Disney+(ディズニープラス)を契約して気づいたメリット・デメリット

ディズニープラスの評判と特徴

ディズニーも遂に動画配信サービス参入。

その名も「Disney+ (ディズニープラス)」。

2020年6月11日に、遂に日本でも利用できるようになりました。

 

日本参入にあたり、docomoが関わっているということで、

正直あんまり期待していなかったんですけども・・・

蓋を開けてみればビックリ、ディズニー本気のサービスでした。

Disney+ (ディズニープラス)

ディズニープラスの基本情報

「Disney+(ディズニープラス)」は、

2019年11月にアメリカで開始したディズニーの動画配信サービス。

日本では、2019年3月26日に「ディズニーデラックス」がスタートしており、

2020年6月11日に「ディズニープラス」へサービス移行となりました。

 

ディズニーなのに料金は安く、月額料金770円(税込)

他動画配信サービスと比べても格安な部類に入り、

基本的には全て見放題というスタイルの月額定額制のサービス。

※新作映画の「有料レンタル」や「プレミア アクセス(購入)」を行う場合も有り。

 

有料テレビ番組「ディズニーch(ディズニー・チャンネル)」とは違い、

ケーブルテレビやスカパー、BS、CS環境も必要無し、

インターネット環境だけで、ディズニー番組も楽しめるようになったわけ。

 

ちなみに、本国アメリカの「Disney+(ディズニープラス)」とは別物のサービス、

あくまで日本の「ウォルト・ディズニー・ジャパン」が提供するサービスであり、

配信作品も微妙に異なります。

ディズニープラスのメリット

ディズニーだけじゃない見放題作品

開始した当初は少なかったコンテンツも、

2021年現在は、見放題作品数も非常に増えており、

ディズニープラスでのみ見放題という作品ばかりとなっています。

 

ディズニーは、「ピクサー」「マーベル」

「21世紀フォックス(20世紀フォックス)」「ルーカスフィルム」と買収し、

米国テレビ局の「ABC」や、

VODサービス大手の「Hulu」も完全子会社化。

今や世界最大手の動画制作会社であり、

その所持する動画コンテンツも超豊富なわけ。

 

ディズニーのテレビアニメ、ドラマ、映画だけでなく、

ルーカスフィルムの「スターウォーズシリーズ」、

「ピクサー」「マーベル」「20世紀スタジオ」の人気映画、

「ナショナル ジオグラフィック」のドキュメンタリー番組も見放題。

 

作品数も想像以上に多く、新作映画も見放題になっているのもビックリ。

参考までに主たるコンテンツを挙げておきます。

※2021年3月現在の見放題作品となります。

最新の配信作品は、ディズニープラス公式ページにてご確認下さい。

ディズニーアニメ映画の一例

  • アナと雪の女王2
  • 美女と野獣
  • ズートピア
  • モアナと伝説の海
  • 塔の上のラプンツェル
  • ベイマックス
  • シュガー・ラッシュ:オンライン

ディズニー実写映画の一例

  • アラジン
  • ライオン・キング
  • パイレーツ・オブ・カリビアン
  • メリー・ポピンズ
  • ディセンダント2

ピクサーアニメ映画の一例

  • リメンバー・ミー
  • トイ・ストーリー4
  • インクレディブル・ファミリー
  • カーズ/クロスロード
  • ファインディング・ドリー
  • モンスターズ・ユニバーシティ

スター・ ウォーズ 実写映画の一例

  • スター・ウォーズ/最後のジェダイ
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
  • スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
  • スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
  • ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

スター・ウォーズTVアニメの一例

  • スター・ウォーズ レジスタンス
  • スター・ウォーズ 反乱者たち
  • LEGOスター・ウオーズ/フリーメーカーの冒険

マーベル実写映画の一例

  • キャプテン・アメリカ/ザ ・ウィンター・ソルジャー
  • マイティ・ソー ダーク・ワールド
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • アントマン
  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • ドクター・ストレンジ
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  • マイティ・ソー バトルロイヤル
  • ブラックパンサー
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

