Chromecast with Google TVとAmazon Fire TV Stick 4K Maxの比較と違い

Chormecast with Google TVとAmazon Fire TV Stickの違い

Amazonの「Fire TV Stick」とGoogleの「Chromecast」。
2020年には、Chromecastが「Chromecast with Google TV」へ進化。
2022年には、廉価版モデル「Chromecast with Google TV HD版」も登場。

Amazon Fire TVは、ちょっとヤベーんじゃないの?
ってわけで、比較したいと思います。
Chromecast with Google TV・・・だいぶ良くなってますね。

【12月1まで】Amazonブラックフライデー

Fire TVシリーズ最大50%OFF!

基本スペックの違い

HDモデルの比較

Fire TV StickもChromecastも、HDモデルと4Kモデルの2種類発売されていますが、
正直、どちらもHDモデルは微妙です。

今回比較したいのも、上位モデルの4Kモデルなのですが、
まず、HDモデルが微妙という理由から、軽くスペックも見ておきます。

敢えてHDモデルで購入するなら4,980円の「Chromecast with Google TV HD」です。
2022年9月に発売されたばかりのモデルであり、スペックという点でも上かなと。

 Fire TV Stick
(第3世代)
Chromecast with Google TV HD
(2Kモデル)
発売年2020年9月30日2022年9月22日
価格4,980円4,980円
本体サイズ85.9 × 30 ×13 mm
※スティック型
162 x 61 x 12.5mm
※円形型
重量32.0g55g
CPUクアッドコア1.7 GHzクアッドコア
Amlogic S805X2
メモリ1GB1.5GB
ストレージ8GB8GB
リモコンAlexa対応
音声認識リモコン
(第3世代)
Chromecast音声リモコン
Googleアシスタント対応
オーディオDolby AtmosDolby Atmos
解像度フルHD(1080p, 60fps)フルHD(1080p, 60fps)
HDRHDR10、HDR10+、HLGHDR10、HDR10+、HLG
Wi-FiWi-Fi 5Wi-Fi 5
BluetoothBluetooth 5.0不明
入出力端子HDMI
Micro USB(電源用)
HDMI
USB Type-C(電源用)

下位モデルは、いずれもスペックが大幅に低い端末。
Fire TVは、上位モデルに比べて古いって点でも、選ぶ必要も無いと思う。
価格差以上にスペック差もありますので。

Amazon Fire TV Stick 4K MaxとフルHD版の違い。歴代Fire TV Stickの種類、新型と旧型の比較。

Chromecastは、2年経ったのに4Kモデルに比べて大幅に性能が劣ります。

最新Chromecast with Google TV HDと4Kモデルの違い。歴代クロームキャストの種類、新型と旧型の比較。

動作スピードも比較しましたが、2年前の4Kモデルが早いです。
2年間何してたの?って話。見た目も一緒でパッケージも使いまわしでした。

4Kモデルの比較

続いて、今回本題の上位モデルの比較。
Fire TV Stick 4K MaxとChromecast with Google TV。

いずれも4K HDR対応で、Amazon Fire TV Stick 4K Maxは6,980円
Chromecast with Google TVは7,600円
約600円ほどGoogleが高額なのだけども、できる事は結構違います。

 Fire TV Stick 4K MaxChromecast with Google TV
発売年2021年10月7日2020年11月25日
発売価格6,980円7,600円
本体サイズ99× 30 ×14 mm
※スティック型
162 x 61 x 12.5mm
※円形型
重量48.4g55g
CPUクアッドコア1.8 GHzクアッドコア
Amlogic S905X3
メモリ2GB2GB
ストレージ8GB8GB
リモコンAlexa対応
音声認識リモコン
(第3世代)
Chromecast音声リモコン
Googleアシスタント対応
オーディオDolby AtmosDolby Atmos
解像度4K Ultra HD
(2160p、60fps)
4K Ultra HD
(2160p、60fps)
HDRHDR10
HDR10+
Dolby Vision
HLG
HDR10
HDR10+
Dolby Vision
HLG
Wi-FiWi-Fi 6Wi-Fi 5
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 4.2
入出力端子HDMI
Micro USB(電源用)
HDMI
USB Type-C(電源用)

Chromecast with Google TVでも音声リモコンが付き、OS内蔵へ。
ようやくFire TV と同じ事ができるようになった・・・と思いましたが、
そう簡単な話でも有りませんでした。

