「DAZN(ダ・ゾーン)」を利用して気づいたメリット・デメリット。

DAZNのメリットデメリット

Hulu、Netflix、Amazonプライムビデオと、

海外の動画配信サービスが日本でもお馴染みとなっていますが、

海外のスポーツ専門動画サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」も、

2016年8月に日本で登場。

スポーツ中継までも、インターネット環境だけで見放題となってます。

月額料金も一律で格安だし、視聴できるジャンルも豊富。

更に画質も超高画質フルHD対応。

視聴端末も豊富なので、視聴場所も選びません。

スポーツ≒衛星放送では無くなり、スポーツもインターネットで見放題の時代へ。

放映権もDAZNが勝ち取りまくり。マジで独占状態のDAZNです。

DAZNのメリット。

Huluが登場した時も、映画や海外ドラマが見放題と革命的でしたが、

今度は、スポーツ中継がDAZNで見放題。

WOWOWやスカパー等の衛星放送サービスは、非常にヤバいんではないかな・・・

というのが素人の私にも、ひしひしと伝わってきております。

DAZNは超安いだけでなく超便利。まずはメリットから。

ライバル「スポナビライブ」の終了が決定→DAZNで提供へ。

スポーツ中継の動画配信サービスといえば、

DAZNとスポナビライブの2強だったのですが・・・

「スポナビライブ」のコンテンツもDAZNにて引き継ぐ事が決まっています。

もぅ、どちらを契約するか?悩む必要も無くなったわけです。

※参考→スポナビライブとDAZN(ダゾーン)を徹底比較してみた。

 

これにより、DAZNにて提供されるスポーツコンテンツは、国内外で130以上へ。

2018年には、日本のプロ野球も11球団の放映権も獲得、巨人戦以外の試合が、

ほとんど視聴できるようになってしまいました。

こんなにスポーツが視聴できるサービス他に有りません。

DAZN提供スポーツコンテンツ

そもそも、スポーツ専門の動画配信サービスって、日本でも他に無いし、

世界的にもDAZNが強すぎるので、

マジで他を選ぶ余地も無いし、DAZNを契約した方が色々とお得です。

月額1750円+税で全ての中継が見放題。

まず、何はともあれ料金が安いです。

様々なジャンルのスポーツ中継が見放題なのに、月額1750円+税という激安価格。

WOWOWやスカパーに比べると断然安くなっちゃってます。

 

DAZNと他社スポーツ中継サービスの料金比較

  • DAZN:月額1890円(月額1750円+税)
  • スポナビライブ:月額1598円(月額1480円+税) ※2018年5月終了
  • WOWOW:月額2484円(月額2300円+税)
  • スカパー!サッカーセット:月額2980円(税込)
  • スカパー!欧州サッカーセット:月額3980円(税込)
  • スカパー!欧州サッカーセット+WOWOW:月額6140円(税込)

 

WOWOWやスカパー等の複雑な料金体系では無く、

一律見放題というのも、ユーザーにとって嬉しい。

番組毎に別料金を払う必要が無く、

豊富なコンテンツが月額1750円+税全て視聴可能

全て見放題となっているので、月額料金以外に料金も発生しません。

スカパーのように、加入プランによって値段が大きく異なる事も無い。

DAZNで視聴できるコンテンツが超豊富。サッカー、野球は敵なし。

DAZNといえば、サッカーというイメージであり、

私も、サッカー目的で契約しはじめたのですが・・・

サッカー以外のコンテンツも、いつの間にか超豊富になってます。

年間6000以上のスポーツコンテンツが見れるダゾーン。

ホント凄いコンテンツ数です。

 

