iPhone、iPad、PCでテレビ視聴&録画する方法。ワンセグ、フルセグ、チューナー、レコーダーの違い。

テレビをiPadで視聴する方法

一人一台スマホを持つ時代、

いわゆる「テレビ」という機械なんて要らないわけで、

スマホでテレビを見るという選択肢も有ります。

 

「テレビ」が無くなれば、部屋は広くなり、

スマホ視聴できれば、どこでも「テレビ」も持ち運べる。

想像以上に便利なので、今回はその方法について。

「テレビ」に依存する生活ともオサラバさ。

テレビの定義とテレビの仕組み

どうやったらスマホでテレビが見れるのか?の前に、

根本的な話、テレビって何なのか?

テレビが映る仕組みを理解しておいた方が話も早い。

 

ディスプレイ≒テレビと使われがちですが、

地上波放送を受信して、そのまま見れるのが「テレビ」。

ただ映像出力できる画面は「ディスプレイ」。

テレビとディスプレイの違い

主にPC向けに売られているのが「ディスプレイ」であり、

「ディスプレイ」と「テレビ」の違いは、

テレビチューナーの有無だけと考えて良い。

ディスプレイ+テレビチューナー≒テレビなのさ。

 

よって、PCディスプレイでも、

テレビチューナー(地デジチューナー)を接続すればテレビになる。

外付けの地上デジタルチューナーというやつ。

 

最近は、Android TV OS内蔵の「スマートテレビ」も増えてますが、

従来の「テレビ」にAndroid機能を付けただけ。

TVにAndroid内蔵ってスペック的にも厳しい印象。

正直、Chromecastで代用できますし、Amazon Fire TVのが断然使いやすい。

Appleユーザーなら、Apple TVという選択もある・・・

まぁ、この辺は、持ってる端末に合わせたら良いと思うけど。

Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVの比較と違い。動画再生端末の選び方。

専用OSのSTBって、Android TVに比べて処理もスゲー早いですから。

 

また、テレビチューナーは、あくまでチューナーなので、

地上デジタルを受信する為のアンテナは内蔵していません

自宅に地デジアンテナ(UHF)が無ければ、そもそも受信できませんので、

いわゆる「テレビ」というのは、家にアンテナが有る前提の機械というわけです。

※CATVや光回線(フレッツ・テレビ)を介して受信する方法も有ります。

 

壁のアンテナ端子にアンテナケーブルで繋くことで、

テレビは受信した映像を出力できる。

 

というわけで、スマホに無いのは「アンテナ」と「チューナー」。

この問題をどうクリアするか?考えて行きたいと思います。

ワンセグ・フルセグ

スマホでテレビといえば「ワンセグ」。

車でもお馴染み、移動向け放送波を受信する方法です。

 

ワンセグは、デジタル放送で登場した、モバイル専用セグメント。

地デジ放送は、1チャンネル13セグメントに分割して配信され、

そのうち12セグメントが家庭用、残りの1セグメントがモバイル用

ワンセグメントなので「ワンセグ」と呼ばれるわけ。

フルセグとワンセグの違い

より高画質な「フルセグ」も登場しましたが、

「ワンセグ」に対しての「フルセグ」という話なので・・・

要は、家庭用の12セグメントで受信できるという事です。

  • 1セグメント=ワンセグ→モバイル向け
  • 12セグメント=フルセグ→家庭向け

 

ワンセグ、フルセグ内蔵のスマホも有りますが、

フルセグやワンセグって日本のテレビ放送に対応した日本だけの機能。

日本製スマホ&タブレット&PCは、あんまり売れていないわけで・・・

そこで用意するのが、外付けワンセグ&フルセグチューナー。

ピクセラ製がメジャー、USB接続にてWindows&Mac&Android対応。

 

iPhone、iPadで使えるフルセグ対応モデルも登場しています。

 

一概に「フルセグ」が良いというわけではなく、

「フルセグ」対応だから、感度が強くなるというわけでも有りません。

フルセグは高画質≒情報量が多い→より電波強度が必要となります。

 

電波の受信状態が悪くなると、ほぼ視聴できなくなるわけで、

「ワンセグ」に切り替えるという方法になる。

「フルセグ」と「ワンセグ」両対応のチューナーが多いのもそういう理由。

フルセグが受信できない場合は、ワンセグに自動的切り替わるやつ。

 