Fire TV Stick 4K Maxは、2021年に発売した端末。
スペック的な部分で、2020年発売のChromecast with Google TV 4Kモデルより優れておりWi-Fi 6にも対応
実際、Chromecast with Google TVと比べて動作速度という点でも早かったです。

快適に動画視聴をするのが目的なら、Fire TV Stick 4K Maxの方が良い。

Fire TVには、更に高スペックなFire TV Cubeも有りますが、
正直、コストパフォーマンスが悪いのでおすすめしません。

最新Amazon Fire TV Cube第3世代と第2世代の違い。Fire TV Stick 4K Maxと比較したメリット・デメリット。

Fire TVシリーズの中で買うべきは「Fire TV Stick 4K Max」です。
これは2023年末に新型が出るまで変わりません。

対応アプリ数の違い

「Fire OS」と「Android TV OS」とOSが違うわけで、
使えるアプリも「Fireアプリ」と「Andoroidアプリ」くらいの違いが有るのさ。

OSの違いは思ったより以上に大きい。というわけで続きます。

動画配信サービス系のアプリは、両社ともに大差なく、
動画を観る事においては、どちらかが不便ということは無いと感じました。

これはApple TVも同じ。
動画配信サービスには、いずれの端末も一通り対応しています。

Amazon Fire TV Stick、Chromecast with Google TV、Apple TVの比較と違い。ストリーミングデバイスの選び方。

AmazonでもYoutubeアプリが使えるようになったし、
ChromecastでもAmazonPrime VideoやTwitchアプリに対応しています。

Fire TV対応アプリ一覧:動画配信

 Amazon
Fire TV Stick
Chromecast
with Google TV
Apple TV
Youtube
Netflix
ディズニープラス
Amazon Prime Video
Amazonビデオ
Apple TV+
iTunes Store ビデオ
Google Play
映画&TV
×
※AirPlay
U-NEXT
ABEMA
TVer
※AirPlay
GYAO!
※AirPlay
Hulu
FOD
TELASA
Paravi
dTV
dアニメストア
※AirPlay
TSUTAYA TV×
ビデオマーケット
WOWOWオンデマンド×
クランクイン!ビデオ×
バンダイチャンネル
Rakuten TV
DMM動画プレーヤー
Twich
ニコニコ動画
TED
Dailymotion
※キャスト
Vimeo
※キャスト
Udemy
※ブラウザ再生

※キャスト

※AirPlay

Fire TV対応アプリ一覧:スポーツ&フィットネス

 Amazon
Fire TV Stick
Chromecast
with Google TV
Apple TV
DAZN
NBA Rakuten
J SPORTS
オンデマンド
SPOTV NOW×××
RedBull TV
MLB.TV
LEAN BODY
※ブラウザ再生

※キャスト

※AirPlay
SOELU
※ブラウザ再生

※キャスト

※AirPlay

テレビを見るために必要なDTCP-IP対応アプリも、
Fire TVアプリで一通り対応しています。DiXiM Playが使えれば最高。

対応アプリ一覧:DTCP-IP

 Amazon
Fire TV Stick
Chromecast
with Google TV
Apple TV
DiXiM Play×
nasne
torne mobile
×
REC-ON
※REC-ON Cast

※キャスト
×

・・・で、違うのは動画以外のアプリ
Chromecast with Google TVの方が、圧倒的に使えるアプリが多い
対応アプリが多いということは、できることが多いということ。

【2022年最新】Chromecast with Google TVのできること。メリット・デメリット、対応アプリ。

例えば、私が良く使うのが、ゲーム系アプリ。単純にゲームアプリが多いってのも有るけど、
Chromecast with Google TVは「Steam Link」や「GeForce Now」にも対応しています。

対応アプリ一覧:ゲーム

 Amazon
Fire TV Stick
Chromecast
with Google TV
Apple TV
GeForce Now××
Steam Link×
Moonlight
Xbox Cloud Gaming×××
Luna
※日本未提供
××
Google Stadia
※サービス終了
××
Google Play ゲーム××
Amazonアプリ××
Apple Arcade
App Storeゲーム
××

Xboxコントローラーにも対応しているし、
あの小さい端末だけで、ハイスペックゲームができてしまうの。
ストリーミングゲームだから、Chromecast with Google TVがハイスペックである必要が無い。

