U-NEXT(ユーネクスト)を使い続けて気づいたメリット・デメリット。

U-NEXTのメリット・デメリット

国内の動画配信サービスの最大手といえば、U-NEXT

Hulu、Netflix、Amazonプライムビデオと、海外大手の動画配信サービスの登場により、

U-NEXTのサービスも大幅に向上しています。

 

アプリ性能、コンテンツ数、対応端末・・・と以前よりも大幅に増えており、

現在では、動画配信だけに留まらないサービスへと発展しています。

かれこれ数年は利用していますので、進化具合を含め再評価したいと思います。

U-NEXTのメリット

見放題作品数80,000本以上。レンタル作品40,000本以上。

U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービス。

以前は、2万本程度の見放題動画数でしたが、

現在では、8万本以上の動画が見放題となっています。

見放題作品数の比較。

  • U-NEXT:80,000本以上
  • Hulu:50,000本以上
  • dTV:120,000本以上
  • Amazonプライムビデオ:約15,000本
  • Netflix:非公開
  • FOD:約2000本
  • DMM見放題chライト:約9,000本
  • TSUTAYA TV:約10,000本
  • ゲオTV 980:約15,000本

オススメの動画配信サービス(見放題)まとめ。大手VODの比較と特徴。

しかしながら、この動画数ってのは、全然アテにならないので注意。

例えば、dTVは動画本数こそ多いですが、

そのほとんどが動画コンテンツと呼ぶにはお粗末なモノ。

U-NEXTやHuluと比べても、映画やドラマ作品は非常に少なくなってます。

dTVを契約し続けて気付いたメリット・デメリット。

 

U-NEXTでは、具体的な内訳も公開しており、

映画、ドラマと作品数が豊富なのも分かります。

2018-07-17_17h00_47

特に、キッズ・アニメジャンルは強く、

アニメ作品の見放題数も、他社に比べて非常に多いです。

アニメが見放題の動画配信サービスを徹底比較。

 

韓流見放題作品も多いのが、U-NEXTの特徴です。

韓流ドラマ、台湾・中国ドラマが見放題の動画配信サービスを徹底比較。

 

また、2016年5月より、NHKオンデマンド作品の提供も開始しており、

NHKオンデマンドの見放題パックが、U-NEXTでも利用可能になりました!

NHK見逃し見放題パック NHK特撰見放題パック
月額料金 月額900円+税
ポイント利用可能
月額900円+税
ポイント利用可能
主な内容 見逃し配信(約2週間) 過去の放送番組を厳選
見放題作品数 毎月500~600本 約5000本
説明 NHK総合、Eテレ、BS1、BSプレミアムから、 最近の大河ドラマや連続テレビ小説など 厳選した大河ドラマや連続テレビ小説、貴重なドキュメンタリー番組など

NHKの見放題パックは、見逃し見放題と特撰見放題が有り、いずれも月額900円+税

現金払いだけでなく、U-NEXTのPPVポイントでも契約可能となってます。

U-NEXTで付与されるPPVポイントは、毎月1200ポイントなので、

U-NEXTの月額料金1,990円だけで、NHKの作品までも見放題となるわけ。

 

本家のNHKオンデマンドで、見放題パックを契約するよりも断然良い。

U-NEXTを利用する事で、U-NEXTの豊富な対応端末で視聴可能となります。

NHKオンデマンドのアプリは、評判も悪いですからね。

NHKオンデマンドを視聴するならU-NEXT。HuluとのNHK作品数の違い。

U-NEXTで視聴した方が、より快適にNHK番組が楽しめるようになるという。

新作映画にも強い。最新作品はリリース&レンタル同時配信。

U-NEXTは、見放題作品だけでなく、最新作レンタル作品も豊富であり、

毎月1200円分のポイントも、月額料金1,990円に含まれています。

 

他社でも、ポイント付与されるサービスは有りますが・・・

最新作のバリエーションも多いのが、U-NEXTというわけ。

新作レンタルでコスパが良い動画配信サービス。有料レンタルの動画数比較。

新作ドラマや、新作映画も含め、作品数は非常に多くありますので、

他で配信開始してるなら、U-NEXTでも観れるから。

 