一方、「ワンセグ」は画質が悪い→少ないデータ量でOKなので、

対応エリアも広くなり、建物内の視聴にも強くなるわけ。

電車、車内、地下、トンネル、ビルの陰、室内・・・

移動することも安定しなくなる要因。

実際のところ、モバイル媒体で「フルセグ」の条件を満たすのも難しいと思ってる。

 

ちなみに、1セグメントで送信できるデータ量は約300Kbpsとのこと。

地上デジタル放送は、1080i(30fps)相当なんで・・・

動画の画質と解像度「SD、HD、フルHD、4K UHD、8K、480p、720p、1080p、HDR、Dolby Vison」の意味と違い

フルセグのデータ量で考えても、3Mpbsくらいは必要になるんじゃないかなと。

インターネットの動画視聴に必要な通信速度とデータ通信量

※ワンセグの解像度はQVGA(320×240 or 320×180)です。

 

受信するデータ量が増えるということは、

処理するスペックも必要となり、消費電力も増える

これもフルセグの地味なデメリット。

 

我が家の車はフルセグにも対応してますけど・・・

思ったよりも入らない印象。4chアンテナでこれですからね。

 

わざわざスマホにワンセグチューナー付けるなら、

フルセグ対応のポータブルテレビのが良いんじゃないかと。

ポータブルテレビの値段も格安で、画面も大きい。

下手にチューナー買うよりも安いので。

 

タブレットが良いなら、HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 WPが最強。

地デジチューナー搭載で防水機能まで付いているし、

Androidアプリを使って、動画配信サービスも見まくれます。

ブルーレイ、DVDレコーダー、タイムシフトマシン

テレビ番組を録画するのが目的の機械。

DVDレコーダー、BDレコーダー、タイムシフトマシン・・・

録画する先は様々ですが、スマホでも視聴できる録画機が増えています。

 

Panasonicの「お部屋ジャンプリンク」、TOSHIBAの「レグザリンク・シェア」、

SONYの「ソニールームリンク」、SHARPの「スマホ連携」・・・

名称は違えど、全て同じスマホでリモート視聴できる機能。

対応製品も増えています。

 

最近のブルーレイレコーダーは、

Android TVと同じように、インターネット接続も可能となっており、

自宅のWiFiと専用アプリを使って、スマホに転送するという仕組み。

もちろん、録画機なので録画番組も転送できます。

スマホ専用アプリ

  • SONY:Video & TV SideView:Remote
  • TOSHIBA:スマホdeレグザ
  • Panasonic:どこでもディーガ
  • SHARP:AQUOSリモートプレーヤー

 

ワンセグやフルセグとの違いは、自宅のテレビ端子で受信するということ。

自宅のアンテナを使うので受信感度は強く、高画質となる。

テレビチューナーが複数内蔵も当たり前なのもメリット、

1台あれば、複数台のスマホやPCで同時視聴できます。

 

自宅から転送して再生するという点に注意です。

データ転送というわけで、データ通信が必要であり、

データ容量だけでなく、データ通信速度も必要になりますので。

特に、外出時のストリーミング再生は危険ですので・・・

外では、録画番組の持ち出しがメインとなるかと。

ネットワークレコーダー(録画番組サーバー)

ブルーレイ録画機のネットワーク機能だけ使いたい。

結局の所、テレビチューナーとネットワークHDD(NAS)さえあれば、

時代遅れのブルーレイも、高額なタイムシフトマシンも要らないよね?

 

DLNA&DTCP-IP対応のワイヤレスTVチューナー。

DLNA、DTCP-IP、NASとか難しいけど、

簡単に使える録画サーバーが・・・Nasneでした。

IMG_0874

現在では、Nasneは生産終了となってしまいましたが、

似た機能を持つ録画サーバーが多々登場しています。

 

ピクセラ製の「Xit AirBox」や、IODATAの「テレキング」。

最終的に「REC-ON」を選びました。

HDD録画、同時ストリーミング視聴、録画ダウンロードと完璧です。

nasne代替機として「REC-ON」を購入。「テレキング」との違い、メリット・デメリット。

 

そもそもの話、大手メーカーのスマホ転送の仕組みを理解すれば、

高額な録画機は不必要となります。

ソニールームリンクとか、レグザリンク・シェアとかとか、

各メーカーで名称は違いますが、要はDLNAやDTCP-IP対応してるって話。

「おうちクラウドDIGA」とかも出ましたけども、

結局の所、ファイル共有サーバー(NAS)ですからね。

 

配信側と再生側でDLNAやDTCP-IPに対応していれば、

再生アプリ問わず使えるということ。

使いづらいメーカー公式アプリに縛られる必要もありません。

 

例えば、DiXiMは、様々な端末に対応しており、

DIGA、REGZA、AQUOS、SONY BDZ・・・と再生可能。

DiXiM Play Fire TV版アプリを使って、

Amazon Fire TV Stickから、録画番組を視聴するなんてこともできるわけ。

Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVの比較と違い。動画再生端末の選び方。

Fire TVから大画面ディスプレイへ出力する。

もぅ、こうなるとホント「テレビ」は要らないんだな。

VODサービス(TVer、NHK+)

ほとんどのテレビ番組は、オンラインで配信されているので、

インターネット回線さえあれば、テレビ番組は視聴できます。

テレビや録画機だけでなく、アンテナやチューナーも不要になりつつ有る。

 

「見逃し配信」といえば、TVer

放送終了後から約7日間見放題

無料で約300番組が視聴できるようになってます。

 

スマホ、タブレットだけでなく、

Fire TV、Apple TVやChromecastにも対応、

難点は、CMが多いのと、ストリーミング再生という事。

無料の「TVer(ティーバー)」酷評レビュー。使って気付いたデメリット。

 

NHKでは、NHK総合&Eテレ番組を、

オンラインの「NHKプラス」で同時配信&見逃し番組配信スタート。

受信契約者情報だけで、リアルタイムに放送されているNHK番組が見れる。

既に地デジアンテナも要らないんだな。

※一部配信されない番組も有ります。

 

TVer以外にも、民放テレビ各社、独自の動画配信サービスを運営中。

日テレは、Hulu。

フジテレビは、FOD。

TBS&テレビ東京は、Paravi。

テレビ朝日は、TELASA。

U-NEXTでは、各民放の国内ドラマ、NHK番組を配信中。

 

各社VODサービスの配信コンテンツは増え続けており、

過去の名作ドラマやバラエティ番組も見まくれます。

スマホアプリの質も高く、ストリーミングでサクサク視聴可能。

 

FOD以外は、全て動画ダウンロードに対応

オフライン環境でも視聴できるようになってますので。

オフライン視聴(ダウンロード再生)可能な動画配信サービスまとめ。

スマホ、PCでテレビ視聴まとめ

スマホでテレビ番組を視聴する方法は様々有りますが、

リアルタイムで視聴することを諦めれば、

その選択肢は増え、難易度も下がる気がしました。

 

テレビ離れが進むとは言いますが、

報道番組の速報性や信憑性も、薄れましたからね。

インターネットの方が情報が早い時代、

リアルタイムでテレビを視聴する意味も無くなったのかなと。

 

録画した番組を貸すってのも過去の話。

わざわざブルーレイ録画機能なんて要らないし、

録画番組をスマホでリモート再生できるといえど、

やはりVODサービスのようには行きません。

 

サクサク視聴したいなら、録画番組の持ち出し。

むしろ、ダウンロード機能さえ有れば良いと思う。

その点、REC-ONは最高、HDD録画機としても優秀でした。

nasne代替機として「REC-ON」を購入。「テレキング」との違い、メリット・デメリット。

 

わざわざテレビ買うよりも、私ならiPad。

テレビだけでなく動画配信サービスも視聴できる。

場所も取らず、持ち運べる。車でも視聴できる。完璧。

車で動画再生するならiPad+格安SIMが最強。カーナビDVDからタブレットへ切り替えた理由。

セルラーモデルはGPS内蔵で、カーナビとしても便利だから。

車のカーナビではなくiPadでGoogleマップを使う理由。iPadをカーナビ化する方法。

 

一見便利なような、タイムシフトマシンも、ただのHDDの無駄遣い。

そんなに番組を見る余裕も無いし、

過去の番組のほとんどは、オンラインで視聴できることに気づく。

外付けHDDって耐久性も低く、

タイムシフトって常時稼働故に、故障リスクも高いわけで。

まぁ、不要な機能を求めて、無駄にお金を使わないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です