GeForce Nowなら自宅にPCも不要。
Wifi環境だけで、フォートナイトもサクサクに楽しめますからね。
未だにApple TVは未対応であり、EpicはAppleと揉めに揉めている。

※参考→GeForce NOWレビュー。Steam Linkと比べたメリット・デメリット。 | ツカツカCAMP

Fireアプリって、Androidアプリに比べると微妙。
今でこそ、Fire TVでYoutubeアプリが登場しましたが、
Google端末やGoogleアプリに制限があるのは事実。

ブラウザアプリだってSilkにFirefoxだし、Youtube Musicも無い。
音楽アプリの対応状況も異なるのです。

対応アプリ一覧:ミュージック

 Amazon
Fire TV Stick
Chromecast
with Google TV
Apple TV
Spotify
Youtube Music××
Amazon Music
Apple Music××
TIDAL Music
Deezer××
AWA××
LINE MUSIC×××

Fireタブレットと、Androidスマホ&タブレットだったらAndroidを選ぶよね?
AndroidベースなのにAmazon縛りが有るわけで、私はFireタブレットも苦手です。

Amazon Fire HDレビュー。iPad、Androidタブレットと比較したデメリット。

アダルト規制の違い

動画サービスへの対応は大差無いと言いましたが、
アダルト視聴という点では、Fire TVの方が優れています。

Google Play Storeは、アダルトコンテンツに規制が有るので、
Android TVアプリからは、直接アダルト作品の視聴ができないのさ。
これはApple TVも同じ、AppleのAppStoreもアダルト規制が有るからね。

U-NEXT(H-NEXT)、DMM(FANZA)楽天TV(AV見放題)・・・と、
わざわざ、スマホからキャストやAirPlayする必要が有るのです。

対応アプリ一覧:動画配信(アダルト)

 Amazon
Fire TV Stick
Chromecast
with Google TV
Apple TV
H-NEXT
※キャスト

※AirPlay
FANZA
DMM

※キャスト

※AirPlay
楽天TV
※キャスト

※AirPlay
ソクミル××
XCITY
※キャスト

※AirPlay
MGS動画×
※キャスト

※AirPlay

一方、Fire TVアプリには、アダルト規制が無いので、
Fire TVのリモコンだけでアダルトコンテンツが表示できるのです。

別にアダルト見ないしって思ってましたけど見れるなら仕方ない。
動画配信サービスには、アダルト見放題まで含まれてるサービスも多いから、
まぁ、見れるに越したことは無いのです。特に男性陣・・・この違いを侮るなかれ。

アダルト動画の見放題サービス徹底比較。おすすめAVサブスクVODまとめ。

キャスト&ミラーリングの違い

これは従来のChromecastから有るメリットですが、
Chromecastは、Androidスマホからミラーリング可能です。
スマホの画面を丸っと映し出せるわけ。

Androidスマホ以外でも、Googleアプリは、
キャスト機能で、Chromecastに画面を転送する事ができる。
例えば、Chromeブラウザからキャスト可能

WindowsやMacのPCでもChromeブラウザ経由で、Chromecastへキャストできます。

AndroidはスマホOSシェアNo.1であり、ChromeブラウザもWEBブラウザシェアNo.1
Google嫌いでも無い限り、どちらかは使ってるハズ。

WEB画面をミラーリングして、家族で共有したり、
Chrome上で再生する動画や音楽もキャストできるわけです。
iPhoneやiPadの「Googleフォト」アプリからも、Chromecastへキャストできます。

大画面ディスプレイにスマホの写真が表示。
Googleフォトにアップロードしている必要も有りません。
iPhone内の写真や動画も、Googleフォト経由でミラーリングできるのです。

Apple TVのAirPlayと似たような事ができますが、
やっぱり画質や滑らかさはAirPlayに圧倒的に優れています。
Apple TVでは4K HDR動画まで、AirPlayでそのまま綺麗に見れるからね。
写真だけでなく、動画のストリーミングデバイスとしても最強です。