特に、最新映画は、ブルーレイ&DVDリリース同時配信する事が多い。

大ヒット映画「君の名は」も他社に先駆け、2017年7月26日より配信されていました。

映画「君の名は。」のレンタルを徹底比較。無料トライアルで視聴可能なサービス。

KS003288

また、ブルーレイ&DVDリリースよりも早く、先行配信する事もある。

レンタルビデオ店よりも、新作レンタル開始が早かったり、

動画配信ゆえに、人気作品でも貸し出し中でレンタルできない事もありませんから。

 

地上波テレビ番組の追っかけ配信もしており、

現在放送中のドラマを、即配信してくれるサービスも圧巻。

見逃した場合とか、最新作映画をなるべく早く見たい場合とか、とにかく便利。

 

個人的に嬉しいのが、ディズニーコンテンツが有ること。

我が家は小さい子どもが居るので、なんだかんだでディズニー最強。

ディズニー作品が視聴できる動画サービスも限られていますからね。

ディズニー作品が見放題の動画配信サービスまとめ。

対応端末が豊富。ゲーム機プレステ4にも対応。

U-NEXTの対応端末は多く、

遂にゲーム機、プレイステーション4にも対応開始となりました。

携帯ゲーム機PS Vitaでも見れるので、スマホの無い子供でも視聴可能。

海外系の動画配信サービス並の対応端末の多さ。

唯一張り合っているのが、U-NEXTとなります。

U-NEXT Hulu Netflix Amazonプライムビデオ
(Amazonプライム)
対応端末数 TVアプリ
Windows・Mac
iOS・Android
Amazon Fire TV/Stick
Chromecast
Apple TV
PS 4/PS Vita
U-NEXT TV
TVアプリ
Windows・Mac
iOS・Android
Fireタブレット
Amazon Fire TV/Stick
Chromecast
Apple TV
PS 4/ PS Vita
PS 3/ Wii U
TVアプリ
Windows・Mac
iOS・Android
Fireタブレット
Amazon Fire TV/Stick
Chromecast
Apple TV
PS 4/PS 3/Wii U
Xbox One/Xbox 360
TVアプリ
Windows・Mac
iOS・Android
Fireタブレット
Amazon Fire TV/Stick
Chromecast
Apple TV
PS 4/PS Vita
Wii U

 

残念ながら、U-NEXTはPS3には未対応ですが、

基本的にスマホ、主要TVや、主要セットトップボックスにも対応しているので、

対応端末にはそこまで困らないと思う。

U-NEXTはApple TV 、Chromecast、Fire TV Stickにも全て対応となってます。

動画配信サービス視聴にオススメの再生端末まとめ。STB機種による動作と画質の違い。

 

一方、国産の動画配信サービスはというと・・・

対応端末が一気に少なくなる。

FODは、2018年7月にFire TVに対応となりましたが、一部対象外の作品が有ったり、

TSUTAYA TVとか、比較するとヤバイほど少ない。

dTV フジテレビオンデマンド
(FODプレミアム)
DMM.com
(見放題chライト)
TSUTAYA TV
(動画見放題プラン)
対応端末数 TVアプリ
Windows・Mac
iOS・Android
Amazon Fire TV/Stick
Chromecast
Apple TV
dTVターミナル
TVアプリ
Windows・Mac
iOS・Android
Amazon Fire TV/Stick
Apple TV
TVアプリ
Windows・Mac
iOS・Android
Amazon Fire TV/Stick
Chromecast
Apple TV
PS 4/PS Vita
TVアプリ
Windows・Mac
iOS・Android
Fireタブレット

 

新たに端末を用意するなら、Fire TV Stcikがオススメ。

FOD、TSUTAYA TV以外は対応しているし、値段も格安ですから。

Amazon Fire TV Stick、ChromeCast、Apple TVの違い。セットトップボックス(STB)の比較。

フルHDの高画質。4K&ドルビーオーディオにも対応。

U-NEXTはフルHD(1080p)画質にも対応しており、

大幅リニューアルで、国内初となるドルビーオーディオも採用。

2015年10月U-NEXTが大幅リニューアル。アプリの操作性も画質も音質も改善!

