サラウンドシステムの種類と「5.1ch、7.1ch、9.1ch、Dolby Atmos」の違い

DOLBY ATMOS対応

映画やドラマ等の動画コンテンツを視聴する上で、

重要なのが、映像と共に流れる音(サウンド)。

 

今では、動画配信サービスもサラウンド対応。

サラウンドコンテンツは手に入るものの、

イマイチよくわからないのが、音声フォーマット規格の違い。

チャンネル?ドルビー?何なのか?って話です。

サラウンドシステム(ホームシアター)の定義

サラウンド(Surround)は囲むという意味であり、

音に包まれる立体的な音響効果「立体音響」のこと。

スピーカーを増やすことで、サラウンド環境を作るわけ。

 

ただ、スピーカーが増やせば良いというわけでもなく、

正確にはスピーカーの数ではなく、音の信号(Channel:チャンネル)の数

サラウンドシステムで「チャンネル(ch)」という言葉が出てくるのもそういう事。

それぞれのスピーカーから異なる音を出すことで、臨場感のあるサウンドとなるのさ。

 

ホームシアターという言葉も、自宅に映画館を作るということで、

サラウンド環境を作るという意味が強い。

ホームシアターシステム≒サラウンドシステムの認識で良いかと。

 

ステレオ(2ch)よりもチャンネルバリエーションが多い状態が、

一般的にサラウンドと呼ばれ、

ホームシアターシステムでは、5.1ch、7.1ch、9.1chという構成が多い。

チャンネル表記の違い:5.1ch、7.1ch、9.1ch

モノラルは1つの音なので「1ch」、

ステレオは左右で違う2つの音(信号)なので「2ch」。

数字の数≒チャンネルの数(スピーカーの数)というわけ。

低音出力のサブウーファーは別カウント扱いで、ピリオド区切り。

サブウーファー1本なら「◯.1ch」、2本なら「◯.2ch」となります。

 

5.1chは、ステレオ(フロント左右のスピーカー:2ch)に、

フロントセンタースピーカー(1ch)と、

後方左右にリアスピーカー2つ(2ch)と、サブウーファー(.1ch)。

5.1チャンネルの配置

7.1chは、5.1chに更にスピーカーが2個増える。

リアスピーカー2つの代わりに、

左右サラウンドスピーカー2つ、左右バックスピーカー2つへ。

7.1チャンネルの配置

9.1chは、ステレオ(フロント左右のスピーカー:2ch)に、

左右サラウンドスピーカーが更に2つ増え、左右サラウンドスピーカーが4つとなる。

9.1チャンネルの配置

また、ステレオ2.1chにフロントスピーカーのみ追加した3.1chや、

リアスピーカー1個のみ追加した4.1ch。

5.1chに後方スピーカーを追加した6.1chといった構成も有る。

 

現在、家庭向け最新サラウンド構成は、Dolby Atmosの11chですが・・・

Dolby Atmosの登場で、また話も変わってきています。

音声フォーマットの違い:Dolby Degital→Dolby Atmos

サラウンドシステム対応の音声フォーマット(音声仕様)といえば、

Dolby Degital、Dolby TrueHD、Dolby ProLogic IIz・・・と進化してきましたが、

Dolby Atmos(ドルビーアトモス)の登場により、

「サラウンド≒チャンネル数」という考え方も終了となりました。

 

Dolby Atmosは、新たに天井のハイトスピーカー(オーバーヘッドスピーカー)に対応し、

既存の平面サラウンドに、天井スピーカー2~4つ追加で、

3次元360度サラウンドの「イマーシブオーディオ」へ。

 

7.1ch、9.1chから、更にスピーカーを2個 or 4個増やすわけで、

従来の表記では11.1ch、13.1chとなるのですが・・・

ハイトスピーカーは、サブウーハー同様に別カウントになるので、

7.1.4ch、9.1.2chという表記になります。

DOLBY ATMOS 7.1.4ch

例えば「7.1.2」という表記は、

フロアスピーカー数、サブウーファー数、トップスピーカー数」を表しており、

「フロント3+サラウンド2+リア2」「サブウーファー1」「天井2」という構成。

ドルビーアトモスの必須レイアウト

  • 5.1.2配置
  • 7.1.2配置

基準となるドルビーアトモス体験

  • 5.1.4配置
  • 7.1.4配置

特に大きな部屋に適した高品質の音響効果

  • 9.1.2配置

※参考→ドルビーアトモスのスピーカー配置ガイド

 

また、Dolby Atmosでは、

3Dの立体音響「イマーシブサウンド」というイメージが強いですが、

一番の違いは、音をオブジェクト化する「オブジェクトオーディオ」になったこと。

 