DAZNで視聴可能なスポーツジャンル

  • サッカー:Jリーグ(J1、J2、J3)リーガエスパニョーラセリエAプレミアリーグブンデスリーガ1部&2部、リーグアン、FAカップ、EFLカップ、コパデルレイ・・・
  • 野球:プロ野球11球団(巨人戦以外)MLB(主に日本人選手のチーム)
  • モータースポーツ:Formula 1、Formula 2、GP3、Monster Energy AMA Supercross、Porsche Supercup、V8
  • アメリカンフットボール:NFL(レギュラーシーズン、ポストシーズン、スーパーボウル)
  • テニス:ATP250、WTA Premier、WTA International
  • WWE:Raw、Smackdown、Experience、BottomLine、This Week
  • 総合格闘技:UFC
  • 自転車競技:ジロ・デ・イタリア
  • ラグビー:Aviva Premiership、Champions Cup、欧州チャレンジカップ、HSBC 7人制ラグビー、National Rugby League (オーストラリア)
  • ボクシング
  • バスケットボール:NBA、バスケットボールチャンピオンズリーグ(ヨーロッパ)
  • ゴルフ:PGA TOUR
  • ダーツ:Premier League
  • キックボクシング
  • 陸上:IAAF マラソン
  • 水泳
  • バトミントン
  • バレーボール:Vリーグ ※予定
  • アイスホッケー:NHL(レギュラーシーズン、プレイオフ、スタンレーカップ)※予定
  • 卓球:アジア卓球選手権
  • 体操:ワールドカップ(男子・女子総合種目)

※配信スケジュールは毎月変わるので、各自公式サイトにてご確認下さい。

DAZN公式サイト

 

日本でも人気のスポーツといえば、サッカーと野球。

その配信コンテンツのほとんどが、独占となってます。

 

2018年には、スポナビライブの終了により、

日本のプロ野球も11球団の放映権も獲得

巨人戦以外の試合は、全試合放送となってしまいました。

※巨人戦はHuluにてライブ中継(リアルタイム配信)されています。

 

DAZNは、海外企業のグローバルなサービスということで、

海外で人気のスポーツも強いです。

メジャーリーグ、モータースポーツ、バスケットボール、

アメリカンフットボール、アイスホッケー・・・

 

MLBでは、主に日本人選手チームの試合を配信をしており、

ライブ視聴だけでなく、見逃し配信も楽しめます。

2018年は、話題のエンゼルス大谷翔平選手の試合も配信決定、

田中将大選手や、イチロー選手との対決は、是非とも見たいですからね。

2018年メジャーリーグ大谷翔平選手の試合まとめ。登板予定日、イチロー・田中将大との対決日。

2018-04-08_16h18_44

 

また、いつの間にか格闘技コンテンツまで増えており、

総合格闘技「UFC」や、海外プロレス「WWE」までも視聴できるようになってます。

ボクシングの「メイウェザー対マクレガー」戦を独占配信したのも記憶に新しい。

 

とはいえ、やはり強いのはサッカー。

2017年から10年間Jリーグの放映権に続き、UEFAチャンピオンズリーグ、

ヨーロッパリーグ、スーパーカップの放映権3年間)も獲得。

いずれも独占放映権なので、今までの「スカパー」では視聴不可能へ。

野球、サッカーと「DAZN(ダ・ゾーン)」の一人勝ちになってしまったという事。

 

Jリーグ、CL、EL観るなら、DAZNしかない。チャンピオンズリーグ独占はヤバい。

サッカーファンならDAZNは外せないサービスとなってしまいました。

国内Jリーグも、

J1だけでなく、J2、J3までライブ中継と、マイナーな試合も見れるという。

地元のサッカークラブが気軽に視聴できるのは面白い!

IMG_5904

チームが有るのは知ってたけど、実際見た事は無かったから、より一層身近になった感じ。

Jリーグが、インターネットを通じて世界へ配信。

日本のサッカーが発展するにあたり、とても良いサービスではないかな。

最大30日の見逃し配信期間。リアルタイム視聴も、録画も必要も無い。

DAZNはライブ中継配信だけでなく、見逃し配信にて視聴する事も可能です。

リアルタイムで視聴できない場合は、

基本的に、ライブ放送直後から視聴可能となり、見逃し配信期間は最大30日間となっています。

※スポーツにより見逃し配信期間は異なります。

KS003585

 

現地時間に合わせて、番組表に張り付いている必要も無く、録画予約する必要も有りません。

視聴期限までなら、何度でも繰り返し視聴も可能だし、期間まとめて一気見もできる。

自分の好きなタイミングで、スポーツ中継が見れるってのは、ホント便利。

見逃し配信が便利すぎて、リアルタイムで見なくなるという。

ハイライト機能で、DAZN独自のダイジェスト番が視聴可能。

DAZNで超使えるのが、見逃し配信をダイジェスト視聴できる「ハイライト」機能が有ること。

フルタイムだと2時間くらい消費してしまう試合・・・数分で良い場面だけ楽しめます。

自分で早送り再生して、掻い摘んで見る必要も無くなりました。

 

スマホアプリの場合。画面下タップでハイライト版に切り替えられます。

IMG_5960

パソコンのWEBブラウザの場合。右下にハイライトボタン。

KS003586

テレビアプリの場合、動画下の方にハイライトに切り替えるボタンが出てます。

IMG_5896

Apple TVの場合は、再生前にハイライトかフルタイムか、選択できます。

IMG_5900

 

ほとんどのスポーツ中継で、ハイライト版が有るので、視聴する試合の幅も広がりました。

せっかく見れるから、興味ない試合にこそオススメ。

普段は見ないスポーツも、ハイライトで新しい発見が有る。

新たなスポーツに興味も湧いてくるという。

 

DAZNには、試合のハイライトだけでなく、DAZNオリジナルコンテンツも有る

節ごとのハイライトや、週間ベストプレー特集とか、オリジナルドキュメントとかとか・・・

これだけでも、十分見ごたえがある。ただ試合を放送するだけじゃないってのは最高。

KS003583

なんだかんだで、サッカーコンテンツばかり見てますけど。

アンテナ工事&初期費用が不要。必要なのはインターネット回線のみ。

海外スポ―ツ中継を見る手段といえば、

WOWOWやスカパー等の衛星方法を契約するしかなかったですが・・・

 

DAZNは衛星放送では無いので、契約も簡単でアンテナ工事も要りません。

アンテナ設置、CS対応テレビ、B-CASカード、チューナーレンタル・・・必要有りません。

オンラインで申込みして、申込した端末で即視聴開始できます。

 

その対応端末も豊富で、わざわざ視聴機を用意するって人も少ないハズ。

WiFi環境さえあれば、スマホでスポーツ中継見れてしまいます。

IMG_4226

ラジオ並の手軽さで、映像までも流れるという素晴らしさ。

視聴端末を増やしても、追加料金も要りませんし、複数端末で同時視聴も可能となってます。

DAZNの対応端末は豊富。ゲーム機PS3、PS4にも対応へ。

DAZNは、HuluやNetflix等の動画配信サービス同様、

多くの端末で視聴可能となってます。

 

DAZNの対応端末

  • スマートフォン:Android、iPhone
  • タブレット:Android、iPad、Amazon Kindle Fire
  • パソコン:Windows、Mac
  • スマートテレビ:Android TV(SONY ブラビア等)、Panasonic Smart TV、TOSHIBA Smart TV
  • ブルーレイプレーヤー:DIGA、Panasonic製ブルーレイプレイヤー
  • セットトップボックス:Amazon Fire TV、Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TV、ひかりTV対応チューナー
  • ゲーム機:Xbox One、PS3、PS4、PS4 PRO

 

スマホ、タブレット等の携帯端末だけでなく、

スマートテレビ、パソコンにも当たり前に対応。

 

テレビで視聴する為の端末も増えており、

2017年8月には、遂にプレイステーション3&プレイステーション4にも対応、

KS003582

Amazon Fire TV、Chromecast、Apple TVと主要なセットトップボックスにも完全対応しています。

動画配信サービス視聴にオススメの再生端末まとめ。対応機種による動作と画質の違い。

自宅の大画面で楽しむ為の選択肢も豊富になってます。

2台まで同時視聴が可能。登録デバイスは6つまで。

インターネット経由の動画配信は、同時視聴できないサービスが多いのですが、

DAZNは、2つの端末まで同時視聴が可能となってます。

同時視聴可能台数について

DAZNは同時に2つの端末までご視聴いただけます。
また、6つの端末まで登録することが可能です。
3つ目の端末でDAZNにサインインすると、それ以外の端末のうち、1つのライブストリーミングが停止します。