 

4K対応のコンテンツも増えており、

NHKオンデマンド作品も4Kで視聴できたりするわけです。

IMG_1232

HD(720p)画質でも十分綺麗なのですが、

ブルーレイのフルHDの高画質には、やっぱり劣りますからね。

動画配信サービスの画質「SD、HD、フルHD、4K、480p、720p、1080p」の意味と違い。

 

他社では、HD画質まで対応ってところが多いし、

HD画質対応と言いながら、SD画質の動画ばかりだったりする。

結局のところ、配信してる動画の画質次第ってわけ。

 

U-NEXTでは、その辺も安心。

65インチの大画面で視聴しても、綺麗に観れる作品ばかり。

テレビアプリにもバッチリ対応しているからね。

U-NEXTを大画面に出力したいなら、対応テレビで見るのが快適でストレスも無い。

私は、悩んだらU-NEXTで視聴してます。

複数端末での同時視聴が可能。

U-NEXTは、2013年12月2日より「ファミリーアカウントサービス」が開始され、

追加料金無しで、最大4人まで同時視聴可能になりました。

IMG_1233

家族で利用すると、意外と被るのが視聴のタイミング。

出勤時間、帰宅時間、休日と・・・動画を見る時刻って決まってるんだよね。

 

動画配信サービスでは、基本的に同時利用には制限があり、

同時視聴したいとなると、選ぶ動画配信サービスも限られてきます。

動画配信サービス同時視聴人数の比較。

  • U-NEXT:最大4人まで
  • Hulu:同時視聴不可能
  • dTV:同時視聴不可能
  • Amazon:最大2人まで
  • Netflix:ベーシック1人スタンダード2人プレミアム4人まで。

他社で4人まで同時視聴できるのは、

Netflixのプレミアムプラン(月額1,450円)くらいとなります。

コンテンツ数や、利用できるサービスを比べたら、

U-NEXTの割安感は否めないんじゃないかな。

NetflixとHuluの比較レビュー。ネットフリックスのメリット・デメリット。

 

Huluでは、家族アカウント作成は可能ですが、同時視聴はNGです。

Huluは一つのアカウントで同時視聴できるのか?複数端末と家族間での利用について。

家族で同時視聴したい場合は、別途追加契約する必要があります。

2アカウント契約した場合は、月額933円×2=1866円。

2人以上で利用することを考えたら、U-NEXTは割安ですね。

 

U-NEXTのファミリーアカウントは、

ファミリーアカウント故の注意点も有りますので、一応挙げておきます。

U-NEXTファミリーアカウントの注意点

  • ファミリーアカウントは、成人向けコンテンツは視聴不可。
  • 同一作品の同時視聴は不可。

ファミリーアカウントでの同時視聴は可能ですが、

同一作品の同時再生は不可能です。

IMG_1229

同一作品を同時に視聴するような事って、非常に稀だと思うので・・・

まぁ、問題は無いかと思います。

成人向け動画も、家主しか見れない方が、トラブル無いです・・・たぶん。

小さいお子さんの居る家庭は、むしろ安心。

ファミリーアカウント毎に、

年齢制限のある作品の表示設定(ペアレンタルロック)もできますから。

動画のダウンロードが可能。

U-NEXTプレイヤーには動画のダウンロード機能も有り、

オフライン視聴ができるようになっています。

オフライン視聴(ダウンロード再生)可能な動画配信サービスまとめ。

IMG_8491

自宅で予めダウンロードしておけば、

外出時に通信環境を気にせず視聴でき、通信データも抑える事も可能に。

動画データ通信容量は非常に大きく、それなりの回線速度も必要となります。

インターネットの動画視聴に必要な通信速度とデータ通信量。

 

動画のダウンロードでオススメなのが、ドライブ利用。

車載ナビなんかよりも断然綺麗に観れるし、設置も簡単ですから。

車で動画再生するならiPad+格安SIMが最強。カーナビDVDからタブレットへ切り替えた理由。

IMG_9548

70誌以上の雑誌が読み放題。同時閲覧もダウンロードも可能。

U-NEXTで、雑誌の読み放題サービスも開始となりました。

追加料金も無しで、70誌以上の雑誌も読み放題です。

 

雑誌アプリは電子書籍専用「Book Place」をアプリを使用するのですが、

雑誌はダウンロードしておけるので、オフライン環境でも閲覧可能となります。

U-NEXT雑誌読み放題サービスのレビュー。スマホアプリ、PCでの使用感。

DSC09443

ダウンロードしておける雑誌数に制限も無く利用端末の制限も無いので、

自宅でPC、寝室でiPad、外ではiPhoneといった利用分けも可能。

複数人での同時利用も可能だったので、これだけでも素晴らしいサービス。

漫画も無料で楽しめる。電子書籍にもポイント利用可能。

U-NEXTは集英社、講談社、小学館とも提携して、

電子書籍サービス「BookPlace(ブックプレイス)」を展開しているので、

余ったPPVポイントで、新作の電子書籍や、新作漫画を買う事も可能です。

 

電子書籍コンテンツも300,000冊以上

ポイントの使い道に困ったり、消化しきれないという事も有りません。

2018-07-17_17h12_34

漫画の無料キャンペーンも、常時なにかしらやってますので、

無料でも多くの漫画や書籍が楽しめます。

例えば、以下は2017年6月の電子書籍の無料コンテンツ数。

無料マンガの件数 ※2017年6月現在

  • 少年・青年コミック:300件
  • 少女・女性コミック:117件
  • 青年大人向けコミック:7件
  • 女性大人向けコミック:46件

無料電子書籍の件数 ※2017年6月現在

  • 文芸・小説:1139件
  • 政治・経済・ビジネス:78件
  • 趣味・生活・雑学・ガイド:101件
  • 学問・資格・芸術・IT:72件
  • 官能小説・ボーイズラブ:15件
  • 写真集:7件

U-NEXTで漫画も読み放題する。無料の漫画と電子書籍サービスの使い方。

 

雑誌同様に、漫画も複数端末での、同時閲覧が可能です。

1アカウントで購入すれば、家族皆で楽しめるっていう。

U-NEXTで漫画も読み放題する。無料の漫画と電子書籍サービスの使い方。

DSC09448

映画館でもポイント利用が可能。

U-NEXTは、新作レンタルが早いだけでなく、

公開中映画にもポイント利用が可能となりました。

全国のイオンシネマ、松竹系の映画館、ユナイテッド・シネマ、KINEZOでも、

U-NEXTポイントが利用できます。

U-NEXTポイントが利用できる映画館

  • イオンシネマ
  • 松竹マルチプレックスシアターズ(MOVIX、ピカデリー等)
  • ユナイテッド・シネマ
  • KINEZO(新宿バルト9、Tジョイ)

イオンシネマの場合は、1ポイント=1円の交換レートですが・・・

ks002588

松竹系の映画館(MOVIXやピカデリー等)では、

1300ポイント=映画チケット1枚と交換できてしまいます。

ks002589

実質1300円分で映画鑑賞できるので、

下手な映画割引サービスよりもお得になります。

高い映画館入場料金を安くする方法。各劇場の割引価格を比較。

アダルト作品5000本以上も見放題。

U-NEXT最大の強みと言って過言ではない、アダルトコンテンツ。

2017年6月にリニューアルされ、アダルトは更に強化されています。

 

Hulu、dTV、Netflix、Amazonプライム・ビデオ・・・

基本的に他社動画配信サービスには、アダルト作品がありません

他社動画配信サービスでは見れない、多くのAVが見れる。

これだけで、様々な出費が抑えられるのが・・・男性諸君。

 

アダルトビデオをレンタルするのは、気合いが要るし、

レンタル中のアダルティーなDVDを、家に置いておくのも気が引けるパパ。

ペアレンタルロックもできるので、子供が居る家庭にも安心。

アダルト作品は、視聴したり購入しても履歴に残らないのも地味に親切だし、

クレジットカードの利用明細も「U-NEXT」って記載されるだけだからね。

 

アダルトの見放題作品も5,000本以上と増えており、

見放題作品の更新頻度も非常に高いです。

U-NEXTはアダルト動画も最大級

 

月額500円の「DMM動画見放題chライト」という選択肢もありますが・・・

こちらは、完全なるアダルト特化型のサービスで、アダルト見放題は2,000本。

DMM.com「見放題chライト」のメリット・デメリット。

 

アダルト専門サービスと比較しても、U-NEXTはオススメできるサービス。

画質も綺麗でジャンルも豊富ですから。

アダルト動画の見放題サービスを比較。成人男性にオススメのVODランキング。 

決済方法が豊富。クレジットカードが無くても契約可能。

以前は、決済方法の選択肢が少なかったU-NEXTですが、

2016年4月には、U-NEXTもキャリア決済対応(docomo、au、softbank)になりました。

取扱い決済方法の比較

  • Hulu:クレジットカード、Paypal決済、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、iTunes Store、Huluチケット、Yahoo!ウォレット
  • U-NEXT:クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Amazon.co.jp、U-NEXTカード
  • dTV:クレジットカード、ドコモケータイ払い
  • Netflix:クレジットカード、Paypal、ソフトバンクまとめて支払い、iTunes Store、Google Play、Netflixギフトカード

U-NEXTカードは、プリペイド型のギフトカード。

コンビニや量販店等で売ってますが、月額サービスの支払いには使えません。

また、一部見放題対象外となるコンテンツが有ります。

  • 18歳未満の方はご視聴頂けない作品があります。
  • 一部見放題対象外の作品があります。

プリペイドカードは誰でも購入できるから、仕方ない。

 

ちなみに、U-NEXTではデビットカードも使えません。

18歳未満の方は、アダルトは見れないのが社会のルールです。

U-NEXTのデメリット

月額1990円は、見放題サービスとしては高い。

U-NEXTのデメリットといえば、何はともあれ月額料金。

同じ動画の見放題サービスとはいえども、

月額料金は全然違い、中でもU-NEXTは高額な部類に入ります。

見放題動画配信サービス各社の月額料金比較

  • Amazonプライムビデオ:年間3,900円(月額325円換算)
  • DMM見放題chライト:月額500円
  • dTV:月額500円
  • auビデオパス:月額562円
  • Netflix(ベーシック):月額800円
  • FOD:月額888円
  • ゲオTV 980:月額907円
  • Hulu:月額933円
  • TSUTAYA DISCUS:月額933円
  • Netflix(スタンダード):月額1,200円
  • Netflix(プレミアム):月額1,800円
  • U-NEXT:月額1,990円

見放題の動画配信サービス徹底比較。オススメVODランキング。

 

サービスやコンテンツ云々で、優れているところ多いとはいえ、

見放題だけで考えるなら割高。

 

毎月1200円分のポイント付与、雑誌読み放題、アダルト見放題、

ダウンロード再生に、複数人での同時視聴・・・

上記に魅力を感じないなら、他社を選んだ方が良いです。

全て見放題ではない。新作映画は基本的に有料です。

U-NEXTは見放題作品だけではなく、

有料のレンタル作品も多く取り扱っているので、

全て見放題の動画配信サービスでは無いということ。

半分は見放題ですが、半分はレンタル作品(ポイント作品)です。

 

しかも、U-NEXTサイト内で打ち出しているのは、レンタル作品ばかり、

特集ページや、ランキングページには「ポイント作品」も混ざっている。

結果、「有料レンタル作品ばかり」という錯覚に陥ります。

 

他社見放題サービスもレンタルをやってるところは多いのですが、

U-NEXTは、特に新作押しが強いですからね。

レンタル作品も有る動画配信サービス

  • Hulu:見放題作品のみ
  • Netflix:見放題作品のみ
  • U-NEXT:見放題作品 + レンタル
  • dTV:見放題作品 + レンタル
  • Amazon:見放題作品 + レンタル
  • FOD:見放題作品 + レンタル
  • TSUTAYA TV:見放題作品 + レンタル

まぁ、U-NEXTの月額料金1,990円の中には、

毎月1,200円分のPPVポイントが含まれているので、致し方ないかと。

一応、スマホアプリでも、見放題作品の絞り込みが簡単にできるようになってますので。

見放題の絞り込み

 

2017年6月27日より、1,000ポイントから1200ポイントに増え、

1200ポイントあれば、新作映画も2~3本無料で視聴できるのさ。

U-NEXTのレンタル料金

  • ドラマ1話:200~300円
  • スペシャルドラマ:400円
  • 旧作映画:300円
  • 新作映画:400円(HD画質500円)

ポイント有効期限も長くなっているのも、地味に嬉しい改善点です。

U-NEXTポイントの改善

  • 毎月ポイント付与:1000ポイント→1200ポイントへUP
  • ポイント有効期限:発行日から45日間→90日間へ延長

海外ドラマジャンルが弱い。

U-NEXTは、海外ドラマ作品数が少ないです。

見放題数だけでなく、レンタル作品も少なく、

全ての作品で618本。見放題となると367本でした。

2018-07-17_16h37_06

 

1話だけ無料って海外ドラマも有るので気をつけて。

2018-07-17_17h04_25

 

他社では見放題の海外ドラマも、U-NEXTでは有料レンタルになってる作品も多いので、

海外ドラマを見たいなら・・・やはりHuluをオススメします。

Huluを1年契約して気付いた。本当のメリット、デメリット。

HuluはHBO提携により、Huluでしか見れない作品も増えており、

日テレ買収により、日テレ系ドラマ、アニメ、バラエティ番組も強くなってます。

Huluのオススメ作品まとめ 2018年Ver。

 

ちなみに、海外ドラマは少ないといえども、アジア系のドラマは別。

U-NEXTの韓流コンテンツは非常に多いです。

韓流ドラマ、台湾・中国ドラマが見放題の動画配信サービスを徹底比較。

4対応作品、ドルビーオーディオ対応作品は、まだまだ少ない。

U-NEXTは4K対応となりましたが・・・

NetflixやAmazonプライムビデオに比べると、

4Kコンテンツ数は、まだまだ少ないです。

 

2018年7月時点で、4K作品は39件

見放題作品だと、16件程度になります。

2018-07-17_16h48_10

4Kは、NHKオンデマンドの作品が多い印象です。

2018-07-17_16h39_03

 

また、ドルビーオーディオ作品もそこまで多くなく、

2018年7月時点で、ドルビーオーディオ作品は70件

2018-07-17_16h48_24

見放題作品となると・・・18件と更に少なくなります。

Netflix、Amazonプライムビデオは5.1ch対応の作品も多いですからね。

倍速再生機能が無い。

U-NEXTには、倍速再生機能が有りません。

まぁ、倍速再生が有る動画配信サービスの方が少ないんだけど・・・

 

個人的には、倍速再生を使いたいので、

是非追加して頂ければ助かります。

アダルトとかも、倍速あったら便利ですよねぇ~?

U-NEXTのメリット・デメリットまとめ。

長々と記載してしまいましたが、

U-NEXTは、動画配信サービスを使ってきた中で、特に進化を感じたサービス。

評判の悪かったU-NEXTも、リニューアルされ続け、

いつの間にか、他社動画配信サービスの良いとこ取りになってます。

 U-NEXTのメリット

  • 毎月1200ポイント付与。新作レンタル可能。
  • 80,000本以上の動画が見放題。
  • 70誌以上の雑誌見放題。
  • 5,000本以上のアダルト動画も見放題。
  • NHK見放題も可能。
  • 高画質フルHD(1080p)対応。
  • ダウンロード保存可能
  • 最大4人まで同時視聴可能

 U-NEXTのデメリット

  • 月額1,990円という料金。
  • 海外ドラマが弱い。
  • 4K対応作品が少ない。
  • ドルビーオーディオ対応作品が少ない。

 

デメリットは月額1,990円の料金。

メリットでこの金額で消し込めるか?といったところ。

毎月新作映画を見る人なら、十分元は取れる。

ポイント付与分を考えれば、実質790円みたいなもんだし、

家族で利用するなら、コストパフォーマンスは更に高くなる。

 

動画ダウンロードが可能で、対応端末も豊富で、4人まで同時視聴。

雑誌も読み放題できて、アダルト動画も見放題。

なのに料金変わらずってのは、他社には無いサービス。

そう考えると1,200円分のPPV付いて、月額1,990円は激安だから。

 

近所のレンタルビデオで借りる手間と料金を考えるなら、

動画配信ってホント素晴らしいサービスだからね。

宅配レンタルDVDのメリット・デメリット。動画配信サービスとの比較。

 

動画数よりも意外と重要なのが、再生環境。

対応端末で問題なく視聴できるか?自分の環境で安定して動画が見れるか?

U-NEXTは、アプリ性能も大幅に改善されてるし、

31日間も無料トライアルでお試しできます。

U-NEXT 31日間無料トライアル

 

解約方法が複雑というような、エグイ仕組みもありませんから。

U-NEXTの解約方法は簡単。オンラインで退会手続きが可能。

 

数ある動画配信サービスの中でも、U-NEXTは一押し。

オススメの動画配信サービス(見放題)まとめ。大手VODの比較と特徴。

国内の動画配信サービスでは、一つ頭が飛び出てますね。

3 Comments

ななぴよ

とても分かりやすい説明でした!^^
私はよく分からず、どちらも契約していて、どちらをやめて、どちらを継続させれば良いのかすごく悩んでいたので助かりました!!!

返信する
あすも

何記事か拝見しました。
具体的でわかりやすく、面白い比較をありがとうございます!
非常に参考になりました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です