マーベルTVドラマ・TVアニメの一例

  • マーベル エージェント・オブ・シールド
  • マーベル フューチャー・アベンジャーズ
  • マーベル スパイダーマン
  • マーベル ライジング:始動

ナショナル・ジオグラフィック作品の一例

  • フリーソロ
  • 動物写真家が追うチーターの親子
  • アポロ ミッション・トゥ・ザ・ムーン
  • 鳥の惑星
  • 宇宙の奇石

 

ディズニー短編映画集「ショートフィルムコレクション」の作品や、

「ディズニー・チャンネル」の短編作品も多く、

レゴ版のアナ雪とか、ツムツムとか、意外と知らない作品も多い。

FOXの「ザ・シンプソンズ」全30シーズンも見放題になったり、

いやはやビックリなラインナップです。

限定作品が豊富で、質も高い

ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズ・・・と、

ディズニープラスだけで見放題できるのですが、

ディズニープラスでしか見れないオリジナル作品も豊富

ディズニー製作ですから、オリジナル作品の質も高いのです。

ディズニープラス オリジナル作品の一例

  • マンダロリアン
  • わんわん物語
  • スターガール
  • トーゴー
  • 名探偵ティーミー
  • ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル
  • フォーキーのコレって何?
  • イマジニアリング~夢を形にする人々
  • ボー・ピープはどこに?

 

スターウォーズ初の実写ドラマ「マンダロリアン」も、ディズニープラス限定配信であり、

クローンウォーズの「アソーカ」を主人公にした実写ドラマも配信予定。

 

マーベルオリジナル実写ドラマでは「ワンダヴィジョン」、

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」と続々登場、

マーベル初のオリジナルアニメ「What If…?」も配信予定だったり、とにかく凄い。

 

コロナで劇場公開できなかった「スパイ in デンジャー」も、

ディズニープラスで独占公開となったり、

最新作映画「ラーヤと龍の王国」が、プレミアアクセス(有料購入)で配信となったり、

既に映画館じゃなくて、ディズニープラス前提で制作しまくっているのです。

動画以外のコンテンツも有り

ディズニープラスで楽しめるのは、動画コンテンツだけでは有りません。

会員限定の特典映像、最新ニュース、オリジナルスタンプ、壁紙・・・

デジタルコンテンツが色々楽しめ、ディズニーホテル優待まで有ります。

 

ディズニーコンテンツは「Disney DX(ディズニーDX)」、

動画コンテンツは「Disney+ (ディズニープラス)」と、アプリ別に分けられている。

IMG_6088

ディズニープラス会員限定アプリ

  • Disney+ (ディズニープラス)
  • Disney DX(ディズニーDX)

※Disney THEATERは、Disney+ (ディズニープラス) アプリへ移行しました

テレビ視聴端末が豊富

動画視聴アプリ「ディズニープラス」は、

iOS(iPhone、iPad)、Android等のスマホ・タブレット端末だけでなく、

PC(Windows、Mac)、Android TVにも対応。

 

テレビに出力可能なセットトップボックス(STB)にも一通り対応。

Amazon Fire TV、Apple TV、Chromecastで快適に視聴できます。

ディズニープラス対応端末

  • スマートフォン、タブレット(Android、iOS)
  • パソコン(Windows、mac)
  • スマートテレビ(Android TV)
  • Amazon FireTV
  • Amazon FireTV Stick(Fire OS5以上)
  • Apple TV(tv OS11以上)
  • Chromecast
  • Chromecast with Google TV
  • ドコモテレビターミナル
  • ドコモテレビターミナル02

ドコモ関連サービスということで、ドコモターミナルにも対応していますが、

使うなら「Amazon Fire TV」「Apple TV」「Chromecast」ですね。

Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVの比較と違い。動画再生端末の選び方。

動画専門で使うならAmazon Fire TVシリーズが格安です。

Amazon Fire TV Stick 4Kの進化と違い。歴代Fire TVシリーズの中で買うべき端末。

 