従来の、チャンネルベースのサラウンドではなく、オブジェクトベースへ。

音が出ている物体の位置(座標)から、

最適なスピーカーを自動的に判断して、音が出る仕組みなのさ。

 

座標位置とスピーカー数から最適化(リアルタイムレンダリング)して、

音を出してくれるわけで、

スピーカーの組み合わせの自由度も増し、チャンネルという概念も無くなる。

よって、Dolby Atmos対応のブルーレイディスクは、チャンネル表記も消えているのです。

 

増えすぎたDolby規格も、Dolby Atmosに1本化できるというのも大きな利点。

Dolby Audio(ドルビーオーディオ)で一括りにされがちなんですけど、

ドルビーサウンド技術は、色々変化して複雑化してきたのさ。

ドルビー規格と歴史

  • Dolby Surround:4.0ch
  • Dolby Digital:5.1ch
  • Dolby Digital Plus:5.1ch、7.1ch
  • Dolby TrueHD:7.1ch、9.1ch
  • Dolby ProLogic IIz:ハイトスピーカー(高低差表現)
  • Dolby Atmos:ハイトスピーカー+オブジェクトオーディオ

サラウンドシステムといえば「Dolby Degital(ドルビーデジタル)」のイメージでしたけども、

今後は、ドルビーデジタルではなく、ドルビーアトモスなんだな。

 

サウンドシステムの音声フォーマットには、

同じくオブジェクトベースの「DTS:X」も登場しておりますが、

「Dolby Atmos」を採用しているブルーレイディスクのが多い印象。

iTunes、Netflix、Amazonプライムビデオも、Dolby Atmosを採用していますので。

 

ちなみに、似たようなDolby規格で「Dolby Vision(ドルビービジョン)」も有りますが、

こちらは映像の方、HDR(ハイダイナミックレンジ)技術の規格。

HDRの中でもトップレベルがDolby Visionです。

動画の画質「SD、HD、フルHD、4K UHD、8K、480p、720p、1080p、HDR、Dolby Vison」の意味と違い

リアルサラウンドとバーチャルサラウンドの違い

サラウンド環境を作るには、スピーカーを四方八方の設置する必要があるわけで、

実際のところ、スピーカーを置きまくれる家庭は少ない。

というわけで、登場するのが「バーチャルサラウンド」。

「リアルサラウンド」のように多数のスピーカーを配置せず、

バーチャル≒仮想、疑似で、サラウンド環境を構築する方法です。

ヴァーチャルサラウンド・リアルサラウンド

バーチャルサラウンドには、

擬似的にチャンネル数を増やすという意味も有りますが、

ホームシアターでのバーチャルサラウンドは、

どちらかというと、少ないスピーカーでサラウンド表現するという意味が強いかと。

フロントスピーカーだけで、サラウンドサウンドを実現する感じ。

 

ホームシアタースピーカーで、お手軽なサウンドバーを選ぶ人も多いハズ。

サウンドバーによるフロントサラウンドシステム。

 

ステレオスピーカー(2ch)で、マルチチャンネル信号や、

3Dサラウンド(Dolby Atmos、DTS:X)を表現したり、

 

天井に音を反射させる「イネーブルドスピーカー」を使ったり。

よりシンプルな配置で、3次元の立体音響を再現しているわけです。

 

ただ、バーチャルはお手軽な分、

リアルスピーカーのマルチチャンネルに比べると、臨場感は劣ります。

ホームシアターでのバーチャルサラウンドは、

基本的にフロントスピーカーで代用、どうしても背後からの音は弱くなるし、

少ないスピーカーで、様々なオブジェクト音を出すのは無理が有るわけで、

個々の音像感が薄れがち。音のバランスも変になりがち。

 

我が家のLGテレビは、Dolby Atmos対応ですが、

スピーカーは2個(2ch)なので・・・セリフが凄い聞きづらいです。

サラウンド感は有るんだけども、音量調整が難しい。

 

ちなみに、バーチャルサラウンドをお手軽に体験するなら、

Windows Sonic for Headphones、Dolby Atmos for Headphones。

普通のステレオイヤホンやヘッドフォンでも、

バーチャルサラウンドの立体音響を楽しむ事も可能です。

サラウンド用の音源ファイルも有りますので。

※参考→ダウンロード可能なドルビーテストトーンとドルビーアトモスのトレーラー

 

