U-NEXT(ユーネクスト)のメリット・デメリット。他社動画配信サービスとの比較。

Pocket
LINEで送る



国内の動画配信サービスの最大手といえば、U-NEXT。

数有る動画配信サービスとの中でも、内容は大きく異なります。

 

Huluの日テレ買収や、NetflixAmazonプライムビデオ等、

海外大手の動画配信サービスが日本でも登場。

対するU-NEXTのサービスも、以前より大幅にサービス向上しています。

 

U-NEXTの評判は様々ですが、

かれこれ1年以上は利用している私が、実際に気付いた点。

他社と比較してメリット、デメリットです。

月額料金と見放題システムの違い。見放題動画と有料作品。

同じ動画配信サービスとはいえども、

月額料金は全然違います。中でもU-NEXTは高額な部類に入ります。

見放題動画配信サービス各社の月額料金比較

  • DMM見放題chライト:月額500円+税
  • dTV:月額500円+税
  • ビデオパス:月額562円+税
  • ゲオチャンネル:月額590円+税
  • Netflix:月額650円+税(ベーシックプラン)
  • FOD:月額888円+税
  • TSUTAYA DISCUS:月額933円+税
  • Hulu:月額933円+税
  • Netflix:月額950円+税(スタンダード)
  • U-NEXT:月額1990円+税

見放題の動画配信サービス徹底比較。オススメVODランキング。

HuluやNetflix(スタンダード)と比較しても、U-NEXTの方が2倍くらい高いですが、

U-NEXTは見放題作品だけでなく、

有料で新作動画も見れる仕組み(PPV)となっております。

 

HuluとU-NEXTのサービス内容の違い

  • Hulu:見放題作品のみ
  • U-NEXT:見放題作品 + PPVの有料作品1200円分のポイント含む)
  • dTV:見放題作品 + PPVの有料作品
  • Amazon:見放題作品 + PPVの有料作品
  • Netflix:見放題作品のみ

 

U-NEXTの月額料金1990円の中には、

1200円分のPPVポイントが含まれているので、

ポイントを考えれば、実質790円みたいな料金となる。

※2017年6月27日より、毎月のポイント付与が1000→1200ポイントへUPしました

※ポイントの有効期限も、発行日から45日間→90日間へ延長されてます。

 

U-NEXTでは、新作の映画だけでなく、

放送中の最新ドラマなんかもPPVで視聴する事ができる。

 

U-NEXTのPPV価格目安 ※作品により異なります。

  • ドラマ1話:200~300円
  • スペシャルドラマ:400円
  • 旧作映画:300円
  • 新作映画:400円(HD画質500円

 

新作ドラマは、放送後から面白い事が話題になる事も多いので、

国内新作ドラマの見逃し配信は、意外と使えます。

 

作品数の違い。有料作品数と見放題作品数。

月額料金も違いますが、作品数も全然違います。

 

動画数と見放題作品数の比較。

  • Huluの作品数:30,000本以上(全て見放題)
  • U-NEXTの作品数:120,000本以上(見放題作品:20,000本以上
  • dTVの作品数:120,000本以上(ほぼ見放題)
  • Amazonの作品数:約35,000本(見放題作品:約3,000本
  • Netflixの作品数:約3,000本(全て見放題)

 

しかしながら、この動画数ってのは、全然アテにならないので注意。

例えば、dTVは動画本数こそ多いですが、そのほとんどが動画コンテンツと呼ぶにはお粗末なモノ。

U-NEXTやHuluと比べても、映画やドラマ作品は非常に少なくなってます。

dTV(dビデオ)とHuluを徹底比較。dTVのメリット・デメリット

 

Huluと比べると、見放題作品は、どちらも被っている作品が多いですが、

Huluでしか見れない作品、U-NEXTでしか見れない見放題作品も多々あります。

※Huluでは見放題でも、U-NEXTではPPVだったりする場合もあります。

 

Huluは見放題専門なので、

U-NEXTの見放題作品よりは、見たい作品数が多いイメージ。

モチロン、取扱いジャンル数も違うので、見放題作品数だけでは測れないですけど。

 