ちなみに、ゲーム機(PS4、PS5、Xbox等)では視聴は不可能

ブルーレイプレイヤー、HDDレコーダー等にも未対応です。

最大4台の端末で同時視聴が可能

ディズニープラスは、最大5台の端末で利用登録が可能で、

同時視聴も最大4台まで可能となってます。

月額770円で4人同時に利用できるって凄い。

IMG_6097

5台目で再生しようとすると、

「同時にご利用いただける上限に達しました」のエラー出ました。

IMG_6102

再生する端末も5台目まで。

それ以降はアカウントの「登録済み端末」から削除しないと再生できません

IMG_6101

動画ダウンロードが可能

2019年12月5日より、動画のダウンロードに対応となりました。

再生画面にダウンロードボタンも登場しています。

IMG_6106

見放題作品は、ダウンロードしてから72時間後まで再生可能。

オフライン環境でも再生できるし、スマホの通信容量制限を気にすることも無い。

※新作レンタル作品は、初回再生から48時間後まで有効。

英語音声、英語字幕に対応

ディズニープラスでは、

ほどんどの作品が英語音声、英語字幕に対応しています。

字幕と音声の組み合わせも自由であり、

再生しながら簡単に音声言語も切り替えられます。

IMG_6113

ディズニーってキッズ向けの作品も多いので、英語初級者にも使える。

大人の英語学習だけでなく、子供の英才教育にも良いと思うんだ。

ディズニープラスのデメリット

見放題作品数が少ない

ディズニープラスでは、見放題作品数は非公開となっており、

実際、見放題数だけで比較すると、他社に比べて少ないです。

ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズでの動画の本数はそれぞれ、どのくらいですか?

本数は毎月追加されていくため、配信本数の公表はいたしておりません。

 

ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズの作品だけで、

何万本ってのも無理あるし、

そもそも歴代の作品が全て見れるわけでは有りませんからね。

最新の映画は、基本的に見放題にはなりませんし、

新作が登場する場合も、

「有料レンタル」や「プレミアアクセス(有料購入)」での配信となってます。

 

また、ディズニーという安心企業の都合、作品の内容にも偏りも有る。

子供から大人まで楽しめる作品ばかりであり、

過激な表現は少なく、成人向け作品も有りませんからね。

アダルト動画の見放題サービスを比較。成人男性にオススメのVODランキング。

 

まぁ、月額770円にしては、見れるディズニー作品数は多く、

ディズニー大盤振る舞いだなという印象ですけど。

作品数も徐々に増えてますし、

実際の見放題作品は、公式サイトで契約しなくても確認できますので。

各自ご確認下さいませ→Disney+ (ディズニープラス)

4K高画質、サラウンドシステムに未対応

ディズニーは、世界最高峰の動画制作会社なのですが、

他の大手VOD(NetflixAmazon Prime VideoApple TV+U-NEXT)と比べると、

システム的なところが微妙です。

動画配信サービスの特徴と比較まとめ。オススメの見放題VODと選び方。

 

ディズニープラスは、フルHD画質(1080p)までの対応であり、

4K画質(2160p)や4K HDR、Dolby Visonに対応していません。

動画の画質と解像度「SD、HD、フルHD、4K UHD、8K、480p、720p、1080p、HDR、Dolby Vison」の意味と違い

 

ストリーミング再生時は「最高画質(1.8~3.6 GB / 1時間)」であり、

ダウンロード時も「高画質(0.9~1.8 GB / 1時間)」が上限となっているので、

モバイル端末では、SD~HD画質といったところ。

インターネットの動画視聴に必要な通信速度とデータ通信量

【ストリーミング設定】
最高画質 (通信量の目安: 1.8~3.6 GB / 1時間)
高画質 (通信量の目安: 0.9~1.8 GB / 1時間)
標準画質 (通信量の目安: 0.6 GB / 1時間)
Wi-Fi接続時のみに動画再生を制限したい場合は「Wi-Fi接続時のみ動画再生を行う」をONにしてご利用ください。

【ダウンロード設定】
高画質 (通信量の目安: 0.9~1.8 GB / 1時間)
標準画質 (通信量の目安: 0.6 GB / 1時間)

 

