音楽CDを高音質でiTunes取り込み。PC音源管理に最適な読み込み設定。

音楽CDをiTunesで高音質リッピング

CDをスマホやパソコンで高音質で聴くために、

なるべく高音質でパソコンに取り込みたい。

 

CD音源のまま劣化せずデータ化できれば、

iPhone、Android、Mac、Windows・・・

端末選ばず、高音質再生できるわけですからね。

 

CDはレンタルでも音質は変わらないし、

CDのリッピングソフトは、無料のiTunesでOK。

というわけで、今回はiTunesの読み込み設定について。

iTunesの読み込み設定を変更する

音楽CDをCDドライブに挿入すれば、

自動的にインポート設定画面が表示されますが、

メニュー画面からも設定を変更できます。

 

iTunesのメニューバーより「編集」→「環境設定」をクリック。

 

「一般環境設定」が開くので、

「一般」タブの下の方にある「読み込み設定」で設定できます。

読み込み方法(エンコーダ)の違い

iTunesのCD読み込みは、初期設定でiTunes Plus(AAC 256kbps)となっています。

AAC以外には、AIFF、Apple Lossless、MP3、WAV・・・

一体何が違うのか?

iTunesエンコーダ形式

圧縮方式 拡張子 特徴
MP3 非可逆圧縮 mp3 圧縮音源の元祖、圧縮率はAACに劣る
AAC 非可逆圧縮 m4a Apple系の圧縮音源、MP3よりも音質は上
ALAC 可逆圧縮 m4a、alac Appleの可逆圧縮、音質劣化せず圧縮(ロスレス)
WAV 非圧縮 wav 非圧縮音源で一番メジャー、Windows系なのでiTunesで難あり
AIFF 非圧縮 aiff、aif Appleの非圧縮音源

iTunes用にサックリまとめましたが、

もっと詳しく知りたい方は、以下も参考に。

音楽の音質「CD、ハイレゾ」とファイル形式「MP3、WMA、ALAC、FLAC、WAV、AIFF、AAC、DSF、DIFF」の違い 

 

ポータブル用の音源としてよく使われるのが、

非可逆圧縮コーデックのAACとMP3。

CDの10%~20%ほどの容量で、ほぼ劣化せずエンコードできますが、

圧縮しているので音質劣化が有ります。

MP3→AACと進化しているので、

再生端末が多いのはMP3ですが、現在主流となっているのはAAC。

 

可逆圧縮(ロスレス)のApple Lossless(ALAC)は、

非圧縮(リニアPCR)のWAV、AIFFと比べて容量が抑えられますが、

再生時には元の音源に解凍して再生するので、

無圧縮のWAVとAIFFに比べても、音質劣化が有りません。

 

という事で、音質は

MP3 < AAC < ALAC = WAV = AIFF

という感じになります。

 

非圧縮なら、データ容量が多くなりますし、

圧縮すれば、音質は悪くなる、

とはいえ、データ量と音質は比例しないわけで・・・

では、何を選べば良いのか?

iTunesでオススメのエンコーダ形式

普段使いならAAC 256kbps

汎用性(対応端末数)という点で、AACはMP3に敵いませんが、

現在AACは、多くの音楽配信サービスでも使われており、

AACが使えない機器やサービスもほぼ見かけなくなってます。

Youtube Music(旧 Google Play Music)のアップロードでも、

AAC、ALAC(m4a)には対応していますからね。

 

同じデータ量(bps)では、AACの方がMP3よりも高音質であり、

MP3の320kbpsにするなら、AACの256kbpsで良いと思ってる。

MP3 320kbps≒AAC 256kbpsなんても言われてますが、

正直、この辺の違いはなんとも。

※ビットレート(bps)=データ量。数値が高くなれば高音質となります。

 

MP3とAACは、ビットレートは320bpsまで選べますが、

256kbps超えたら、違いもあんまり分からないので、

256kbpsと320kbpsで悩むなら、可逆圧縮のALACにする。

 

iTunes MatchやApple Musicの音質も、256kbpsのAAC。

256kbpsで、満足できる音質だと思ってます。

音楽保管ならApple Lossless(ALAC)

なるべく高音質で保存したいなら、Apple lossless (ALAC)