特に海外ドラマ作品は、Huluが非常に強く。

Huluでしか見れない作品、Hulu最速配信なんかも、増えつつあります。

最近では国内のドラマ、アニメ、バラエティ番組も非常に多くなってきています。

Huluのオススメ作品まとめ 2017年Ver。

 

しかし、U-NEXTで見放題の動画が、Huluでも視聴可能というわけでもありません。

U-NEXTは映画、国内ドラマ、アニメに強く、Huluには無いジャンルもあります。

例えば、韓国ドラマは、Huluにはほとんど有りませんが、

U-NEXTでは多くの韓流ドラマが見放題となってます。

韓流ドラマ、台湾・中国ドラマが見放題の動画配信サービスを徹底比較。

 

U-NEXTは最新作品に強い。最新映画はリリース&レンタル同時配信。

U-NEXTのPPVは有料(月1200円分までは無料)だけど、

新作ドラマや、新作映画も含め、作品数は非常に多くあります。

私の見たい映画が無かった事はありません。

 

特に、最新映画は、ブルーレイ&DVDリリース同時配信する事が多い。

大ヒット映画「君の名は」も他社に先駆け、

2017年7月26日より配信が決定しています。

映画「君の名は。」のレンタルを徹底比較。無料トライアルで視聴可能なサービス。

KS003288

また、ブルーレイ&DVDリリースよりも早く、先行配信する事もある

レンタルビデオ店よりも、新作レンタル開始が早かったり、

動画配信ゆえに、人気作品でも貸し出し中でレンタルできない事もありませんから。

 

地上波テレビ番組の追っかけ配信もしており、

現在放送中のドラマを、即配信してくれるサービスも圧巻。

見逃した場合とか、最新作映画をなるべく早く見たい場合とか、とにかく便利。

PPVポイントも毎月1200円分使えるからね。

 

U-NEXTなら雑誌も見放題。複数端末での同時閲覧も可能。

U-NEXTで、雑誌の読み放題サービスも開始となりました。

追加料金も無しで、70誌以上の雑誌も見放題です。

 

雑誌アプリは電子書籍専用「Book Place」をアプリを使用するのですが、

雑誌はダウンロードしておけるので、オフライン環境でも閲覧可能となります。

 

ダウンロードしておける雑誌数に制限も無く、利用端末の制限も無いので、

自宅でPC、寝室でiPad、外ではiPhoneといった利用分けも可能。

複数人での同時利用も可能だったので、これだけでも素晴らしいサービス。

U-NEXT雑誌読み放題サービスのレビュー。スマホアプリ、PCでの使用感。

DSC09443

動画に雑誌に、家族で利用できるなら、コストパフォーマンスは更に高くなる。

 

PPVポイントは電子書籍にも利用可能。漫画も無料で楽しめる。

また、U-NEXTは集英社、講談社、小学館とも提携して、

電子書籍サービス「BookPlace(ブックプレイス)」を展開しているので、

余ったPPVポイントで、新作の電子書籍や、新作漫画を買う事も可能です。

新作漫画でPPVポイントを消化

電子書籍コンテンツも200,000冊以上、

映画だけでなく、本にもPPVポイントが使えるので、

使い道に困ったり、消化しきれないという事は無いんじゃないかと。

 

漫画の無料キャンペーンも、常時なにかしらやってますので、

無料でも多くの漫画や書籍が楽しめます。

例えば、以下は2017年6月の電子書籍の無料コンテンツ数。

無料マンガの件数 ※2017年6月現在

  • 少年・青年コミック:300件
  • 少女・女性コミック:117件
  • 青年大人向けコミック:7件
  • 女性大人向けコミック:46件

無料電子書籍の件数 ※2017年6月現在

  • 文芸・小説:1139件
  • 政治・経済・ビジネス:78件
  • 趣味・生活・雑学・ガイド:101件
  • 学問・資格・芸術・IT:72件
  • 官能小説・ボーイズラブ:15件
  • 写真集:7件

U-NEXTで漫画も読み放題する。無料の漫画と電子書籍サービスの使い方。

 

雑誌同様に、漫画も複数端末での、同時閲覧が可能です。

1アカウントで購入すれば、家族皆で楽しめる。

U-NEXTで漫画も読み放題する。無料の漫画と電子書籍サービスの使い方。

DSC09448

ポイント消化で漫画購入できるだけでなく、無料でも楽しめますから。

 

NHKオンデマンドの提供開始。NHK見放題パックにもポイント利用可能へ。

2016年5月より、U-NEXTでNHKオンデマンド作品の提供開始。

NHKコンテンツが大幅に増えだけでなく、

NHKオンデマンドの見放題パックが、U-NEXTでも利用可能になりました!

 

NHKオンデマンド見放題パック

  • NHK見逃し見放題パック:見逃し配信(約2週間)。毎月500~600本が見放題。
  • NHK特撰見放題パック:過去に放送した番組を厳選。約5000本が見放題。

 

NHKの見放題パックは、見逃し見放題と特撰見放題が有り、いずれも月額900円+税

現金払いだけでなく、U-NEXTのPPVポイントでも契約可能となってます。

U-NEXTで付与されるPPVポイントは、毎月1200ポイントなので、

追加料金不要の月額料金1990円のまま、NHK見放題パックも利用可能となります。

 

本家のNHKオンデマンドで、見放題パックを契約するよりも断然良い。

U-NEXTを利用する事で、U-NEXTの豊富な対応端末で視聴可能となります。

NHKオンデマンド経由だと、iPadアプリにも未対応でしたから。

NHKオンデマンドを視聴するならU-NEXT。HuluとのNHK作品数の違い。

U-NEXTで視聴した方が、より快適にNHK番組が楽しめるようになるという。

 

PPVポイントで新作映画を観るも、NHK見放題を選択するも自由。

見たい月だけ、NHK見放題パックを利用する事も可能です。

 

家庭用ゲーム機プレステ4も対応開始へ。

U-NEXTの対応端末は多く、

遂にゲーム機、プレイステーション4にも対応開始となりました。

プレステ4視聴でのキャンペーンも実施中です。

Hulu、Netflix、Amazonプライムビデオも、プレステには対応していますからね。

 

対応端末比較

  • Hulu:PC、TV、光BOX、iOS端末、Android端末、Apple TV、ChromeCast、Fire TV Stick、PS3PS4、PlayStation Vita、Wii U・・・
  • U-NEXT:PC、TV、光BOX、iOS端末、Android端末、Apple TV、ChromeCast、Fire TV Stick、PS4、PlayStation Vita・・・
  • dTV:PC、TV、iOS端末、Android端末、Apple TV、ChromeCast、Amazon FIre TV Stick、SmartTV dstick、dTVターミナル・・・
  • Amazon:PC、TV、iOS端末、Android端末、Amazon FIre TV Stick、PS3PS4・・・
  • Netflix:PC、TV、iOS端末、Android端末、Amazon FIre TV Stick、PS3PS4、Xbox One、Wii U・・・

 

残念ながら、U-NEXTはPS3には未対応ですが、

基本的にスマホ、主要TVや、主要セットトップボックスにも対応しているので、

対応端末にはそこまで困らないと思う。

U-NEXTはApple TVChromecast、Fire TV Stickにも全て対応となってます。

動画配信サービス視聴にオススメの再生端末まとめ。対応機種による動作と画質の違い。

 

新たに端末を用意するなら、Fire TV Stcikがオススメ。

使いやすいのに値段は格安ですから。

ChromeCast、Amazon Fire TV Stick、Apple TVの比較と違い。お互いのメリット・デメリット。

 

家にゲーム機があれば、別にテレビでなくとも、

液晶ディスプレイでも視聴可能となってしまいます。

液晶ディスプレイとプレステ3(PS3)でHuluを視聴する。

携帯ゲーム機PS Vitaなんかでも見れるので、スマホの無い子供でも視聴可能です。

 

PC、専用アプリの視聴感。U-NEXTはダウンロードが可能

2015年10月、U-NEXTリニューアルに伴い、

PCブラウザの使い勝手やスマホアプリの操作性も大幅に向上されました。

2015年10月U-NEXTが大幅リニューアル。アプリの操作性も画質も音質も改善!

HTML5にも対応、Chromeにも正式に対応となり、エラーや不具合も無くなってます。

 

多くの方が視聴するであろう、スマホやタブレット端末のアプリにも、

こちらも出た当初はHuluアプリに比べると酷いアプリでしたが・・・

U-NEXTアプリの使い方。ChromeCast対応したのは良いけど、視聴感はやはりイマイチだった件。

そんな酷かったU-NEXTアプリも過去の話。

同様に、2015年10月大幅に改善されました!

他社に劣らない使い勝手だけでなく、

U-NEXTプレイヤーには動画のダウンロード機能も有り、オフライン視聴ができる。

自宅で予めダウンロードしておけば、

外出時に通信環境を気にせず視聴でき、通信データも抑える事も可能に

オフライン視聴できる動画配信サービスは少なく貴重。

Huluでは、未だオフライン視聴未対応です。

オフライン視聴(ダウンロード再生)可能な動画配信サービスまとめ。

 

動画データ通信容量は非常に大きく、それなりの回線速度も必要となりますから。

インターネットの動画視聴に必要な通信速度とデータ通信量。

 

ちなみに、ChromeCastやAppleTVでテレビ出力する場合、

スマホのU-NEXTプレイヤー経由でミラーリング、大画面出力できるようになりました。

Fire TV Stickなら、Amazon専用アプリで直接起動が可能です。

動画配信サービス視聴にオススメの再生端末まとめ。対応機種による動作と画質の違い。

 

大画面のテレビで見るなら、U-NEXT対応テレビを使うのも快適。

U-NEXTを大画面に出力したいなら、対応テレビで見るのが一番快適でストレスも無い。

最近のテレビは、結構対応してますから。

 

U-NEXTはフルHD画質に対応。5.1chサラウンドオーディオにも対応。

Huluは高画質と言っても、HD(720p)画質となります。

HD画質でも十分綺麗なのですが、ブルーレイのフルHDの高画質には劣ります。

動画配信サービスの画質「SD、HD、フルHD、4K、480p、720p、1080p」の意味と違い。

 

一方、U-NEXTはフルHD(1080p)画質にも対応しており、

大幅リニューアルで、国内初となるドルビーオーディオも採用。

2015年10月U-NEXTが大幅リニューアル。アプリの操作性も画質も音質も改善!

5.1chのサラウンドオーディオだけでなく、今後は7.1chも可能となる模様。

今後、4Kコンテンツも追加予定となっております。

 

家族間で動画視聴する場合の料金。同時視聴とアカウント追加の有無。

せっかくの動画が見放題でも、家族間で利用できなければ意味がありません。

同時視聴について制限がある動画配信サービスは多いです。

 

動画配信サービス同時視聴人数の比較。

  • Hulu:同時視聴不可能
  • U-NEXT:無料のファミリーアカウントで、最大4人まで同時視聴可能。
  • dTV:同時視聴不可能
  • Amazon:最大2人まで同時視聴可能
  • Netflix:ベーシック1人、スタンダード2人、プレミアム4人まで

 

Huluでは、家族間でのアカウント共有は可能ですが、同時視聴はNGです。

Huluは一つのアカウントで同時視聴できるのか?複数端末と家族間での利用について。

家族で同時視聴したい場合は、新規にアカウントを作る必要があります。

2アカウント契約した場合は、933円×2=1866。

月額1866円となり、U-NEXTとほぼ変わらない料金となります。

 

 

U-NEXTは、2013年12月2日より「ファミリーアカウントサービス」が開始され、

追加料金無しで、最大4人まで同時視聴可能になりました。

KS000377

U-NEXTファミリーアカウントの注意点

  • ファミリーアカウントは、成人向けコンテンツは視聴不可。
  • 同一作品の同時視聴は不可。

 