【2022年最新】Apple TV 4Kでできること。Apple TVのメリット・デメリット、対応アプリ。

一方、Amazon Fire TVでは、Androidスマホのみミラーリング対応となってますが・・・
正直使えるレベルに達していません。

ミラーリングするには、事前にディスプレイミラーリング状態にする必要も有るし、
Chromecastのように気軽にキャストもできないのです。

Fire TV Stickへミラーリングする方法は、
Fire TVの「設定」→「ディスプレイとサウンド」→「ディスプレイミラーリングを有効にする」を選択。
あとは、Androidからキャストするだけ。※iPhoneミラーリングには未対応です。

実際のところ、非公式アプリ「AirScreen」や「AirReceiver」を使った方がスムーズなのです。

AirScreenは無料でも使えますが・・・非公式アプリなので挙動はイマイチ。
Chromecastを使ったキャストとは別物なんで、
アプリ課金してまで使うなら、ストレス無く使えるChromecastを買った方が良いです。

初期設定方法の違い

Fire TV Stickは、単体でセットアップできるので、
WiFiに接続してAmazonアカウント情報を入力すれば、そのまま使えるようになります。
※購入時にAmazonアカウントに紐づけることも可能です。

一方、Chromecastは、Google Home経由で設定する端末
スマホのGoogle Homeアプリを通して、Chromecastを認識できないと使えるようになりません。

設定するスマートフォンと、Chromecastを同じWiFiに接続する必要が有り、
相互に通信できる必要も有るのです。
※Chromecast with Google TVも同じ仕様です。

これが困るのが、プライバシーセパレーターという機能。
Chromecastが設定できないトラブル。大抵コレです。

ポケットWiFiやモバイルルーター等、
初期設定でプライバシーセパレーター機能がオンになっている為、
接続端末同士での通信がブロックされています。

これを無効化しないと設定できません。Chromecast見つかりません。
シェアハウス、集合住宅、ホテル・・・等でも、
プライバシー保護がオンになってるところ多いと思われます。

旅行先でWiFiを借りて使う場合も、プライバシー保護は当たり前ですし、
スマホからのキャスト云々の問題も有るわけで、
旅行の動画目的で使うならスマホ不要のFire TV Stickを選ぶべきです。

音声リモコンの違い

同じ音声リモコンですが、Chromecastリモコンの方が質感が良いです。
Fire TVはボタンがゴムだし、ボタンの押し心地もChromecastの方が良い。

電池の開け締めも、Chromecastリモコンの方がラク。
Fire TVは、プラスチック素材も柔らかく、いつも電池交換に苦戦する。

そんなに電池交換するのか?というよりも、
Fire TVリモコンって不具合が多いので、私は電池の抜き差しをよくやる。
今の所、Chromecastリモコンはトラブルもない。

あと、いずれも電源ボタンは有るのですが、
Chromecastリモコンは、電源ボタンを押すだけで電源が切れます。これ便利。
Fire TVリモコンは、電源ボタンで本体の電源オフができません。
ホームボタン長押し→スリープを選択して出力オフになります。

Fire TVは、20分操作しなければスリープになるけども、
電源切れないと、ディスプレイに映像出力され続けるのが困るのです。

起動&動作スピードの違い

発売時期もFire TV Stick 4K Maxの方が新しく、スペック的にも上。
動作スピードで比較すると、微妙にFIre TV Stick Maxの方が早い気がしました。

特に、Amazon関連サービスでは、Fire TVの方が早いです。
この辺は、アプリの最適化というところも有るでしょう。

ただ、Amazon Fire TV 4K Maxよりも、Chromecast with Google TVよりも、
Amazon Fire TV Cubeの方がサクサク。これは大きく違いを感じました。

Fire TVシリーズには、スマートスピーカー内蔵のFire TV Cubeもありますけど、
Chromecast with Google TVには、4Kモデルが最上位モデル。

販売中の端末
  • Amazon Fire TV Stick:4,980円
  • Amazon Fire TV Stick 4K Max:6,980円
  • Amazon Fire TV Cube:19,980円
  • Chromecast with Google TV HD:4,980円
  • Chromecast with Google TV 4K:7,600円

というわけで、よりサクサク見たいならFire TV Cubeという選択肢。
Fire TV Cubeは、値段も19,980円と高額なので・・・万人にはすすめられない。

最新Amazon Fire TV Cube第3世代と第2世代の違い。Fire TV Stick 4K Maxと比較したメリット・デメリット。

連携デバイス、提供サービスの違い

Chromecastは、Googleが販売する端末。
Fire TV Stickは、Amazonが販売する端末。
他端末への連携は、同じ会社の商品の方が断然優れており、
他社端末へは、むしろ使い勝手が悪かったり、使えなかったりもします。