同時視聴可能台数について – DAZN

WOWOWも2台目以降は、1台あたり月額900円+税の追加料金取られますからね。

 

複数の家族が同時に別のスポーツ中継を見れる。

テレビ、スマホ、ゲーム機・・・と対応機器も多いので、

家だけでなく、外出時でも同時視聴できてしまうという。

 

実際に、3つ以上の端末で同時視聴を検証してみたところ

端末5台で・・・難なく同時視聴できてしまいました。

IMG_4240

追加でApple TVでもDAZNアプリを起動したところ、こちらも同時に視聴できてしまいました。汗

長時間流し続けてみましたが、停止する気配も有りませんでした。

 

同時視聴6台まで確認しましたが・・・ルールは2台までという事なので。

良い子は真似しないように。

大家族でも同じタイミングで3台以上、起動する事は稀だと思うけどね。

 

ちなみに、デバイスは6台まで自動的に登録され、7代目以降になると古い方から削除される仕組み。

登録デバイス数をオーバーすると、IDパスワード再入力が必要となり、ログインの手間が増える感じ。

KS003581

タブレット、テレビ、パソコンと、名称がザックリ過ぎるので、

どの端末か分からないってのは難点ですね。

DAZNのデメリット。

DAZNはスポーツ中継の革命児ですが、

まだまだ発展途上の新しいサービスという事で、使って気付く不便な点も多く有ります。

DAZNのデメリット、改善してほしい点。

 

動画の録画や保存が不可能。見逃し配信は1週間がほとんど。

見逃し配信は最大30日間というのが、メリットでありデメリットでも有ります。

DAZNは録画が不可能なので、長期保存は不可能です。

1カ月前の中継を視聴したいと思っても、見逃し配信は既に終了しています。

スカパーだったら録画ができたのに・・・っていう。

熱狂的なファンだったら保存もしたいよね。

 

また、見逃し配信期間30日というのは、主に日本のJリーグに限った話であり。

Jリーグ以外の欧州サッカー、他のスポーツ中継の見逃し配信期間は約1週間というのがほとんど。

 

J1、J2、J3の場合は、視聴期限は一カ月後に設定されていますが・・・

KS003589

欧州サッカーのほとんどが、視聴期限は一週間後に設定されてます。

KS003593

一カ月間見れるという勘違い。最初の頃は見逃し配信も見逃してました。

 

稀に、一週間未満の見逃し配信も有るので注意。

KS003592

 

他のスポーツも、ほとんどの中継で視聴期限は約一週間で設定されていました。

KS003594KS003591KS003595KS003596

 

ちなみに、メイウェザー VS マクレガー戦は、2018年の2月末まで視聴できるようです。

KS003590

見逃し配信は、1カ月というものは少なく、1週間が大半だという事。

勘違いしないように。

画質の1080pに疑問。画質の選択が不可能でアプリの安定性も欠ける。

DAZNは1080pの画質にも対応しているとの事ですが、

その画質は、HuluやNetflixでいうHD画質とは程遠い。

1080p、720pってなってるけど・・・どう考えても、そんな綺麗だとは思えない。

動画配信サービスの画質「SD、HD、フルHD、4K UHD、480p、720p、1080p」の意味と違い。

体感としてSD画質(480p)未満で再生される事がほとんどです。

 

LIVE放送という事で仕方ないと思ってましたが・・・

見逃し配信やハイライトでも、映像の乱れが凄い。

 

色々な動画を視聴してみた結果、

動画により画質の安定性も様々で、視聴端末にもより画質はマチマチな気がした。

 

多くの人が視聴するであろう、スマホアプリでの視聴感。

同時視聴を検証する時にも確認しましたが、

同じ中継を再生してるのに映像のバラつきが激しく、タイムラグも大きい。

動画_170927_0050

左下と右下がiPad Pro。左上iPad Air、右上iPad mini。

端末性能が上だから画質が安定するって事も無かった。

WiFiルーター接続(5Ghz帯)で、50Mbpsは余裕で出てるから、通信回線のせいってワケでも無いハズ。

 