同一作品を、同時に視聴するような事は無いと思いますので、

問題は無いかと思います。

成人向け動画も、家主しか見れない方が、トラブル無いです・・・たぶん。

 

ファミリーアカウント毎に、

年齢制限のある作品の表示設定(ペアレンタルロック)もできるので、

小さいお子さんの居る家庭は、むしろ安心です。

 

ちなみに、他社で4人まで同時視聴できるのは、

Netflixのプレミアムプラン(月額1450円)くらいとなります。

コンテンツ数や、利用できるサービスを比べたら、

U-NEXTの割安感は否めないんじゃないかな。

 

U-NEXTには、アダルト作品が有る。

U-NEXTの大きなメリットと言っても過言ではない、アダルトコンテンツ。

Hulu、dTV、Netflix、Amazon・・・アダルト作品がありません。

 

アダルトビデオをレンタルするのは、気合いが要るし、

レンタル中のアダルティーなDVDを、家に置いておくのも気が引けるパパ。

ペアレンタルロックもできるので、子供が居る家庭にも安心です。

アダルト作品は、視聴したり購入しても履歴に残らないのも地味に親切。

他社動画配信サービスでは見れない、多くのAVが見れる。

 

U-NEXTなら、アダルトの見放題作品も約2000本と多く、

見放題作品も日々更新もされています。

2017年6月の作品数を調べてみると・・・

アダルトの見放題コンテンツだけで3241件にも増えていました。

U-NEXTはアダルト動画も最大級

KS003289

アダルト見放題の動画配信サービスとしても・・・優秀。

ゲオチャンネルのアダルト作品数(約50作品)とも雲泥の差です。

 

ちなみに、アダルトに特化して視聴したいなら、

月額500円の「DMM動画見放題chライト」という選択肢もあります。

DMM.com「見放題chライト」のメリット・デメリット。

あくまで、アダルト特化して見放題したいなら・・・の話ですけどね!

 

U-NEXTポイントは、映画館でも利用可能。

U-NEXTは、新作レンタルが早いだけでなく、

公開中映画にもポイント利用が可能

全国のイオンシネマ、松竹系の映画館、KINEZOで、

U-NEXTポイントが利用できてしまいます。

 

U-NEXTポイントが利用可能な映画館

  • イオンシネマ
  • 松竹マルチプレックスシアターズ(MOVIX、ピカデリー等)
  • KINEZO(新宿バルト9、Tジョイ)

 

イオンシネマの場合は、1ポイント=1円の交換レートですが・・・

ks002588

 

松竹系の映画館(MOVIXやピカデリー等)では、

1300ポイント=映画チケット1枚と交換できてしまいます。

ks002589

 

実質1300円の料金で映画鑑賞できるので、

下手な映画割引サービスよりもお得になります。

高い映画館入場料金を安くする方法。各劇場の割引価格を比較。

 

U-NEXT月額料金の支払方法。

以前は、決済方法の選択肢が少なかったU-NEXTですが、

2016年4月には、U-NEXTもキャリア決済対応(docomo、au、softbank)になってます。

 

取扱い決済方法の比較

  • Hulu:クレジットカード、Paypal決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、iTunes Store、Huluチケット
  • U-NEXT:クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、U-NEXTカード
  • dTV:クレジットカード、ドコモケータイ払い

 

クレジットカード払いに抵抗がある場合、携帯会社からの請求も可能ですが、

HuluならiTunes決済も可能です。

 

Huluチケットや、U-NEXTカードはプリペイド型のギフトカードなので、

コンビニや量販店等で購入することが可能です。

U-NEXTカードの場合、一部見放題対象外となるコンテンツが有ります

○18歳未満の方はご視聴頂けない作品があります。

○一部見放題対象外の作品があります。

クレジットカードとは違い、「U-NEXTカード」の場合は見れない作品が有る模様。

プリペイドカードは誰でも購入できるから、仕方ない。

アダルト作品は見れなくなっちゃいます。

 

HuluとU-NEXT、どちらを契約すべきか?

