており、

FANZA限定配信作品も多いです。

VRch見放題作品数

アダルトVRで有名な「AVVR」も月額定額の見放題数は約450本程度、

アダルト見放題のサービスでも、VR動画が有りますが、

ほんの数本程度で、質も低いですからね。

アダルト動画の見放題サービスを比較。成人男性にオススメのVODランキング。

 

VR動画って、360°動画を2分割するだけの動画も多いのですが、

FANZAでは3D立体視(3DVR)作品も見放題。

2018-07-22_09h20_07

Youtubeでも3DVR作品は、まだまだ少ないですからね。

YoutubeでオススメのVR動画。3D対応の360度動画を無料視聴する。

脳が錯覚をして、ホント目の前に居るように見えるっていう。

 

また、FANZAは、大手レーベル作品も多く、VR動画の質も高い

2019年12月には、4.5Kの高画質「HQ版(ハイクオリティVR)」も見放題へ。

見放題動画数が多いだけとか、見放題だから質が低いってわけでも無いのです。

VRchは対応端末が豊富。Oculus Goにも対応へ。

アダルトVRを配信しているサービスは多く有りますが、

その多くが、スマホアプリで視聴っていう、簡易VRゴーグル対応。

スマホでVRって、スマホに映った映像を、レンズで拡大して見てるだけですからね。

オススメのスマホ用VRゴーグル。違いが分からないから比較してみた。

 

一方、FANZAの「VRch」は、iPhone、Androidだけでなく、

ゲーム機のPlayStationVRや、

PC視聴用のOclulus Rift、HTC Viveにも対応。

2019年6月には、スタンドアローン型のヘッドセットOculus Goにも対応になりました。

VRch対応端末

VRch対応のVRゴーグル

  • iPhone
  • Android
  • PlayStation VR
  • Gear VR
  • Oculus Go
  • Oclus Rift
  • HTC Vive(HTC Vive Pro)

 

Oculus Goって単体起動するので・・・いやまじで便利です。

あのアダルトVRを見る前の心構え、下準備も要らないわけです。

Oculus Goレビュー。Gear VR、PS VR、HTC Vive、Oculus Riftとの違い。

IMG_1416

Oculusアプリが対応というわけで、Gear VRでも利用可能となります。

 

PS VRアプリや、スマホアプリの場合は、

「月額動画」って項目があり、そこから見放題動画の視聴ができます。

IMG_1397

 

更に高品質なVR映像をみたいなら、PCで視聴するという方法。

ハイスペックPCで臨場感たっぷりで楽しめる。

解像度、リフレッシュレート、視野角だけじゃなく、

映像出力する側のグラフィック性能・・・やっぱり、スマホVRとは別物だから。

IMG_1415

高画質(12000Kbps)でストリーミング&ダウンロード再生。

対応端末が多いと言いましたが、

全ての対応端末で、高画質でVR再生が可能となってます。

 

高画質ダウンロード再生だけでなく、ストリーミング再生もできる。

ストリーミング再生でも、VR動画がサクサク再生できる

DMM VR動画アプリも、前より進化してると感じました。

IMG_1399

通常版(低画質4,000kbps/中画質6,000kbps/高画質12,000Kbps)では最大4k解像度 30fps
HQ/UHQでは最大4.5kの解像度 60fpsの画質でご視聴いただけます。

・ストリーミング再生
再生中の回線状況に応じて、
通常版は低画質/中画質/高画質より自動で切り替わり再生されます。
HQ/UHQは画質が最適化ABR(Adaptive BitRate)され再生されます。

・ダウンロード再生
低画質/中画質/高画質/HQ/UHQから選択して、ファイルをダウンロードできます。

VR動画を視聴する場合の画質について教えてください VR動画 DMMヘルプ

 

通常版の高画質で12,000Kbps≒12Mbpsであり、

1080p(60fps)で12M~15Mbpsってことなんで、

フルHD(1920×1080)相当の解像度になるみたいですね。

動画配信サービスの画質「SD、HD、フルHD、4K UHD、480p、720p、1080p」の意味と違い。 | 俺の動画。

HQ/UHQでは、4.5Kの解像度を60fpsの画質ってのも凄い。

ただ、ダウンロードする際は、容量もヤバいので気をつけて。

 

VRの場合、片目ずつ映す為、半分の解像度になるし、

ビットレート≒解像度ってわけではないんで、参考までに。

結局の所、ゴーグル性能&グラフィック性能にも依ると思うので。

HTC VIVE HTC Vive Pro Oculus Rift PlayStation VR
解像度 2160(1080×2)×1200 2880(1440×2)×1600 2160(1080×2)×1200 1920(960×2)×1080
リフレッシュレート 90Hz 90Hz 90Hz 120Hz、90Hz
視野角 約110度 約110度 約110度 約100度
VR HMD重量 620g 440g 610g