ヘッドフォンは耳からスピーカーも近く、またちょっと違う印象。

5.1ch、7.1ch、9.1ch等のサラウンドヘッドフォンも有りますが、

やはり、スピーカー設置のリアルサラウンドに比べると・・・って感じ。

 

サラウンドヘッドフォンにも、バーチャルとリアルがありますが、

リアルサラウンドヘッドフォンとはいえ、あくまでヘッドフォンなので、

あまり過度な期待はしないように。

ゲーム用と映画用で求める音も違うハズなので、選ぶ際は気をつけて。

Dolby Atmosの互換性

サラウンドシステムを構築する上で気になるのが、新旧システムの互換性。

Dolby Atmosは上位互換性(後方互換性)があり、

従来のDolbyサウンドシステムに対応しています

ステレオ、5.1ch、7.1ch・・・と自宅の環境に合わせて出力してくれる。

 

従来のサラウンドシステムは、

作品と再生機器の両方が対応してないと駄目だったわけですが。

Dolby Atmosは、チャンネルではなく、オブジェクトオーディオなわけで、

作品が対応していないから、一部スピーカーから音が出ない・・・

なんてことも無くなるわけですね。

 

また、アップミキサー「Dolby Surround(ドルビーサラウンド)」対応製品なら、

従来のステレオ、5.1ch、7.1ch作品も、

自宅のサラウンド環境合わせてアップミックスしてくれる。

 

同様に、DTSのDTS:Xも上位互換性有り、

アップミキサー「Neural:X」にて、

DTSの従来のステレオ、5.1ch、7.1chコンテンツもアップミックスが可能です。

 

ただ、Dolby AtmosとDTS:Xに互換性はありません。

スピーカーシステムでは「Dolby Atmos」「DTS:X」の両対応している事も多いですが、

どちらかしか対応していないなら「Dolby Atmos」を選ぶかなと。

 

ちなみに、一口にDolby Atmosといっても、

劇場用(映画館)、家庭用(BD)、ストリーミング(VOD)で異なるらしく、

動画配信サービスで使われるDolby Atmosは、データ圧縮されているとのこと。

微妙に出てくる音も違うのでは無いかなと。

サラウンドシステムまとめ

サラウンド音声で映画のイメージは大きく変わる。

スピーカー次第で臨場感は増すわけで、

個人的には、映像よりも音声の方が、作品への影響が大きいかなと。

音で体も震え、心も震えるのかと。

 

ただ、音はこだわるほどにキリも無く、

値段も高額になり、場所も取るので気をつけて。

 

実際のところ、正解が分からないのがサウンド。

音声フォーマット(Dolby Atmos、DTS-X)でも変わるし、

スピーカーの位置や、映像作品のオブジェクト設定にも依るわけで、

結局の所、どれがホントに良いかわからない。比べるのもナンセンス。

 

サラウンドはあくまでサラウンド、良い音ともまた別の話。

リアルサラウンドは確かに、うぉってなるけども。

より本格的なのは映画館で体験できるから。

 

配線や設置の手間、場所を取る事を考えたら、

フロントスピーカーのバーチャルサラウンドで良いかなと。

最近のサウンドバーもDolby Atmosにも対応してますので。

 

もちろん、作品がサラウンド対応してなければ意味も無いわけで、

せっかくならDolby Atmos対応コンテンツを。

動画配信サービスだと、U-NEXTAmazonプライムビデオNetflixで楽しめます。

オススメの動画配信サービス(見放題)まとめ。大手VODの比較と特徴。

 

今では、Amazon Fire TVApple TVと、

Dolby Atmos端末も格安に手に入りますので。

Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVの比較と違い。動画再生端末の選び方。

 

まぁ、音楽のハイレゾなんてものも、

人間には判断しづらい「音」を売りにしているわけで、

サウンドは基本的に話半分で。あまり深く考える必要も無いのかと。

※参考→ハイレゾとCDの違いが本気で分からない。音源よりもオーディオ環境に投資するべき理由。 | ビジネス幼稚園

 

これは画質も同じ。4K対応って言ってるけども、

実際のところフルHDで十分綺麗。

4K液晶ディスプレイよりも、4K有機ELディスプレイのが綺麗だし、

HDRとかDolby Visionとかも綺麗だけど・・・ってのが所持して思う印象。

動画の画質と解像度「SD、HD、フルHD、4K UHD、8K、480p、720p、1080p、HDR、Dolby Vison」の意味と違い

 

せっかく見るなら最高の環境で視聴したいのだけども、

やっぱ良い作品は、画質や音質をも超越する・・・と思いたい。

 

私だってお金が有れば・・・

専用シアタールーム作って、リアルサラウンドにしますけどもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です