結局の所、
Googleに縛られているか?
Amazonに縛られているか?
で、使い勝手も大きく変わるわけです。

GoogleAmazonApple
デバイスGoogle Pixel
Pixel Watch
Pixel Buds
Chromebook
Chromecast with Google TV
Google Nest Audio(Mini)
Nest Cam
Nest Doorbell
Nest Hub
Nest Wifi
Fire TV(Stick / Cube)
Fireタブレット
Echo(Dot / Sudio)
Echo Show
Echo Buds
Kindle
Ring
Mac
iPhone
iPad
Apple TV
HomePod
AirPods
Apple Watch
AirTag
サービスAndroid OS
Android TV
Youtube
Youtube Music
Chrome
Google検索
Google翻訳
Googleアシスタント
Googleマップ
Earth
Google Pay
Google One
Google Meet
Google Drive
Google Photos
Google スプレッドシート
Keep
Stadia
Amazon
Kindle
Audible
Alexa
Amazon Prime Video
Amazon Music
Kindle Unlimited
Amazon Pay
Twich
AWS
FBA
Luna
Siri
Apple Music
Apple TV+
Apple Arcade
iCloud
Apple One
Apple Pay
Apple Books
Apple Podcast
App Store
Apple Fitness+
Wallet

Google端末は、スマートフォンのAndroid(Pixel)を筆頭に、
Chromebook、Nest Audio、Nest Cam、Nest Hub、Nest mini、Nest Wifi、Pixel Buds・・・

Google提供サービスも多岐に渡り、
Youtube、Youtube Music、Chrome、Google検索、Google翻訳、
Google Meet、Google Drive、Google Photos、スプレッドシート・・・

どれも使えなかったら困るモノばかり。

我が家は、Googleサービスの方が依存率が高いので、
Chromecast with Google TVの方が、断然使いやすいというのも有ります。

Amazon製品は値段が格安な分、うっかり揃っちゃいがちなんだけど、
安い故に、全体的に質が劣るのも否めないんですよね。

Echoシリーズって安いけど、全体的にチープ。
画面が必要ならFireタブレットが良いし、音質を求めるならEcho Studioを買うべき。

Amazon Echo、Echo Showシリーズの比較と違い。Alexaスマートスピーカーができること。

Fire TVとEcho連携して、Alexaホームシアターも構築したけど、
Amazonサービス以外は音も途絶えがち。見えないAmazon縛りも感じました。

Amazon Fire TVとEcho Studioでできること。Alexaホームシアターを導入して気づいた点。

Googleは音声入力、翻訳機能と強いので、Amazon Echo(アレクサ)より、
Google Home(Googleアシスタント)の方が認識力も一歩上だと思ってる。
特に、日本語は複雑ですからね。両方でIoT化したけどGoogleばっかり使ってる。

ちなみに、Apple端末にも、より強烈なApple縛りが有るわけで、
Apple信者なら、高額でもApple TVにした方が快適です。

Mac、iPhone、iPad、Apple TV、HomePod、AirPods、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloud・・・
Google端末やAmazon端末では連携は難しく、AirPlayが使えるのもApple TVしか有りませんから。

Apple TV 4K 第3世代と第2世代の違い。歴代Apple TVの種類、新型と旧型の比較。

Home PodsやAirPods Proの空間オーディオも凄いと感じた。
オーディオ知識なくとも、Dolby Atmosを手軽に楽しめる。これ素晴らしい。

サラウンドシステムの種類と「5.1ch、7.1ch、9.1ch、Dolby Atmos」の違い

ChromecastとFire TV Stickの比較まとめ

動画を楽しむだけならFire TV Stick 4K Maxがコスパ最高。
2021年の最新端末Wi-Fi 6に対応、なにより価格が安い

Fire TV Stick 4K Maxのメリット
  • 価格が安い
  • セールで激安になりがち
  • 高スペックで処理が早い
  • アダルト視聴可能
  • Amazonデバイスとの連携

ただ、動画視聴以外にも使いたいならChromecastも検討すべきかなと。
最新の「Chromecast with Google TV」は、Android TV OS内蔵リモコン付き
FireアプリよりもAndroidアプリ。Fire OSもAndroidべースですからね。

created by Rinker
¥5,480 (2022/12/05 13:19:09時点 楽天市場調べ-詳細)
Chromecastのメリット
  • 対応アプリが豊富
  • キャスト、ミラーリングが使える
  • Googleデバイスとの連携

