FANZAのVR見放題「アダルトVRch」レビュー。使って気づいたメリット・デメリット。

国内最大級のVR動画を誇るFANZA(旧 DMM.R18)から、

遂にアダルトVRの見放題プラン「VRch」が登場しました。

 

アダルトVRといえば「DMM」。

大手だけあってVRコンテンツの質も高く、

基本的には、満足しているのですが・・・

気になる点も有りましたので、レビューしておきます。

FANZA「VRch」のメリット

月額2,800円で、VR作品6,000本以上が見放題。

アダルトVRの見放題は他にもサービスがありますが、

さすがVR大手のFANZA、

月額2,800円の料金で、見放題のVR動画数も6,000本以上

2020年10月時点で、「VRch」の見放題対象アダルトVRは6,057タイトル

 

約90社のAVメーカー作品、人気女優作品も対象となっている。

サービス開始当初と比べると約3,500本増えており、

毎月約160本以上更新FANZA限定配信作品も多いです。

アダルトVRで有名な「アダルトフェスタ」も、

月額定額の見放題数は約2,000本程度。圧倒的な差です。

アダルトVR動画の見放題サービス比較。VR専門AVのVODランキング。

 

アダルト見放題のサービスでも、VR動画が有りますが、

ほんの数本程度で質は低いですからね。

アダルト動画の見放題サービスを比較。成人男性にオススメのVODランキング。

 

VR動画って、360°動画を2分割するだけの動画も多いのですが、

FANZAでは3D立体視(3DVR)作品も見放題。

2018-07-22_09h20_07

Youtubeでも3DVR作品は、まだまだ少ないですからね。

YoutubeでオススメのVR動画。3D対応の360度動画を無料視聴する。

脳が錯覚をして、ホント目の前に居るように見えるっていう。

 

また、FANZAは、大手レーベルの独占作品も多く、VR動画の質も高い

2019年12月には、解像度4.5K、60fpsの高画質「HQ版(ハイクオリティVR)」も見放題へ。

見放題動画数が多いだけとか、見放題だから質が低いってわけでも無いのです。

VRchは対応端末が豊富。Oculus Quest 2にも対応。

アダルトVRを配信しているサービスは多く有りますが、

その多くが、スマホアプリで視聴っていう、簡易VRゴーグル対応。

スマホでVRって、スマホに映った映像を、レンズで拡大して見てるだけですからね。

オススメのスマホ用VRゴーグル。違いが分からないから比較してみた。

 

一方、FANZAの「VRch」は、iPhone、Androidだけでなく、

PC視聴用のOclulus Rift、HTC Viveや、

ゲーム機のPlayStationVRにも対応。

20210228104439

2019年6月には、スタンドアローン型のヘッドセットOculus Goにも対応

最新のOculus Quest 2にも対応となってます。

VRch対応端末

VRch対応のVRゴーグル

  • iPhone
  • Android
  • PlayStation VR
  • Gear VR
  • Oculus Go
  • Oculus Quest
  • Oculus Quest 2
  • Oclus Rift
  • HTC Vive(HTC Vive Pro)

 

Oculus GoやOculus Questって単体起動するので・・・いやまじで便利です。

あのアダルトVRを見る前の心構え、下準備も要らないわけです。

Oculus Goレビュー。Gear VR、PS VR、HTC Vive、Oculus Riftとの違い。

IMG_1416

Oculusアプリが対応というわけで、Gear VRでも利用可能となります。

 

PS VRアプリや、スマホアプリの場合は、

「月額動画」って項目があり、そこから見放題動画の視聴ができます。

IMG_1397

 

更に高品質なVR映像をみたいなら、PCで視聴するという方法。

ハイスペックPCで臨場感たっぷりで楽しめる。

解像度、リフレッシュレート、視野角だけじゃなく、

映像出力する側のグラフィック性能・・・やっぱり、スマホVRとは別物だから。

IMG_1415

高画質(12000Kbps)でストリーミング&ダウンロード再生。

対応端末が多いと言いましたが、

全ての対応端末で、高画質でVR再生が可能となってます。

 

高画質ダウンロード再生だけでなく、ストリーミング再生もできる。

ストリーミング再生でも、VR動画がサクサク再生できる

DMM VR動画アプリも、前より進化してると感じました。

IMG_1399

通常版(低画質4,000kbps/中画質6,000kbps/高画質12,000Kbps)では最大4k解像度 30fps
HQ/UHQでは最大4.5kの解像度 60fpsの画質でご視聴いただけます。

・ストリーミング再生
再生中の回線状況に応じて、
通常版は低画質/中画質/高画質より自動で切り替わり再生されます。
HQ/UHQは画質が最適化ABR(Adaptive BitRate)され再生されます。

・ダウンロード再生
低画質/中画質/高画質/HQ/UHQから選択して、ファイルをダウンロードできます。

VR動画を視聴する場合の画質について教えてください VR動画 DMMヘルプ

 

通常版の高画質で12,000Kbps≒12Mbpsであり、

1080p(60fps)で12M~15Mbpsってことなんで、

フルHD(1920×1080)相当の解像度になるみたいですね。

動画の画質と解像度「SD、HD、フルHD、4K UHD、8K、480p、720p、1080p、HDR、Dolby Vison」の意味と違い

HQ/UHQでは、4.5Kの解像度を60fpsの画質ってのも凄い。

ただ、ダウンロードする際は、容量もヤバいので気をつけて。

 

