英語学習にオススメの動画配信サービス。英語字幕、英語機能の違い。

英語学習おすすめVOD

英語学習の為に、動画配信サービス(VOD)を活用する。

下手な英語教材よりも格安であり、ハイスペック。

効果的に勉強もできるのです。

 

かくいう私は、ワーキングホリデーをしていた過去も有りまして、

実際、留学生の勉強方法としても、

海外ドラマで英語学習ってのは定番であり鉄板、

日本人留学生に限った話でもありません。

 

英語学習の目的は様々ですが、

英語で喋る、聞き取るのが目的なら、

動画配信サービスが最適なのです。

説明します。

VODで英語学習する利点

私の時代はDVDでしたが、

現在では、動画配信サービス(VOD)の普及により、

より英語学習向きのコンテンツになってます。

 

VOD = Video On Demand(ビデオ・オン・デマンド)って、

見たい時に視聴できるって意味ですからね。

VOD英語学習のメリット

  • 学習コストが安い
  • どこでも勉強できる
  • 生きた英語を学習できる
  • レベル、シチュエーションを選べる
  • 海外の文化まで理解できる

DVDやBlu-ray Discを買うとなると数千円~数万円必要ですが、

VODなら、月額1,000円程度で映画も海外ドラマも見放題しまくれる。

専門の英語教材なんて、非常に高額ですからね。

 

動画配信サービスは、スマホ一つでどこでも再生できるので、

勉強道具を用意する手間、準備も要らず。

移動中や休憩中の隙間時間に勉強できるのです。

レンタルでも無いので、再生端末も要らないし、返す手間も無いのよ。

動画配信サービスと宅配レンタルとの違い。見放題のメリット・デメリット。

 

再生される音声も、テストのリスニング問題とは違うわけで、

実際に使われている生きた英語を学習できる

例えば、海外ドラマでは、リアルな日常も表現されており、

ジョークや言い回しなど、使いたい英語が学べるのです。

 

言語ってシチュエーションによって使う言葉も変わります。

日常英会話、旅行英語、ビジネス英語、地方なまり、スラング・・・

動画配信サービスなら、様々なジャンルの映像コンテンツも有り、

自分の用途に合った英会話が学べるし、

自分の英語レベルに合わせて動画も選べるのです。

 

言語には現地の文化も密接に関わっており、

そういった意味でも海外ドラマシリーズはオススメ。

現地のルールを理解してなければ、表現できない英語も有る

文化の違いは常識の違い、

なんでもかんでも日本語翻訳するべきでも無い。

 

逆を言えば、テストで高得点を取るのが目的なら、

テスト専用のリスニング教材をやった方が良い。

試験やテストも出題パターンが有り、これも一種の文化。

リスニング問題の会話って、全く面白くないけど、最短なのです。

VODの英語学習に必要な機能

リスニングとスピーキング力を上げるのに、

有効な勉強方法が、ディクテーションシャドーイング

VODを使って学習する場合、この2つが効率的であり、

動画視聴に限らず有効な勉強法です。

 

デスクでしっかりやるなら、書き取りの「ディクテーション」、

どこでもやるなら、復唱の「シャドーイング」。

いずれも面倒ですけど、故に効果が有ります。

効果的な英語の学習法

  • ディクテーション:音声の書き取り学習
  • シャドーイング:音声の復唱学習

 

VODで英語学習する上で、絶対に必要な機能は、

英英字幕(英語音声×英語字幕)の機能

英語音声だけでは、書き取った英文の答え合わせができないし、

復唱するなら、英文を把握している必要も有りますので。

 

また、動画のダウンロード(オフライン再生)や、

バックグラウンド再生(ピクチャ・イン・ピクチャ)も欲しい機能。

 

ダウンロード機能が有れば、電波が届かない場所でも再生できますし、

データ通信容量も大幅に抑えられます。動画のデータ量って半端無いのです。

インターネットの動画視聴に必要な通信速度とデータ通信量

 

バックグラウンド再生は、

スマホの画面をOFFにしても、音声だけ再生できる機能。

音声だけ抜き取る手間も無く、

英語学習で使うのは映像ではなく、音声の部分ですからね。

20210622135548

あとは秒戻し字幕オフあたりも有れば便利。

再生速度変更は、あんまり要らないと思ってるけど・・・

というわけで、優先順に並べておきます。

英語学習に必要な機能

  • 英語字幕:聞き取り確認の為に必須
  • ダウンロード:どこでも再生する為に必要
  • 秒送り・秒戻し:繰り返し聴くのに必要
  • バックグラウンド再生:音声だけ聴く為に必要
  • 同時視聴:家族で利用するなら必須
  • 字幕オフ:字幕があると読んじゃうから
  • 海外視聴:海外留学時にも利用するなら
  • 再生速度変更:スロー再生したいなら