端末による性能というよりも、スマホアプリ上での画質が安定していない。

止まるワケでは無く、あくまで画質が劣化する事が頻繁あるという感じ。

パソコンのブラウザ視聴も、SD画質並で、あまり綺麗では無い。

KS003598

 

画質は視聴する動画にもより大きく異なり、画質が酷い物も有った。

綺麗に映る方が稀だったラグビー中継。常時ボケボケで見れたものじゃなかった。

KS003597

見逃し配信でこんな感じなので・・・サーバー混雑とか関係無いと思うんだけど。

 

時間が解決する時も有り、時間が解決しない時も有る。

パソコンよりもスマホ、スマホよりもテレビの方が綺麗なイメージ。

テレビで見るなら、Amazon Fire TVやApple TVを外付けすると割と綺麗に見れるけど、

それでも1080pというのは言い過ぎかと。残像感も気になるから。

ダウンロード視聴(オフライン再生)も不可能。固定回線は必須。

今時は、オフライン視聴に対応している動画配信サービスも増えてきましたが・・・

オフライン視聴(ダウンロード再生)可能な動画配信サービスまとめ。

DAZNの動画はダウンロード保存ができないので、オフライン視聴も不可能となってます。

 

また、DAZNの画質は自動調整なので、パケット使用量の判断が付かないというのも有る。

汚い画質で無駄にパケット消費されたら、納得もできないよね。

公式ホームページで確認してみると、推奨回線速度は以下のように記載されています。

インターネット通信環境
・標準画質(720p)での動画のご利用時に推奨されるインターネット接続スピードは、5.0Mbpsです。
・HD画質(1080p)での動画のご利用時に推奨されるインターネット接続スピードは、9.0Mbpsです。

推奨環境について – DAZN

推奨環境を満たしていても、画質が汚いというツッコミは置いといて、

1080pで1時間も視聴すれば1GBオーバー。2時間で2GB前後といったところ。

インターネットの動画視聴に必要な通信速度とデータ通信量。

 

DAZNは、インターネット回線さえあれば視聴できてしまいますが、

長時間視聴となると、やはり固定回線は必須です。

モバイル回線だけで視聴するなら、

3日間10GB制限のWiMAX2+のギガ放題なら、イケるかなといった感じです。

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

 

ちなみに、2018年にDAZNは、一部のコンテンツにてダウンロード対応予定を発表。

今後の発展に期待大ですね。

大画面テレビでDAZNを視聴するベストな方法を模索。

DAZNは画質が微妙なんですが、端末次第で割と綺麗に視聴できます。

再生端末を別にして、テレビへ出力するのが、動作も画質も綺麗でオススメ。

大画面で視聴した方が迫力も有り、

音響次第でスタジオに居るような臨場感も楽しめます。

 

で、ここで問題なのが、テレビに出力する方法次第で、

DAZNの操作性や、画質の安定性が異なるという事。

 

DAZNをテレビに出力する方法

  • スマートテレビを使う
  • ブルーレイプレーヤーを使う
  • ゲーム機(Xbox、PS3、PS4)を使う
  • Amazon fire TV、fire TV stickを使う
  • Google Chromecastを使う
  • AppleTVを使う

 

スマートテレビには、DAZNアプリが有るので直接起動できますが・・・

IMG_5889

私はブラビアで試しましたが、テレビアプリは処理が重すぎます。

外付けの専用機に比べると、反応が遅いし、ストレス貯まる操作性なのでオススメしません。

 

色々試した結果、DAZNで安定して美しく視聴できるのは、

専用アプリの有る「Apple TV(第4世代以降)」と「Amazon Fire TV」&「Amazon Fire TV Stick」。

コストパフォーマンスが高いのは、格安なAmazon Fire TV Stick。

20170927_170927_0010

 

ChromeCastはスマホ端末からミラーリング(キャスト)する都合、

スマホに依存するし、スマホアプリの時点で画質が安定していないから。

IMG_4228

iPhoneならAirPlayも可能ですが、わざわざスマホから転送する必要は無いかな。

IMG_5964

 