VRの場合、片目ずつ映す為、半分の解像度になるし、

ビットレート≒解像度ってわけではないんで、参考までに。

結局の所、ゴーグル性能&グラフィック性能にも依ると思うので。

HTC VIVE HTC Vive Pro Oculus Rift PlayStation VR
解像度 2160(1080×2)×1200 2880(1440×2)×1600 2160(1080×2)×1200 1920(960×2)×1080
リフレッシュレート 90Hz 90Hz 90Hz 120Hz、90Hz
視野角 約110度 約110度 約110度 約100度
VR HMD重量 620g 440g 610g

※参考→HTC VIVE、Oculus Rift、PSVRの比較。VR HMDデバイスの違い。

 

まぁ、VRchでのアダルト視聴だけを考えるなら、

PS VRやOculus Go、Oculus Questで十分なスペックなんじゃないかと。

FANZA「VRch」のデメリット

HTC VIVE、Oculus Riftは、ストリーミング再生未対応

HTC VIVEや、Oculus Riftで視聴する場合は、

PC専用の「DMM VR動画プレイヤー」をインストールして視聴するのですが・・・

PCではストリーミング再生が不可能となってます。

 

一旦ダウンロードした動画を、

DMM VR動画プレイヤーから開かなければならないという。

IMG_1412

ダウンロード→ファイルドラッグする手間。

VRゴーグルしたままだと、色々としんどいです。

 

VR動画は、ファイルサイズも大きいので、ダウンロードにも時間がかかる。

我が家の高速回線でも、動画1本6~7分とか。

せっかくの高性能HTC VIVE、高画質で見たいし。

IMG_1409

ダウンロードした動画は、初回再生時にパスワードで認証する必要も有るっていう。

IMG_1407

 

パソコンの方が高画質で視聴できるんだけど・・・

ダウンロード→専用アプリ再生の手間を考えたら、スマホアプリの方が良いかも。

IMG_1398

ただ、スマホの場合は、画質はスマホに依存するし、

あくまで簡易VRって事も変わらない。

VRにオススメのスマホ端末&機種。iPhone、Android、Galaxyの比較。

IMG_1401

操作もBluetoothリモコンないとキツイと思う。

IMG_1418

なんだかんだで、PSVRやOculus Goが一番快適なんじゃないかと。

VR動画は保存容量が大きい。高速通信、容量が必要となる。

VR動画を高画質ダウンロードするとなると、

約25分の動画で約2000MB、約50分の動画で約4000MB

1本ダウンロードするとなると、約2GB~4GBも必要となるわけです。

 

スマホの場合は、ダウンロードしたらストレージ容量がスグ無くなりので、

ストリーミング再生したいところですが・・・

ストリーミング再生は、自宅の回線速度にも依存するので、

最低でも12Mbps以上の高速通信・・・光回線も無いと厳しいです。

インターネットの動画視聴に必要な通信速度とデータ通信量 

 

パソコンでダウンロードするにしても、

1本2GB以上は容量圧迫されまくり。

動画用に容量拡張するなり、外付けストレージが欲しいところ。

 

私の場合、VR用PCと、普段使うPCも別にしているので、

普段使うPCで、VR動画をダウンロードして、外付けSSDに保存。

VR用PCから直接、SSDのVR動画を読み込んで、楽しんでます。

IMG_1417

USB3.0とSSDだから出来る技。

変な動画がPCに保存されるのも嫌だからね。

「VRch」のメリット・デメリットまとめ

VRch」は、VRコンテンツが見放題というだけでも魅力的ですが、

PSVR、HTC VIVE、Oculus Rift、Oculus Go、Oculus Quest・・・と、

今主流のVRゴーグルに全て対応しています。

最新のOculus Quest 2は、コスパ最高のVR端末。

Quest専用アプリが有るってのは強い。

Oculus Quest 2、Oculus Go、Gear VR、Oculus Rift Sの比較。歴代Oculus VR HMDの進化と違い。

 

他社VRサービスでは、

スマホアプリ対応も多く、そもそも使い勝手が悪いですからね。

アダルトVR動画の見放題サービス比較。VR専門AVのVODランキング。

 

PS VRユーザーなんかは、アツいし、

これを機にOculus GoやOculus Questを手に入れるのも悪くない。

特にOculus Quest 2の進化は凄い、

PC向けVR以上の高画質ストリーミング再生し放題できますから。

Oculus Quest 2、Oculus Go、Gear VR、Oculus Rift Sの比較。歴代Oculus VR HMDの進化と違い。

 

一口にVR動画って言っても、その種類は様々。

撮影する視点が、ちょっとずれていたり。

ピントがイマイチ合わなかったり、

立体的に見えなかったり、

コンテンツ次第で、VRのイメージも変わります。

 

そういった意味でも、気兼ねなくVR動画を試しまくれるってのは、

非常に良いサービスなんじゃないかと。

VR始めたての人にも悪くない。自分に有ったアダルトVR動画も選別できます。

【VRch】 月額2,800円でVR動画が見放題

 

ちなみに、FANZAではセール商品も多く、VR作品も格安に購入できます。

300円以下で絞り込めば、200円~300円のセール作品もいっぱい出てくる。

月額料金2,800円出すなら、VR作品も10本近く購入できるわけ。

 

FANZAで購入したVR作品は、VRch解約後も視聴できるからね。

VRって気軽に見れないと意味ないし、

VRアダルトは通常のアダルト動画とはやっぱり別物ですからね。

VRを見たら、普通のアダルトも見たくなる不思議。

アダルト動画の見放題サービスを比較。成人男性にオススメのVODランキング。

アダルト見放題サービスも年々格安になってるんで・・・

これからは、高画質アダルトとVRアダルトの併用になりそうです。

2 COMMENTS

M1919 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です