 

英語学習における必要な機能を厳選したので、

対応するVOD比較表も置いておきます。

英語スペック比較表

ディズニープラス Hulu Netflix AppleTV+ Amazon Prime Video
月額料金 770円 1,026円 990円(ベーシック)
1,490円(スタンダード)
1,980円(プレミアム)
600円
(年額6,000円)
500円
(年額4,900円)
英英字幕 可能 可能 可能 可能 可能
※オリジナル作品のみ
字幕オフ 可能 可能 可能 可能 可能
ダウンロード 可能 可能 可能 可能 可能
バックグラウンド再生 不可 可能 可能 可能 可能
秒送り 10秒送り 10秒送り 10秒送り 15秒送り 10秒送り
秒戻し 10秒戻し 10秒戻し 10秒戻し 15秒戻し 10秒戻し
再生速度 変更不可 0.75倍
1.0倍
1.25倍
1.5倍
1.75倍
0.5倍
0.75倍
1.0倍
1.25倍
1.5倍
変更不可 変更不可
多言語切替 英語のみ 英語のみ 複数言語あり 複数言語あり 複数言語あり
海外視聴 不可 不可 可能 可能 可能
同時視聴 4人 1人 ベーシック:1人
スタンダード:2人
プレミアム:4人
6人 3人
無料期間 31日間 14日間 無し 7日間 30日間

 

Apple TV+Amazonプライムビデオは、英語字幕作品が少ないので

英語学習となると、ディズニープラスHuluNetflixあたりが定番。

ただ、Netflixには無料トライアルが有りませんので。

 

ちなみに、国内最大手U-NEXTは、

英語字幕に未対応であり、字幕オフの機能も有りません

毎月付与されるポイントで英語書籍が買えるくらいで、英語学習には不向き。

アメリカドラマ最大手「HBO」独占なのに・・・残念。

【U-NEXTの評判】国内最大手VODのメリット・デメリット

20210702142527

 

YouTubeも動画によっては、字幕対応しています。

YouTube Premiumなら、CMも無く、動画ダウンロードも可能へ。

20210622135816

ただ、誰でもアップロードできるが故に作品数が膨大であり、

品質もコンテンツもマチマチ、

良いコンテンツは有るのでしょうが、対応動画を探すのも大変。

今回の意図ともズレるので。

英語学習にオススメVOD

ディズニープラス

IMG_6113

ディズニープラスのメリット

  • 月額770円と格安
  • ディズニー作品で学習できる
  • 4人まで同時視聴が可能
  • 子供の英才教育にも使える
  • 31日間の無料トライアルが有る

ディズニープラスのデメリット

  • バックグラウンド再生機能が無い
  • 海外からの視聴不可 ※海外は別サービス
  • 再生速度の変更不可
  • いわゆる海外ドラマは少ない

ディズニーでも動画配信サービスが開始となりました。

お高いイメージの有るディズニーですが、

Disney+ (ディズニープラス)」は、月額770円と他社よりも格安。

 

ディズニーの馴染みの有る映画で、英語を学べるし、

ストーリーも分かりやすい作品も多く、

英語も理解しやすい作品が多いです。

 

ディズニーは買収しまくり、ディズニー以外の作品も多いです。

マーベル、ピクサー、スター・ウォーズ、ナショナル・ジオグラフィックも見放題。

ディズニー故にコンテンツの質も高く、子供の英才教育にも間違い無い。

4人までの同時視聴にも対応しています。

Disney+(ディズニープラス)を契約して気づいたメリット・デメリット

 

難点は、バックグラウンド再生に未対応なこと、

あとは、ディズニー関連作品がメインなので、

英語学習で定番の海外ドラマ、メジャーなアメリカドラマは少ないですね。

まぁ、31日間の無料期間が有るので、試してから判断しても遅くは無いかと。

【ディズニープラス】31日間無料トライアル

Hulu

20210622132143

Huluのメリット

  • 海外ドラマ作品が豊富
  • 海外ニュース番組CNN、BCCが視聴可能
  • バックグラウンド再生機能有り
  • 再生速度の変更可能
  • 14日間の無料トライアルが有る