今の時代にわざわざHDモデルを選ぶ意味もない。
上位モデルとの差額2,000円で、スペックはだいぶ違います。

どの端末でも動画視聴には困らないけども、
動画視聴以外も考えてるなら、できることは全然違いますので。
Chromecast with Google TVは、Androidベース。対応アプリも超豊富です。

【2022年最新】Chromecast with Google TVのできること。メリット・デメリット、対応アプリ。

スマホ、PC、スマートスピーカー、IoT家電・・・
動画というエンターテイメントが、囲い込みの入り口ってわけ。

いずれにせよ、一台あるだけでテレビが便利なることは確か。
ハイテク機能の有るテレビを買うよりも、スマートデバイスを購入した方が良い。
敢えてテレビを買わないということで、安くなるということもありますからね。

NHKが映らないテレビを作る方法。チューナーレスAndroid TVを自作するメリット・デメリット。

テレビアプリよりも、最新スマートデバイスの方が圧倒的にサクサク。
Android TV内蔵テレビとか、Fire TV内蔵テレビとか、ホント要らないのでした。

5 COMMENTS

相原

質問なのですが、Chromecast for google tvはWiFiのプライバシーセパレータをオフに出来ない状態でも使うことは出来るのでしょうか?
集合住宅に住んでいるため、プライバシーセパレータをオフに出来ず、Chromecastの第三世代を使うことが出来ませんでした。
もしご存知でしたらお返事頂きたいです。
よろしくお願い致します。

返信する
動画中毒

Chromecast with Googleは、
設定するスマホと同じWiFiを使うのが前提の端末となっています。

プライバシーセパレーターが有効(WiFiの接続先が別)だと、
Google HomeアプリでChromecast with Googleを見つけられませんので、
まず、セットアップができないかと。

テレビ画面に Google Home アプリでのセットアップ手順が表示されたら、お使いのスマートフォンが Chromecast のセットアップに使用する Wi-Fi ネットワークに接続されていることを確認します。
Chromecast with Google TV と音声リモコンをセットアップする – Chromecast ヘルプ

Chromecast with Google TVは、単体起動可能とはいえ、
基本的には、スマホ連携が必須の端末。
主たる機能「キャスト」も使えないので・・・
単体セットアップ→単体起動が可能なAmazon Fire TVになるのかなと。
※Apple TVの「AirPlay」もプライバシーセパレーター環境下では使えません。

参考までに。

返信する
ひろし

横からすみません。
Wi-Fiの設定を触れないのであれば、「自分で設定できるWi-Fi環境を用意する」しかないかと思います。
部屋まで有線LANが来ているなら、そこにWi-Fiルーター(SoftBankAirのようなものではなく、量販店で売っている「無線LAN親機機能を持ったルーター」のことです)を置いて、スマホなどは全てそちらに接続するという方法が使えます。

返信する
けんけん

記事の中で
>Fire TVでも、ミラーリングアプリはありますが・・・
>非公式アプリなんで、挙動はイマイチで不具合も多い。
とありますが、Fire TV Stick単体でミラーリングはできます。androidでもiphoneでも問題なく視聴できています。

返信する
動画中毒

amazon公式サイトでは、2022年4月時点でiOSミラーリングは未対応と有りますが・・・
iPhoneからでもFire TV Stickへミラーリング可能でしたでしょうか?

「AirScreen」「AirReceiver」等のFire TVアプリは使ってませんでしょうか?
我が家のiPhone、iPadでは、Fire TVを検出できませんでしたので・・・。

The following devices don’t support screen mirroring:
・iOS and MacOS
・Android devices older than Android OS 4.2 (Jelly Bean)
・Android devices that do not support Miracast
・Windows devices that do not support Wireless Display (WiDi)
Can't Screen Mirror on Fire TV Devices – Amazon Customer Service

また、Androidスマホも不具合なくミラーリングできてますでしょうか?
私のAndroidスマホで「Fire TV 4K Max」のディスプレイミラーリング機能を使うと、繋がらずに暗転してフリーズしてしまうのですよね。。。

返信する

ひろし へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA