動画配信サービスの画質「SD、HD、フルHD、4K UHD、480p、720p、1080p」の意味と違い。

動画の画質の綺麗さって、

何を基準に判断したら良いかワカラナイ。

SD画質、HD画質、480pとか、720pとか・・・

正直、どっから高画質って感じて、画質悪って感じるのか?

我なりに判断すべき根拠を探す。

 

最近の動画配信サービスは、DVDで再生するよりも断然綺麗。

Huluなんて、めっちゃ綺麗だよね?その理由。

Hulu、U-NEXT、dTV、Netflix・・・動画配信サービスの画質と解像度。

HuluはHD画質で綺麗、U-NEXTはフルHD高画質にも対応、

dビデオはSD画質が多いが、HD画質作品も増加している・・・

U-NEXTのPPV作品の場合、SD版とHD版で値段も異なる。

で、HDとSDって何なん?

 

SDとHDとUHDの正式名称とその意味

  • SD=Standard definition television=標準解像度テレビ
  • HD=High definition video=高精細度ビデオ(ハイビジョン)
  • UHD=Ultra High definition=超高精細

HDとSDとUHDの違いを数値で比較

  • SD画質 → 480p = 画素数:720×480
  • HD画質 → 720p = 画素数:1280×720
  • フルHD → 1080p = 画素数:1920×1080
  • 4K(UHD) → 2160p=画素数:4096×2160 or 3840×2160

という感じになるみたいだ。

 

最近はどの動画配信サービスでも、HD画質に対応しつつあるが、

通信速度によって、表示される画質は切り替わる物も多いので注意。

最低限必要な回線速度については知っておこう。

動画視聴に必要な回線速度。ぷららモバイルLTEの定額無制限プランで視聴テストしてみた。

 

同じHD動画でも、動画配信サービスによって画質は微妙に異なる気がする。

通信速度に低下による画質劣化とは思えないレベル。

同じサービスでも端末によって画質も違ったりするので、気を付けましょう。

 

DVD、Blu-ray、地上デジタル放送の画質を比較する。

じゃあ、今までの円盤ディスクの画質ってどうだったん?

DVD画質とBD画質(Blu-ray)って、どれくらいの画質が違うのか?

地デジって綺麗だけど、どのレベルの画質なん?

気になったんで調べてみた。

 

DVDとブルーレイの画質を数値で比較

  • DVD → 480i = 画素数:720×480
  • Blu-ray → 1080p or 1080i= 画素数:1920×1080
  • 地上デジタル放送 → 1080i= 画素数:1440×1080
  • BSデジタル放送 → 1080i = 画素数:1920×1080

 

ここで再び出て来る謎の記号・・・「i」と「p」。

その違いは?

 

「p」と「i」の違い

  • i= interlace scan = インタレース(飛び越し走査
  • p= progressive scan = プログレッシブ(ノンインターレース走査

 

上手い事説明できないが、

飛び飛びで描画するインターレース(i)よりも、

一度に描画するプログレッシブ(p)の方が、画質が綺麗っぽい。

 

DVD画質は、480iレベルらしいので・・・そりゃ汚く感じるわけですね。

久しぶりにDVD観たら、画質の汚さに驚いた。

ストリーミング再生で、DVDよりも断然綺麗な時代。

 

ちなみに、地デジよりも、BSデジタルの方が画素数が多く綺麗との事。

初めて知った、今度からBSも率先して活用しよう。

 

iTunesでは「HDを購入」でフルHD(1080p)対応のモノが増えている!

オンラインで視聴や、購入できる動画配信サービスの画質は、

基本的にHD画質(720p)が最上級画質なんで、

ブルーレイのフルHD画質(1080p)には敵わない事が多い。

※U-NEXTはフルHD対応、Netflixは4K対応と、徐々に対応し始めています。

 

しかしながら、iTunes Storeでは、フルHDの動画を購入する事ができます

「HDを購入」ボタンで買った動画。

フルHD(1080p)に対応していたりします。

KS001091

「720pと1080pが含まれます。」って記載、凄くね?