Huluのデメリット

  • 同時視聴が不可能
  • 英語字幕対応作品は限られる
  • 洋画は少ない
  • 海外からの視聴不可 ※海外は別サービス
  • 動画内での音声切替不可 ※吹替は別動画

海外ドラマ見放題の黒船「Hulu」。

バックグラウンド再生、動画ダウンロード、再生速度変更と、

英語学習に必要な機能も一通り対応しています。

【Huluの評判】日テレ見放題「フールー」のメリット・デメリット

 

日テレ運営になってからは、日テレ番組が増えましたが、

海外ドラマの見放題本数は、まだまだ国内最高峰。

Huluプレミアといった、Hulu独占の海外ドラマも多く有ります。

【Hulu限定】Huluだけのオリジナル作品・独占コンテンツ。Huluプレミアの意味

 

海外番組のLIVE配信も行っており、

海外の番組を、英語でリアルタイムで視聴できる。

FOXチャンネルでは、最新のバラエティ番組も見れるし、

CNNやBCCといった、世界のニュースを英語で聴くことが可能

英語上級者向けだけでなく、海外の最新情報を取り入れるのにも役に立つ。

 

難点は、同時視聴不可能なこと。家族で使うなら不便です。

あと、海外ドラマは豊富だけど、

全ての作品が英語字幕に対応しているわけでは無いこと、

Huluプレミア作品や、メジャーな海外ドラマは英語字幕対応してるけど、

洋画で英語字幕に対応しているのは少ないイメージ。

キッズアニメも多いですけど、吹替のみの作品も多いのです。

 

Huluって吹き替えと字幕で別動画となっており、

日本語字幕と吹替に対応していても、英語字幕には未対応だったりする。

使うなら、見たい作品が英語字幕に対応しているか?

無料トライアルのウチに確認しておきましょう。

【Hulu】2週間無料トライアル

Netflix

20210622135511

 Netflixのメリット

  • 英字幕対応作品が豊富
  • 英語対応のキッズ作品が多い
  • 多言語対応、英語以外も学習可能
  • バックグラウンド再生機能有り
  • 再生速度の変更可能
  • 海外から視聴可能 ※配信作品変動

 Netflixのデメリット

  • ベーシックプランでは同時視聴不可能
  • オリジナル作品以外が少ない
  • 無料トライアルが無い

世界No.1シェアを誇る、ネットフリックス。

多くの作品が英語字幕に対応しており、

英語以外の言語に対応している作品も多い

海外キッズ作品も、多言語対応しています。

 

日本作品にも英語字幕だけでなく、英語音声有り。

日本の作品も英語で視聴できるのです。

※韓流は、なぜか吹き替え作品ががほとんど無いです。

 

スマホアプリの使い勝手も良く、一通りの機能にも対応していますが、

Netflixってオリジナル作品がメインなので、

馴染みの無い作品で勉強するってデメリットが有る。

無料トライアルも無いのも地味に痛いです。

【Netflixの評判】世界シェアNo.1「ネットフリックス」のメリット・デメリット

Apple TV+

20210622131711

 Apple TV+のメリット

  • 月額料金が安い
  • 同時視聴可能
  • ほとんどの作品で多言語対応
  • キッズ作品も多い
  • バックグラウンド再生機能有り
  • 海外から視聴可能

 Apple TV+のデメリット

  • オリジナル作品のみ、作品数が少ない
  • Androidアプリが無い
  • 再生速度の変更不可能

Apple TV+は、2019年末に始まったばかりのサービス。

Apple制作の高品質作品が見放題であり、月額料金600円と格安。

 

多言語対応、ピクチャ・イン・ピクチャ対応、

最大6人まで同時視聴・・・と、

動画サービスとしてのスペックは高いのですが、

肝心の作品数が、まだまだ少ないです。

 

Appleサービス故に、Apple縛りも有り、

Androidには専用アプリが無く、ダウンロード等の機能も使えません。

 

Apple製品を購入すると、無料トライアルも付いてきたりしますので、

無料で使えるなら悪くないですけど。

Apple TV+(アップルTVプラス)を契約して気づいたメリット・デメリット

Amazonプライムビデオ

20210622132958

 プライムビデオのメリット

  • 月額料金500円(年額4,900円)と安い
  • Amazonプライム会員特典の1つ
  • Amazonオリジナルは多言語対応
  • バックグラウンド再生機能有り
  • 海外から視聴可能 ※配信作品変動
  • 30日間の無料トライアルが有る