Amazon Fire TV Stickなら、専用アプリで単独起動もできる。

20170927_170927_0006

Fire TV Stick(第二世代)の進化で動作もサクサク。

20170927_170927_0003

画質も、タブレットやPCに比べて安定して綺麗だし、

再生してから画質が綺麗になるまで、時間がかかるような事も無い。

 

Amazon Fire TV Stickは第二世代となり、処理早くなってるし、

Fire TV Stickは、主要動画配信サービスに対応しまくってるから。

動画配信サービス視聴にオススメの再生端末まとめ。対応機種による動作と画質の違い。

DAZNは4K未対応だから、上位モデルのFire TVは不要。

実際、Fire TV Stickと併用して比べて視聴してるけど、

動作は変わらず。Fire TV Stickスッゲって感じです。

 

Apple TVの専用アプリも良かったんだけど、値段が高いから・・・

他でもApple TVも使う人向け。

ゴリゴリのAppleユーザーでないと、むしろもったいない。

 

個人的には、リモコンもAmazonリモコンの方が操作しやすい。

カーソル移動の為の、上下左右ボタンは有った方が良い。

20170927_170927_0007

Appleのタッチリモコンは、タッチ操作で微調整するのが難しい。私は慣れないわ。

DAZN登録に必要な情報。解約方法もカンタン。

DAZNは簡単に視聴開始できるのも魅力。

申込みページから入力する内容も必要最低限です。

DAZN申込みページ

必要な情報は、姓名、メールアドレス、クレジットカード情報のみ。

KS003569

クレジットカード情報を入力しますが、一カ月間は無料トライアルが有ります。

KS003570

入力情報も少ないので、登録は数分で完了。

そのまますぐに動画視聴開始となります。

 

無料期間中に解約すれば、料金は一切発生しないってのは、

他社動画配信サービスと一緒。

マイアカントにログインすれば、「退会する」ボタンもすぐに見つかります。

KS003572

退会に際しては、理由を選択するくらい。

KS003573

解約方法も簡単だから、気軽に試せるってのは非常に良いと思います。

 

ちなみに、ドコモユーザーの場合は、

dアカウントを利用しての申込みとなり、申込ページも異なります。

DAZNでは支払い方法は、クレジットカード払いのみですが、

DAZN for docomoの場合は、ドコモの支払い同様に銀行口座引き落としも可能となってます。

 

ドコモユーザーなら割引料金で利用できるのですが、

同じくドコモの動画配信サービスdTVと併せて契約する事により、

よりお得に利用する事が可能となります。

 

DAZN for docomoとdTVのセット料金

  • ドコモ契約者:月額1280円+税
  • ドコモ契約者以外:月額2050円+税

 

dTVは月額500円と、他社動画配信サービスと比較してもダントツに安い。

dTVを契約し続けて気付いたメリット・デメリット。

ただでさえ格安な料金ですが、

DAZNと併せて契約することにより+300円で利用可能になるという。

 

このセット割引は、ドコモ契約者以外でも利用可能で、

ドコモユーザー以外の場合は1750円+300円→合計2050円で両サービスが利用可能となります。

 

スポーツコンテンツ見放題サービスはDAZN以外無いから。

色々とデメリットも記載しましたが、

DAZNは、まだまだ始まって間もないサービスだという事。

ものすごい勢いで、コンテンツも増えているし、

ものすごい勢いで、サービスも良くなっています。

 

日本でも人気の有るスポーツ中継が見放題。

サッカー、野球だけも凄いコンテンツ。

今後は、ダウンロード視聴にも対応予定。

こんなサービスDAZNしかないから。

 

DAZNにも、1か月無料お試し期間も有りますので、

スポーツ中継の革命を、是非とも体験してみてください。

DAZN 1カ月無料トライアル

 

WOWOW、スカパー・・・

アンテナ付けてスポーツを視聴する時代も、終わりなのかもしれませんね。

そもそも衛星放送っていう時代では無いのかも。

スポーツに限らず、動画はオンラインで見放題する時代ですから。

見放題の動画配信サービス徹底比較。オススメVODランキング。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です