 

初期設定では、720pでダウンロードに設定されているので、

環境設定で1080pに変更しておきましょう。

KS001092

「高解像度ビデオダウンロード時に優先」って項目で、「1080p」を選択です。

 

Youtubeなら、フルHDも4K動画も視聴できる。

720pのHD画質でも全然綺麗なんですが・・・

Youtubeなら、2160pのいわゆる4K画質も視聴可能です。

 

Youtubeで選択できる画質の一例

  • 240p
  • 360p
  • 480p(SD)
  • 720p(HD)
  • 1080p(Full HD)
  • 2160p(4K Ultra HD)

 

高画質に対応している動画であれば、

Youtubeで、4K動画も視聴できてしまう。

「4K → 2160p=解像度:4096×2160 or 3840×2160

 

さすがに4Kのストリーミング再生には、

対応ディスプレイだけでなく、グラフィックボードなんかも必要みたいだし、

PCで4K(3840×2160)出力して気付いたデメリット。4K環境に必要なもの。 | KJ新谷のビジネス幼稚園

高速インターネット回線も必要になるので、

動画視聴に必要な回線速度。ぷららモバイルLTEの定額無制限プランで視聴テストしてみた。

スムーズに見れるかどうかは、視聴環境にも大きく依存する。

そう考えると、一般テレビで4K動画が視聴できるのは、まだまだ先な気がする。

 

動画配信サービスの対応画質比較。DVD以上ブルーレイ並の高画質も増えている。

動画配信サービスも、今では高画質に対応しつつ有ります。

SD画質(480p)とHD画質(720p)の組み合わせが一般的でしたが、

ブルーレイ級のフルHD(1080p)だけでなく、4K UHD対応のサービスも増えてます。

 

動画配信サービスの対応画質

  • Hulu:HD画質
  • U-NEXT:フルHD画質
  • dTV:HD画質
  • Amazonプライムビデオ:UHD画質
  • Netflix:UHD画質
  • 楽天ShowTime:HD画質
  • ゲオチャンネル:HD画質
  • TSUTAYA TV:HD画質
  • プレミアムGYAO!:フルHD画質

 

U-NEXTもリニューアルで、フルHD対応となりました。

2016年に始まったプレミアムGYAO!も、フルHD対応となってます。

NetflixAmazonプライムビデオでは、作品数は少ないものの4K対応有ります。

 

正直、50インチテレビくらいでも、その差は分かりづらい。

HD画質でも綺麗だし、フルHDの時点で超綺麗。

4KとフルHDの違いを体感するには、50インチ以上は必要だと思う。

 

HD動画がインターネット環境だけで、視聴できてしまうってのは本当に驚き。

未だDVDで動画視聴している方なら、是非とも試して欲しい。

見放題の動画配信サービス徹底比較。オススメVODランキング。 

画質・・・マジで全然違うから。

 

一番メジャーなのはHulu

月額料金考えたら作品数も多いし、デメリットやリスクも少ない。

Huluを1年契約して気付いた。本当のデメリット。

 

最新動画や、雑誌の見放題、家族間で使いたいならU-NEXT

Huluには無い魅力も多い。

U-NEXTとHuluを徹底的に比較してみた。ユーネクストのメリット・デメリット。

 

ワンコインでお手軽に、タブレットやスマホで視聴するならdTV

Huluよりも安く、コスパが高い。

dビデオとHuluを徹底比較。dビデオのメリット・デメリット

 

DVDレンタルするくらいなら、値段も安いし、手間も無いんだからぁ~。

ブルーレイは、ブルーレイで良い点もあるんだけどね。

宅配レンタルDVDのメリット・デメリット。動画配信サービスとの比較。 

3D作品は、ブルーレイで見るしかないから。

スポンサーリンク

コメントを残す