私はHuluとU-NEXTを長く愛用していますが、

どちらがオススメか?と言われれば、一概には言えない所。

 

Huluは、月額933円で見放題。

U-NEXTの、月額1980円の半額ですが、

個人的には、U-NEXTという選択肢も有りだと思っております。

 

推奨イメージ

  • とにかく安く済ませたい→Hulu
  • 海外ドラマ派→Hulu
  • 一人で見放題→Hulu
  • 外でオフライン視聴したい→U-NEXT
  • フルHDの高画質視聴したい→U-NEXT
  • 5.1ch対応で見たい→U-NEXT
  • 家族で同時視聴したい→U-NEXT
  • 毎月新作を1~2本くらい見る→U-NEXT
  • NHK作品も見たい→U-NEXT
  • アニメ見たい→U-NEXT
  • アダルト見たい→U-NEXT
  • 雑誌や漫画も見る→U-NEXT
  • 映画館も利用する→U-NEXT
  • 私は→U-NEXTHuluの両方契約

 

U-NEXTも以前より、サービス向上しており、

2015年10月のリニューアルで、他社を上回るサービスに大幅改善されました。

2015年10月U-NEXTが大幅リニューアル。アプリの操作性も画質も音質も改善!

視聴アプリの改善、画質の向上、ドルビーオーディオの採用・・・

また、質だけでなく、コスパも良くなってます。

 

特にファミリーアカウントサービスは、かなりお得です。

自宅でも、外でも同時視聴できて、同じ料金ってのは非常に良い。

そう考えると1200円分のPPV付いて、月額1990円は激安です。

2人以上のユーザーで、見放題を考えているならU-NEXTです。

 

家族で見るけど、家でしか見ないって程度の方は、

正直、Huluで一つのアカウントで事足りると思います。

自宅で同時視聴する事って少ないし、Huluの見放題動画数も非常に多いです。

1年契約しても、見尽くしきれませんから。

 

いろいろ長々比較しましたが・・・

まぁ、実際使ってみた方が早いです。

視聴可能な作品も違いますが、

動画数よりも意外と重要なのが、再生環境。

対応端末で問題なく視聴できるか?

自分の環境で安定して動画が見れるか?

アプリの操作感は結構重要です。

 

どちらも無料お試し期間がありますので、

両方実際に使ってみて、自分のスタイルに合った方を選ぶのが一番間違い無い。

Huluは14日間無料だし、U-NEXTは31日間無料になってます。

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

U-NEXT 31日間無料トライアル

百聞は一見にしかず。

 

解約方法が複雑というような、エグイ仕組みもありませんから。

U-NEXTの解約方法は簡単。オンラインで退会手続きが可能。

 

動画配信サービスを使うようになり、

映画派だった私が、今ではすっかり海外ドラマにハマってます。

アニメなんかも見るようになり・・・価値観も変わりました。

 

近所のレンタルビデオで借りる手間と料金を考えるなら、

動画配信って素晴らしいサービスです。

低価格で、レンタルする手間も無く、レンタル中で借りれないという事も無い。

動画配信なら、延滞料金の心配も無く、

ディスクを入れ替える作業までもありませんから。

宅配レンタルDVDのメリット・デメリット。動画配信サービスとの比較。

 

数ある動画配信サービスの中でも、U-NEXTは一押し。

見放題の動画配信サービス徹底比較。オススメVODランキング。

 

Huluのメリット、デメリットについては、下記記事も参考に。

Huluを1年契約して気付いた。本当のデメリット。

 

格安に抑えたいなら、dTVという選択肢もあります。

dTVとHuluを徹底比較。dTVのメリット・デメリット

Pocket
LINEで送る


大人の男性向け!コスパ最強の動画配信サービス。

DMM.com「見放題chライト」のメリット・デメリット。

2件のコメント

  • ななぴよ

    とても分かりやすい説明でした!^^
    私はよく分からず、どちらも契約していて、どちらをやめて、どちらを継続させれば良いのかすごく悩んでいたので助かりました!!!

  • あすも

    何記事か拝見しました。
    具体的でわかりやすく、面白い比較をありがとうございます!
    非常に参考になりました。

コメントを残す