Apple losslessの圧縮率は70%前後であり、

非圧縮のWAVやAIFFと音質変わらず、容量をちょっと節約できます。

可逆圧縮なので、圧縮前の音源(WAV、AIFF)に戻せるのも魅力です。

圧縮できるとはいえ、ALACデータは大きいので、

自宅での再生と保管用ですね。

借りてきたCDは、全てALACに変換して管理しています。

高音質で再生したいならAIFF

可逆圧縮は、音質を劣化することなく圧縮できる。

ただ、再生時には圧縮ファイルを解凍しながら再生するわけで、

いくら解凍したら音データは元通りでも、プロセスは増えているのさ。

ALACとAIFFでは、再生時の音は違うなんて人も居るわけで、

本当に高音質で再生したいなら、無圧縮なのかなと。

 

無圧縮ならWAVという方法も有りますが、

WAVは、iTunesでメタ情報の保存が出来ません

アルバムタイトル、曲名、アーティスト名、アルバムアートワーク・・・

WAV形式でエンコーダすると、全てのデータが消えてしまう。

KS001299

※MP3、AAC、ALACエンコードなら、CD情報は自動的に取り込まれます。

 

音楽情報が消えてしまっては、管理するのに凄い困るわけで、

他の音楽再生ソフトや音楽機器でも、全く使い物にならなくなります。

 

その点AIFFなら、非圧縮でもメタ情報を保存できますので。

容量に余裕があるならAIFF。

なんとなく音が違う気が・・・しないでも無い。

 

まぁ、無圧縮同士のWAVとAIFFでも音が違うなんて言う人も居るので・・・

ココまで来ると、なんとも言えない。私はALAC派ですので。

iTunesエンコーダによる圧縮率の違い

圧縮といえども容量は結構喰います。

MP3とAACの圧縮率は320kbpsで15~20%位な感じ。

無圧縮のWAVで取り込んだデータ量と比較してみます。

KS001299

Appleロスレス(ACAC)で取り込んだ場合は、約74%のデータ量。

KS001300

MP3 320kbpsで取り込んだところ、約15%のデータ量へ。

KS001301

 

AACやMP3の256kbpsは、データ量(Byte)で換算すると32B/s

無圧縮のCDは、bit換算すると1,411Kbps→データ量で換算すると176KB/s

音楽の音質「CD、ハイレゾ」とファイル形式「MP3、WMA、ALAC、FLAC、WAV、AIFF、AAC、DSF、DIFF」の違い

音源のデータ容量比較

bit毎秒 Byte毎秒 1分あたりの容量 CD比のデータ量
MP3、AAC
(44.1kHz/256Kbps)
256 Kbps 32 B/s 1.92 MB 0.18倍
CD音源:PCM
(44.1kHz/16bit)
1,411 Kbps
(1,411,200 bps)
176 KB/s
(176,400 B/s)
10.56MB
(10,560 KB)
ハイレゾ音源:PCM
(96kHz/24bit)
4,608 Kbps
(4,608,000 bps)
576 KB/s
(576,000 B/s)
34.56MB
(34,560 KB)
3.27倍
ハイレゾ音源:PCM
(192kHz/24bit)
9,216 Kbps
(9,216,000 bps)
1152 KB/s
(1152,000 B/s)
69.12MB
(69,120 KB)
6.54倍
ハイレゾ音源:DSD
(2.8MHz/1bit)
5,600 Kbps
(5,600,000 bps)
700 KB/s
(700,000 B/s)
42MB
(42,000 KB)
3.98倍
ハイレゾ音源:DSD
(5.6MHz/1bit)
11,200 Kbps
(11,200,000 bps)
1400 KB/s
(1400,000 B/s)
84MB
(84,000 KB)
7.95倍

 

無圧縮とAACでは、約5~6倍ほどデータ量が違うわけで、

そこまで音質が違うといえば、ほとんど変わらないですからね。

iTunesでインポートまとめ

デジタルよりもアナログの方が良い音とは言いますが、

科学的には、CD音質(44.1kHz、16bit)が人間はほぼ限界スペック。

 

CD音源なら、宅配レンタルで安く手に入る。

PCとiTunesさえあれば、高音質音源の出来上がり。

音楽配信のサブスクよりも、宅配CDのサブスクです。

高音質にこだわるなら、CDがコスパ高いです。

CDを単品レンタルするなら、ゲオのキャンペーンも安いから。

宅配レンタルCDはGEO(ゲオ)が安い。アルバム1枚50円で「iTunes Match」し放題。

過去の低音質データも、iTunes Matchさせれば、

高音質AAC 256kbpsで生まれ変わる。

レンタルCDとiTunes Matchで、合法的に音楽ダウンロードし放題にする方法。

 

持っている曲の高音質が気になってレンタルしなおす・・・

結局、違いが分からないっていうのを繰り返してるのさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です