※参考→HTC VIVE、Oculus Rift、PSVRの比較。VR HMDデバイスの違い。

 

まぁ、VRchでのアダルト視聴だけを考えるなら、

PS VRやOculus Goで十分なスペックなんじゃないかと。

FANZA「VRch」のデメリット

HTC VIVE、Oculus Riftは、ストリーミング再生未対応。

HTC VIVEや、Oculus Riftで視聴する場合は、

PC専用の「DMM VR動画プレイヤー」をインストールして視聴するのですが・・・

PCではストリーミング再生が不可能となってます。

 

一旦ダウンロードした動画を、

DMM VR動画プレイヤーから開かなければならないという。

IMG_1412

ダウンロード→ファイルドラッグする手間。

VRゴーグルしたままだと、色々としんどいです。

 

VR動画は、ファイルサイズも大きいので、ダウンロードにも時間がかかる。

我が家の高速回線でも、動画1本6~7分とか。

せっかくの高性能HTC VIVE、高画質で見たいし。

IMG_1409

ダウンロードした動画は、初回再生時にパスワードで認証する必要も有るっていう。

IMG_1407

 

パソコンの方が高画質で視聴できるんだけど・・・

ダウンロード→専用アプリ再生の手間を考えたら、スマホアプリの方が良いかも。

IMG_1398

ただ、スマホの場合は、画質はスマホに依存するし、

あくまで簡易VRって事も変わらない。

VRにオススメのスマホ端末&機種。iPhone、Android、Galaxyの比較。

IMG_1401

操作もBluetoothリモコンないとキツイと思う。

IMG_1418

なんだかんだで、PSVRやOculus Goが一番快適なんじゃないかと。

VR動画は保存容量が大きい。高速通信、容量が必要となる。

VR動画を高画質ダウンロードするとなると、

約25分の動画で約2000MB、約50分の動画で約4000MB

1本ダウンロードするとなると、約2GB~4GBも必要となるわけです。

 

スマホの場合は、ダウンロードしたらストレージ容量がスグ無くなりので、

ストリーミング再生したいところですが・・・

ストリーミング再生は、自宅の回線速度にも依存するので、

最低でも12Mbps以上の高速通信・・・光回線も無いと厳しいです。

 

パソコンでダウンロードするにしても、

1本2GB以上は容量圧迫されまくり。

動画用に容量拡張するなり、外付けストレージが欲しいところ。

 

私の場合、VR用PCと、普段使うPCも別にしているので、

普段使うPCで、VR動画をダウンロードして、外付けSSDに保存。

VR用PCから直接、SSDのVR動画を読み込んで、楽しんでます。

IMG_1417

USB3.0とSSDだから出来る技。

変な動画がPCに保存されるのも嫌だからね。

「VRch」のメリット・デメリットまとめ

VRch」は、VRコンテンツが見放題というだけでも魅力的ですが、

PSVR、HTC VIVE、Oculus Rift、Oculus Go・・・と、

今主流のVRゴーグルに全て対応しています。

他社VRサービスでは、スマホアプリしか対応してませんからね。

 

PS VRユーザーなんかは、アツいし、

これを機にOculus Goを手に入れるのも悪くない。

高画質ストリーミング再生し放題できますから。

 

一口にVR動画って言っても、その種類は様々。

撮影する視点が、ちょっとずれていたり。

ピントがイマイチ合わなかったり、

立体的に見えなかったり、

コンテンツ次第で、VRのイメージも変わります。

 

そういった意味でも、気兼ねなくVR動画を試しまくれるってのは、

非常に良いサービスなんじゃないかと。

VR始めたての人にも悪くない。自分に有ったアダルトVR動画も選別できます。

【VRch】 月額2,800円でVR動画が見放題

 

ちなみに、FANZAではセール商品も多く、VR作品も格安に購入できます。

300円以下で絞り込めば、200円~300円のセール作品もいっぱい出てくる。

月額料金2,800円出すなら、VR作品も10本近く購入できるわけ。

 

FANZAで購入したVR作品は、VRch解約後も視聴できるからね。

VRって気軽に見れないと意味ないし、

VRアダルトは通常のアダルト動画とはやっぱり別物ですからね。

VRを見たら、普通のアダルトも見たくなる不思議。

アダルト動画の見放題サービスを比較。成人男性にオススメのVODランキング。

アダルト見放題サービスも年々格安になってるんで・・・

これからは、高画質アダルトとVRアダルトの併用になりそうです。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です