 プライムビデオのデメリット

  • 多くの作品で英語字幕は未対応
  • 再生速度の変更不可

Amazonでは、基本的に英語字幕には対応しておらず、

英語字幕に対応しているのは、

Amazonが制作した、Amazonオリジナル作品がメインとなります。

Amazonオリジナルの作品も、まだまだ少ないですからね。

20210622133123

まぁ、Amazonプライム会員特典の1つであり、

月額500円(年間4,900円)なので、文句は言えません。

基本的な動画配信スペックも高いですから。

【Amazonプライムビデオの評判】コスパ最高アマゾン見放題サービスのメリット・デメリット

 

学生のPrime Studentなら、月額250円(年間2,450円)

学生じゃなくても、30日間の無料トライアルが有るからね。

【Amazonプライムビデオ】30日間無料トライアル

VODで英語学習する方法

ネイティブが話す英語って、

一語一語の単語をしっかり話さず、フレーズで音が変化します。

単語同士が繋がることで、音が消える。

聞こえないのじゃなくて、そもそも発音していないのです。

これを理解してないと、マジでいつまで経っても聞き取れません。

 

英語を聞き取るということは、

前提として、英語の文章を理解している必要も有ります。

読んで理解できない英語は、聞き取れませんし、

聞き取れない英語は、喋れません

 

逆を言えば、英語の文章を読んで、

同じように発音できれば、聞き取れます

聞くって受け身の作業、練習するのは無理有るので、

繰り返し喋る練習をする、

シャドーイングすることで、リスニング力が付くのです。

スピーキング≒リスニングってこと。

 

英語の聞き流しで身につくわけも無いのは、皆さんもご存知の通り。

ということで、私ならシャドーイングする前に、

字幕(スクリプト)を見て、まず内容を理解する作業をする。

リーディングして、まずネイティブ表現を身につける。

20210622135432

自分で字幕を書き起こしても良いですが、

字幕データ公開しているサイトも多く有ります。

※「作品タイトル + script」で検索で出てきます。

 

シャドーイングか?ディクテーションか?は賛否両論ありますが、

リスニング(スピーキング)に重点を置くなら、

シャドーイングの方が良いです。

 

ディクテーションは、書く手間だけでなく、

ノートとかペンとか、準備の手間も少なからず有るので、

取り掛かるまでのハードルも高いのです。

単語を書くって時間もかかるし、

スペルの綴りも完璧に覚えてないとできません。

ライティング要素も強いのです。

 

一方、シャドーイングは、聞いて復唱するだけ

時間もかからず、回数をこなせるわけで、

結局の所、質より量だとも思ってます。

 

ちなみに、好きな作品で学習できると思いがちですが、

上述したように、使うのは音声部分がメインです。

繰り返し音声を聞く→好きなドラマも嫌いになる恐れがある。

楽しみながら身に付くなんて、甘い話は無いのです。

VODで英語学習まとめ

英語は、継続してこそ意味有るわけで、

なによりも続けられるか?が重要です。

 

なるべく好きな作品の方が頑張れるし、

動画バリエーションが多い方が、

学習の幅も広がるし、気分転換にもなります。

そういった意味でも、動画配信サービスは最高です。

 

ただ、見るだけで英語が身につけば苦労はしませんし、

面倒なことを避けていても、英語は身につきません。

海外に行かなくても、同じように勉強はできるわけで、

結局の所、意識の問題

 

大金を注ぎ込んでも身につかない人がほとんど、

留学しても喋れないまま帰国する人も多いわけで、

私なんて、海外滞在してるのに、毎日図書館で勉強してたのよ。

 

いやいやマジで、日本で同じ勉強できるから。

日本に居るウチに、コツコツと頑張るべきなのです。

今となっては、オンライン英会話まで有るし、

喋る前にまず喋る練習、恥ずいならシャドーイングすべき。

海外コンテンツも格安で見放題、

むしろ学習環境は日本の方が揃ってるから。

 

文章よりも、ドラマの展開が気になって、

日本語字幕で見続けて1日終わる・・・

もぅ何度も繰り返してますよ。私は。

Disney+ (ディズニープラス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です