また、5.1ch、7.1ch、Dolby Atmosといった、

サラウンドシステムにも対応していないのも痛い。

せっかくのホームシアター環境も活かせないのです。

サラウンドシステムの種類と「5.1ch、7.1ch、9.1ch、Dolby Atmos」の違い

ディズニー作品は、音楽も映像も最高なので・・・これは残念。

 

ちなみに、本国アメリカのディズニープラスでは、

4K HDR、サラウンドシステムにも対応。

対応端末も豊富で、ゲーム機にも対応、

登録台数の制限も無いので・・・主に日本での制限ですね。

まぁ、この辺は、ドコモが関わってるから仕方ないのかなと。

dアカウントが必要

日本で、ディズニープラスのサービスを利用するには、

「Disneyアカウント」「dアカウント」の2つが必要となります。

※dアカウントは、ドコモユーザー以外も登録可能です。

2020-03-08_15h55_57

 

私は元々、両方のサービスを使っていたから良いのですが・・・

イキナリ2つのアカウント登録が必要となると、ためらう人も多いハズ。

無料トライアルも、とりあえずアカウント登録しないと試せませんからね。

ディズニープラス dアカウントで入会で初月無料(初回のみ)

無料トライアルの流れ

  1. dアカウントによるサービスのお申込み
  2. ディズニーアカウントの登録 or 紐付け
  3. アプリのダウンロードとディズニーアカウントの入力

 

契約は「dアカウント」で管理するので、

基本的に支払い方法も、クレジットカードのみとなります。

ドコモユーザーのみドコモケータイ払い(電話料金合算払い)が可能で、

auやソフトバンクのキャリア決済も不可能となってます。

 

また、無料トライアルが終わった日から月額料金が発生し、

月額料金は、日割り請求とはなりません。

月途中に解約した場合も、1ヶ月分の請求が来るという点に気をつけて。

dTVや、dアニメストアと同じドコモルールなの。

※dTVとdアニメストアとは違い、月途中で解約しても月末まで視聴可能です。

 

解約方法も、ちょっと分かりづらいのも難点。

ディズニープラス上では解約できず、

「My docomo」からの退会手続きとなります。

ディズニープラスを退会する
パソコン・スマートフォンにて以下へアクセスいただき、「退会を進める」から「My docomo」へ遷移して解約のお手続きを行ってください。

ディズニープラス – ヘルプ

 

ちなみに、ディズニープラスの退会ページは、

アンケートだけさせる仕様、アンケートしないとMy docomoへ遷移しません。

だったら、My docomoから直接手続きした方が早いのです。

ディズニープラスまとめ

月額770円ということを考えると、その内容は素晴らしい。

ディズニーは世界最大級の動画制作会社であり、

作るコンテンツの質も高いわけで、それが見放題だらけ。

動画配信サービスの中でもトップクラスの内容でした。

 

我が家は、小さい子供もおり、ディズニーにはお世話になりまくり。

今まではディズニー作品レンタルに1本550円払ってたので、

すぐに月額料金の元もとれるなと感じました。

 

ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズ、

20世紀スタジオ、ナショナル ジオグラフィック・・・まで見放題。

家族4人まで同時視聴可能で、動画ダウンロードにも対応

動画以外のディズニー特典も多々あるので、

ドコモのdTVdアニメストアを契約するなら、

私は断然Disney+ (ディズニープラス)を選びます。

 

ディズニー公式の見放題サービスであり、

ディズニー作品を見たいなら、他に敵うサービスも有りません。

ディズニー作品が見放題の動画配信サービスまとめ。

 

利用して感じたのが、意外とディズニー作品を知ったつもりで知らないのだなと。

ディズニーチャンネル作品なんて、

契約してなければお目にかかるタイミングも無いわけで、

好きなキャラクターの知らない作品も多い。

キャラクターで作品も絞り込めるのも、ディズニーならではの機能。

 

我が娘はドナルド作品の多さに発狂。続いてエンドレスプーさん。

私は、スターウォーズ作品を最初からおさらい。マーベル作品まで手も回らず。

しばらくは、ディズニープラスだけで楽しめそう。

独自コンテンツという点で、他の動画配信サービスは敵うわけもなく、

やっぱ、世界のディズニーは凄かったんだな。

Disney+ (ディズニープラス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です